【注意】記事内の海外暗号資産(仮想通貨)取引所掲載情報につきまして

国内における無登録業者(海外暗号資産取引所)は、日本居住者に対して口座開設すること又は日本語で当該無登録業者が口座開設の勧誘をすることは法律で禁止されています。そのため暗号資産(仮想通貨)の取引をされる際にはこの点に関して充分ご注意ください。また当サイトに掲載している海外取引所へのリンクはあくまで読者の皆様に情報をお伝えするものであり、海外取引所への勧誘を目的としたものではありません。当サイトといたしましては、まずは国内暗号資産(仮想通貨)取引所へのご登録を推奨しております。

(引用)情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律 (平成31年3月15日提出、令和元年5月31日成立)
https://www.fsa.go.jp/common/diet/198/index.html

この記事のポイント
  • CryptoGTの送金や出金方法を画像つきで解説
  • CryptoGTからほかの取引所、ウォレットなど送金方法をパターン別に紹介
  • 送金にかかる手数料や時間、送れる仮想通貨の種類も要チェック

「CryptoGTにアカウント登録を済ませたが、お金や仮想通貨を専用口座に入れる方法がわからない」と悩んでいませんか。今回の記事を読めば、CryptoGTの取引に使う資産を口座に送ったり、別の場所へ出金させたりする方法がわかります。

この記事ではCryptoGTを初めて使う人のために、資産の送金や出金のやり方をまとめました。迷ったときはこの記事を参考にするとよいでしょう。

▶ 『CryptoGT (クリプトジーティー) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の海外おすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

CryptoGT (クリプトGT) とは?

CryptoGTの基本情報
運営企業Hatilo LTD
拠点キプロス
通貨ペア58種類
入出金手数料無料
取引手数料変動あり
最大レバレッジ500倍
追加証拠金なし
ロスカット証拠金維持率100%以下
日本語対応
スマートフォン対応MT5
サポートメールやチャット
法人口座

CryptoGTは、2018年6月設立とまだ歴史は浅いですが、メリットの多さから注目の取引所です。 キプロス拠点ながら日本語対応であり、海外の取引所としては珍しく日本人でも使いやすいといえます

ほかにも最大レバレッジ500倍、豊富な通貨ペアなど、国内の取引所では見られない特徴が多数です。「MT5トレーダー」という専用アプリを使えばスマートフォンからも取引できるなど、使い勝手に優れています。

CryptoGT (クリプトGT) の送金可能通貨

CryptoGTでは法定通貨のほか、仮想通貨の入金も可能です。送金できる仮想通貨は以下のとおりです。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • ダッシュ
  • モネロ
  • カルダノ
  • ネム
  • イオス
  • ジーキャッシュ
  • ステラルーメン
  • テザー
  • パクソススタンダード
  • トゥルーUSD
  • ジェミニドル
  • USDコイン

ビットコインやイーサリアムなどのスタンダード系だけでなく、国内での取引所では手に入らない珍しい仮想通貨も送金に使えます。

CryptoGT (クリプトGT) の送金方法

トレーディング口座からウォレットへの送金

CryptoGT 送金

CryptoGTではMT5ウォレットを取引に使うので、専用口座から仮想通貨を移す必要があります。メニューの「MT5」より専用口座内の入金ボタンを押しましょう。

専用口座から取引に使いたい分だけMT5 Liveに動かします。

ウォレットから外部ウォレットへの送金

CryptoGT 送金

画面左側のメニュー「資金」より「資金移動」を押しましょう。

出金口座から仮想通貨の種類を指定します。宛先口座にあるウォレットを選び、移動額を決めれば、資金移動できます。

CryptoGT (クリプトGT) の送金・入金方法

CryptoGT 送金

資金メニューより「入金」を選び、通貨を指定しましょう。画像では入金方法として仮想通貨を選んでいます。

CryptoGT 送金

仮想通貨がある取引所の所定欄にアドレスをコピー&ペーストしましょう。 一文字でもアドレスが違うと、別の場所に仮想通貨が向かったまま取り戻せなくなるので注意です

CryptoGT (クリプトGT) の送金・出金方法

CryptoGT 送金

「資金」メニューより「出金」を選び、通貨と出金額を指定します。別の取引所から取り寄せたアドレスをコピー&ペーストし、送る準備を整えましょう。

CryptoGT (クリプトGT) の送金時間

CryptoGTでは、送金が早くて数分、長くて数十分で終わることが多いようです。しかし外部の取引所やウォレットへ送ったときに、長く時間がかかるケースも見られます。 公式サイトの発表では送金完了まで最大48時間かかるとのことです

送金に時間がかかりすぎることで、次の取引などに向かえず、計画的に投資ができないと悩む人もいるでしょう。時間に余裕があるうちに送金作業自体を済ませるなどの配慮が大切です。

CryptoGT (クリプトGT) の送金手数料

CryptoGTでは入金や出金に関し、取引所から手数料請求を受けません。ただし 仮想通貨の種類によっては、出金でトランザクションフィーがかかるため、出費への配慮が必要です

editMEMO

トランザクションフィーとは、 仮想通貨を別の場所へ送る際、ブロックチェーン上でかかる手数料です。この手数料は無料にも設定できますが、少ないほど口座に届くまでの時間が長く、数日から数週間かかることもあります。

CryptoGT (クリプトGT) の送金方法 まとめ

CryptoGTは日本人でも使いやすいことから評判ですが、入金や出金方法もシンプルな手順で済ませられます。専用口座からウォレット、ウォレットから別のウォレットなど、送金や出金に使えるルートも複数です。

今回の記事で紹介した画像を参考に進めていけば、CryptoGT特有の手続きにも慣れられるでしょう。入金や出金方法をマスターして、CryptoGTでの仮想通貨ライフを楽しんでみませんか。

CryptoGT (クリプトGT) が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。

これから取引を始めたい方には、安全な国内暗号資産(仮想通貨)取引所であるCoincheckがおすすめです。 いつでもどこでもかんたんに暗号資産を取引できるスマホアプリが魅力的で、国内暗号資産(仮想通貨)取引アプリダウンロード数No.1の実績を誇っています。(対象期間:2018年1月~2019年12月)

また2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられますので、暗号資産の購入を検討している方はぜひ登録してみてください。

account_arrow

アプリでかんたん取引!初心者向け取引所の決定版!
Coincheckの詳細をみる

CryptoGT (クリプトGT) の送金方法 関連情報

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!