仮想通貨には手数料という取引コストがかかり、パターンは4つあります

本記事では仮想通貨初心者のために、仮想通貨にかかる手数料の種類を紹介します。この記事を読むことで手数料に関する知識を学び、実際に仮想通貨を扱うときに備えるヒントが得られます。

仮想通貨の取引コスト1 取引手数料

取引手数料はとは仮想通貨の1回ごとの売買にかかる手数料です。なぜ取引するだけで手数料がかかるかわからない人も多いでしょう。

取引にかかる手数料は仮想通貨の取引をデータ計算処理などで承認することで仮想通貨を「採掘」するマイニングを行う人を意味する「マイナー」に支払われます。

仮想通貨のデータ計算は非常に複雑で、パソコンや専用の機械などがなければできないほど大変なものです。作業の対価として報酬がマイナーに支払われることになっており、ユーザーの手数料から出しています。

しかし、取引所によっては取引手数料が無料のところもあります。

仮想通貨の取引コスト2 入出金手数料

入出金手数料には2種類あります 日本円などの法定通貨と仮想通貨の2つです。

法定通貨の入出金の方法は銀行口座の利用とクイック入金の2通りが主流です。

銀行口座はネットバンキングなどを除き、実際に銀行を訪れなければならないので営業時間に左右されますが、手数料は安いです。クイック入金は銀行の営業時間に関係なく入出金できてすぐに反映されますが手数料が高めです。

仮想通貨の入金手数料はほかの仮想通貨取引所などから送らせる際に発生します。国内の取引所では仮想通貨の入金手数料が無料のところも多く見られます。

仮想通貨の取引コスト3 送金手数料

送金手数料は 仮想通貨を元の仮想通貨取引所から別のところへ送る際に発生する手数料です。

取引所によっては送金額によって手数料が変動するケースもあるので、事前にチェックしておくことが大切です。

仮想通貨の取引コスト4 スプレッド

スプレッドとは仮想通貨取引所における買値と売値の差を意味します。

スプレッドは取引所により異なるので、どこで買えば最も安く、どこで売れば最も高く利益を出せるかは状況により変わります。仮想通貨の価格が24時間365日常に変動するように、スプレッドも毎秒変動するからです。

スプレッドが大きいほど買った仮想通貨を売ったときの値段が安く損になります。取引所を選ぶ際は スプレッドの差も考慮し、なるべく小さいところを選びましょう

まとめ

仮想通貨には手数料が4パターンあります

仮想通貨を取引するとき、日本円など法定通貨を入出金するとき、仮想通貨自体を直接別の取引所などに送るとき、買値と売値の差を意味するスプレッドとしてです。

以上の4つの手数料がかかるパターンを理解したうえで、仮想通貨の取引や送金などに臨みましょう。

まとめ
  • 仮想通貨には4種類の手数料という取引コストがある
  • 仮想通貨は1回取引するだけで手数料がかかるが、無料の取引所もある
  • 法定通貨や仮想通貨の出し入れに対する手数料や、スプレッドがかかる場合も
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!