Ontlogy (オントロジー/ONT) 円/JPY - チャート・リアルタイムレート (相場・価格)

ONTONT / JPY
Ontlogyオントロジー
64 -0.38%
提供元: / 現在
出来高 時価総額 供給量 総供給量 年初来高値 年初来安値
7,795,005,251 0 0 0 0 0

Ontlogy (オントロジー/ONT) 円/JPY リアルタイムレート (相場・価格)

オントロジー 現物取引レート
取引所名 買値(ASK) 売値(BID) スプレッド 出来高(BTC)
リアルタイム最適アービトラージ + 1

※アービトラージとは、取引所間の価格差を利用して、同通貨を安い取引所で買って、高い取引所で売り、差額を稼ぐ取引のこと。詳しくはこちらの記事が参考になります。

取引所別の仮想通貨ランキングを見る

Ontlogy (オントロジー/ONT) 円/JPY チャート
ONT - JPYオントロジー / Ontlogy
64

提供元: / 現在
Ontlogy (オントロジー/ONT) 以外の仮想通貨チャートを見る

Ontlogy (オントロジー/ONT) 円/JPY 時系列データ

日付 始値 高値 安値 終値 出来高
もっと見る
この記事のポイント
  • オントロジーはリップルに負けないぐらいの処理スピードを誇る
  • 様々な開発言語を使用可能
  • 政府・企業と提携して、技術面・資本面で将来性がある

オントロジーは高い情報処理能力を備えた送金プラットフォームです

本記事では仮想通貨オントロジーについて、特徴と将来性を解説しています。また後半部分ではオントロジーの購入方法についても情報をまとめていきます。

オントロジー (Ontology/ONT) とは

まずはじめにオントロジーの基本情報、開発目的をまとめていきます。

オントロジー (Ontology/ONT) の概要

オントロジーの概要
リリース日2017年11月27日
発行枚数上限10億枚
現在の価格102円
時価総額548億2377万5260円

オントロジーは2017年にリリースされた比較的新しい仮想通貨です

価格は100円前後を推移しています。時価総額は548億円ほどで、ビットコインやイーサリアムなど主要仮想通貨と比べるとやや低い額となっています。

オントロジー (Ontology/ONT) の開発目的

オントロジーの開発目的は 信頼性のある契約業務の進行を後押しすることです。オントロジーにはブロックチェーンの技術が利用されており、この技術を使うことで契約や業務を円滑に進めることが可能になります。

ブロックチェーンは改ざんされにくいというメリットがあり、第三者によって不正に変更が加えられる心配が少ないです。このブロックチェーンの信憑性は、情報統制を行っている中国も認めているほどで、今後多分野での利用が期待されています。

オントロジー (Ontology/ONT) の特徴

次にオントロジーの特徴をまとめていきます。

極めて高い処理能力を誇る

オントロジーは世界の送金システムプラットフォームを目指している リップル (XRP)と同等の情報処理能力をもっています

ビットコインなど他の仮想通貨で頻繁に起こっている送金の渋滞、情報処理のタイムラグなどはオントロジーでは見られないとみて良いでしょう。

ネオ (NEO/NEO) との統合

オントロジーは 仮想通貨のネオ (NEO) との統合を発表しています。オントロジーとネオは、互いのプロジェクトの目的が似通っていて、ブロックチェーンの技術や情報、管理体制を共有することで、それぞれの仮想通貨の価値を高める狙いがあります。

ネオは様々なプログラミング言語での開発が可能になっているので、今後開発をさらに進めることができます。ネオの開発力をオントロジーに取り込めば、さらなるシェアの拡大が見込まれています。

パブリックブロックチェーン

オントロジーはパブリックブロックチェーンと呼ばれる技術を導入しています。パブリックブロックチェーンとは、 誰でもネットワークに参加できるブロックチェーンのことです。

ブロックチェーン上での合意形成がユーザー間で自由に行われるので、透明性が高くなっています。パブリックブロックチェーンには、ネットワークを管理する存在がいないため、参加ユーザーが互いに監視し合うことになります。

パブリックブロックチェーンのメリットとデメリット
パブリックブロックチェーンのメリットは、取引において不正が起こりづらいという点です。誰でも参加できるネットワークのため、不正をしたらすぐに発覚して、犯人も特定されます。不正を隠蔽しようがないので、管理する手間もなくなります。

パブリックブロックチェーンのデメリットは、取引速度が遅くなってしまう点です。誰でも参加できる分、参加人数が多くなり、ネットワークが混雑してしまうのです。無料のWi-Fiで回線が混雑するのと同様で、自由度が高いとどうしても利用者が多くなってしまいます。

▶ 『ブロックチェーン』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

オントロジー (Ontology/ONT) のスマートコントラクト「SmartX」

オントロジーではSmartXと呼ばれるスマートコントラクトを導入しています。このSmartXについて、情報をまとめていきます。

「SmartX」とは

SmartXは様々な開発言語を利用できるスマートコントラクトです

C#やPythonなど主要なコンピュータ言語を使って開発を行うことができます。SmartXであれば、従来のコンピュータ言語で対応できるので、技術者の育成も容易です。今後、SmartXにはJava、Rust、JavaScriptなど他のコンピュータ言語でも開発できるよう対応されていく予定です。

イーサリアム (Ethereum/ETH) やネオ (NEO/NEO) との違い

イーサリアムのスマートコントラクトでは、 Solidityと呼ばれる少々マイナーなコンピュータ言語が使われています

そのため開発を行うにはその言語に慣れる必要があります。一方、オントロジーは先ほど述べた通り、C#などプログラミングの世界で使われている開発言語を利用することが可能です。

そのためこれまで仮想通貨やスマートコントラクトから長期間離れていたプログラマーでも、 オントロジーの開発に参加しやすくなります。プログラマーがたくさん参加すれば、さらに開発が進められて、利便性が向上していきますね。便利になればユーザーも増えていくので、相乗効果が期待できます。

▶ 『スマートコントラクト』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

オントロジー (Ontology/ONT) の買い方・購入方法

次にオントロジーの買い方・購入方法をまとめていきます。

オントロジー (Ontology/ONT) は海外取引所でのみ購入できる

オントロジーは 海外の仮想通貨取引所でのみ購入することが可能です。

そのため、まずは国内の仮想通貨取引所にて、オントロジー購入用のビットコインを買う必要があります。今後、国内の仮想通貨取引所でオントロジーが扱われるかどうかは未定なので、海外取引所の利用に慣れていきましょう。

海外取引所でオントロジー (Ontology/ONT) を購入する手順

それでは海外取引所でオントロジーを購入する手順を確認していきましょう。

海外取引所でオントロジーを購入する手順
STEP1国内取引所でビットコインを購入する
STEP2海外取引所へビットコインを送金する
STEP3海外取引所でオントロジーを購入する

STEP1 国内取引所でビットコイン (Bitcoin/BTC) を購入する

まずは国内取引所でビットコインを購入します。ここでは、Coincheckを利用してビットコインを購入します。

コインチェックにログインした後、購入画面に移動してビットコインを購入します。

STEP2 海外取引所へビットコイン (Bitcoin/BTC) を送金する

次にコインの送金画面へ移ります。

登録先に海外取引所のアドレスを加えた後、送金するビットコインの数量を入力します。入力を終えたら、 送金ボタンを押して完了となります

STEP3 海外取引所でオントロジー (Ontology/ONT) を購入する

海外取引所はフオビ (Huobi) を利用します。

フオビにログインしたら、仮想通貨の購入画面に移ります。その後オントロジーを選択して購入を行います。先ほど送金したビットコインを使って、オントロジーを購入します。

オントロジー (Ontology/ONT) のウォレット

オントロジーには、保管用の公式スマホウォレットONTOがあります。このONTOについて情報をまとめていきましょう。

オントロジー (Ontology/ONT) の公式スマホウォレット「ONTO」

ONTOは、身分証明書による登録が必須となっています。その分匿名性を排除できるため、高いセキュリティを確保することが可能になっています。

また指紋認証を設定することも可能で、ウォレットを開く際にパスワードやIDを入力する手間が省けます。ONTOのアプリは、AppStoreもしくはGooglePlayにてダウンロード可能です。

「ONTO」の作成方法

まずONTOのアプリを起動します。その後ONTOのIDとパスワードを作成します。そうするとキーストーンの画面が表示されるので、それをコピーしてメモ帳に貼り付けます。

次に身分証のアップロードを行います。使用できる身分証明書は、 パスポートと免許証のいずれかです。

ただ海外取引所ということもあり、 免許証だと認可されないケースがあります。パスポートを持っている場合は、こちらをアップロードするようにしましょう。

身分証明書のアップロードが終わったら、携帯番号の登録に入ります。国番号は「+81」を選択します。その後番号を入力するのですが、番号の最初の「0」は入力しないでください。たとえば「080-1234-5678」の場合、「8012345678」となります。

最後にウォレットのバックアップを行えば、ONTOの利用が可能になります。

オントロジー (Ontology/ONT) の今後・将来性

次にオントロジーの今後と将来性について見ていきましょう。

2人の設立者

オントロジーの開発者であるOnchain社は、Da HongFei氏Erik Zhang氏の2人によって設立されました。Erik Zhang氏は、ネオ開発の中心人物でもあり、ネオとイーサリアムに違いがある点を説いています。

Da HongFei氏はブロックチェーンを利用して、各種取引をスマートに行える経済の形成を目標に、オントロジーのプロジェクトに取り組んでいます。この2人のリーダーシップによって、オントロジーの開発が牽引されています。

政府や企業との提携を模索

オントロジーを開発するOnchain社は、 ブロックチェーンの活用を推進しつつ、政府・企業との関係構築にも力を入れています

IBMなど、名だたるIT企業と協力して、ブロックチェーン技術の開発を進めています。また、世界の中でもトップクラスの企業であるアリババと資本提携をしています。資本面でも、企業との結びつきを強めているのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 オントロジーは様々な開発言語を利用できるメリットがあり、今後多くの技術者たちが開発に参加できるよう、体制が整えられています。政府、企業との提携も進んでおり、技術・資本の両面で将来性が見込めます。今後もオントロジーの成長から目が離せません。

Ontlogy (オントロジー/ONT) 関連記事

見えざる個人の価値を可視化!EdTech×ブロックチェーンスタートアップ「LasTrust」に、EdTechのフロントランナー、佐藤昌宏氏がエグゼクティブアドバイザーとして参画
【働き方改革】幸楽苑に「beepシフト」をテスト導入
BITTREX (ビットレックス) の二段階認証設定方法 | 英語画面もわかりやすく解説!!
電子地域通貨事業に関する業務・資本提携契約の締結
Ontlogy (オントロジー/ONT) の関連記事・コラムをもっと見る