Neo (ネオ/NEO) 円/JPY - チャート・リアルタイムレート (相場・価格)

NEONEO / JPY
Neo ネオ
提供元:/ 現在
出来高 時価総額 供給量 総供給量 年初来高値 年初来安値

Neo (ネオ/NEO) 円/JPY リアルタイムレート (相場・価格)

ネオ 現物取引レート
取引所名 買値(ASK) 売値(BID) スプレッド 出来高(BTC)
ネオ FX・レバレッジ取引レート
取引所名 買値(ASK) 売値(BID) スプレッド 出来高(BTC)

※アービトラージとは、取引所間の価格差を利用して、同通貨を安い取引所で買って、高い取引所で売り、差額を稼ぐ取引のこと。詳しくはこちらの記事が参考になります。

取引所別の仮想通貨ランキングを見る

Neo (ネオ/NEO) 円/JPY チャート

提供元:/ 現在
Neo (ネオ/NEO) 以外の仮想通貨チャートを見る

Neo (ネオ/NEO) 円/JPY 時系列データ

日付 始値 高値 安値 終値 出来高
もっと見る
この記事のポイント
  • ネオは中国版イーサリアムと呼ばれているプラットフォーム系の仮想通貨
  • スマートコントラクトの実装で分散型アプリケーション (Dapps)を作成できる
  • ネオは中国の規制が強まると開発が止まる危険性がある

イーサリアムはプラットフォーム型仮想通貨として、すでに多くのシェアを集めています。イーサリアムと同じように、プラットフォーム形成を目指す通貨がネオです。

本記事では ネオの特徴や購入方法、将来性について解説します

ネオ (NEO)とは

ネオ (NEO)の概要

ネオは中国初のプラットフォーム系仮想通貨で、中国版イーサリアムと呼ばれています。2014年に誕生した際はAntShares(ANS)という名前でしたが、2017年6月にリブランディングとして名称を変更しNEOという名前になりました。

2019年8月9日現在 ネオの時価総額ランキングは16位となっており、総額は約929億円です

ネオ (NEO)の特徴

スマートコントラクトが書ける

スマートコントラクトとは記録されたプログラムに基づいて、契約が自動的におこなわれることです。ブロックチェーンとスマートコントラクトが合わさることで、プログラムにより決められた条件が満たされた時に自動的な契約がおこなわれます。ブロックチェーン上に内容が保存されるため、不正の利かない契約として証明されます

ネオではスマートコントラクトが実装されており、ブロックチェーンで分散型アプリケーション(DApps)が作成でき、ICOの実行も可能です。ネオの機能がイーサリアムと同じのため、中国版イーサリアムとして呼ばれています。

▶ 『スマートコントラクト』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

処理速度がイーサリアム (Ethereum/ETH) の50倍以上

ネオはコンセンサスアルゴリズム(合意方法)として、DBFTが使用されています。DBFTは投票で取引情報(トランザクション)を処理するマイナーが決定される、民主的な合意方法です。DBFTが採用されたネオのトランザクション処理速度はイーサリアムの50倍以上です。

ビットコインは毎秒5~6件、イーサリアムは毎秒15~20件のトランザクション処理がおこなわれますが、ネオは1秒で1000件のトランザクション処理ができます。 取引の処理速度において、ネオはイーサリアムよりも優れた仮想通貨となっています


開発言語が豊富

開発言語の種類は、開発の輪が広がるために重要な要素です。ネオは多くのプログラミング言語に対応している仮想通貨です。 様々な言語をそろえることで、多くの人がネオ開発に参入しやすくなっています

イーサリアムの開発言語はsolidtyです。あまりポピュラーではない言語のため、イーサリアム開発に参入するためには高いハードルがあります。

親しみやすい環境と特殊な環境では、親しみやすい環境に人が集まります。イーサリアムよりもネオの開発環境は優れており、 今後もネオで使える開発言語が増えることで開発の速度も加速していきます

ネオ (NEO)独自の技術

中国版イーサリアムと呼ばれてはいますが、NEO独自の技術として

  • DBFT
  • NeoX
  • NEO Contract
  • NeoFS
  • NeoQ

などがあります。「DBFT」に関しては後述します。

NeoX

様々なブロックチェーン間での実行と操作を可能にします。

NEO Contract

規模が拡大していく中でもスマートコントラクトが途切れなく実行される為のメカニズムです。すでに存在するコードでもスマートコントラクトをプログラムすることができます。

NeoFS

P2Pのドロップボックスのような分散ストレージを提供します。

NeoQ

ラティス暗号と呼ばれる量子コンピュータによって解くことのできない暗号を作ります。

ネオ (NEO)の仕組み

DBFT

DBFTdelegated Byzantine Fault Toleranceが省略された言葉です。 DBFTはネオのブロックチェーンで、ブロック形成のために採用されるコンセンサスアルゴリズムです。ブロックチェーンでは中央管理者がいない分散管理のため、新しいブロックを繋ぐために決められた合意方法がとられます。

DBFTではネオの保有者が投票によって、トランザクションを処理する人(マイナー)を決定します。 マイナーによりトランザクションが処理され新しいブロックが繋がれると、マイナーと全てのネオ保有者に所有分のネオに応じた報酬が入ります

DBFTは既存のPoWPoSとは違い、ネオのホルダーすべてがブロック形成に関われる民主的な合意方法となっています

▶ 『ブロックチェーン』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

NeoGAS

ネオのブロックチェーンでは、2つのトークンが存在します。NEONeo Gasです。NEOトークンはすでに発行されており、発行量は1億NEOです。半分の5000万NEOは一般販売されており、残りの5000万NEOは管理者によって保管されています。

Neo Gasはネオのブロックチェーンで新しくブロックが生成された時に、配当として配られるトークンです。ネオの保持者は保有量に応じて、Neo Gasトークンを受け取ります。

ネオ (NEO)の取引のポイント

ネオは中国初のプラットフォーム型仮想通貨です。 中国の規制事情や動向によって、大きく左右される通貨となっています。中国政府の仮想通貨への対応によって、ネオの価格は変動します。ネオを保有する人は、中国関係のニュースに目を光らせましょう。

またネオを保有するなら、Neon Walletというネオ専用のウォレットがおすすめです。Neon Walletでは保有するネオに応じて、Neo Gasトークンが配られます。

ネオ (NEO)のマイニング

マイニングは、PoWという合意形成方法で用いられる言葉です。 マシンの計算リソースを使用してトランザクションの正当性を確かめ、一番早く承認することで報酬を得る方法です

ネオの合意システムであるDBFTは、 ネオ保有者の投票によってあらかじめトランザクションの承認者が決定するため、承認速度を競う必要がありません。ネオのブロックチェーンでスマートコントラクトの実行や取引があると、使用されたNeo Gasトークンがマイナーとホルダーに支払われます。

ネオ (NEO)の買い方・購入方法

ネオ (NEO)は海外取引所でしか購入できない

ネオは国内取引所では取り扱いがありません。ネオを保有するためには、海外取引所を利用しなければなりません。

海外取引所で仮想通貨を購入するための流れとして、国内取引所からビットコインやイーサリアムを送金する必要があります。今回は国内取引所としてCoincheckを使用し、海外の取引所としてBINANCEを利用します。

ネオ (NEO)を海外取引所で購入する手順

STEP1 国内取引所での口座開設

取引量・ユーザー数ともに国内最大手の仮想通貨取引所
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の11種類!

Coincheck 新規登録
初めのステップとしてCoincheckの口座開設をします。アカウント作成画面にアクセスしたら、メールアドレスパスワードをそれぞれ入力します。「私はロボットではありません」の項目にチェックを入れて「新規登録」を押します。

登録されたメールアドレス宛に確認メールが届くので、メール内のURLをクリックして登録完了です。そのまま登録したメールアドレスとパスワードを入力して、ログインしましょう。

ログイン後にはCoincheckで日本円を入金できるように、本人確認を済ませます。電話番号認証本人確認書類の提出個人情報の入力が済んだらCoincheckによる審査に入ります。数日後には住所確認のために、ハガキが届きます。これで日本円の入金が可能になります。

ビットコイン購入のために、日本円を銀行口座から入金しておきましょう

account_arrow_min

STEP2 国内取引所でビットコイン (Bitcoin/BTC) を購入

Coincheckコイン購入BTC
Coincheckのメニューから、「コイン購入」を選択します。取り扱い通貨が表示されるので「BTC」を選択します。下の項目で購入したいビットコインの数量を記入したら、「購入する」を押します。入力内容に問題がなければ購入が完了します。

account_arrow_min

STEP3 海外取引所で口座開設

Binanceアカウント作成
次にBINANCEの口座開設を完了させます。BINANCEのアカウント作成ページにアクセスしたら、メールアドレスパスワードを入力します。下の項目で18歳以上であることを確認して、チェックをつけます。最後に「Create account」を押します。

入力したメールアドレス宛に登録確認メールが届くので、メール内のURLをクリックして登録完了です。

BINANCEでは アカウント作成を済ませれば、すぐに仮想通貨取引ができます。時間があるときには、2段階認証などセキュリティ対策も済ませておきましょう。

account_arrow_min

STEP4 国内取引所から海外取引所へビットコイン (Bitcoin/BTC) を送金

Binance入金ビットコイン
BINANCEのメニューから「Wallet」を選択します。下の「Deposit」を選択してCoinの欄が「BTC」になっていることを確認します。もし「BTC」以外の仮想通貨の場合は、表示された仮想通貨を押して「BTC」に変更しましょう。

BTC」の横に「BTC Address」が表示されるのでアドレスをコピーします。

Coincheckコイン送金BTC2

次はCoincheckでの操作です。メニューから「コイン送金」を選択します。対応通貨内から「ビットコインを送る」を選択します。CoincheckからBINANCEに初めて送金する人は、「送金リストの編集」を選択します。

新しくアドレスを登録する欄が出てくるので、「ラベル」に見分けがつくような名前を付けます。BINANCEと記入すればいいでしょう。「新規宛先」にBINANCEでコピーしたビットコインアドレスを貼り付けます。「追加」を押して、BINANCEのビットコインアドレスが登録されます。

Coincheckコイン送金BTC3

宛先を選択して、登録されたBINANCEのビットコインアドレスを選択します。「金額」欄に、送金するビットコインの量を入力します。「送金する」を押して不備がなければ、送金が始まります。

BINANCEに送金されるためには、トランザクションが処理される必要があります。早ければ数分、遅ければ数日で送金が完了します

account_arrow_min

STEP5 海外取引所でネオ (NEO)を購入

Binanceトレード画面NEO/BTC1改

BINANCEのメニューから「Exchenge」を選択します。さらに選択肢が表示されるので「Basic」を押します。チャート画面が標示されるので横の右の通貨ペア一覧が並んだ枠で、「BTC」を選択します。

検索欄から「NEO」と入力して、表示された「NEO/BTC」を選択します。左の通貨ペア「NEO/BTC」になっていることを確認して下のトレード画面にいきます。

Binanceトレード画面NEO/BTC2改
Market」を選択して「Buy NEO」から購入をおこないます。「Amount」に購入するネオの量を入力します。「Buy NEO」を押すことで注文が実行され、ネオの購入が完了します。

ネオ (NEO)のウォレット

Ledger Nano S (レジャーナノS)


LedgerNanoS (レジャーナノS)

Ledger Nano Sは数あるウォレットの種類の中で最もセキュリティ性能が高い、ハードウェアウォレットと呼ばれるウォレットです

ウォレットは仮想通貨の秘密鍵を保存する場所ですが、ハードウェアウォレットは別名コールドウォレットとも呼ばれ、秘密鍵がオフライン環境で保管されます。 オフライン環境ではハッキングの心配が全くなく、専用の端末の紛失や破損に気をつけることで安全に仮想通貨を保管できます

Ledger Nano Sは他のウォレットと違い、費用が掛かります。価格が15800円と高価ですが、大事な資産を守るために持っておきたいウォレットです。

▶ 『Ledger Nano S (レジャーナノS)』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

NEON wallet

NEON walletはパソコンにウォレットをインストールして使用します。デスクトップウォレットと呼ばれ秘密鍵をパソコンで管理します。

NEON walletは、ネオの開発者より推薦を得た公式ウォレットとしてリリースされています。NEON walletを利用することで、NEON wallet内に保管したNEOの数に応じてNeo Gasトークンが定期的に配布されます。

NEON walletのさらなる特徴として、ネオ対応のデスクトップウォレットの中では唯一MacOSに対応したパソコンとなっています。NEON walletならMacbookでも使用可能で所有パソコンの種類に関わらず使用できます。

ネオ (NEO)の今後・将来性

中国政府の規制問題

ネオは中国で誕生した仮想通貨です。2017年には中国政府が、ICOの禁止と取引所の規制をかけました。中国政府の規制によっていくつかの中国取引所はが海外に移転し、人民元が仮想通貨界から締め出される事態になりました。

再び中国政府による規制が強化されれば、ネオ自体が対象となってしまう場合もあります。ネオの将来性を見極めるためには、中国政府の今後の動向を注視する必要があります。

ネオ (NEO)とイーサリアム (Ethereum/ETH) の競争

ネオはイーサリアムと同じく、スマートコントラクトを実装する仮想通貨です。 分散型アプリケーションのプラットフォームとしての立場確立を進めている両者にとっては、お互いが競合相手になります

ネオとイーサリアムは、どちらもGitHub上で開発状況を確認できます。ネオの開発に関わる人は10人で、イーサリアム開発に関わる人が55人です。どちらも開発は進んでいるようですが イーサリアムのほうが開発者の数が多く、ネオは開発で後手に回っている印象があります

ネオは今後イーサリアムに追いつくために開発環境を整え、Dappsの数を増やす必要があります。

NEO協議会がネオ (NEO)の総発行料の半分を所持

NEOが発行されている1億NEOの半分の5000万NEOをNEO協議会が所持しています。これはNEOの管理、開発の為に使われておりますが、価格操作が可能なので不安要素にもなります。

まとめ

ネオは中国版イーサリアムと呼ばれ、イーサリアムと比較されてきました。現在の開発状況では、イーサリアムはすでに多くのDappsをリリースしており開発者も多数存在するようです。

一方ネオはGitHubで公開されている開発者の数も少なく、Dappsもリリースされていないようです。ネオには豊富な言語に対応することで開発しやすい環境を整えていますが、さらに多くの開発者を巻き込む必要があります。

またネオは中国の規制に影響されやすい仮想通貨です。中国による規制が今後もおこなわれネオ自体が規制対象になることがあれば、存在そのものが成立しなくなるかもしれません。ネオを保有するさいには、中国の動向を確認するようにしましょう。

Neo (ネオ/NEO) 関連記事

ネオ (NEO) のウォレット | おすすめウォレット5選もご紹介!!
ネオ (NEO)のエアドロップ | トークンを無料でGETできる方法を大解説!!
Neo (ネオ/NEO) の関連記事・コラムをもっと見る