Tether (テザー/USDT) 円/JPY - チャート・リアルタイムレート (相場・価格)

USDTUSDT / JPY
Tether テザー
提供元:/ 現在
出来高 時価総額 供給量 総供給量 年初来高値 年初来安値

Tether (テザー/USDT) 円/JPY リアルタイムレート (相場・価格)

テザー 現物取引レート
取引所名 買値(ASK) 売値(BID) スプレッド 出来高(BTC)
テザー FX・レバレッジ取引レート
取引所名 買値(ASK) 売値(BID) スプレッド 出来高(BTC)

※アービトラージとは、取引所間の価格差を利用して、同通貨を安い取引所で買って、高い取引所で売り、差額を稼ぐ取引のこと。詳しくはこちらの記事が参考になります。

取引所別の仮想通貨ランキングを見る

Tether (テザー/USDT) 円/JPY チャート

提供元:/ 現在
Tether (テザー/USDT) 以外の仮想通貨チャートを見る

Tether (テザー/USDT) 円/JPY 時系列データ

日付 始値 高値 安値 終値 出来高
もっと見る

テザー (Tether/USDT) とは

テザーとは法定通貨である米ドルと連動した価値を持つ暗号通貨のことです。マイナーですが、ユーロと連動したユーロ・テザーも発行しています。

他の通貨に価値を連動させている通貨 「ペッグ通貨」 の1つ。その中でも価格の安定を目的に作られたステーブルコインに分類されます。管理・運営はTether Limited社です。

テザー (Tether/USDT) 以外のステーブルコイン

テザー以外に有名なステーブルコインとして、MakerDAOがあります。

MakerDAO(メーカーダオ)は、仮想通貨を実社会で「通貨」として実用できるように価値安定通貨<Stablecoin>の実装を目指すプロジェクトです。法定通貨建て価格を基準とした安定した取引が出来るよう、1DAY=1USDを維持する複雑で緻密な設計をしています。

すでに市場で使われているテザー社のUSDTとの違いは、DAYをETH担保で発行し、ETHの価格変動が大きくなると、ホルダーの投票によって価格調整の為の発行制限をする仕組みとなっている点です。このため、価格調整を行う中央集権が存在しないStablecoinと言えます。

テザー (Tether/USDT) の特徴

USドルに連動する

テザーは、特定と通貨と為替のレートを合わせる「ペッグ通貨」です。

USドルと連携しているため1USDT=1USD(米ドル)となり、取引も基本的にその値で行われます。多くの仮想通貨が先の読めないボラリティの高さが特徴となっている一方で、テザーは固定されているので実生活で使用することに向いています。そして、固定された価格が、仮想通貨に安定性を求める人々の間で話題になっています。

テザーは仮想通貨の 「第3者を通さない個人間送金」や「送金手数料の低さ」というメリットを持ちながら、同時にペッグ通貨としての役割を果たす画期的なコインです。

法定通貨がテザーの価格を裏付けしているので、よほどのことがなければ暴落の危険はないとされてきました。しかし、後述する報道によりテザーへの不信感が一気に広がりました。

中央集権

ビットコインなどの仮想通貨は、基本的に通貨の発行や流通を管理する中央管理者が存在しません。しかしテザーでは運営団体Tether Limitedが中央管理者として新規発行や通貨の管理が一任されており、ユーザーによる監視や取引の承認といった作業が簡略化されるので、スムーズな運用に期待できます。

中央集権的な組織であるTether Limitedによる運営には賛否がありますが、テザーの大きな特徴です。

カウンターパーティーリスク
否定的な意見がある理由はカウンターパーティーリスクです。カウンターパーティーリスクとは経営面で行き詰ることにより契約していた支払いが履行されないリスクのことです。テザーには「Tether Limitedが破綻する」、「不正をする可能性がある」ことに加え、「法定通貨を預けている銀行が破綻する」、「ハッキングされるなどのリスク」を抱えています。また、預かっている法定通貨と市場に出回っているテザーに誤差が生じてしまうとサービスの継続が困難になります。

Proof of Reserves (プルーフ・オブ・リザーブ)

Proof of Reserves (POR) とは所定の口座に通貨を入金し、それが承認されることによって通貨を受け取る方式のことです。テザーはこの方式を採用しています。

テザーの場合は 中央管理者であるTether LimitedにUSドルを入金することで、それに応じたUSDTを発行してもらえるため、テザーは入金に使われた通貨と総額を合わせること可能になります。この仕組みが価格の安定性につながっており、Proof of Reservesこそテザーを支える基盤となっています。

Tether Limitedは毎日保有しているテザーを公表していて、入金に応じる体制が整っていることをアピールしています。このオープンなシステムは、中央集権を採用しているテザーだからこそできることといえるでしょう。

発行上限枚数が無制限

テザーにはTether Limitedという会社が運営しており、テザーの利用者はTether Limitedに法定通貨を預けると同額のテザーを発行してもらえます。逆にテザーを換金したい場合、Tether Limitedに入金することで法定通貨を受け取れます。

また入金と同時にテザーは消滅するため、Tether Limitedに入金された法定通貨と市場に出回るテザーは常に同額になっています。 Tether Limitedは入金された金額を常に公開することで、支払い能力があるという信用を担保しています

法定通貨を既存のネットワーク上でやり取りする際には、金融機関のシステムを経由する必要があり、利用者にとってはATMの利用時間や手数料などの制約がありました。一方ビットコインなどの暗号通貨はいつでも少額の手数料で取引が可能であるものの、実物資産による裏付けを持たず価値が不安定な状態です。

しかしテザーには、発行できる枚数に上限がありません。 事実上無制限に新規発行できるので、Proof of Reservesのシステムがきちんと維持されていけば、今後も新しいテザーが市場に流入してきます。価格の安定性と無制限の発行上限は、テザーの大きな特徴となっています。

発行上限が少ないと価格が高騰しやすく、場合によっては一般人に手の届かない価格となってしまうでしょう。その点テザーはそういった心配が不要となるので、世界中で話題となった今からでも投資を行うことができます。

テザー (Tether/USDT) の仕組み

テザーの仕組みについて話していきます。大きな特徴は2点です。

テザーの仕組みの特徴
  • 1USD≒1USDTを維持する仕組み
  • それでもドルと差が出る

それぞれ確認していきましょう。

1USD≒1USDTを維持する仕組み

プルーフ・オブ・リザーブにより、運営団体の銀行口座にあるUSD分のテザーしか発行されません。市場のテザーの量と、運営団体管理するユーザーのUSDの量を同等に保つことで、1USD≒1USDTを維持しています。それでも完全に等しくなることはありません。

それでもドルと差が出る

価値を担保しているとはいえ仮想通貨です、活発に売買が行われると、テザーと米ドルの間では価格の乖離が生じます。2019年7月から直近3か月では+0.02USD~-0.04USD程度の誤差が生じています。

テザー (Tether/USDT) の仕組み

テザー (Tether/USDT) のメリット

送金が速い

テザーは多くの仮想通貨と同じように、送金の速さがメリットとなっています。将来的に取引や契約に使われることが多くなれば、テザーの知名度はさらに高まっていくことが予想できるでしょう。

法定通貨の問題点が浮き彫りになりつつある現代において、USドルと価格を連携させながら、素早い送金速度を維持できるテザーはとても便利です。

価値が安定している

テザーはペッグ通貨の仮想通貨版と言いましたが、ブロックチェーンを使った分散型の管理をしています。つまり、 他の仮想通貨同様に「2重支払い」や「データを改ざんされる」などのリスクはほとんどなく、安全な仕組みになっており、送金などの取引手数料も安いです。

ビットコインなどの仮想通貨は価格変動が激しく、通貨としては少し利用しづらい部分がありますが、テザーなら法定通貨の価値を保ちながら仮想通貨同様の利便性を持って使うことができます。

またテザーの1番のメリットは、Proof of Reservesによる価値の安定にあります。基本的にUSドルと価格を乖離させることがないため、仮想通貨にありがちな大暴騰や大暴落は起きにくいです。不安定な相場が多い仮想通貨において、テザーの価格の安定性はさまざまな場面でメリットになります。

海外にはテザーを基本通貨の1つとして導入する取引所もあり、テザーとのペアで売買できることも多いです。今後もテザーの安定性が崩れなければ、仮想通貨の代表的な存在として利用される機会は増えていく可能性もあります。

法定通貨との取引より手数料が安い

他の仮想通貨と同じように、テザーもまた余計な手間や仲介者が存在しません。そのおかげで安価な手数料が実現できているので、スムーズな取引のためにこれからもさまざまな場所で利用されていくでしょう。

近年の仮想通貨は高いボラリティの上に成り立っているため、ときには暴落から避難するために手持ちの仮想通貨を法定通貨に換える機会も多いですが、法定通貨への交換には、高い手数料が発生してしまいます。

しかし法定通貨の価格と同じレベルの安定性を保つテザーへの交換なら、手数料を安く抑えることが可能です。いざというときの避難先として、テザーは今後もたくさんのトレーダーに利用されていくでしょう。

多くの取引所で基軸通貨として採用されている

価値の変化が少ないのでアメリカに本拠地を置く取引所では、テザーを基軸通貨として採用されています。法定通貨と仮想通貨の交換が帰省されている国では、仮想通貨でありながら価格の安定しているテザーは大きな存在と可能性を秘めています。

テザー (Tether/USDT) のデメリット

テザーのデメリットは2点です。

テザーのデメリット
  • カウンターパーティーリスクがある
  • テザーの疑惑

カウンターパーティーリスクがある

運営団体であるTether Limited社がテザーの新規発行を独占的に実施しています。担保となっている法定通貨の管理も実施しているので、運営団体が破綻すると無価値になります。ハッキングや、社内での横領など信用が落ちると、大きく影響を受けます。そんな中、疑惑が浮上しています。

テザーの疑惑

運営団体が保有する米ドルは、現在市場に出回っているテザーより少ないのではないかという疑惑です。

さらに、取引所のBitfinexがテザーを原価ゼロで入手していた疑惑も浮上。CFTC (米国商品先物取引委員会) から召喚状を受け取る事態にも発展しました。

1USD≒1USDTが担保されないとなると、テザーを利用して購入したビットコインなども含め、仮想通貨全体を揺るがす大事件となる可能性があります。

Tether Limitedの存在が作りだすデメリットは、ユーザーが監視して情報を共有すれば程度緩和することはできます。何かしらの問題が起こったときにすぐ対処できるように、テザーを取扱うのなら常に最新の関連ニュースを追いかける必要があります。テザーの理念が続いていくのなら、今後も価格は大きく変化することなく、安定を貫いていけるでしょう。

テザー (Tether/USDT) の買い方・購入方法

テザーは国内取引所で直接購入できません。国内取引所で購入したビットコインを利用して、海外取引所でテザーを購入します。以下の海外取引所での購入がおすすめです。

テザーの購入におすすめの海外取引所
  • BINANCE (バイナンス)
  • BITTREX (ビットレックス)
  • Poloniex (ポロニエックス)

BINANCE (バイナンス)

世界最大級の知名度と革新性のある仮想通貨取引所!
  • メジャーな仮想通貨をほぼ網羅!
  • 取引手数料は一律0.1%
  • 取引所限定コイン(BNB)が旬!

世界中の主要通貨をほぼ完全に網羅!草コインを買うのにもおすすめの取引所です。

海外取引所の中でもBINANCEのスケールは最大級。そのため約定のスピードも早く快適な取引ができます。取り扱い通貨も1000種類を超えており、草コインの長期保有をしたい方にもピッタリな取引所と言えます。

▶ 『BINANCE (バイナンス) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BITTREX (ビットレックス)

アルトコインでの板取引を実装した海外取引所!
  • 取り扱い通貨が豊富
  • ICO直後のコインも上場
  • 万全のカスタマーサポート

メールアドレスの認証をするだけでアカウント登録が可能。思い立ったその日に取引を始められます。

BITTREXは三段階認証や迅速なサポート体制などユーザーが安心して取引できるような仕組みが整備されています。他にも即時口座開設ができたりと使い勝手が好評な海外取引所です。

▶ 『BITTRX (ビットレックス) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Poloniex (ポロニエックス)

世界最大級の取引高を誇る取引所!
  • 取り扱い通貨は約70種!
  • 追証なしのレバレッジ取引!
  • 手数量が格安!

追証なしのレバレッジ取引や仮想通貨のレンディングサービスなど便利なサービスが盛りだくさん。

アメリカに拠点を置くPoloniexは数ある海外取引所の中でも取引高や取り扱い通貨数が世界トップクラス。アルトコインでのレバレッジ取引にも対応しているため、高いボラティリティを求める方にもおすすめの取引所です。

▶ 『Poloniex (ポロニエックス) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

テザーをChangelly (チェンジリー) で購入する方法

世界でも珍しい仮想通貨「両替所」!
  • アルトコイン同士の交換が便利
  • 日本語に対応
  • 90種以上の取り扱い通貨

Changellyは90種類以上のアルトコイン同士を交換できる仮想通貨販売所。アルトコインの両替所です。日本円やドルといった法定通貨をBTCに変換してから取引する手間が省けるので、アルトコインとの変換を希望している方におすすめです。日本語にも対応しており、登録もメールアドレスだけと簡単にできます。

テザー (Tether/USDT) のウォレット

テザーのウォレットは以下の3つがあります。

テザーのウォレット
  • 公式ウォレット
  • 取引所ウォレット
  • ハードウェアウォレット
  • ローカルウォレット

それぞれのウォレットについて説明していきます。

テザー公式ウォレット

テザーの管理・運営団体であるTether Limited社が作成した 「Omniwallet」 です。スマホ用のアプリも出ており、シンプルで使い勝手がいいのが特徴です。
「テザーもウォレットもすべて1社のみに頼るのが怖い」 という方にはおすすめしません。

取引所ウォレット

取引を頻繁に行うという方であれば、取引所のウォレットに預けたままでもよいでしょう。しかし、取引所に預けたままにする際には、ハッキングや倒産のリスクにさらされているということを理解しておきましょう。

ハードウェアウォレット

パソコンやスマホ、クラウド上ではなく、物理的に秘密鍵を管理できるウォレットです。紙で管理するものはペーパーウォレットと呼ばれることが多いため、それ以外のUSBメモリといった現物があるウォレットを指します。ハード自体が1~2万と高価ですが、ハッキングの心配がないのが大きなメリットです。

▶ 『ハードウェアウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ローカルウォレット

ローカルウォレットとはブロックチェーン自体を、自分のPCやスマホで管理するウォレットです。一部のブロックチェーンのみをダウンロードする 「簡易型 」 とすべてのブロックチェーンをダウンロードする 「完全型 」 に分かれます。データ容量を大きく食うといったデメリットがありますが、取引所が閉鎖してもなくならないというメリットがあります。

テザー (Tether/USDT) 砲・テザー問題とは

テザー砲疑惑とは、「テザーがUSドルの入金を確認しないまま新規通貨を発行しているのでは?」という問題です。

2017年9月から突然USDTによるビットコインの購入が増えたことなどが、疑惑のとっかかりとなっています。

テザー砲・テザー問題の影響

同年11月にはテザーの時価総額が2億ドル以上の上昇があり、なにかしらの不正があったのではないかという疑念はさらに深まることになりました。これだけの出来事が実現するには、Proof of Reservesによる通常の新規発行だけでは間に合わないと考えられます。

やがてテザーを運営しているTether Limitedは、USドルを受け取らないままに通貨を発行しているのではと疑われるようになり、そのような疑念に彩られたテザー砲疑惑は、その後世界に広まっていきます。確信的な情報はまだなく、あくまで疑惑に過ぎません。

しかし疑われても仕方のない状況になってしまったことが、テザーの価値を揺るがすことになってしまったのは事実です。 保有しているUSDTの価値が幻想かもしれないという不安は、まだまだテザーの将来性を損なうデメリットになります。

テザー砲は次いつ起こる?

テザー砲が起こるのは「ビットコインの価格が上がる直前」だといわれています。大量発行が行われた際には、ビットコインが大量に購入され、価格上昇につながっていたため、テザーの大量発行を取引の目安にするトレーダーも多くいました。しかし、最近ではそのような現象は少ないようです。

テザー (Tether/USDT) の今後の展望・将来性評価

カウンターパーティーリスクに注意

カウンターパーティーリスクとは、取引を行う相手側が何らかの理由によって契約を完了できず、こちらにマイナスの影響を及ぼすことを意味します。 テザーで例えると、通貨を管理しているTether Limitedが経営破綻やシステム上の重大問題によって取引が不可能になり、テザーの価値が下がってしまうパターンです。

最悪の場合Tether Limitedといっしょにテザーがなくなってしまう危険もあるので、カウンターパーティリスクについては常に意識を向けておく必要があります。中央集権に管理を任せていると、外部からではわからない事情も増えてくるので、気づいたときには破滅間際になっているという可能性もあります。

なるべくテザーに関するニュースはこまめにチェックして、カウンターパーティーリスクによる損失を抑えられるようにしておきましょう。

非常に強い中央集権と破綻リスク

前述したとおり、テザーは運営団体1社で法定通貨の管理や新規発行を行っています。そのため、非常に強い中央集権体制が取られていると言っていいでしょう。Tether Limited社の破綻で価値が一気になくなってしまうハイリスクも。他の仮想通貨と違い、1社に依存した特殊なリスクがつきまといます。

ですが、やはり安定した価格の仮想通貨は魅力的です。

仮想通貨市場で一番安定した利確先

ビットコインや他のアルトコインの価格の変動のとき、価格の安定したテザーと取引することで損出を防げます。とはいえビットコインで得た利益をテザーで確定させた場合、今後課税は免れないでしょう。他の仮想通貨の購入の基軸としても、さらに注目を集めていきそうです。

テザー (Tether/USDT) に関するQ&A

テザー (Tether/USDT) の利益に税金はかかる?

アルトコインからテザーへ利益を確定させる際に税金がかかるかどうかについては、国税庁から発表がないため不明瞭となっていますが、今後正式に課税対象となる可能性があります。予め課税対象だと考えて取引するとよいでしょう。

▶ 『仮想通貨の税金』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

テザー (Tether/USDT) のマイニングは可能?

テザーはマイニングできません。取引所で購入するか、Limitedにドルを入金して入手しましょう。

▶ 『マイニング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

テザー (Tether/USDT) のまとめ

テザーはペッグ通貨と呼ばれるUSDの価格と連携した仮想通貨です。PoRの仕組みで動いており、 実際に正しく運用されていたら他の仮想通貨とは違う安定的な魅力を持った通貨です。しかし、テザーがもたらした疑惑の数々は、仮想通貨業界全体にも大きなダメージとなりました。2020年1月の段階では疑惑で済んでいますが、今後疑惑が確認に変わる可能性は十分にあります。

問題がくすぶっている状態での投資はリスクがあるので、しばらくは投資を様子見する人が増えるかもしれません。もしテザーに関する疑念が解消されるのなら、これまで通りUSDTは優秀なペッグ通貨として機能していけるでしょう。

Tether (テザー/USDT) 関連記事

【疑惑】不正に発行されていた?「テザー (Tether/USDT) 問題」とは?
Tether (テザー/USDT) の関連記事・コラムをもっと見る