ライトコイン (Litecoin/LTC) 円/JPY - チャート・リアルタイムレート (相場・価格)

LTCLTC / JPY
Litecoin ライトコイン
提供元:/ 現在
出来高 時価総額 供給量 総供給量 年初来高値 年初来安値

ライトコイン (Litecoin/LTC) 円/JPY リアルタイムレート (相場・価格)

ライトコイン 現物取引レート
取引所名 買値(ASK) 売値(BID) スプレッド 出来高(BTC)
ライトコイン FX・レバレッジ取引レート
取引所名 買値(ASK) 売値(BID) スプレッド 出来高(BTC)

※アービトラージとは、取引所間の価格差を利用して、同通貨を安い取引所で買って、高い取引所で売り、差額を稼ぐ取引のこと。詳しくはこちらの記事が参考になります。

取引所別の暗号資産(仮想通貨)ランキングを見る

ライトコイン (Litecoin/LTC) 円/JPY チャート

提供元:/ 現在
ライトコイン (Litecoin/LTC) 以外の仮想通貨チャートを見る

ライトコイン (Litecoin/LTC) 円/JPY チャート変動要因経緯

2011年

  • チャーリー・リー氏がライトコインを発表

    当時Googleのエンジニアだったチャーリー・リー氏がビットコインのソースコードをもとにライトコインを開発しました。

2014年

  • 海外取引所Bittrexがライトコインの取り扱いを開始

    アメリカの大手仮想通貨取引所Bittrexがライトコインの取り扱いを開始し、ライトコインの取引がかんたんにできるようになりました。

2017年

  • 国内取引所bitbankでライトコインの取り扱いを開始

    国内取引所のbitbankがライトコインの取り扱いを開始したことで、日本居住者のライトコイン購入がよりかんたんになりました。

  • 海外取引所BINANCEがライトコインの取り扱いを開始

    世界最大級の仮想通貨取引所BINANCEがライトコインの取り扱いを始めたことで、価格が大幅に上昇しました。

2018年

  • ライトコインを用いた決済サービス「ライトペイ」サービス運用開始

    キャッシュレス業界参入への期待から価格が2倍程度上昇しました。

  • ライトコイン財団がドイツの銀行の株式9.9%を取得

    ライトコイン財団が伝統的な金融セクターとの接点を得るために、自身のノウハウと引き換えに株式を取得した。

2019年

  • ライトコイン財団がキックボクシングリーグのスポンサーに

    知名度・信頼性の向上を図りスポンサー業へも進出を始めました。

ライトコイン (Litecoin/LTC) のチャート変動要因ニュースを見る

ライトコイン (Litecoin/LTC) 円/JPY 時系列データ

日付 始値 高値 安値 終値 出来高
もっと見る

この記事のポイント
  • ライトコインはビットコインをサポートする仮想通貨
  • ビットコインの4倍の速さで取引を完了させられる
  • ライトニングネットワークがさらなる高速決済を可能にする

日常生活で使いやすい通貨を目指してつくられたライトコイン。 この記事ではライトコインの特徴から仕組み、メリット、デメリット、将来性にいたるまで徹底的に解説していきます。

さらにライトコインのマイニング方法や購入手順、おすすめのウォレットもご紹介します。ライトコインに興味のある方は今後の投資にぜひお役立てください。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨ライトコイン (Litecoin/LTC) の特徴

ライトコインの基本情報
通貨名ライトコイン
通貨単位LTC
発行上限8400万枚
提唱者Charlie Lee
承認方式PoW
公開日2011年10月7日
公式サイトhttps://litecoin.org/ja/

ライトコインは2011年10月に公開されたビットコインの次に古い仮想通貨です。ライトコインの開発者は元GoogleエンジニアのCharlie Lee(チャーリー・リー)氏で、ビットコインのソースコードをもとにライトコインを考案しました。

ビットコインが金ならライトコインは銀である」と例えられる場合があります。金は希少価値が高くなかなか手に入りにくいですが、銀は金よりも手に入りやすく実用的であるといわれます。実際に銀はアクセサリーや食器類で日常的に多く使われており、金の商品よりも安く購入できる身近な存在です。この銀のようにライトコインは、ビットコインよりも日常的に使いやすく身近な通貨になるよう開発されています。

発行上限が約8400万枚

ライトコインの発行上限は8400万枚で、ビットコイン2100万枚の4倍にあたる発行上限が設定されています。ライトコインの枚数設定はビットコインとは違って、日常生活での少額決済利用を想定しているためです。

さらに上限枚数を4倍に設定することで、ビットコインに比べて急に貨幣価値が損なわれることはないといわれてます。

ライトコイン (Litecoin/LTC) を管理する団体や組織が存在しない

ライトコインは政府や民間企業のような中央集権的な組織が存在しない、非中央集権的な仮想通貨であるといわれています。その理由はビットコインと同じように、多くのマイニングを行うネットワーク参加者によってブロックチェーンの安全性が確保されているからです。

しかし、業界内ではライトコインの開発や普及活動を行うライトコイン財団が、実質上の権力を握っているのではないかという声もあるようです。

ブロック生成速度がビットコイン (BItcoin/BTC) より速い

ライトコインのブロック生成速度はビットコインより4倍の速さです。そのため ライトコインはビットコインより早く取引を完了させられる特徴を持っています

ライトコインはSegwitという技術をビットコインより早く実装しています。ブロックサイズの圧縮に成功しており、以前から問題視されていたスケーラビリティ問題を改善しました。

スケーラビリティとはブロックチェーンのブロック内に書き込める取引データの数が制限されていることで起きる問題で、結果的に処理速度が低下し送金遅延を起こしてしまいます。

ライトニングネットワークの導入

すでにSegwit技術を実装しているライトコインでは、ライトニングネットワークの導入は容易といわれています。ライトニングネットワークとは スケーラビリティ問題の解決が期待される技術で、ブロックチェーン外で取引を実行することにより、少額決済でも高速に取引することが可能となります。

さらにブロックチェーン上に記録される取引は最初と最後だけで毎回の取引を記録しないため、少額で複数決済だったとしても手数料がほとんどかかりません。

現在ライトコインではライトニングネットワークの導入に向けて開発が進んでいます。導入が実現すれば、今まで以上に日常利用で使いやすい決済通貨となりそうです。

▶ 『ライトニングネットワーク』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨ライトコイン (Litecoin/LTC) の仕組み

ライトコインを語るうえで知っておきたい2つのしくみを解説していきます。

Segwit

ライトコインではSegwit技術が導入されています。Segwitとは「 Segregated Witness 」の略語で、 1ブロックあたりに記録される取引数の増加取引データの改ざん対策を同時におこなえる技術です。

従来ではブロックに書き込まれるトランザクションには2つの情報が記録されていました。通貨の取引においてどれだけの数量が動いたのかという情報と、誰と誰の間で取引が行われたのかという署名にあたる情報です。

Segwitでは署名部分をブロックから切り離すことで、ブロックの使用容量を少なくしています。この署名の分離によって、より多くのトランザクションを一つのブロックで処理することができるようになり、スケーラビリティ問題の改善につなげています。

また署名部分は悪意のあるハッカーに改ざんされやすい部分でしたが、この分離によって脆弱性の問題も同時に解決しています。

▶ 『Segwit』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

アトミックスワップ

アトミックスワップとは 第三者を信用しなくても異なる仮想通貨同士を安全に交換できる技術をさします。アトミックスワップでは仮想通貨取引が瞬時に行われるため、見知らぬ相手に資産を持ち逃げされる心配はありません。取引途中で資産を持ち逃げしようとしても、両者に全額返金されるしくみになっています。

今までのアトミックスワップでは取引の手数料や時間が問題視されていました。しかしライトニングネットワークの導入で問題は解決し、アトミックスワップの実用化に向けて大きく前進するといわれています。

▶ 『アトミックスワップ』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨ライトコイン (Litecoin/LTC) を使うメリット

ライトコインを利用する大きなメリットをご紹介します。

取引にかかる時間が短い

ビットコインのブロック生成時間は10分であることに対して、ライトコインのブロック生成時間は2分30秒です。ライトコインは ビットコインよりも4倍早く承認されるので、短時間でスピーディな取引が可能となります

たとえばビットコインを買い物の支払いで利用すると、取引を終えるまでに10分間かかります。一方でライトコインはビットコインの4分の1の時間で終わることができます。このようにライトコインはビットコインの欠点を補っており、ビットコインよりも日常的に使いやすいことがわかります。

マイニングの難易度が低い

ライトコインのマイニングはビットコインに比べて難易度が低く、マイナーにとても人気です。通常マイニングを行うには設備費用や電気代がかかります。もちろんライトコインでもコストはかかりますが、ビットコインよりも安いです。

一般的に普及している家庭用パソコンでもマイニングができるので、マイニングに興味があるならライトコインをおすすめします。

仮想通貨ライトコイン (Litecoin/LTC) を使うデメリット

ライトコインはビットコインの欠点を改善して開発されていますが、ライトコインにもデメリットはあります。ここではライトコインを利用する大きなデメリットをご紹介します。

使える場所がほとんどない

現在日本国内ではライトコインを使える場所はほとんどありません。ビットコインに比べて利用できる場所は少ないといえます。

しかし、ライトコインは 少額決済に優れた通貨であり、将来的には使用できる場所は増えていく可能性は高いでしょう。最近ではライトコインの啓蒙活動を行うライトコイン財団が、仮想通貨のデビットカードを発行すると発表しました。このカードを使えば、オンラインや実店舗でも仮想通貨決済が可能となるようです。

セキュリティがビットコイン (Bitcoin/BTC) に比べて低い

ライトコインはビットコインに比べて、取引のスピードが早く、マイニングの難易度が低いことがメリットです。しかしその反面、仮想通貨の安全性が下がってしまうため、悪意のあるユーザーに仮想通貨の脆弱性を攻撃されてしまう可能性が高くなります。

そうはいっても、もともとのセキュリティ自体は高いです。ライトコインはライトコイン財団を中心に日々技術開発が行われているため、現時点で何らかの問題点があがっていたとしても、将来的にセキュリティが向上し解決に向かうことは明白でしょう。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所のセキュリティ・安全性比較情報』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨ライトコイン (Litecoin/LTC) を生み出すマイニング

ライトコインのマイニングはビットコインよりも始めやすく、稼ぎやすいことが特徴です。ここではライトコインのマイニング方法や手順をかんたんに解説していきます。

マイニングとは

マイニングとは、 ブロックチェーンに記載される取引データを検証および承認する作業のことで、作業を成功させた人には報酬が支払われます

マイニングは日本語で「採掘」を表します。作業の成功報酬として市場に出回っていない新しいコインを受け取る行為が、鉱山のなかから希少な金を採掘するのに似ていることからマイニングと呼ばれています。

▶ 『マイニング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨ライトコイン (Litecoin/LTC) のマイニングの3つの方法

ライトコインのマイニングには以下3つの方法があります。

ソロマイニング

ソロマイニングとは一人でマイニングする方法です。マイニングに成功すれば、全ての報酬を一人で受け取ることができます。

ただしソロマイニングの場合は高性能のコンピュータを準備したり毎月の電気代がかかります。さらにマイニング難易度が昔に比べて上がっているため、 個人での成功確率は低く、初心者には難しいといえるでしょう。

プールマイニング

プールマイニングとは複数の人と協力してマイニングをする方法です。プールマイニングを行うには「マイニングプール」というプールマイニングをするためのサイトに登録する必要があります。

プールマイニングは ソロマイニングに比べて、かんたんに始めやすく成功報酬が得られやすいといわれています。ただし成功報酬はマイナーで山分けするためソロマイニングに比べて少額となります。また多少の電気代がかかることも押さえておきましょう。

クラウドマイニング

クラウドマイニングとはマイニング業者に手数料を支払ってマイニングを代行してもらうサービスです。 自分でマイニングを行わないため、高性能な機材や電気代の負担、マイニングに関する知識もいりません。サイトに登録して待つだけなので、もっとも楽な方法です。

しかしクラウドマイニングは基本的に2年契約のプランが多いので、2年で元本以上を回収できるかどうかが重要になります。クラウドマイニングサイトには詐欺業者や採算がとれるかどうかがわからないサイトも存在するので、十分に注意してください。

仮想通貨ライトコイン (Litecoin/LTC) のマイニング手順

マイニングで報酬を得るまでの手順をかんたんに説明します。

ウォレットを用意する

どのマイニング方法で始めるにせよ、ライトコインを受け取るウォレットの準備が必要です。まずは ライトコインの保管に対応しているウェブウォレットハードウェアウォレットを用意します。初心者でよくわからない場合は取引所にあるウォレットを利用してもいいでしょう。

ただしウォレットの中にはマイニングに対応していないタイプがあるので、事前に確認してから利用することをおすすめします。

ツールを選ぶ

次にマイニングを行うためのツールを選びます。ツールには以下の4種類があります。

  • CPU
  • GPU
  • FGPA / ASIC
  • クラウドマイニング

ライトコインの場合はGPUが一般的でおすすめです。

マイニング方法を選ぶ

ツール選びが終わると、マイニング方法を決めます。

マイニングはソロマイニング、プールマイニング、クラウドマイニングの3種類があることを伝えました。 これからマイニングを始めたい方にはプールマイニングがおすすめです。

マイニングを開始する

ツールやマイニング方法を選び、環境設定が終われば、いよいよマイニング開始です。毎月のコストに注意しつつ、元本以上の利益を稼いでいきましょう。

▶ 『ライトコイン (Litecoin/LTC) のマイニング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨ライトコイン (Litecoin/LTC) の買い方・購入方法

ここではライトコインを購入する手順を解説します。手順は次の3ステップです。

ライトコインの購入手順
STEP1口座開設
STEP2入金
STEP3ライトコイン (Litecoin/LTC) の購入

今回は数ある取引所の中でも『かそ部』が もっともおすすめする取引所・Coincheckを例に詳しく解説していきます!!

取引量・ユーザー数ともに国内最大手の仮想通貨取引所
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の13種類!
取り扱い通貨 13種類
FX/信用取引
手数料 無料
最低取引単位 0.001BTC
レバレッジ倍率 5倍 ※レバレッジ取引は2020年3月13日をもって終了
スマホ対応

STEP1 口座開設

アカウント登録

coincheck
口座開設するにはアカウント登録が必要になります。まずはメールアドレスとパスワードを入力し、「私はロボットではありません」にチェックをいれます。そして「新規登録」をクリックしましょう。

Coincheckより入力したメールアドレス宛にメールが届くので、メール内にあるURLをクリックします。新しい画面に切り替われば、アカウント登録の手続きは完了です。

SMS認証 (電話番号認証)

Coincheck
次に本人確認として、携帯電話番号での認証を行います。まずはアカウントにログインし、「本人確認書類を提出する」にクリックします。

携帯電話番号を入力し、「SMSを送信する」をクリックします。登録した番号にSMSが届き、6桁の認証コードが表示されます。この認証コードをCoincheckのサイト上の「送信された認証コード」に入力すると、SMS認証は完了です。

本人確認書類のアップロード

Coincheck
必要な情報を入力し、本人確認書類のアップロードを行います。運転免許証やパスポートなど顔写真付きの身分証明書を用意しましょう。

続けてIDセルフィーをアップロードします。IDセルフィーとは本人確認書類を顔の横にもって、自分の顔をふくめて自撮りした写真を指します。

最後にCoincheckより住所確認のため、ご登録住所にハガキが郵送されます。このハガキを受け取った時点で、本人確認は完了です。日本円の出金や送金などCoincheckの全てのツールを利用するためには本人確認の作業が必須となります。

STEP2 入金

Coincheck
Coincheckで仮想通貨を購入するためには、アカウントへの日本円の入金が必要です。ホーム画面より、「ウォレット」⇨「日本円の入金」をクリックします。

入金方法は銀行振込コンビニ入金クイック入金の3種類です。取引金額や取引目的に応じて、お好みの入金方法を選びましょう。ただし入金方法によっては7日間の出金制限がかかる場合もありますので、注意書きをよく読んでから入金を行なってください。

STEP3 仮想通貨ライトコイン (Litecoin/LTC) の購入

Coincheck
Coincheckでのライトコインの購入方法はかんたんです。 ホーム画面より「コインを購入」をクリックし、コイン一覧より「 LTC 」を選びます。購入したい数量を入力し「購入する」をクリックすると、ライトコインの購入完了です。

Coincheckでは販売所形式での購入になります。取引所形式での購入はできませんので、注意しましょう。

▶ 『ライトコイン (Litecoin/LTC) の買い方』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨ライトコイン (Litecoin/LTC) におすすめの国内取引所

Coincheck (コインチェック)

取引量・ユーザー数ともに国内最大手の仮想通貨取引所
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の13種類!

取引量・ユーザー数は日本で最大級!使いやすいスマホアプリと豊富な取扱通貨

BTC (ビットコイン)、ETH (イーサリアム)、XRP (リップル)はもちろん、MONA (モナコイン)、LSK (リスク)、FCT (ファクタム)など珍しい仮想通貨を含め、計10種類と、取り扱いが豊富です。 また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的。iOSアプリ、Androidアプリでの使いやすさでは群を抜いています。スマホのウィジェット機能も使えるので、いつでもかんたんに価格をチェックできます。

さらに2018年4月マネックスグループ株式会社の完全子会社傘下に入り、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

Coincheck 評価比較項目
評価比較項目概要
手数料仮想通貨の送金手数料は通常・高速の2つのプランでそれぞれ対応!
スプレッド取引所形式のビットコインスプレッドが国内最小クラス!
取扱通貨数11種類の仮想通貨で取引が可能!国内取引所の中で豊富な取り扱い!
FX・取引ツールオリジナル取引ツール Tradeviewを搭載!
スマホアプリ国内最大級の200万DLを突破!見やすいインターフェースでかんたん取引!
信頼度関東財務局長 第00014号 (仮想通貨交換業) / 資本金:1億円
セキュリティ運営会社がマネックスの体制下に入り、盤石の管理体制に!

矢印

Coincheck 国内最大級のユーザー数

▶ 『Coincheck (コインチェック) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)

アルトコイン取引なら国内取引所No.1!大手企業DMM.comが運営する安心感!
  • 全通貨のレバレッジ取引が可能!
  • 使いやすい取引ツール
  • あのローラがCMにも!

大手DMM社が運営する国内最大手の仮想通貨取引所

DMM Bitcoin 大手企業のDMM社が運営する国内最大級の仮想通貨取引所です。正確にはいつでも好きなだけ仮想通貨の売買が可能な「販売所」です。販売所であるにも関わらず、スプレッド手数料を除いてほぼすべての手数料が無料であるのが最大の特徴になります。また大手企業が運営しているためセキュリティが非常に強固で、これまでに一度も行政指導が入ったりハッキング事件が起きたことがありません。

取り扱っている仮想通貨の種類も非常に豊富で、全7種類の通貨を取引することができます。国内の取引所においてこれだけの仮想通貨を扱っているところはあまりないため、より多くの仮想通貨で取引したい方は是非とも口座開設をしておきましょう。

DMM Bitcoin 評価比較項目
評価比較項目概要
手数料取引手数料・入出金手数料共に無料!
スプレッドスプレッドが常に可視化されている
取扱通貨数国内では多めの7種類を網羅
FX・取引ツールカスタマイズ自由なDMM Bitcoin独自の取引ツール!
スマホアプリ充実した機能をもつスマホアプリ
信頼度関東財務局長 第00010号 (仮想通貨交換業) / 資本金:16億2000万円
セキュリティ行政指導を受けたことのない強固なセキュリティ

矢印

DMMビットコイン アルトコイン取引

▶ 『DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

bitFlyer (ビットフライヤー)

ユーザー数と資本金が国内最大級の仮想通貨取引所!
  • 超高機能取引ツール搭載!
  • 本格的なチャート分析が可能!
  • 日本最大級の規模!

ユーザー数・国内取引高ともにNo,1の圧倒的実力

bitFlyerは 取引量・ユーザー数全てが日本No,1の国内最大級の仮想通貨取引所です。過去に一度も仮想通貨に関するハッキング事件が起きた事が無く、サービスの安定性・セキュリティ・信頼性はかなり高いと言えます。なかでも独自に開発された取引ツール『bitFlyer Lightning』はFXや先物取引など多様な取引手法に対応しており、使いやすさは国内外の取引所と比較してもピカイチです。

他にも手数料の安さ補償サービスの充実度が人気の理由として挙げられます。ビットコイン取引量によって手数料が安くなったり、FXでは当日中に決済すると手数料が無料になるなど、 総合的に手数料を安く抑えることができます。また国内初となる補償サービスを、大手損保会社と連携して提供しており安心して利用できます。

bitFlyer 評価比較項目
評価比較項目概要
手数料ビットコインFX手数料無料!
スプレッドスプレッド手数料業界最狭水準
取扱通貨数国内では多めの7種類を網羅
FX・取引ツール業界最高水準の本格トレードツール「bitFlyer Lightning」を搭載
スマホアプリサクサク使いやすいスマホアプリ
信頼度関東財務局長 第00003号 (仮想通貨交換業) / 資本金:41億238万円 (資本準備金含)
セキュリティハッキング事件発生無の誇るべき固いセキュリティ

矢印

recommendation_exchange_bitFlyer_ビットフライヤー_01_1911

▶ 『bitFlyer (ビットフライヤー) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨ライトコイン (Litecoin/LTC) におすすめの海外取引所

海外の取引所では、まずはある程度知名度のある取引所でトレードをはじめることが肝心です。以下ではかそ部がおすすめする海外取引所をご紹介します。

BitMEX (ビットメックス)

日本の仮想通貨投資家・トレーダー界隈でいま最もスタンダードな仮想通貨取引所
  • 追証制度無のレバレッジ倍率100倍!
  • 安心の日本語完全対応!
  • 最先端のITを駆使したセキュリティと取引ツール
BitMEX 比較ポイント
手数料口座開設手数料・入出金手数料ともに無料! ▶ 詳しい手数料の比較情報を見る
FX・取引ツール初心者から上級者までおすすめできるTradingViewを完備! ▶ 詳しいFX・取引ツールの比較情報を見る
スマホ対応対応アプリはありませんがブラウザから利用可能。 ▶ 詳しいスマホアプリの比較情報を見る
取り扱い通貨EOSやTRXなどのマイナーコインを含む8種類! ▶ 詳しい取扱通貨の比較情報を見る
セキュリティコールドウォレット・マルチシグ対応を徹底し、過去に一度もハッキング被害なし! ▶詳しいセキュリティの比較情報を見る
信頼性ファイナンス・Web開発の専門家集団が中心に運営! ▶ 詳しい信頼性の比較情報を見る
キャンペーン対応中のキャンペーンはありません ▶ 詳しいキャンペーン・キャッシュバックの比較情報を見る
日本語対応対応あり ▶ 他の海外取引所と比較したい方はこちら

アルトコインのレバレッジ取引ができる

BitMEXではビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップル、カルダノ、イオストークン、トロンの8種類の通貨に対応しており、その全てにおいてレバレッジ取引が可能です。

海外取引所においても、アルトコインのレバレッジ取引に対応している取引所は多くはありませんので、BitMEXの大きなメリットの一つということができます。

また通貨によって差はありますが、ビットコインに関してはレバレッジ倍率も最大で100倍まで可能ですので、国内の取引所では考えられない異例のレバレッジ取引が可能となっています。国内の仮想通貨取引所では、レバレッジに規制が施されることになってしまっているため、「国内取引所のレバレッジじゃ物足りない・・・」「レバレッジ取引のハイリスク・ハイリターンの取引をしてみたい!」そんな方はBitMEXがおすすめです。

日本語に対応

多くの海外取引所は公式サイトが英語のみに対応していますので、英語が苦手な方にとっては海外の取引所は敷居が高く感じるかもしれません。

しかし、BitMEXは海外の取引所であるにも関わらず、 公式サイトの日本語対応はもちろん、取引画面や取扱いマニュアル等も全て日本語版が用意されています。そのため、日本人でも気兼ねなく利用できます。

特に現在は金融庁の規制が厳しくなったことで、日本国内から撤退する海外取引所も多いため、日本向けのサービスを継続しているBitMEXの存在は大変貴重であると言えます。

矢印

recommendation_exchange_BitMEX_ビットメックス_01_1911

▶ 『BitMEX (ビットメックス) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BINANCE (バイナンス)

世界最大級の知名度と革新性のある仮想通貨取引所!
  • メジャーな仮想通貨をほぼ網羅!
  • 取引手数料は一律0.1%
  • 取引所限定コイン(BNB)が旬!
BINANCE 比較ポイント
手数料取引手数料が一律0.1%と格安! BNBを使うとさらにお得に!▶ 詳しい手数料の比較情報を見る
FX・取引ツール初心者向けのベーシックモードと中〜上級者向けのアドバンスモードの2種類のツールを完備! ▶ 詳しいFX・取引ツールの比較情報を見る
スマホ対応入金から取引までこれ一つで可能な公式アプリ! ▶ 詳しいスマホアプリの比較情報を見る
取り扱い通貨メジャーな通貨はほぼすべて取り扱っており、その数なんと1000種類以上! ▶ 詳しい取扱通貨の比較情報を見る
セキュリティハッカーの不正アクセスを事前に防いだ実績から世界最高峰のセキュリティ! ▶詳しいセキュリティの比較情報を見る
信頼性本社が香港の仮想通貨取引所! ▶ 詳しい信頼性の比較情報を見る
キャンペーンTwitterとの連携をはじめ、多数のキャンペーン実施実績 ▶ 詳しいキャンペーン・キャッシュバックの比較情報を見る
日本語対応対応なし ▶ 他の海外取引所と比較したい方はこちら

高いセキュリティ

BINANCEは2017年7月に設立されて わずか5ヶ月で24時間取引量世界一を記録した、世界中から注目を集める取引所です。

BINANCEは過去にハッキング被害にあいましたが、不正な出金を感知し瞬時に取引を中止させることで、被害の拡大を未然に防いだ実績があり、特にセキュリティに関しては非常に高い評価を受けています。

日本語・日本円に未対応であるという点で、日本人にとっては扱いづらい取引所ではありますが、非常に多くの仮想通貨銘柄を取り扱っており、世界規模の取引を体験してみたい人には大変おすすめの取引所です。

BNB (バイナンスコイン) でお得に取引できる

BINANCE特有のシステムの一つに、バイナンスコインによる手数料割引があります。

バイナンスコインとはBINANCE独自のトークンのことで、 バイナンスコインを利用した取引では5年目まで手数料が安くなったり、取引で余ってしまった通貨をバイナンスコインに変換できる制度を利用できたりと、バイナンスコインを所有することのメリットは大きいと言えます。

BINANCEの取引量が増加したことでバイナンスコインの価値も上昇し、最近ではバイナンスコインを長期的に保有しているユーザーも増加してきています。

矢印

BINANCE 世界最大級の海外取引所

▶ 『BINANCE (バイナンス) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BITTREX (ビットレックス)

アルトコインでの板取引を実装した海外取引所!
  • 取り扱い通貨が豊富
  • ICO直後のコインも上場
  • 万全のカスタマーサポート

BITTREXイント
手数料手数料は全ての通貨で一律! ▶ 詳しい手数料の比較情報を見る
FX・取引ツール使いやすい公式取引ツール! ▶ 詳しいFX・取引ツールの比較情報を見る
スマホ対応公式アプリはありませんがブラウザから利用可能。 ▶ 詳しいスマホアプリの比較情報を見る
取り扱い通貨主要通貨を含む200種類以上! ▶ 詳しい取扱通貨の比較情報を見る
セキュリティ2段階認証など基本的なセキュリティを完備! ▶詳しいセキュリティの比較情報を見る
信頼性アメリカのBittrex.Incが運営 ▶ 詳しい信頼性の比較情報を見る
キャンペーン対応中のキャンペーンはありません ▶ 詳しいキャンペーン・キャッシュバックの比較情報を見る
日本語対応日本語対応なし ▶ 他の海外取引所と比較したい方はこちら

BITTREXは世界の仮想通貨取引所なかでも有名な取引所の1つです。

人気の理由は取り扱い通貨の豊富さにあります。現在、 約1500種類あるといわれている仮想通貨のうち、200種類以上の仮想通貨を取り扱っています

海外取引所というと口座開設なども難しいのではないかと考えられることも多いですが、BITTREXは、国内の仮想通貨取引所と違い、本人確認書類の提出などは必要なく、メールアドレスの認証だけでアカウントを作成でき、仮想通貨をはじめたくなったその日から取引が始められます!

矢印

recommendation_exchange_bitFlyer_ビットフライヤー_02_1911

▶ 『BITTRX (ビットレックス) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

OKEx (オーケーイーエックス)

取引高が中国最大級の取引所!
  • 取引において高い流動性を実現!
  • すぐに口座開設できる!
  • 自動レンディング機能も搭載!
OKEx 比較ポイント
手数料入金手数料無料! ▶ 詳しい手数料の比較情報を見る
FX・取引ツール公式サイトから取引可能! ▶ 詳しいFX・取引ツールの比較情報を見る
スマホ対応対応アプリはありませんがブラウザから利用可能。 ▶ 詳しいスマホアプリの比較情報を見る
取り扱い通貨草コインを含む67種類! ▶ 詳しい取扱通貨の比較情報を見る
セキュリティ2段階認証など基本的なセキュリティを完備! ▶詳しいセキュリティの比較情報を見る
信頼性中国の三代取引所の一つで、国内大手のbitbankが正規取次店という安心感! ▶ 詳しい信頼性の比較情報を見る
キャンペーン対応中のキャンペーンはありません ▶ 詳しいキャンペーン・キャッシュバックの比較情報を見る
日本語対応対応あり ▶ 他の海外取引所と比較したい方はこちら

日本での知名度はそれほど高くはない取引所ですが、その取引量はBINANCEに続いて世界2位に位置付ける仮想通貨取引所です。

現物取引から仮想通貨FX取引や仮想通貨先物取引など、取引の種類の多彩さが魅力です。アルトコインで本格的なトレードをしてみたい方には大変おすすめの取引所です。

矢印

recommendation_exchange_bitFlyer_ビットフライヤー_02_1911

▶ 『OKEx (オーケーイーエックス) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨ライトコイン (Litecoin/LTC) のウォレット

仮想通貨を保管するうえでウォレットはとても重要な役割を果たします。取引所に預けっぱなしにしている方も多いでしょうが、大切な資産を守るためにはウォレットの知識が大事です。ここではライトコインの保管に欠かすことのできないウォレットをご紹介します。

そもそもウォレットとは

ウォレットとは 仮想通貨を安全に保管しておく電子財布のことです。ウォレットの種類は数多く、さまざまな企業や団体がウォレットサービスを提供しています。

そのなかには仮想通貨取引所が提供するウェブウォレットがあります。取引所に仮想通貨をそのまま預けている方は多く、取引所とウォレットを混同されている方もいるでしょう。

しかし取引所とウォレットは全く別物です。取引所は「日本円を仮想通貨と交換できるところ」で、ウォレットは「仮想通貨を保管できるサービス」にあたります。

▶ 『仮想通貨のウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ウォレットの種類

ウォレットにはウェブウォレットローカルウォレットペーパーウォレットハードウェアウォレットなどいくつかの種類があります。それぞれにメリット、デメリットがあるので、よく調べたうえで利用用途に応じて使い分けましょう。

仮想通貨ライトコイン (Litecoin/LTC) の保管におすすめのウォレット

ライトコインの保管におすすめのウォレットを3つご紹介します。

Ledger Nano S (レジャーナノS)


LedgerNanoS (レジャーナノS)

まずはハードウェアウォレットのLedger Nano Sです。専用の端末とPCがあれば利用できます。Ledger Nano Sの大きな特徴は 完全にインターネットに接続していない状態で仮想通貨を安全に保管できる点です。入出金や確認をする時のみパソコンに専用端末を接続します。

もし端末が故障や紛失で使えなくなってしまっても、初期設定時のリカバリーフレーズさえあれば、かんたんにデータを復元することができます。さらにライトコイン以外の複数の仮想通貨を一つの端末で保管できるのもうれしい点です。

▶ 『LedgerNanoS (レジャーナノS)』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

TREZOR (トレザー)

TREZORはLedger Nano Sと同じハードウェアウォレットの類です。専用の端末をUSBに接続して使います。普段は オンラインから切り離した状態で仮想通貨を安全に管理するので、長期的にライトコインを保管したい場合に利用するのがよいでしょう。

TREZORはさまざまなウォレットと連携したり、一つの端末で複数の仮想通貨を管理できるのでとても便利です。

▶ 『TREZOR (トレザー)』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Litecoin Electrum

Litecoin Electrumは、ライトコイン用のデスクトップウォレットです。オフライン環境で利用できるコールドウォレット機能や、複数の署名を必要とするマルチシグネチャ機能が備わっていて、安全性の非常に高いウォレットなのでおすすめです。

Litecoin Electrumではサーバーを介してブロックチェーンに接続します。そのため 全てのブロックチェーンデータをダウンロードする必要がなく、パソコンが重くなることはありません。非常に快適な動作で使えます。

▶ 『ライトコイン (Litecoin/LTC) のウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨ライトコイン (Litecoin/LTC) のチャート分析と最新価格

過去の価格推移

ライトコインは2017年12月に約40,000円の最高値を付けましたが、2018年はライトコインにとってあまり良いスタートを切れた年ではありませんでした。2018年2月末にスタートしたデビットカード「LitePay」はライトコインに対応したカードとして注目を集めましたが、システム上のトラブルから約1ヶ月で運営が中止され、失敗に終わりました。これを受けて、ライトコイン価格は他のアルトコインに比べて大きな下落率を記録しています。

2013年5月〜2017年3月

ライトコイン (Litecoin/LTC)の価格とチャート分析

2013年5月~2017年3月までの約4年間で最も価格が上昇したのは、2013年末のキプロス危機のときです。キプロスの銀行が封鎖されるとして、キプロスに金融資産を預けていた人たちが資産を守るためにビットコインや他の仮想通貨を購入し価格が上昇しました。

2015年8月にも価格がわずかに上昇していますが、このときにライトコインの1回目の半減期を迎えています。

2017年4月〜2018年4月

ライトコイン (Litecoin/LTC)の価格とチャート分析

2017年4月~2018年4月の1年間は仮想通貨市場がバブルに沸いたときです。 他の多くの通貨と同じように2017年12月に過去最高値を記録し、その後は価格が下がりました

2018年5月〜現在

ライトコイン (Litecoin/LTC)の価格とチャート分析

上記のチャートのうち緑色がライトコインの価格、黄色がビットコインの価格です。2019年5月まではビットコインの価格と連動しています。ビットコインが上昇すればライトコインも上昇し、ビットコインが下がればライトコインも価格が下がりました。

ですが 2019年5月以降は、ビットコインの価格が下がっているにもかかわらずライトコインの価格が上昇しています。これは、2019年8月に半減期を迎えるため、価格上昇を期待してライトコインを購入する人が増えているためだと思われます。

最新価格

ラインコインのチャートを見ていただければわかるように、時価総額上位の中でも独走状態で上昇しています。その理由として、半減期が関係しています。仮想通貨は半減期が近づくと急騰するコインが多いです。今後も18,000〜20,000円と価格を上昇することでしょう。

2019年にはビットコインの2.6倍以上の4.6倍も上昇したことのあるライトコインです。2019年8月に控えている半減期に向けて今後の価格にも注目です

▶ 『仮想通貨の半減期』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨ライトコイン (Litecoin/LTC) の今後・将来性と問題

ライトニングネットワークが中央集権的になる可能性

今後ライトコインで期待される技術としてライトニングネットワークがあります。ライトニングネットワークの運営にはネットワーク上のユーザー同士をつなぐ仲介役が必要です。しかし仲介役を担うには多額のお金がいるため、資産をもつ人や会社のみが運営に携わるような中央集権的な類になってしまうのではないかという懸念があります。

中央集権的な組織の場合だと、運営サイドに何か問題が生じたときにネットワーク全体が止まってしまう恐れがあります。そのためライトニングネットワークの成否はこの問題を解決するかどうかが鍵をにぎります。

アトミックスワップがうまくいくか

ライトコインがビットコインを補完する役割を果たすには、アトミックスワップの実現が重要です。たとえばビットコインのトランザクションが遅延しているためライトコインを使ってすぐに送金したいときに、取引所を介していると余計な手数料もかかるし面倒です。

しかし アトミックスワップが実現すれば、取引所を介さずに素早く両替をすることができます。この実現こそ、ライトコインが真の意味でビットコインを補完する役割を果たすといえるでしょう。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の普及に影響される

ライトコインはビットコインをサポートする存在です。ビットコインのスケーラビリティ問題で困っているユーザーが主に代替通貨として利用することを想定しています。もちろんビットコインを使いたい人たちがいなくなると、ライトコインを利用する意味もなくなってしまいます。そのため ライトコインの将来性はビットコインの普及に影響されるともいえます。

▶ 『ライトコイン (Litecoin/LTC) の今後・将来性』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨ライトコイン (Litecoin/LTC) 以外のおすすめ銘柄4選

ここでは 2000種類の通貨の中から、ネム以外でかそ部がおすすめする仮想通貨をご紹介します

▶ 『仮想通貨のおすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC)

ビットコインの基本情報
通貨単位BTC
運用開始2009年1月
時価総額第1位
ブロック生成速度約10分

ビットコインは仮想通貨の代表格といえる通貨です。 発行から運用が開始されて以来続々とアルトコインが登場するも、ビットコインは時価総額1位を保ち続けています。多くの企業が仮想通貨決済導入時に利用している、人気な仮想通貨です。

ビットコインはブロックチェーン技術を用いた最初の仮想通貨で、2008年に論文を発表・2009年に最初のブロックが生成され運用を開始しました。国内取引所で最初に取り扱いを開始したのは、元トレーディングカードゲームのオンライン交換所「Mt.Gox」です。

▶ 『ビットコイン (Bitcoin/BTC) の買い方・購入方法』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の将来性

BitMEXのCEOアーサー・ヘイズ氏をはじめとする仮想通貨業界の著名人たちは、ビットコインの価値保存手段としての役割やインフレ等の社会現象を背景として ビットコインの価格は2020年までに大きく上昇すると予想しています

また2020年にはビットコインが半減期を迎えるため、ビットコインの価格上昇を期待する声も大きくなるでしょう。

editMEMO

半減期 | ビットコインを構成するブロックチェーンのブロックが21万ブロックに到達する時期。ビットコインの場合、約10分で1つのブロックが作り出されます。21万ブロックが生成されるのは210万分、約4年かかると言われています。

▶ 『ビットコイン (Bitcoin/BTC) の今後・将来性』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

イーサリアム (Ethereum/ETH)

イーサリアムの基本情報
通貨単位ETH
運用開始2014年2月
時価総額第3位
ブロック生成速度約15秒

イーサリアムは主要アルトコインの1つで、通貨単位はETHです。運営開始が2014年2月のため、ビットコインよりも5年後に誕生しています。時価総額は2019年9月現在第3位で、人気のある仮想通貨です。

ICOでもよく使用される通貨で、ICOに参加するユーザーからも支持されています。また、ブロック生成速度が約15秒と早いので送金時間も短いです。イーサリアムは国内外問わず多くの取引所で取り扱われているので、取引しやすくなっています。

▶ 『イーサリアム (Ethereum/ETH) の買い方・購入方法』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

イーサリアム (Ethereum/ETH) の将来性

イーサリアムでは4段階のアップデートがあり、これによってスケーラビリティ問題が解消されれば価格が上昇する可能性も高くなります。また今後ETFへの上場が実現すれば、さらなる資金流入が期待できます。

editMEMO

スケーラビリティ問題とは、送金する人が増えたときに処理できる量が1ブロックに収まる量を超えてしまい、結果的に送金遅延が発生する問題です。

▶ 『イーサリアム (Ethereum/ETH) の今後・将来性』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

リップル (Ripple/XRP)

リップルの基本情報
通貨単位XRP
運用開始2015年11月
時価総額第2位
ブロック生成速度約5秒

リップルはイーサリアムと同じく主要アルトコインで、通貨単位はXRPです。運営開始はイーサリアムよりも1年ほど遅いですが、時価総額は第2位とイーサリアムより人気があります。2017年の仮想通貨バブルで送金速度の速さや国際送金のコストが安いと注目され、一気に人気のある仮想通貨へと成長しました。

リップルはブロック生成速度が約5秒のため、送金速度が仮想通貨の中でもダントツに早いです。取り扱われている取引所は、ビットコインやイーサリアムに比べて少なくなっています。しかし、2019年9月現在では取り扱う取引所が、徐々に増え始めています。

▶ 『リップル (Ripple/XRP) の買い方』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

リップル (Ripple/XRP) の将来性

リップルは国際送金や通貨取引のインフラになる可能性があると注目を集めています。またGoogleなどの大手企業から資金投資を受けていることもあって、リップルの価格高騰を予想する声が多くあがっています。

▶ 『リップル (Ripple/XRP) の今後・将来性』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

モナコイン (MonaCoin/MONA)

モナコインの基本情報
通貨単位MONA
運用開始2014年1月
時価総額第79位
ブロック生成速度約90秒

モナコインは日本国内で初めて発行された、国産の仮想通貨です。モナコインは5ちゃんねる発祥の仮想通貨で、ライトコインをベースに作成されています。取引情報を小さくする「Segwit」を初導入した仮想通貨で、ベースとなったライトコインも後にSegwitを導入しました。

モナコインはイーサリアム・リップルよりも運用開始が早いです。日本の仮想通貨市場は資金が海外に比べて少ないため、国産通貨のモナコインは時価総額が、主要アルトコインに比べて低くなっています。しかし、イーサリアムやリップルのように、根強いファンによってコミュニティが形成されている通貨です。

▶ 『モナコイン (MonaCoin/MONA) の買い方』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

モナコイン (MonaCoin/MONA) の将来性

モナコインは2019年のCoincheckへの上場から価格が約3倍に跳ね上がったこともあって、他の取引所への上場によってさらに価格が上昇すると期待されています。

またモナコインは5ちゃんねる (2ちゃんねる) で開発された仮想通貨でコミュニティ性が高いため、コミュニティへの普及度合いによってその将来性は大きく変わるでしょう。

▶ 『モナコイン (MonaCoin/MONA) の今後・将来性』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨ライトコイン (Litecoin/LTC) まとめ

ライトコインはビットコインをサポートする役割を果たす通貨です。ビットコインとしくみは似ているが、ブロック生成速度や発行上限を変更することで、ビットコインよりも日常で使いやすく利便性の高いものになっています。

ライトコインの将来性はライトニングネットワークの導入やアトミックスワップの実現、そしてビットコインの普及次第です。ビットコインが世の中に普及し、取引数が増えてスケーラビリティ問題が浮上したときには、大いにライトコインの活躍が期待されることでしょう。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ライトコイン (Litecoin/LTC) 関連記事

【2020年最新版】ライトコイン (Litecoin/LTC) 取引所おすすめ人気ランキング
ライトコイン (Litecoin/LTC) 高騰の要因とは?過去の事例も含めて徹底解説
【5分で分かる】ライトコイン (Litecoin/LTC) の買い方・購入方法
ライトコイン (Litecoin/LTC) の将来性と今後 | 2020年・2021年の投資戦略
ライトコイン (Litecoin/LTC) の関連記事・コラムをもっと見る