• ウォレットの種類、ウェブウォレットの位置付けを紹介!
  • 仮想通貨の保管に欠かせないウェブウォレットの特徴・メリット・デメリットを徹底解説!
  • 編集部オススメのウェブウォレットを紹介!

この記事のポイント

仮想通貨の管理方法は、非常に重要です。
過去に起きた、『マウントゴックス事件』や『コインチェック事件』など、流出事件が世間を騒がせました。
これらは、管理方法を正しく行っていれば防げていた事件でした。

また、このような仮想通貨の管理に関しては、我々個人にも当てはまる大切なポイントの1つです。

今回は、仮想通貨初心者の方に向けて、様々な種類のウォレットを紹介し、メリットやデメリットを詳しく見ていきたいと思います。

ウォレットとは・その種類

ウォレットとは、簡単に例えると『仮想通貨の財布』に当たります。
現金を財布で管理するように、仮想通貨にも専用の財布が存在します。
仮想通貨の財布には様々な種類があり、それぞれにメリット、デメリットが存在しています。
まずは、どのようなウォレットがあるかを見ていきましょう。

オンラインウォレット

インターネットに常に繋がっているウォレットのことをオンラインウォレットといいます。
オンラインウォレットのことを『ホットウォレット』と呼ぶ場合もあります。

ウェブウォレット

スマートフォンやパソコンなど、ウェブ上でIDとパスワードで管理をするウォレットの事をウェブウォレットと言います。
おそらく、一番メジャーな管理方法だと言えるでしょう。

取引所

仮想通貨を購入することや、トレードをすることが出来る取引所の中に存在するウォレットの事を指します。特別な呼び方はなく、『取引所で管理をしている』と表現することが多いです。
初心者の方は、購入した仮想通貨をそのまま取引所に置いている人も多いでしょう。

オフラインウォレット

インターネットに繋がっていないウォレットのことをオフラインウォレットといいます。
オフラインウォレットのことを『コールドウォレット』と呼ぶ場合もあります。

デスクトップウォレット

パソコンにアプリをダウンロードし、管理をするウォレットのことをデスクトップウォレットと言います。ウェブウォレットとの違いは、インターネットから切り離されているので、毎回開くたびに専用のパスワードを入力することで、毎回バックアップが行われ自分の資産にアクセスされます。

仮想通貨の種類によっては、デスクトップウォレットで管理することでマイニングなどを行うことができ、資産運用が可能なものも存在しています。

そのパソコン自体に専用ソフトを入れるのが特徴で、どちらかと言うと少し上級者向けの管理方法と言えるでしょう。

モバイルウォレット

スマートフォンなどで専用のアプリを用意し、仮想通貨の秘密鍵をパスワードとして管理するウォレットをモバイルウォレットと言います。
ウェブウォレットのスマートフォンアプリとの違いは、パスワードが任意のものではなく、秘密鍵という点が挙げられます。

ペーパーウォレット

紙に、仮想通貨のアドレス(公開鍵)と秘密鍵をメモして管理する方法をペーパーウォレットと言います。
仮想通貨は、理論上アドレス(公開鍵)と秘密鍵さえ分かっていれば、様々なウォレットで引き出すことが可能です。
ペーパーウォレットは銀行口座の番号と暗証番号を紙に書いて保管している状態と近いと言えるでしょう。

ハードウェアウォレット

USBメモリのような形をしたハードウェアに保管するウォレットをハードウェアウォレットと言います。
ハードウェアウォレットに保管するものは、ビットコインなどの仮想通貨そのものではなく、秘密鍵を保存するような形になります。
ペーパーウォレットの管理方法である秘密鍵をハードウェアに保存しているような状態です。
セキュリティの高さが謳われますが、取り扱いを注意しないと非常に危険なウォレットでもあります。特に初期設定の終わっている中古のハードウェアウォレットでは、秘密鍵を他の場所から抜き取ることが可能なため、手を出さないようにしましょう。

ウェブウォレット 特徴


初心者の方が使う上で、一番おすすめなのはウェブウォレットです。
こちらのメリット、デメリットを知ることで自分にあったウォレットを選んでみましょう。

メリット

どの端末でも使用可

IDとパスワードを入力し、オンラインに繋がっているウォレットにアクセスをするため、端末を選ばずにログインをすることができます。
非常に簡単ができるため初心者の方におすすめです。
また、スマートフォンなどでも管理ができるため、持ち運びに便利な特徴も合わせ持っています。
セキュリティ面も、取引所でそのまま管理するよりも安全と言えます。

アカウント管理が便利

IDとパスワードなので、覚えやすいものにすることで簡単にアクセスできるのも特徴です。
オフラインウォレットのデメリットである、複雑な秘密鍵の管理をしなくていいので資産の紛失リスクを抑えることができます。

即決済などに便利

オフラインウォレットでは、決済時に時間がかかってしまうデメリットがあります。
また、同じオンラインウォレットでも、取引所からの送金は取引所自体が任意のタイミングで行う場合も多いので時間がかかります。
ウェブウォレットは、スマートフォンで決済QRコードを読み込めば送金作業が完了するので、時間制限のある支払い(10分以内に支払いなど)と相性がいいのが特徴です。

デメリット

不正アクセスに遭う可能性

オンライン上に繋がっている関係上、ハッキングの被害にあうリスクがオフラインウォレットに比べると強いです。
取引所に比べればかなり安全だと言えますが、本当に心配な場合や大量の資産を保有する場合は、オフラインウォレットへの分散も視野にいれた方が良いでしょう。

災害のリスク

地震や火災などで、ウォレット会社のサーバーに被害が及んでしまう場合のリスクが考えられます。しかし、多くの会社では、こういったリスクに備えて対策を取っているので、余程のことがない場合は大丈夫だと言えるでしょう。

対応通貨が少ない

ビットコインやイーサリアム、ビットコインキャッシュなどのメジャー通貨を取り扱うウェブウォレットは多いのですが、比較的新しい技術なので、新しい仮想通貨などには対応していないものが存在しています。
そうしたものを取引所で保管するのはリスクがあるので、デスクトップウォレットやモバイルウォレットなどで管理をする方法がオススメです。

ウェブウォレット紹介


ウェブウォレットの中でも特に人気のあるオススメのウォレットを紹介していきます。

ビットコインのウェブウォレット紹介

Blockchain.info

ビットコインウォレットの中では非常に有名で、信頼性のあるウォレットの1つです。
ウォレットを開発しているBlockchain.infoはマイニングのシェア率なども世間に公開をしている企業なため、ビットコインに置いては最も影響力のある企業の1つです。
注意点としては、スマートフォンなどを機種変更した際に12個のリカバリーフレーズを入れないと復元できない点です。
これを忘れてしまうことや、バックアップを取っていない状態でスマートフォンを壊してしまうと資産紛失に繋がってしまうので、管理をしておくことをオススメします。

セキュリティ面も非常に強く、ハッキングの可能性は0ではないですが、安全なウォレットと言えるでしょう。

BitGo

複数の秘密鍵を用意し、セキュリティを強化した「マルチシグ」を採用しているウォレットになります。BtiGoでは『2of3』という方法を採用しています。
これは、秘密鍵を3つ用意し、その中で2つを用いることでログインをする仕組みになります。
そのため、秘密鍵が1つよりもセキュリティが高いため、ウェブウォレットの中でも信頼性の高いウォレットと言えるでしょう。

しかし、マルチシグは秘密鍵の数が増えているので、送金コストや管理コストは増えてしまうデメリットがあります。
大きな資産を保有したいなかで、オフラインウォレットは敷居が高いと感じてしまう方に向いているウォレットと言えるでしょう。

イーサリアムのウェブウォレット紹介

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)

MyEthWalletはイーサリアムの代表的ウォレットになります。
パソコンで管理をする形になるので、決済などには向いていないです。
特徴として、ICOなどで新しく誕生したイーサリアムベースの通貨を管理する方法は、MyEthWalletが一番メジャーな方法です。
イーサリアムはビットコインと違い、仮想通貨自体のプラットフォームとして存在しているため、イーサリアムのブロックチェーンを使って作られた通貨がたくさん存在しています。
それらを管理することができるのも特徴です。

リップル

Gatehub

Gatehubはリップルを保管する方法として有名なウォレットになります。
ビットコインほど保管方法が多くないため、こちらの方法が一番オススメでしょう。
しかし、過去にGatehub上で盗まれた事例がいくつか発生しているため、使用は十分考慮した上で判断をされたほうがよろしいでしょう。

仮想通貨取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerは日本で最も大手の取引所で、世界の取引所の中でも安全性をAランクと評価されるほどセキュリティの強い取引所として有名です。
しかし、金融庁から業務改善命令を受けてから、対応に問題が生じてきました。
現在では、bitFlyerを通して仮想通貨を購入することや、保管することはオススメできる方法とはいえないでしょう。

Zaif(ザイフ)

手数料の安さが特徴の取引所です。
積立投資なども行っているのですが、サーバーエラーなど、度々大きな問題を起こす取引所でもあるので、購入以外で使うことはオススメできません。

Coincheck(コインチェック)

非常に多くのアルトコインを取り扱っている取引所ですが、流出事件以降、営業再開にいたっていません。
現在はマネックス証券が指導の下、1日も早い復帰を目指しています
購入などの手段としてはオススメですが、管理は先ほど紹介をしたウェブウォレットを使ったほうがよろしいでしょう。

仮想通貨のウォレットを扱う際の注意点

フィッシング

類似の取引所とそっくりなサイトを作り、IDとパスワードが盗まれる事件が多発しています。
対策としては、取引所の正しいURLをブックマークで保管し、そこからアクセスするようにしましょう。

ウィルス

パソコンの情報を抜き取るようなウイルスに感染してしまった場合、パスワードや秘密鍵を盗まれてしまう可能性が生じます。パソコンで情報を管理する場合は、セキュリティソフトを入れるなど対策を怠らないようにしましょう。

取引所

マウントゴックス事件や、コインチェック事件で被害にあってしまった方は、取引所に仮想通貨を管理していた方でした。取引所管理は非常に簡単な分、こういったリスクが生じてしまうのが特徴です。
もちろん、ウェブウォレットや、オフラインウォレットにはパスワードを紛失してしまい取り出せなくリスクはありますが、これらを踏まえて分散をしておくことが必要になると言えるでしょう。

ウェブウォレットQ&A

ウェブウォレットの利用に手数料はかかる?

送金手数料はかかります。

取引所系と非取引所系ならどっちの方がいい?

それぞれにメリットデメリットがありますが、本日紹介させていただいた内容から非取引所系の方がオススメです。

ウェブウォレットまとめ

ウェブウォレットは、初心者でも管理がしやすい反面、パスワードの紛失による資産凍結や、他人に不正にアクセスされて盗まれてしまうリスクなどがあります。
どのウォレットを使うことでも言えますが、分散投資をすることを心がけるようにすれば、リスクを減らすことができます。
それらを踏まえた上で、自分にあったウォレット選んでみてください。