【注意】記事内の海外暗号資産(仮想通貨)取引所掲載情報につきまして

国内における無登録業者(海外暗号資産取引所)は、日本居住者に対して口座開設すること又は日本語で当該無登録業者が口座開設の勧誘をすることは法律で禁止されています。そのため暗号資産(仮想通貨)の取引をされる際にはこの点に関して充分ご注意ください。また当サイトに掲載している海外取引所へのリンクはあくまで読者の皆様に情報をお伝えするものであり、海外取引所への勧誘を目的としたものではありません。当サイトといたしましては、まずは国内暗号資産(仮想通貨)取引所へのご登録を推奨しております。

(引用)情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律 (平成31年3月15日提出、令和元年5月31日成立)
https://www.fsa.go.jp/common/diet/198/index.html

この記事のポイント
  • CryptoGTでは最大500倍のレバレッジをかけて仮想通貨FXがおこなえる
  • レバレッジをかけるほど大きな利益を狙えるが、発生する損失にもレバレッジがかかる
  • ゼロカットシステムによって保証金を超える損失は発生しない

CryptoGTでは最大500倍のレバレッジをかけられます。このレバレッジは世界の仮想通貨FX取引所の中で最も大きな倍率となっていますが、そもそも取引にレバレッジをかける意味を理解していますか。よく内容を把握せずレバレッジ取引に取り組んでしまうと、一気に資産を失いかねない状況におちいってしまいます。

本記事ではレバレッジについての注意点と、CryptoGTでレバレッジを設定する方法を紹介します

▶ 『CryptoGT (クリプトジーティー) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の海外おすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

CryptoGT (クリプトGT) とは?

CryptoGT基本情報
拠点キプロス
運営企業Hatilo LTD
通貨ペア58種類
最大レバレッジ500倍
入出金無料
取引手数料変動制
追証なし
ロスカット証拠金維持率100%
対応言語日本語・英語

CryptoGTはキプロスに拠点が置かれる仮想通貨取引所です。2018年6月にサービスが始まり、 最大500倍のレバレッジなどの特徴で多くのユーザーから人気を得ています

CryptoGTは取引チャートシステムとしても高機能なMT5を採用していて、システム面でも妥協がありません。日本語対応もバッチリなので、海外の取引所を利用したことがない人でも使いやすくなっています。

CryptoGTの詳細をみる

そもそもレバレッジとは?

レバレッジは日本語に訳すると「てこ」の意味になります。てこの原理は少ない力で大きなものを動せることを意味していますが、レバレッジも少ない金額によって大きな金額での取引が可能です。

つまり FX取引の際に資金を担保にすることで、設定された倍率に基づいた金額を借りて取引がおこなえます。一般的にレバレッジとは証拠金における倍率のことで、レバレッジが大きいほど大きな金額で取引ができるようになっています。

レバレッジ取引のメリット

資金がなくても大きな金額でトレードできる

レバレッジ取引のメリットは資本金を収めることで、元金以上の金額を借りて取引ができる点です。もともとの資本金が10万円の場合、通常では10万円分の取引しかできませんが、10倍のレバレッジが効いていると100万円を使った取引ができます。

さらに利益を出した時はその金額も10倍になるため、通常の取引よりも大きな成果を出しやすいという特徴があります。短期間で大きな成果を挙げられる点がレバレッジ取引のメリットです。

レバレッジ取引のデメリット

長期トレードには不向き

レバレッジ取引をおこなう時には、ポジションを取ります。このポジションを持ったまま規定の時間帯を経過すると、手数料が徴収されます。 手数料はレバレッジが大きいほど増える取引所も多く、長期間のトレードをすると発生する仕組みです

一般的にレバレッジ取引の場合は、長期トレードはおこなわず短期トレードを繰り返すことが多いです。また手数料が発生する時間帯までにポジションをしまえれば、余分な出費を防ぐことも可能です。

大きな利益が狙える反面、損失も大きい

レバレッジ取引ではかけたレバレッジの分だけ利益にもレバレッジがかかりますが、損失が出た場合にも同じことが言えます。つまり 発生した損失にもレバレッジがかかります

発生した損失は保証金から補填されますが、保証金並の損失が発生するとロスカットが実行されるため、レバレッジ取引はハイリスクハイリターンな取引方法といえるでしょう。取引のさいには十分気をつける必要があります。

CryptoGT (クリプトGT) の最大レバレッジは500倍!

CryptoGTでは、レバレッジを最大500倍まで効かせられます。取引ボリュームによって発生するレバレッジは変動しますが、レバレッジが大きくかかるほど大きな金額を動かすことが可能です。

GT革命により最大レバレッジが200倍から500倍に

GT革命とはCryptoGTが実行している施策です。世界一の仮想通貨FX取引所としてさらなる成長を遂げるために、取引所のサービスなどの見直しをおこなっています。

その施策の項目の一つとして最大レバレッジの拡大がありました。 もともとCryptoGTでは最大レバレッジが200倍で、仮想通貨FX取引所の中では世界一のレバレッジをかけられましたが、GT革命によって最大500倍のレバレッジがかかるようになりました

現在のCryptoGTでは、さらに少ない元手で取引が始められるようになっています。

ダイナミックレバレッジ | 通貨ペアによってレバレッジが変わる

CryptoGTでは取引ボリュームに応じて発生するレバレッジが変動する、ダイナミックレバレッジシステムが採用されています。取引ボリュームの段階が小さいほどレバレッジが大きくかかります。つまり取引ボリュームが小さいほど、少ない金額で取引が可能です。

基軸通貨 (BTC・XRP・DSH・LTC・BCH・ETH・EOS・XMR)

通貨ペアごとの最大保有額は100万ドルまで可能です。

ステージボリューム (USD)レバレッジマージン
10〜1万ドル1:5000.2%
21万〜5万ドル1:2000.5%
35万〜10万ドル1:1001%
410万〜20万ドル1:502%
520万ドル〜1:205%

基軸通貨 (ADA・BNB・BSV・TRX)

通貨ペアごとの最大保有額は30万ドルまで可能です。

ステージボリューム (USD)レバレッジマージン
10〜1万ドル1:5000.2%
21万〜5万ドル1:2000.5%
35万〜6万ドル1:1001%
46万〜8万ドル1:502%
58万ドル〜1:205%

為替FXペア

通貨ペアごとの最大保有額は2,000万ドルまで可能です。

ステージボリューム (USD)レバレッジマージン
10〜50万ドル1:5000.2%
250万〜100万ドル1:2000.5%
3100万〜300万ドル1:1001%
4300万〜500万ドル1:502%
5500万ドル〜1:205%

XAU / USD

通貨ペアごとの最大保有額は1,000万ドルまで可能です。

ステージボリューム (USD)レバレッジマージン
10〜20万ドル1:1001%
220万〜100万ドル1:502%
3100万〜500万ドル1:303.33%
4500万〜700万ドル1:205%
5700万ドル〜1:1010%

Nikkei225・DOW30

通貨ペアごとの最大保有額は1,000万ドルまで可能です。

ステージボリューム (USD)レバレッジマージン
10〜20万ドル1:1001%
220万〜50万ドル1:502%
350万〜500万ドル1:303.33%
4500万〜700万ドル1:205%
5700万ドル〜1:1010%

CryptoGT (クリプトGT) はレバレッジが高いだけではなくゼロカットもある

ロスカットは保有ポジションによって発生する含み損が決められた証拠金維持率を下回ったさいにおこなわれ、ポジションが強制決済されます。CryptoGTのロスカットは100%を下回ることで発生します。他の取引所で求められる追証がCryptoGTではないため、100%という厳しいラインが敷かれているようです。

さらにCryptoGTでは、口座にある資産を超える額以上の損失を負担する「ゼロカット」制度を採用しています。ゼロカットによって取引の結果で借金を背負うことがなくなっています。

国内のFX業者は「賞金取引法」によって顧客の損失補てんが禁止され、ゼロカット制度が採用されていません。 CryptoGTはレバレッジの高さから取引を怖がることもあるかもしれませんが、借金を背負うことがないという点で、大きな安心感を持てる仮想通貨FX取引所だといえます

CryptoGT (クリプトGT) のレバレッジ計算方法

レバレッジの算出については通貨ペアごとにおこなわれます。保有ポジションをドル換算した後にレバレッジが出されます。以下の例に従って必要証拠金を算出していきましょう。

  • 価格:1BTC=1万ドル
  • レバレッジ:500倍 (MT5)
  • 通貨ペア:BTC/USD
  • 注文:ショート (買い)
  • 数量:1ロット

この場合では1ロット = 1万ドルです。レバレッジはステージ1に相当し500倍になります。この場合の計算は
必要証拠金 = 1万ドル ÷ 500倍 ÷ 1万ドル (BTC/USD)
となり必要証拠金は0.002BTCです。

また保有通貨ペアのポジションを追加すると、追加金額を足して再計算がおこなわれます。

CryptoGT (クリプトGT) のレバレッジ設定方法

今回はビットコインのトレーディングアカウントを作成します。

CryptoGT_トレーディングアカウント作成

CryptoGTにログイン後「MT5」のメニューから、「Create live account」内を選択していきます。 「Platform」でMT5 Liveを選択して、「Leverage」で自由にレバレッジを選択していきましょう。

最後に「Open account」を押すとトレーディングアカウントの作成が完了し、登録メールアドレス宛にアカウント情報を記載したメールが届きます。MT5へのログインは記載された情報を使っておこないましょう。

CryptoGT (クリプトGT) のレバレッジ変更方法

CryptoGTでは自分でレバレッジ倍率を変更することはできません。一手間はかかりますが公式に問い合わせをして、レバレッジが変更可能です。

[email protected]のメールアドレス宛に以下の情報を記載しましょう。

  • 変更したいアカウントID
  • 希望するレバレッジ倍率

早ければメール送信後30分ほどでレバレッジが変更されます。

CryptoGT (クリプトGT) のレバレッジ変更の注意点

CryptoGTでは公式に問い合わせることでレバレッジの変更が可能になりますが、そのさいの注意点を記載します。

ポジションを決済してからレバレッジ変更を伝える

はじめの注意点として ポジションを持っている通貨ペアでは、レバレッジを変更することはできません。レバレッジ変更を望む通貨ペアに関しては、一度保有ポジションを決済しておく必要があります。それまでは何度連絡をしてもレバレッジは変更できません。

レバレッジ変更はメールのみ受け付けている

CryptoGTではチャットサービスで質問を受け付けています。しかし チャット上でのレバレッジ変更については対応していないようです。公式のメールアドレス宛にレバレッジ変更を要請しましょう。

CryptoGT (クリプトGT) とBitmex (ビットメックス) 比較

CryptoGTはハイレバレッジの仮想通貨FX取引所として有名ですが、Bitmexもレバレッジを大きくかけられる取引所として名前が知られています。2つの取引所を比較してみましょう。

CryptoGTとBitmexの比較
比較軸CryptoGTBitMEX
通貨ペア58種類8種類
最大レバレッジ500倍100倍
入出金手数料 (BTC) 無料0.0002BTC
取引手数料 (BTC)約0.045% (変動制) Maker:-0.025% Taker:0.075%
レバレッジ手数料 (BTC) 0.07%0.05%
日本語対応
サーバーの強度強いやや強い
追証
ロスカット100%50%
スマホアプリ×

上記の表をもとに比較するとCryptoGTのほうが全体的に優れているようです。通貨ペアも多いため、より広い範囲で取引をおこなえます。しかしMakerとしてポジションを取ることでマイナス手数料が入る点や、ロスカット基準ではBitMEXが有利になっています。

片方のサイトがサーバーエラーをおこしアクセスできなくなることもあるので、両方の取引所を利用できるようにしておいてあなたにあった取引所を見極めていきましょう。

CryptoGT (クリプトGT) の革命はレバレッジだけではない

CryptoGTではより多くのユーザーを引き込むために、GT革命という企画を進行中です。GT革命ではレバレッジの見直しの他にも取引を促進する施策があります。

GT革命第2弾はボーナスキャンペーン革命

GT革命の第2弾として2019年11月1日からボーナス革命がはじまっています。内容としては以下の2つです。

  • 新規登録で3,000円分のボーナス付与
  • 初回入金で50%ボーナス

新規登録で3,000円分のボーナス付与

このボーナスはCryptoGTに会員登録後、MT5のトレーディングアカウント作成で適用されます。このボーナスは常に実施されており、今後も新規登録とトレーディングアカウントを作成したユーザー全員に付与されます。

初回入金で50%ボーナス

CryptoGTのeWalletからトレーディングアカウントにはじめて資金を移動すると、移動金額の50%が付与されます。このボーナスには上限があるのでチェックしておきましょう。

GT革命第3弾はスプレッド革命

2019年11月5日には、GT革命の第3弾としてスプレッド革命も実施されています。スプレッドは売値と買値の差額の数値のことです。スプレッドが狭いほど利益を出しやすくなっています。

CryptoGTではスプレッドを狭める施策として マーケットデプス (Depth of Market)が導入されました。これにより業界最小水準のスプレッドが実現しています。スプレッド革命の実施は取引の促進や透明性のある取引を可能にしました。

CryptoGT (クリプトGT) のレバレッジまとめ

CryptoGTではユーザーの満足度を高めるためにレバレッジの見直しをおこない、500倍の導入をしました。CryptoGTでは取引ボリュームによりレバレッジが変動しており、500倍は最もボリュームが低い取引時に適用されます。

すなわちいままでのCryptoGTよりも少ない金額から、仮想通貨FXをはじめられるようになりました。
CryptoGTで新規登録をおこなった人にはボーナスが支給されることもあり、仮想通貨FXを始めやすい環境ができています。この記事を機会にCryptoGTで仮想通貨FXをはじめてみるのもおすすめです。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

CryptoGT (クリプトGT) が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。

これから取引を始めたい方には、安全な国内暗号資産(仮想通貨)取引所であるCoincheckがおすすめです。 いつでもどこでもかんたんに暗号資産を取引できるスマホアプリが魅力的で、国内暗号資産(仮想通貨)取引アプリダウンロード数No.1の実績を誇っています。(対象期間:2018年1月~2019年12月)

また2018年4月マネックスグループ株式会社の完全子会社傘下に入り、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられますので、暗号資産の購入を検討している方はぜひ登録してみてください。

account_arrow

アプリでかんたん取引!初心者向け取引所の決定版!
Coincheckの詳細をみる
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!