EthereumClassic (イーサリアムクラシック/ETC) 円/JPY - チャート・リアルタイムレート (相場・価格)

ETCETC / JPY
EthereumClassicイーサリアムクラシック
494 -0.88%
提供元: / 現在
出来高 時価総額 供給量 総供給量 年初来高値 年初来安値
52,501,711,380 0 0 0 0 0

EthereumClassic (イーサリアムクラシック/ETC) 円/JPY リアルタイムレート (相場・価格)

イーサリアムクラシック 現物取引レート
取引所名 買値(ASK) 売値(BID) スプレッド 出来高(BTC)
リアルタイム最適アービトラージ + 1

※アービトラージとは、取引所間の価格差を利用して、同通貨を安い取引所で買って、高い取引所で売り、差額を稼ぐ取引のこと。詳しくはこちらの記事が参考になります。

取引所別の仮想通貨ランキングを見る

EthereumClassic (イーサリアムクラシック/ETC) 円/JPY チャート
ETC - JPYイーサリアムクラシック / EthereumClassic
494

提供元: / 現在
EthereumClassic (イーサリアムクラシック/ETC) 以外の仮想通貨チャートを見る

EthereumClassic (イーサリアムクラシック/ETC) 円/JPY 時系列データ

日付 始値 高値 安値 終値 出来高
もっと見る
この記事のポイント
  • イーサリアムクラシックは「The Dao」事件がきっかけでイーサリアムから分裂して誕生した。
  • Coincheckなどの取引所で購入できる。
  • スマートコントラクトなどの機能の実装でloT分野での活用を狙っている。

イーサリアムクラシックは、イーサリアムから分裂して誕生した仮想通貨です。イーサリアムと同じような機能を持ちながらも、独自の活用を進めるために開発が進められています。

本記事では、イーサリアムクラシックの特徴やイーサリアムとの比較、購入方法、について紹介します。

イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC) の特徴

loT分野に力を入れている

イーサリアムクラシックは「loT (Internet of Things)」の分野に力を入れています。loTとは「モノのインターネット化」の意味です。現在では世界中の情報をインターネット上で簡単に確認できます。loTによってモノとモノをインターネットでつなぎ、遠隔操作や状態確認など様々な動作を可能にします。

イーサリアムクラシックのブロックチェーン技術を活用して、loTと組み合わせる取り組みがおこなわれています。

イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC) の誕生の経緯

イーサリアム(Ethereum/ETH)のハードフォーク

2016年に「The Dao」事件が発生しました。「The Dao」はのブロックチェーンを活用した自律分散型投資ファンドです。「The Dao」事件では、システムに存在した欠陥をつかれハッキングを受けました。ハッキングを受けた結果「The Dao」コミュニティ内の議論がおこりました。

イーサリアムは非中央集権性が特性としてあり、「何もしない」案が提示されたものの、「ハードフォークをおこない不正送金がおこなわれる前の状態に戻す」案が採用されました。

イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC)の誕生

The Dao」事件の結果、ハッキングによる被害を取り戻すためにハードフォークをおこない、ハッキングがおこなわれる前の状態に戻されました。しかしイーサリアムの非中央集権性を重視したメンバーは、ハードフォークを中央集権的な介入に当たるとして、反発しました。

The Dao」事件後、ハードフォーク案に反対したメンバーによって、イーサリアムの非中央集権性を受け継いだ仮想通貨であるイーサリアムクラシックが誕生しました

editMEMO

ハードフォーク
元のチェーンと互換性のないチェーンを作成すること。
以下の3つの種類がある
①アップデートのためのハードフォーク
②コインの分裂を引き起こすためのハードフォーク
③アルトコイン生成のためのハードフォーク

イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC) の仕組み

サイドチェーン

ブロックチェーンでは、1つのブロックに収納できる取引情報 (トランザクション)の大きさが決まっています。 ブロックの大きさをこえる量のトランザクションが発生すると、取引の遅延が発生し手数料の負担も大きくなります。このようなブロックチェーンの大きさに余るトランザクション発生による、スケーラビリティ問題を解決するためにサイドチェーンがあります。

サイドチェーンはメインのブロックチェーンに機能を拡張する機能です。サイドチェーンが採用されることで、メインのブロックチェーンで処理しきれないトランザクションを処理できます。またスマートコントラクトをおこなう際も、サイドチェーンを利用できます。

DApps

DAppsは「Decentralized Applications」の略です。ブロックチェーンを利用しており、中央管理者の存在しない非中央集権的なアプリケーションがDAppsです。自動的に契約を履行、記録するスマートコントラクトのしくみを活用しており、ブロックチェーン技術によって信頼されたアプリケーションといえます。

DAppsを活用したものとしてゲームや分散型取引所(DEX)などがあり、DEXはもちろんゲーム内で所有するデータを資産として取り扱えます。

editMEMO

スマートコントラクト
プログラムによって自動で契約の締結・決済を可能にするシステムのこと。契約の際に面倒な手間が省けたり、仲介手数料を抑えたりすることが可能になる。また、プログラムによって自動で実行されるため,改ざんのリスクを減らすことができる。

イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC)とイーサリアム(Ethereum/ETH)の違い

誕生背景の違い

イーサリアムはロシアのプログラマー、ヴィタリック・ブテリンにより誕生しました。最初の仮想通貨のビットコインは、新しい通貨としての側面をもったのにたいし、イーサリアムはビットコインに機能を持たせる目的で開発されました。

イーサリアムクラシックは2016年の「The Dao」事件の結果、イーサリアムから分裂して誕生した仮想通貨です。イーサリアムの非中央集権性をより重視した仮想通貨として誕生しました。

用途の違い

イーサリアムは、分散型アプリケーションやイーサリアムがメインのトークンなどを形成するプラットフォームとして知られています。いずれもイーサリアムのブロックチェーンが利用されており、イーサリアムのブロックチェーンをベースとした仮想通貨も多く誕生しています。

イーサリアムクラシックはイーサリアムと差別化を図り、loT分野での活用が期待されています。イーサリアムクラシックのloT分野での活用が実現すると、家電など私たちの生活を支えるモノがインターネット上でつながり、より快適に日常生活が送れるようになります。

発行上限と減少期の違い

発行上限とは、その仮想通貨が発行される上限値のことです。また減少期とは、一定期間で発行量が減少することです。一般的に発行上限がある仮想通貨では、市場の需要が高まることで価値が上がります。また、減少期によって通貨の全体量が減ることで通貨の価値が高まります。

イーサリアムは発行上限と減少期は存在しません。また、イーサリアムクラシックについては発行上限と減少期は存在します。イーサリアムクラシックの発行上限は約2億1000万イーサリアムクラシックから約2億3000万イーサリアムクラシックです。

イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC) のメリット

メリット1 非中央集権型

イーサリアムクラシックはイーサリアムから分裂して誕生した仮想通貨です。「The Dao」事件によってイーサリアムがハッキングされた後に、ハードフォークによってハッキングの事実を無くし、新しいブロックチェーンを作成したのがイーサリアムでした。

しかしイーサリアムクラシックは非中央集権性を維持するために、ハッキングの記録が残ったブロックチェーンを使用しています。そのため、イーサリアムクラシックは非中央集権性をより重視しています。

メリット2 流動性が高い

仮想通貨において流動性とは、取引所での出来高や取引量の大きさといえます。流動性が高いほど多くの人に取引されており、信頼されている仮想通貨だと理解できます。イーサリアムクラシックは流動性において世界で20番目付近を維持しており、多くの人に取引される仮想通貨だといえます。

メリット3 取引環境が良い

イーサリアムクラシックは2018年4月現在、さまざまな取引所で取り扱われています。取引環境が整っているので、仮想通貨の初心者から熟練者まで幅広くトレードを行うことができます。日本国内だけでも充実した売買が楽しめるのは魅力です。流通量の多さは仮想通貨としての単純なメリットになるため、イーサリアムクラシックは今後も広い場所で取引されていくことが予想されます。

メリット4 送金が速い

イーサリアムクラシックは、数ある仮想通貨の中でも上位の送金速度を誇っています。送金の速さは実店舗での決済時にもメリットとなるので、今後はビットコイン決済のようにイーサリアムクラシック決済が普及する可能性もあります。

メリット5 システムが今後変わらない

イーサリアムクラシックは基本的に、今後ハードフォークやソフトフォークの予定はありません。誕生の経緯からしても、旧来のシステムを守ることで、そのメリットをユーザーに提示していくことになります。

イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC)のデメリット

デメリット1 イーサリアム (Ethereum/ETH)に対する優位がない

イーサリアムクラシックの特徴はイーサリアムの特徴とほぼ一致します。スマートコントラクトやプラットフォームとしては完全にイーサリアムに後れをとっており、シェアとしてはイーサリアムが大多数です。イーサリアムとの差別化を図るために、イーサリアムクラシックはloTの分野で開発を進めていますが、実装までは予定が立っていない状況です。

デメリット2 イーサリアム (Ethereum/ETH)より資金力・技術力が無い

イーサリアムクラシックは一部の有志によって運営されているため、基本的にイーサリアムと比べて資金力や技術力で劣ります。大きなシステム改善の必要などは今のところありませんが、今後もし仮想通貨全体を変えてしまうような技術が開発された場合に、遅れを取る可能性があります。

デメリット3 開発力が弱い

The Dao」事件後にイーサリアムクラシックとイーサリアムがハードフォークしました。ハードフォーク案に反対した一部の人間によりイーサリアムクラシックの開発は続けられていますが、大多数の開発者はイーサリアムに残りました。

開発力においてもイーサリアムのほうが圧倒的で、イーサリアムクラシックは開発力が弱い状況にあります。

イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC) を生み出す採掘 (マイニング)

採掘 (マイニング) とは?

マイニングとは、取引情報(トランザクション)を承認してマイニング報酬を得ることです。もともと鉱山を採掘して金や銀を得ることから名づけられました。仮想通貨ではブロックチェーンというシステムが採用されており、たくさんのトランザクションを承認しブロックに入れることで、前のブロックにつなげて(チェーンして)いきます。

マイニングをする人はマイナーと呼ばれます。ブロックチェーンでは中央管理者が存在しません。そのためマイナーが報酬を目的にトランザクションを承認することで、特定の管理者がいなくても不正のない環境を実現しています。

マイニングで報酬を得るには、マシンを稼働させ素早く計算を済ませる必要があります。そのため大量の電気代やマシンのメンテナンス代、高性能のマシンが必要となり、個人でマイニング報酬を狙うことは難しくなります。

イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC) のソロマイニング

マシンをイーサリアムクラシックネットワークにつなげて、一人でマイニングをおこなう方法です。
マイニングは世界各国の企業が参戦していることもあり、一個人で用意するマシンだけではマイニング報酬を得にくいです。また、マシンを稼働させるために電気代も必要となってくるので、ソロマイニングでは報酬どころかマイナスになる可能性も高いでしょう

イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC) のマイニングプール

プールという共用サーバーに接続してマイニング報酬を得る方法です。マイニングプールに接続したすべてのマシンを使用してマイニングをおこなうので、報酬を得やすいです。
個人でマイニングをおこなうマイナーの多くが、マイニングプールを利用しています

イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC) のクラウドマイニング

クラウドマイニングは、企業が用意したマシンをレンタルしてマイニングをおこなう方法です。クラウドマイニングでは、ソロマイニングやマイニングプールの場合に必要だったマシンなどの初期費用や知識などは不要で、マイニングに参加できます。利益率はソロマイニングやマイニングプールと比べると低くなります

イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC) のマイニングで利益は出る?

マイニングは設備投資や電気代など、多くのコストがかかります。マイニングをおこなうさいには、計画性をもちましょう。
WhatToMineのサイトを利用すると、ハッシュレートや電気代などの入力で利益率を計算できます。より計画的にマイニングを進めるために、かならず計算をおこないましょう。

▶ 『イーサリアムクラシック (EthereumClassic/ETC) のマイニング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC) の買い方・購入方法

イーサリアムクラシックの購入方法を解説します。使用する取引所はCoincheckを使用します。

取引量・ユーザー数ともに国内最大手の仮想通貨取引所
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の10種類!
イーサリアムクラシックの買い方・購入方 全STEP
STEP1口座開設
STEP2日本円の入金
STEP3イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC) の購入

それでは具体的に見ていきましょう。

▶ 『イーサリアムクラシック (EthereumClassic/ETC) の買い方・購入方法』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

STEP1 口座開設

アカウント登録

coincheck新規登録
Coincheckを利用してイーサリアムクラシックを購入するには、最初にCoincheckの口座を開設する必要があります。Coincheckの新規登録ページを開いて以下の項目を入力しましょう。

editMEMO

①メールアドレスを入力。
②パスワードを作成し入力。
③枠にチェックを入れる。
④新規登録を押す。

各項目の入力が完了すると、登録したメールアドレスにCoincheckからメールが届きます。メール内のURLをクリックして登録したログイン情報を入力することでログインが完了します。

SMS認証 (電話番号認証)

Coincheck電話番号認証
Coincheckにログイン後、はじめに電話番号認証が求められます。Coincheckのメニューから電話番号認証を選択して、登録する電話番号を入力しましょう。入力後下の「SMSを送信する」を押すと登録した電話番号あてにSMS認証コードが送られます。送信された認証コードの欄に表示された認証コードを入力して「認証する」を押します。これでSMS認証は完了です。

本人確認書類のアップロード

SMS認証の完了後は氏名、性別、生年月日、住所など個人情報の登録が求められます。個人情報の入力後、本人確認のために本人確認書類の表裏の両面とIDセルフィーの提出が必要です。IDセルフィーとは提出した本人確認書類と本人の顔を共に自撮りすることです。
Coincheck本人確認書類表面
本人確認書類の表面提出の欄で「ファイルを選択する」をえらびすでに保存されている写真を提出するか、「カメラを起動」を選択し新しく写真をとりましょう。
Coincheck本人確認裏面改
本人確認書類裏面の提出でも、「ファイルを選択する」をえらびすでに保存された写真を提出するか、「カメラを起動」を選択し新しい写真をとります。
CoincheckIDセルフィー
IDセルフィーの提出画面では、画面のように本人の顔写真と登録する本人確認書類を同時にとる必要があります。すでに画像を保存している場合は、「ファイルを選択する」をえらびます。まだ写真を撮っていない場合は「カメラを起動」を選択して、IDセルフィーの写真をとりましょう。

IDセルフィーの提出では顔写真と本人確認書類がしっかり見えていることが大切です。本人確認書類が指で隠されることや、本人確認書類がぼやけていたなら、再提出を求められることもあります。

IDセルフィーの提出が完了すると、数日から数週間でCoincheckから本人確認種類がハガキで届きます。本人確認ハガキを受け取り、本人確認はすべて完了です。Coincheckのすべての機能が利用可能になります。

また、本人確認が済んでいない状態でもCoincheckの機能は利用できますが、日本円の入金や送金はできません。

account_arrow_min

STEP2 日本円の入金

Coincheck日本円入金1改
Coincheckで本人確認の完了後日本円の入金が可能になります。初めて仮想通貨を購入する人は、銀行口座から日本円を入金する必要があります。

Coincheckのメニューから「ウォレット」を選択して、隠されたメニューを表示します。「日本円の入金」の項目を選択して、表示された銀行口座を確認します。日本円の入金では二つの銀行口座情報が表示されるので、適した口座に日本円の振り込みをしましょう。

account_arrow_min

STEP3 イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC) の購入

Coincheckコイン購入イーサリアムクラシック
日本円を振り込みしたら、Coincheckでイーサリアムクラシックの購入ができます。Coincheckのメニューから「コイン購入」を選択します。Coincheckで取り扱うすべての仮想通貨が表示されるので、イーサリアムクラシックを選択します。イーサリアムクラシックの希望購入数量を入力して、表示された項目を確認したら、「購入する」を押しましょう。問題がなければイーサリアムクラシックの購入が完了します。

▶ 『Coincheck (コインチェック) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC) のウォレット

イーサリアムクラシックを購入したら、保有する手段を考えないといけません。イーサリアムクラシックや他の仮想通貨を安全に保有するための方法としてウォレットを使用する方法があります。

Coincheckなど購入した取引所でイーサリアムクラシックを保有する方法もありますが、世界的に取引所がハッキングされ取引所にあった資金がとられる事件も多く発生しており、安全とは言えません。取引などで頻繁に動かす額以上のイーサリアムクラシックは、専用のウォレットを作成して安全に保有しましょう。

▶ 『仮想通貨のウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

おすすめのウォレットを紹介します。

Ledger Nano S (レジャーナノS)

Ledger Nano Sは仮想通貨を保有する手段として人気のあるウォレットです。Ledger Nano Sの特徴として、ハードウェアウォレットという点があります。ハードウェアウォレットとはインターネット上から完全に切り離されたウォレットのことで、安全に仮想通貨を守れます。

もしLedger Nano S自体が紛失することや壊れることがあっても、復元ワードを控えておくことで、予備のLedger Nano Sを使いすぐに取り戻すことも可能です。値段が少々かかりますが、大切な資産を守るためにも所有しておきたいウォレットです。

Ledger Nano Sを購入する際の注意点として、必ず正式の代理店などで購入しましょう。身元不明の店舗から購入した場合、Ledger Nano S自身に不正なソフトがダウンロードされていることもあり、非常に危険です。購入の際は、公式サイトから購入すると安心して利用できます。

▶ 『Ledger Nano S (レジャーナノS)』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

TREZOR (トレザー)

TREZORもLedger Nano Sと同じくハードウェアウォレットです。ハードウェアウォレットは別名コールドウォレットと呼ばれ、ホットウォレットと呼ばれる常にネット上に接続されたウォレットと比べて、より高い安全性が保証されています。対応する仮想通貨もイーサリアムクラシックやビットコイン、イーサリアムをはじめとして、多くの仮想通貨の保有が可能です。注意点として、イーサリアムやイーサリアムクラシックなどイーサリアム系のトークンは後述するMyEtherWalletと連携して保有されます。

TREZORを購入する際も、Ledger Nano Sのように販売店舗の確認を必ずおこないましょう。不正なソフトを仕込んで販売されるばあいもあります。大事な資産を守るハードウェアウォレットの購入なので、慎重に確認しましょう。

▶ 『TREZOR (トレザー )』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

MyEtherWallet (マイイーサウォレット)

MyEtherWalletは、デスクトップウォレットとして有名です。ブラウザから使用可能なウォレットで、イーサリアムやイーサリアムクラシック、イーサリアム系のトークンの保有で使用します。通常のウェブウォレットでは秘密鍵をオンライン上に保存するため、ハッキングによる仮想通貨流出の危険性があります。

しかしMyEtherWalletでは、TREZORやLedgerNanoSなどのハードウォレットと連携して秘密鍵を保存可能なため、高いセキュリティが維持できます。

▶ 『MyEtherWallet (マイイーサウォレット )』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC) の今後・将来性

IoT分野

イーサリアムクラシックはイーサリアムとの差別化を図るために、loT分野での活用を意識した開発を進めています。loT分野ではモノをインターネットでつなげるため、ハッキングのリスクも高まります。多くのものをインターネットでつなげて便利な生活を実現するために、ハッキングに対する対策が重要です。

イーサリアムクラシックでは独自のセキュリティ対策を施すと同時にスマートコントラクト技術の開発も進めることで、セキュリティ面と技術面でイーサリアムクラシックを活用するメリットを提示し、イーサリアムクラシックの普及を進めているようです。

サイドチェーン

イーサリアムクラシックではサイドチェーンの開発を進めています。サイドチェーンでは、メインのブロックチェーンだけでは補いきれない処理を、スムーズにこなします。loTの分野ではインターネットを介してモノ同士の通信が実現します。

イーサリアムクラシックでサイドチェーンが実装されることで、スムーズな通信と処理速度の向上が可能になり、loT分野での活用もより進んでいきます。

SDK

SDKとは、「Software Development Kit」の意味です。イーサリアムクラシックを利用した開発を補助するパッケージがSDKで、配布が予定されています。SDKが配布されると、イーサリアムクラシックを活用した開発が容易になり、より一層イーサリアムクラシックの普及が促進されます。

価格上昇の余地は大いにある

イーサリアムクラシックはイーサリアムから分裂した仮想通貨のため、特徴がイーサリアムとほぼ一致します。そのためイーサリアムクラシックはイーサリアムのかげに隠れて過小評価されやすいです。loT分野での普及を目指した開発を通して実用性は高いものの、企業による検証実験などの報告も見当たりません。

イーサリアムクラシックの価格上昇のためには、今後どれだけイーサリアムクラシックの開発がすすみ、多くの企業や団体に注目されるかがカギとなりそうです。

▶ 『イーサリアムクラシック (EthereumClassic/ETC) の今後・将来性』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

まとめ

イーサリアムクラシックはイーサリアムから分裂した特性から、特徴はイーサリアムとほぼ同じになっています。イーサリアムクラシックはイーサリアムとの差別化を図り今後の普及を目指すために、サイドチェーンやスマートコントラクト技術の開発、独自のセキュリティ対策を通して、loT分野での活用を働きかけています。さらにSDKの配布もおこなうことで、世界中にイーサリアムクラシックの開発の輪を広げていく方針です。

今後のイーサリアムクラシックの広まり次第では、イーサリアムクラシックの価格上昇も期待できます。

EthereumClassic (イーサリアムクラシック/ETC) 関連記事

イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC)の今後と将来性 | 最新の相場情報からわかる仮想通貨の今後
イーサリアムクラシック (EthereumClassic/ECH)のマイニング | マイニングの仕組みを解説
イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC)のウォレット|安全性や対応通貨について比較!
イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC)の買い方・購入方法 | おすすめの取引所もご紹介!!
EthereumClassic (イーサリアムクラシック/ETC) の関連記事・コラムをもっと見る