取引所人気ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
国内ユーザー数圧倒的No,1!仮想通貨はじめるならここ!今だけキャンペーン中!
この記事のポイント
  • 仮想通貨はビットコインとアルトコインに分けられる
  • 仮想通貨の種類は2000以上
  • 国内取引所で購入できる通貨がおすすめ

仮想通貨は日々新しい種類のコインが誕生しており、 その数は2000を超えると言われています。その中でも特に有望な通貨やおすすめの通貨をピックアップして紹介します。

興味を持った通貨があれば、次の仮想通貨のブームに備えてぜひ購入してみましょう!

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨の種類 ~ ビットコイン (BTC/Bitcoin) とは ~

仮想通貨は大きく見ると ビットコインとアルトコインに分けられます

  • ビットコイン:仮想通貨の一種
  • アルトコイン:ビットコイン以外の全種類の仮想通貨

アルトコインはビットコイン以外の全ての仮想通貨の銘柄のことを指すため、実質ビットコインとそれ以外の通貨といった分け方になります。ビットコインは最初に誕生した仮想通貨のため、その位置は特別なものとされているのです。

仮想通貨は多くの種類のものがありますが、 取引を行う上でそれぞれの通貨の特徴を理解しておくことが必要です。

アルトコインにも1つ1つに特性がありますが、最もメジャーな分け方はやはりビットコインとアルトコインだと言えます。

個人間で直接送金ができる

一般的に通貨で送金を行う際には、銀行などを仲介する必要がありますが、ビットコインの場合には、個人間で直接支払うことができます。

銀行を仲介した場合は、送金から着金のタイムラグが発生がし、また別の銀行に小切手を送る場合には、信用調査のために手続きが数日間かかることもあります。

ビットコインの場合は送金が、相手がどこにいようとスピーディーに送金が完了します。

▶ 『仮想通貨の送金』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

手数料が無料か格安

ビットコインに限らず、仮想通貨は仲介する組織が存在しないので、基本的には送金の手数料が無料か格安なことが大きなメリットです。
クレジットカードの支払いや銀行振込には手数料が存在しますが、直接取引によって手数料という概念を覆した存在になってます。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の手数料比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

世界中で同じ通貨を利用できる

例えば海外旅行の際に、ビットコインを利用すれば両替の手数料は要らず、決済手数料のみで済みます。

渡航する前には渡航先の通貨を両替する必要がありますが、ビットコインを利用すればその必要はありません。

ビットコインにはたくさんのメリットがあるのでぜひ利用を考えてみてください。

▶ 『ビットコイン (Bitcoin/BTC) の特徴』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨の種類 ~ アルトコインとは ~

アルトコインとは具体的にどのようなものか解説していきます。

アルトコインの概要

アルトコインは ビットコイン以外の全ての仮想通貨のことを指します。

editMEMO

– アルトコインの名前の由来 –
「アルト」とは英語の「alternative」に由来するもので、「代替するもの」という意味があります。つまりビットコインに代わるかもしれない通貨といった意味合いでこの名前はつけられたのです。

アルトコインは日々新たな銘柄が誕生しており、 現在では2000種類以上ものコインが存在していると言われています。現在は価格が低い銘柄も多いですが、将来的な値上がりを見込んでの投資対象としても人気が高いです。

ただしセキュリティ面での不安や詐欺まがいのコインの存在は否定できず、アルトコインの購入にはそれなりのリスクが伴います。アルトコインを購入する際にはきちんとリサーチをして信頼できると感じた銘柄を買うようにしましょう。

▶ 『アルトコインの種類』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

アルトコインの信頼性

アルトコインの信頼性を判断する1つの指標として国内の仮想通貨取引所での取り扱いの有無が挙げられます。

取引所は取り扱う通貨を選定するにあたってそのコインの安全性や将来性をきちんと評価しています。また日本の取引所で、は新たな通貨の取り扱いをする際に金融庁のチェックも必要です。つまり国内取引所に上場している通貨は二重の高度なチェックを受けているのです。

そのため 国内取引所で購入できるアルトコインは、セキュリティ面での不備や詐欺などのリスクはかなり低いと言えます。

アルトコインの種類が多い理由

アルトコインの種類が2000を超えるほど増えた理由としてICO (イニシャルコインオファリング)と分散型アプリケーションの活発化が挙げられます。

ICO (イニシャルコインオファリング)

ICOとは「Initial Coin Offering」の頭文字をそのまま取ったものです。 企業が独自の仮想通貨を作って投資家に売ることによって資金調達を図る戦略のことを指します。

資金が欲しい企業がこのICOで独自通貨をそれぞれ発行したことがアルトコインの種類が増えたことの1つの原因だと言えます。

▶ 『ICO』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

分散型アプリケーション

分散型アプリケーションとは、 オープンにされたソースコードを用いることで誰でもアプリケーションを作ることができる仕組みのことです。

ソースコードの管理形態が非中央集権的な点が分散型アプリケーションの特徴です。そのため新たな仮想通貨のシステムを自由に構築できるようになったことも、アルトコインの種類の増加の原因の1つと考えられます。

▶ 『アルトコイン』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

【国内で購入できる仮想通貨の種類1】ビットコイン (Bitcoin/BTC)

ビットコインは海外送金の際の送金手数料がほぼ無料、反映時間も数十分程度と実用的な機能が備わっています。また過去に約20倍の成長を遂げた実例もあるように、 投資額が何倍にも膨張する可能性も高く、投資の対象としても絶大な人気を誇っています

仮想通貨世界での基軸通貨

2019年5月時点で、日本すべての取引所で取り扱われており、アルトコインを購入する時にはビットコインを購入する形でそのそのアルトコインを購入する場合が多いです。そのため仮想通貨の基軸通貨として役割を果たしていると言うことができます。

マイニングの仕組みがある

マイニングとは、最も早く検証計算を終えた人が報酬としてビットコインを受け取る誰でも参加することができる仕組みです。鉱山から鉱物を掘り出す行為に似ているため、取引検証行為は鉱物採掘を意味するマイニングと呼ばれることになりました。ビットコインは、取引検証行為であるマイニングによって新規発行が行われています。

▶ 『マイニング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『ビットコイン (Bitcoin/BTC) の買い方・購入方法』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

【国内で購入できる仮想通貨の種類2】イーサリアム (Ethereum/ETH)

通貨はETH

実はイーサリアムとは、仮想通貨の名前ではなくプロジェクトの名前なのですが、通貨システム名称としてイーサリアムという言葉が一般的に使われています。

実際に仮想通貨を表す単語としては「ETH」が正しいのです。

▶ 『イーサリアム (Ethereum/ETH) の買い方・購入方法』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

スマートコントラクト機能が実装

ビットコインの次に人気を誇るイーサリアムには契約を自動で実行するスマートコントラクトが実装されていて、送金にかかる手間やコストを大幅に削減する効果が期待されています。 すでにマイクロソフトやトヨタなどの有名企業も活用しており、今後において様々な分野でのさらなる発展が期待できます。

▶ 『スマートコントラクト』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

【国内で購入できる仮想通貨の種類3】イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC)

ハードフォークによって誕生

イーサリアムクラシックは、イーサリアムがハードフォーク(それまでの旧仕様を無視し、新仕様によってブロックチェーンの仕様を変えること)して誕生したものです。
そのため、イーサリアムクラシックは、その名前からも分かる通り、イーサリアムと深い関係があります。

スマートコントラクト機能が実装

イーサリアムクラッシクの特徴は、イーサリアムと同様にスマートコントラクト技術が用いられています。現在、知名度も時価総額もイーサリアムの方が高いですが、その技術を利用した IoT分野での活躍も期待されています。

▶ 『イーサリアムクラシック (EthereumClassic/ETC) の買い方』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

【国内で購入できる仮想通貨の種類4】リップル (Ripple/XRP)

リップルはリップル社が運営する送金システムの名称です。通貨壁を取り払いあらゆる決済手段と通貨を結ぶシステムと、決済をより速くより安くするシステムの2つが合わさっており、沢山の企業から注目されているため将来性の面でも優れています。

決済スピードが早い

リップルの特徴は、なんと言ってもその決済スピードの速さです。ビットコインの場合は、手続きの処理を行うのに約10分ほどかかるのですが、リップルの場合はその 手続きを約数秒で終えることが可能です。

世界有数の企業と提携

リップルはその優れた送金システムによって、世界の多くの企業と提携が進んでいます。日本では、三菱UFJ銀行が提携しているなど、そのシステムに多くの企業が注目し、リップルを活用したサービス導入の検討を進めています。

▶ 『リップル (Ripple/XRP) の買い方』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

【国内で購入できる仮想通貨の種類5】リスク(Lisk/LSK)

リスクはスマートコントラクトを実装しているブロックチェーンプロジェクトの名称で、Dappsという分散型アプリケーションを開発するための手段として機能しています。

スマートコントラクト機能を装備

リスクの特徴は、イーサリアムと同様にスマートコントラクト機能を装備していることです。この機能により、ブロックチェーン上で契約管理などができるシステムを動作させることができ、さまざまなビジネスにおいて活用ができると期待されています。

また本流のブロックチェーンの外側にあるサイドチェーンに、もう一つのブロックチェーンが存在する仕様になっており、このため セキュリティの対策が高い状態になっています。最近注目を集めたニュースとしては、マイクロソフトとの提携が進んでいるといったものです。

▶ 『リスク (Lisk/LSK) の買い方』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

【国内で購入できる仮想通貨の種類6】ファクトム(Factom/FCT)

改ざんや漏洩リスクの削減が期待

ファクトムは通貨単位がFactoid(ファクトイド)という名称で、 個人情報に関するドキュメントをブロックチェーン上に管理することができる仮想通貨です。そのためセキュリティコストや管理コストを大幅に削減する効果が期待できるとしてデータ管理市場を独占する将来性を秘めています。

DLOCとファクトハーモニー

ファクトハムは、様々な個人情報をブロックチェーン上で管理することで改ざんや漏洩のリスクを減らすことができる利点から多くの事業において扱われています。代表的なプロジェクトとして、DLOCとファクトハーモニーを紹介します。
DLOC」というプロジェクトは、住宅ローン関連の情報をすべてファクトムで管理するというもので、土地建物といった不動産の登記情報に加えて借入情報など、多くのデータを管理しています。
ファクトハーモニー」というプロジェクトは、患者さんのカルテをはじめとする医療情報をひとまとめにしてブロックチェーン上に記録し、医療機関で共有することを目的したものです。

▶ 『ファクトム (Factom/FCT) の買い方』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

【国内で購入できる仮想通貨の種類7】ネム(NEM/XEM)

ネムは中央集権化を解消し ネムで新しい経済圏を作ることを目的として誕生したため
NEMには全てのユーザーがなるべく平等に稼ぐことができる仕組み(Pol)が整っています。

ハーベスティング機能を利用

ネム(XEM)は、取引検証行為について、マイニングではなく、ハーベスティング(収穫)と呼ばれる方法を採用しています。ハーベスティングとは、一定のネムを保有しているなどの条件を満たすと取引検証に参加できる権利が与えられるという機能のことです。

NEM JAPAN(ネム・ジャパン)の誕生

2018年11月に、NEMのブロックチェーンテクノロジーを普及促進すため、非営利組織であるNEM JAPAN(ネム・ジャパン)の創立の発表が行われました。今後、NEMを採用する企業のサポートやブロックチェーンテクノロジーを検討している企業へNEM技術などの情報提供を行って行くようです。

▶ 『ネム (NEM/XEM) の買い方』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

【国内で購入できる仮想通貨の種類8】ライトコイン (Litecoin/LTC)

ビットコインのソースコードを利用

ライトコインはビットコインの補助的役割を果たすために開発された仮想通貨であるため、ビットコインと似た特徴が多いです。しかし、 手数料を省き少額決済を手軽にすることを可能とした点など、ビットコインよりも優れた機能も有しています。

ブロック生成感覚が異なる

ビットコインは取引が格納されるブロックが生成されるのは約10分間隔ですが、ライトコインは約2.5分間隔でブロックが生成されるため、 送金速度がビットコインの4倍となっています。しかし取引承認の時間が短いということは、承認作業の難易度低下が伴うため、ビットコインよりも安全が低いという意見があることは認識しておきましょう。

▶ 『ライトコイン (Litecoin/LTC) の買い方』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

【国内で購入できる仮想通貨の種類9】ビットコインキャッシュ (BitcoinCash/BCH)

ハードフォークによって誕生

ビットコインキャッシュはビットコインのハードフォークからできた通貨のため、ビットコインと特徴が似ています。背景にはビットコインの取引拡大によって、ビットコインネットワークの処理能力が制限にされ、処理速度が低下し処理手数料が高騰する問題です。ビットコインキャッシュはこの ビットコインの最大の難点である送金速度の遅さと手数料の高さを解決しています。

ブロックサイズが大きい

ビットコインキャッシュ特徴は、ネットワークの処理速度を象徴する各ブロックのサイズがビットコインよりも大きいことで、ビットコインのブロックサイズが1MBであるのに対して、ビットコインキャッシュはは8MBとなっています。

▶ 『ビットコインキャッシュ (BitcoinCash/BCH) の買い方』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

【国内で購入できる仮想通貨の種類10】モナコイン(MonaCoin/MONA)

モナコインは5ちゃんねる(元2ちゃんねる)のスフトウェア版で有名なアスキーアート「モナー」をモチーフに誕生した国産仮想通貨です。そのためファンコミュニティが発達しており、需要は長期に及ぶと言われています。

他の仮想通貨と異なり、モナコインのメインユーザーは日本人であるために、コミックマーケットや、動画配信と組み合わせた リアルタイム投げ銭などに用いられています。

▶ 『モナコイン (MonaCoin/MONA) の買い方』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

おすすめの仮想通貨の種類・特徴と将来性

ここまでで様々な種類のビットコインを紹介してきましたが、どれを買えばいいのか分からないという仮想通貨初心者の方向けに、 特におすすめの仮想通貨をご紹介し、その特徴や将来性を解説します。

▶ 『仮想通貨のおすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC)

特徴

ビットコインは仮想通貨としては世界初のものであるということだけでなく、 数ある仮想通貨の中で最も人気があり時価総額は常に1位を誇っています。

ブロックチェーンのもと管理されているため透明性が高い上、マイニングによってデータの改ざんを防ぐことを可能としています。 何を買うか迷ったらまずはビットコインを購入することをおすすめします

将来性

ビットコインは2020年の5月に迎える半減期で価格が上昇すると予想されています。また今後ビットコインが「もう一つの通貨」として一般的に認知されるには、仮想通貨を取り囲む環境をさらに整備する必要があるでしょう。

editMEMO

半減期 | ビットコインを構成するブロックチェーンのブロックが21万ブロックに到達する時期。ビットコインの場合、約10分で1つのブロックが作り出されます。21万ブロックが生成されるのは210万分、約4年かかると言われています。

▶ 『ビットコイン (Bitcoin/BTC) の今後・将来性』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

イーサリアム (Ethereum/ETH)

特徴

スマートコントラクトを最大の特徴とするイーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額を誇り、 トヨタやサムスンなどの大手企業がイーサリアムによって研究開発を行っているため信頼性も高く安心して使用することができます。

将来性

イーサリアムでは4段階のアップデートがあり、これによってスケーラビリティ問題が解消されれば価格の高騰が期待できます。また今後ETFへの上場が実現すれば、さらなる資金投資が見込めるでしょう。

editMEMO

スケーラビリティ問題とは、送金する人が増えたときに処理できる量が1ブロックに収まる量を超えてしまい、結果的に送金遅延が発生する問題です。

▶ 『イーサリアム (Ethereum/ETH) の今後・将来性』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

リップル (Ripple/XRP)

特徴

リップルは送金面での企業間の取引の円滑化を目的として誕生しただけあって、従来の銀行間取引を圧倒的に速く、安くすることを可能としています。

そのため国内最大規模を誇る東京三菱UFJ銀行がリップルの利用を表明したことでも注目を浴びています。

将来性

リップルは国際送金や通貨取引のインフラになれると期待されています。またGoogleなどの大手企業から出資を受けており、リップルの価格高騰を予想する声が多くあがっています。

▶ 『リップル (Ripple/XRP) の今後・将来性』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ライトコイン (Litecoin/LTC)

特徴

ライトコインは不特定多数のマイナーがブロックチェーンを作成しているという点で基本的にはビットコインと同様のものですが、ビットコインよりも迅速な決済を目的として誕生したためその速さに優位性があると言えます。

将来性

ライトコインは 決済サービスに多く導入されているため、仮想通貨決済の普及とともにライトコインの価格も上昇すると予想されています。

また開発グループが非常に優秀で、大手企業との提携にも積極的に取り組んでいるので今後ますます成長していくでしょう。

▶ 『ライトコイン (Litecoin/LTC) の今後・将来性』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコインキャッシュ (Bitcoin Cash/BCH)

特徴

ビットコインキャッシュはビットコインのハードフォークで誕生した通貨です。

ビットコインと比べて 送金手数料が安いこと、送金時間が早いこと、不正な送金を行う攻撃への耐性ができており、セキュリティ面において優れていることなどのメリットが挙げられます。

将来性

ビットコインキャッシュは取扱取引所が年々増加しているので、価格が上昇すると予想されています。しかしビットコインの価格変動に連動すると考える人も多いため、ビットコインキャッシュの価格を予想する際はビットコインの値動きも参考にしてみましょう。

▶ 『ビットコインキャッシュ (Bitcoin Cash/BCH) の今後・将来性』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

国内でおすすめの仮想通貨取引所の種類

Coincheck (コインチェック)

取引量・ユーザー数ともに国内最大手の仮想通貨取引所
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の11種類!

取引量・ユーザー数は日本で最大級!使いやすいスマホアプリと豊富な取扱通貨

BTC (ビットコイン)、ETH (イーサリアム)、XRP (リップル)はもちろん、MONA (モナコイン)、LSK (リスク)、FCT (ファクタム)など珍しい仮想通貨を含め、計10種類と、取り扱いが豊富です。 また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的。iOSアプリ、Androidアプリでの使いやすさでは群を抜いています。スマホのウィジェット機能も使えるので、いつでもかんたんに価格をチェックできます。

さらに2018年4月マネックスグループ株式会社の完全子会社傘下に入り、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

Coincheck 評価比較項目
評価比較項目概要
手数料仮想通貨の送金手数料は通常・高速の2つのプランでそれぞれ対応!
スプレッド取引所形式のビットコインスプレッドが国内最小クラス!
取扱通貨数11種類の仮想通貨で取引が可能!国内取引所の中で豊富な取り扱い!
FX・取引ツールオリジナル取引ツール Tradeviewを搭載!
スマホアプリ国内最大級の200万DLを突破!見やすいインターフェースでかんたん取引!
信頼度関東財務局長 第00014号 (仮想通貨交換業) / 資本金:1億円
セキュリティ運営会社がマネックスの体制下に入り、盤石の管理体制に!

矢印

Coincheck 国内最大級のユーザー数

▶ 『Coincheck (コインチェック) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)

アルトコイン取引なら国内取引所No.1!大手企業DMM.comが運営する安心感!
  • 全通貨のレバレッジ取引が可能!
  • 使いやすい取引ツール
  • あのローラがCMにも!

大手DMM社が運営する国内最大手の仮想通貨取引所

DMM Bitcoin 大手企業のDMM社が運営する国内最大級の仮想通貨取引所です。正確にはいつでも好きなだけ仮想通貨の売買が可能な「販売所」です。販売所であるにも関わらず、スプレッド手数料を除いてほぼすべての手数料が無料であるのが最大の特徴になります。また大手企業が運営しているためセキュリティが非常に強固で、これまでに一度も行政指導が入ったりハッキング事件が起きたことがありません。

取り扱っている仮想通貨の種類も非常に豊富で、全7種類の通貨を取引することができます。国内の取引所においてこれだけの仮想通貨を扱っているところはあまりないため、より多くの仮想通貨で取引したい方は是非とも口座開設をしておきましょう。

DMM Bitcoin 評価比較項目
評価比較項目概要
手数料取引手数料・入出金手数料共に無料!
スプレッドスプレッドが常に可視化されている
取扱通貨数国内では多めの7種類を網羅
FX・取引ツールカスタマイズ自由なDMM Bitcoin独自の取引ツール!
スマホアプリ充実した機能をもつスマホアプリ
信頼度関東財務局長 第00010号 (仮想通貨交換業) / 資本金:16億2000万円
セキュリティ行政指導を受けたことのない強固なセキュリティ

矢印

DMMビットコイン アルトコイン取引

▶ 『DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

bitFlyer (ビットフライヤー)

ユーザー数と資本金が国内最大級の仮想通貨取引所!
  • 超高機能取引ツール搭載!
  • 本格的なチャート分析が可能!
  • 日本最大級の規模!

ユーザー数・国内取引高ともにNo,1の圧倒的実力

bitFlyerは 取引量・ユーザー数全てが日本No,1の国内最大級の仮想通貨取引所です。過去に一度も仮想通貨に関するハッキング事件が起きた事が無く、サービスの安定性・セキュリティ・信頼性はかなり高いと言えます。なかでも独自に開発された取引ツール『bitFlyer Lightning』はFXや先物取引など多様な取引手法に対応しており、使いやすさは国内外の取引所と比較してもピカイチです。

他にも手数料の安さ補償サービスの充実度が人気の理由として挙げられます。ビットコイン取引量によって手数料が安くなったり、FXでは当日中に決済すると手数料が無料になるなど、 総合的に手数料を安く抑えることができます。また国内初となる補償サービスを、大手損保会社と連携して提供しており安心して利用できます。

bitFlyer 評価比較項目
評価比較項目概要
手数料ビットコインFX手数料無料!
スプレッドスプレッド手数料業界最狭水準
取扱通貨数国内では多めの7種類を網羅
FX・取引ツール業界最高水準の本格トレードツール「bitFlyer Lightning」を搭載
スマホアプリサクサク使いやすいスマホアプリ
信頼度関東財務局長 第00003号 (仮想通貨交換業) / 資本金:41億238万円 (資本準備金含)
セキュリティハッキング事件発生無の誇るべき固いセキュリティ

矢印

recommendation_exchange_bitFlyer_ビットフライヤー_01_1911

▶ 『bitFlyer (ビットフライヤー) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨の種類 まとめ

いざ仮想通貨に手を出そうとしても、その種類の多さになかなかはじめの1歩が踏み出せない方は多いのではないでしょうか。

数ある仮想通貨の中から初心者でも利用しやすい種類のものを紹介してみたので、 興味を持ったコインがあれば少額からでも購入してみることをおすすめします。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

執筆者情報
editor
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。