Qtum (クアンタム/QTUM) 円/JPY - チャート・リアルタイムレート (相場・価格)

QTUMQTUM / JPY
Qtum クアンタム
提供元:/ 現在
出来高 時価総額 供給量 総供給量 年初来高値 年初来安値

Qtum (クアンタム/QTUM) 円/JPY リアルタイムレート (相場・価格)

クアンタム 現物取引レート
取引所名 買値(ASK) 売値(BID) スプレッド 出来高(BTC)
クアンタム FX・レバレッジ取引レート
取引所名 買値(ASK) 売値(BID) スプレッド 出来高(BTC)

※アービトラージとは、取引所間の価格差を利用して、同通貨を安い取引所で買って、高い取引所で売り、差額を稼ぐ取引のこと。詳しくはこちらの記事が参考になります。

取引所別の仮想通貨ランキングを見る

Qtum (クアンタム/QTUM) 円/JPY チャート

提供元:/ 現在
Qtum (クアンタム/QTUM) 以外の仮想通貨チャートを見る

Qtum (クアンタム/QTUM) 円/JPY 時系列データ

日付 始値 高値 安値 終値 出来高
もっと見る
この記事のポイント
  • クアンタムはビットコインとイーサリアムの主要システムを組み合わせたような仮想通貨
  • 創立者は中国大手ECサイト 「Alibaba」 出身
  • 近年の中国政府による仮想通貨規制強化の影響が懸念される

クアンタムはブロックチェーン技術の新しい形を提起する仮想通貨といわれています。クアンタムを知らない人のために、本記事では概要や特徴、メリット、デメリットなどの情報を紹介します。これを読むことで、クアンタムの基本的なことが一通りわかるでしょう。

クアンタム (Quantum/QTUM) の特徴

クアンタムのアイデンティティとなる2つの特徴、UTXOとAALを紹介します。

「UTXO」

クアンタムのブロックチェーンタイプはUTXOと呼ばれます。「Unspent Transaction Output」の略であり、これはビットコインも使っている形式です。 UTXOはブロックチェーンに存在するものとして記録されながら未使用である仮想通貨を指しています。

軽量であるためアクセスしやすく、オープンソースとして誰でも利用できます。取引の際は一定の匿名性が保たれるので、当事者の個人情報を悪用される心配もありません。

Qtumアカウントアブストラクトレイヤ (AAL)

アカウントアブストラクトレイヤは階層にわけられたUTXO系ブロックチェーンと仮想通貨の自動プログラム実行システムであるスマートコントラクトをつなぐサブ階層です。

スマートコントラクトは仮想通貨を高速決済するため、データ処理を容易にする技術のひとつで、イーサリアムなどに採用されています。スマートコントラクトとUTXO系ブロックチェーン両方をスムーズに機能させるための拠り所がQtumアカウントアブストラクトレイヤです。

これにより クアンタムはビットコインとイーサリアム両方との相互性を生み、2つのいいとこどりの仮想通貨に仕上がりました

クアンタム (Quantum/QTUM) のメリット

クアンタムには3つのメリットがあります。ライトウォレットが使えること、中国とのつながり、ビジネス現場で活用される可能性です。

ライトウォレットが使用可能

クアンタムではライトウォレットが使えます。ライトウォレットとは、従来よりデータ量が少なくスムーズにアクセスしやすいウォレットです。ユーザーが関係する取引情報しか記録しないため、消費容量が少なく済みます。

以上のことから、 ライトウォレットはスマートフォンでも手軽に扱え、クアンタムにもスムーズにアクセスできます

Dappsのモバイル化を促進する

クアンタム は、モバイルデバイスから数タップでスマートコントラクトを実行し、ブロックチェーンの革新的な技術をモバイルアプリケーションにもたらしました。

スマートコントラクトベースのDappsの普及を妨げる大きな障害は、ライトクライアントが管理できないことです。

クアンタムは携帯電話や新しいコンピュータ上でスマートコントラクトを即座に実行することを可能にしました。理由は、QtumのSimple Payment Verification(SPV)プロトコルを使用することにより、ライトクライアントはフルノードを実行する必要なくトランザクションを検証できるようになったからです。

editMEMO

ライトクライアント
ブロックチェーンの完全な履歴を保持しないブロックチェーンネットワーク上のノードのこと。主な役割はログオンするたびに、最新のトランザクションの検証をすること。スマートコントラクトの実行はできず、スマートコントラクトを実行するには、ネットワークのフルノードを実行する必要がある。

中国とのつながりの可能性

クアンタムは近年経済成長著しい中国とのつながりが深いといわれています。この仮想通貨の生みの親が、中国大手通販サイト「Alibaba」の分析担当者を経験したPatrick Dai氏だからです。また、Dai氏には大手不動産会社ワンシャンなど豊富な人脈があるという情報も見られます。

以上のことから、クアンタムは中国とのリンクが深く、中国の仮想通貨関連の動向次第では頭角を現すと考えられています。

ビジネス関連では活用性が高い

クアンタムのシステム構造は、ビジネスに活用しやすいといわれています。 中身はビットコインとイーサリアムのいいとこどりのような印象ですが、その2つの仮想通貨はすでに店舗やネットでの決済やビジネスでの活用など、投資対象にとどまらない活躍を見せています。

クアンタムのブロックチェーンはビットコインやイーサリアムよりもビジネスに応用しやすいと考えられます。

クアンタム (Quantum/QTUM) のデメリット

クアンタムには注意すべきデメリットも2つあります。

ビットコインとイーサリアムに引きずられる可能性

クアンタムはビットコインとイーサリアムを意識した構造なので、 その2つのどちらかにシステムトラブルやスキャンダルがあると、クアンタムにも影響する可能性があります。

また仮想通貨自体が、既存にない新しい仕組みを持ったものが次々生み出されているので、既存の仮想通貨だけを意識しないオリジナリティをクアンタムに求める声もあります。

中国の規制には弱い

クアンタムは中国との関わりの深さが語られる仮想通貨です。しかし中国政府は2017年9月にICOと呼ばれる仮想通貨プロジェクトのための資金調達を、2019年4月には仮想通貨の存在や取引を承認するためのデータ計算処理で報酬をあげるマイニングという行為を禁止しました。 仮想通貨に対する規制を強化しているのです。

新たな経済大国である中国の仮想通貨に対する規制強化で、クアンタム市場への悪影響が懸念されます。

クアンタム (Quantum/QTUM) の買い方・購入方法

クアンタムの購入方法について、画像も交えて解説します。

日本の取引所では現在購入できない

現在日本国内にはクアンタムを取り扱う仮想通貨取引所がありません。クアンタムがほしい場合は海外の仮想通貨取引所で求めることになります。

クアンタム (Quantum/QTUM) を購入できる取引所

クアンタムを購入できる取引所は、中国のBINANCE、アメリカのbitHub、同じくアメリカのBITTREXなどです。このなかでもBINANCEがおすすめです。

BIANCEは取引手数料が0.1%と安く、独自通貨のBNBを使って取引した場合は手数料が半額になります。

取り扱っている仮想通貨も100を超えるほど多く、クアンタム以外の日本にない仮想通貨を求めやすいです。

クアンタム (Quantum/QTUM) を購入するためには

クアンタム購入には 国内の取引所で購入したビットコインを海外のクアンタム対応の取引所に送金する必要があります。画像を交え、必要な手順を7つのSTEPにわけて解説します。国内の取引所はCoincheckを、海外の取引所はBINANCEを例に解説します。

STEP1 Coincheckに登録

クアンタム 1

メールアドレスとパスワードを入力し登録します。アドレスに送られたメールのリンク先をクリックし、次の画面に進みましょう。

 クアンタム 2

トップページの「設定」から「電話番号認証」へとつなぎます。

クアンタム 3

スマートフォンの電話番号を入れてSMSを送ってもらいましょう。そこに送られた認証コードを画面下部の入力欄に入れて認証してください。

クアンタム 4

次は本人確認です。

クアンタム 5
クアンタム 6

氏名や住所などの必要事項を明記します。 身分証明書はIDセルフィーという証明書を見せた状態での自撮り写真と、証明書の表裏両方をアップロードする必要があります。

 クアンタム 7

各種重要事項を承諾し、緑のボタンをクリックすると手続き終了です。審査に合格するとハガキが郵送され、取引所を利用できるようになります。

account_arrow_min

STEP2 国内取引所に日本円入金

クアンタム 8

Coincheckの銀行振込を例に解説します。振込先の情報を厳重にチェックしながら、銀行を訪れて振込作業を行いましょう。 振込人名義は「ユーザーID+氏名」にしなければスムーズに振込が成立しない場合がありますので注意してください。

account_arrow_min

STEP3 国内取引所でビットコイン購入

クアンタム 9

取引所にアクセスし、画面右側の通貨リストからビットコインを選びます。希望注文金額と注文量を指定し、購入しましょう。

account_arrow_min

STEP4 BINANCE (バイナンス)に登録

 クアンタム 10

BINANCEでは画面右上にGoogle翻訳機能があり、ここから日本語に変えられます。まずはトップ画面か登録手続に入りましょう。

クアンタム 11

メールアドレス、パスワード、左から右への認証スライド作業、文字入力を行い、登録します。アドレスに送られたメールにあるリンク先をクリックしてください。

クアンタム 12

BINANCEでも二段階認証でセキュリティを強化できます。ただし携帯電話による二段階認証は中国国内でないとできません。Googleから認証しましょう。

account_arrow_min

STEP5 国内から海外へ送金

クアンタム 13

国内仮想通貨取引所で、ビットコインを送る作業に入ります。Coincheckではまず上の手順で、送金アドレスの編集準備まで行います。

 14
クアンタム 15

BINANCEでは 「Deposit」 (預入) から入ります。引き出し欄の▼マークから出てきた仮想通貨リストから「BTC」を選ぶと送金アドレスをコピーできます。

クアンタム 16

送金アドレスを貼り付けます。送金額を指定して手続きを済ませましょう。 ただしアドレスが間違っていると違うアドレスに送られたまま通貨を取り戻せませんチェックは厳重に行うことが重要です。

STEP6 クアンタム (Quantum/QTUM)購入

クアンタム 17

取引所のトップページから取引センターへ向かいましょう。ここではBINANCEのBasic式取引センターに向かったとします。

クアンタム 18

画面右上で支払通貨を 「BTC」 に指定し、下の検索窓に 「QTUM」 と入力すると 「QTUM/BTC」 が出てくるのでこれを指定します。

画面中央下部の買い注文スペースに向かいます。「Limit」 (指値注文) を例にして解説します。 注文形式を指定し、Price (価格) とAmount (数量) に希望する数字を入れます。 「Buy QTUM」 (クアンタムを買う) を押して注文完了です。

クアンタム (Quantum/QTUM) の今後・将来性

クアンタムの将来性を見るには以下の2つのポイントが重要です。

中国の取引所閉鎖がQtumに及ぼす影響

クアンタムはシンガポールで開発された仮想通貨ですが、創立者が中国人であることから、中国との関係の深さが語られています。しかし近年、 中国政府が仮想通貨取引所の閉鎖、ICOやマイニングの禁止など仮想通貨に対する規制を強化しています。

中国のこのような動きはクアンタム以外の仮想通貨にも影響が考えられますが、クアンタムは特にダメージを受けやすいとされています。

経済成長の著しい中国の決定は、仮想通貨に限らず経済界全体に影響力があります。そのため、中国が経済的にネガティブな動きをするとクアンタムはもろにその影響を受けやすいです。

強い開発陣とQtum創立者Patrick Dai氏

クアンタムは創立者Patrick Dai氏をはじめ、開発陣のメンバーが充実しています。 特にDai氏は中国大手ECサイト「Alibaba」の開発部門で指揮をとった経験があります。

Dai氏は2012年からビットコイン取引やICO参加など、仮想通貨にも積極的に関わってきています。ブロックチェーンなどへの精通も深く今後のクアンタム発展のキーマンになるでしょう。

Dai氏をはじめ開発陣がクアンタムをうまく発展させることができれば、中国の厳しい規制下でもほかの国で活躍し、将来的な価値上昇につながるでしょう。

【Quantum (クアンタム/QTUM) の保管方法】おすすめのウォレット一覧

QTUM WALLET


qtumeco.io/wallet

クアンタムでは公式ウォレットを配布しています。元々クアンタムはイーサリアム系を意味するERC20トークンの部類に入っていて、その系統に対応するウォレットなら何にでも入れられました。

しかし現在はそうでなくなったため専用のウォレットを入手する必要があります。仮想通貨を発行する組織が直々に配布しているウォレットなので、セキュリティレベルは申し分ありません。

Ledger Nano S(ハードウェアウォレット)


LedgerNanoS (レジャーナノS)

Ledger Nano S (レジャーナノS)は、フランスのLedger社が販売しているUSB型のハードウェアウォレットで、ハードウェアウォレットの中では多くの人に使用されている代表的なウォレットです。

特徴としては、仕組みの異なる仮想通貨を一緒に管理でき、対応可能な仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ネオなど、30種類あります。価格は、79ユーロ(約10,235円)です。(公式サイト調べ)

▶ 『Ledger Nano S (レジャーナノS)』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

まとめ

以上、クアンタムに関する情報を紹介しました。 クアンタムはビットコインも使っているブロックチェーンシステムにイーサリアムでおなじみのスマートコントラクトを組み合わせたハイクオリティな仮想通貨です。

ブロックチェーンシステムとスマートコントラクトが干渉しあわないように工夫する技術も施されており、将来的にはビジネス面での活用も期待されます。

創立者が中国人であることなどから、現在の中国の仮想通貨に対する厳しい規制の影響を受けやすいとされていますが、開発陣の能力は高く、今後の動向次第では化けることも考えられます。

2019年3月には電子マネーサービス 「Apple Pay」 および 「Samsung Pay」 で決済できる仮想通貨にクアンタムが加わるなど、現在も発展を続けています。今後の活躍に期待しましょう。

Qtum (クアンタム/QTUM) 関連記事

ビットコイン (Bitcoin/BTC)の空売りとは?下げ相場で利益を出す方法を徹底解説!
Amazonベストセラー1位!ブロックチェーンの直感的なイメージを掴むビジネスガイド「未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス」が好評販売中!
<ミートアップ事後リリース>ブロックチェーンを活用した7プロジェクト集結   「AirSwap、COTI、eMusic、Wings、2key network、Zeeks、orbsミートアップ」
米国土安全保障省、Factomのブロックチェーン技術とIoTを警備・監視に応用、最終確認段階へ
Qtum (クアンタム/QTUM) の関連記事・コラムをもっと見る