【注意】記事内の海外暗号資産(仮想通貨)取引所掲載情報につきまして

国内における無登録業者(海外暗号資産取引所)は、日本居住者に対して口座開設すること又は日本語で当該無登録業者が口座開設の勧誘をすることは法律で禁止されています。そのため暗号資産(仮想通貨)の取引をされる際にはこの点に関して充分ご注意ください。また当サイトに掲載している海外取引所へのリンクはあくまで読者の皆様に情報をお伝えするものであり、海外取引所への勧誘を目的としたものではありません。当サイトといたしましては、まずは国内暗号資産(仮想通貨)取引所へのご登録を推奨しております。

(引用)情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律 (平成31年3月15日提出、令和元年5月31日成立)
https://www.fsa.go.jp/common/diet/198/index.html

話題の海外仮想通貨取引所Bybit (バイビット)

2020年4月28日に海外大手仮想通貨取引所BitMEXの日本居住者向けサービスが終了したことを受け、Bybitが話題となっています。

Bybitはシンガポールに拠点を置く、海外仮想通貨取引所 (デリバティブ取引プラットフォーム) です。 仮想通貨のFX取引に特化した取引所で、倍率は最大で100倍まで設定できます。

海外の取引所ではめずらしく日本語でのサポートに完全対応。またトレード大会など、定期的にお得なイベントが開催されていることも話題となっており、ニュースなどでも多く取り上げられています。

account_arrow_min

登録ユーザー数120万人以上を誇る人気の取引所!
Bybitの詳細をみる
この記事のポイント
  • Cryptopiaと他の取引所との手数料比較
  • Cryptopiaでオススメの入出金方法
  • Cryptopiaでしか買えない通貨がある

数多くの草コインも取り扱っているニュージーランドの仮想通貨取引所Cryptopia (クリプトピア) 。草コインの中にはCryptopiaでしか購入できないものもあり、目が離せません。今回はそんなCryptopiaでかかる手数料について他社と比べながらまとめてみました。

▶ 『Cryptopia (クリプトピア) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の海外おすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Cryptopia (クリプトピア) とは?

取り扱い仮想通貨数が世界トップレベルであるニュージーランドの仮想通貨取引所、Cryptopiaの手数料についてまとめました。

Cryptopiaは、取り扱い銘柄数が約600と豊富なのが特徴です。

マニアの間では草コインの宝庫と呼ばれており、ポテンシャルを秘めた通貨が眠っています。手数料を把握し、上手に使いこなすことで、素晴らしい仮想通貨ライフが待っているでしょう。

Cryptopia (クリプトピア) の取引 (売買) 手数料

Cryptopiaでは多数の銘柄を取り揃えていますが、全て現物取引でのトレードのみ可能となっています。

取引手数料の特徴は全ての銘柄で一律であり、指値注文、成行注文共に0.2%に設定されています。これは後ほど比較をしますが、海外取引所としては少しだけ割高になっています。

しかし、Cryptopiaでしか買えない通貨も多数存在するため、取引所としての価値は非常に高いと言えます。

▶ 『Cryptopiaの買い方・購入方法』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Cryptopia (クリプトピア) の取引手数料比較

ビットコインの手数料は無料の取引所が殆どである点と、Cryptpiaを利用する理由が、アルトコイン目的なことが多いと思うので、アルトコインでの比較を以下の表にまとめました。

国内取引所比較

取引手数料比較
国内取引所取引手数料
bitFlyer8% (販売所によるスプレッド)
bitbank無料
GMOコイン10% (販売所によるスプレッド)
BITPoint無料
DMM Bitcoin 10% (販売所によるスプレッド)
Liquid by Quoine無料

2018年に新たに新設された取引所は、アルトコインを販売所形式で取引していません。取引所形式で取引しているため、手数料無料でアルトコインを手に入れられます。

特に、BitbankやBitpointはおすすめの取引所です。

海外取引所比較

取引手数料比較
海外取引所MakerTaker
BINANCE0.1%0.1%
BITTREX0.25%0.25%
BitMEX-0.025%0.75%
Huobi0.2%0.2%
Bitfinex0.1%0.2%
Poloniex0.1%0.2%
KuCoin0.1%0.1%
coinbase0.1%0.1%
Changelly0.5%0.5%
Kraken0.26%0.26%
Bitstamp0.1%0.25%
YoBit0.2%0.2%
Liqui0.1%0.25%
HitBTC-0.01%0.1%
OKEx0.15%0.2%
bithumb0.15%0.15%
KORBIT0.08%0.2%
CoinExchange0.15%0.15%

(手数料は変更となっている場合もありますので、詳しくは公式サイトをご覧ください)

Cryptopiaでは上述した通り、Maker,Takerともに0.2%の手数料になるので、Cryptopia以外でも購入可能な通貨は、Cryptpiaより安いところで取引したほうがお得です。

上の表を参考にしながら、どこが最安値で購入可能なのかを調べてみましょう。

Cryptopia (クリプトピア) の送受金 (入出金) 手数料

入金手数料送金手数料備考
無料通貨によって比較的安価

Cryptopia (クリプトピア) の送金 (入金) 手数料

Cryptopiaへの入金は全て仮想通貨で行われ、日本円を含む、法定通貨での入金は行えません。しかし、仮想通貨の入金に対して発生する手数料は無料のため、入金時に気にする必要はありません。

国内取引所で送金手数料が無料になる、DMM bitcoin、GMOコイン、bitpointなどでビットコインを購入し、送金するのがおすすめです。

Cryptopia (クリプトピア) の送金 (出金) 手数料

Cryptopiaの送金手数料は以下の表のようになっています。

基本的には以下のメジャー通貨での送金機会が多いと思いますので参考にしてみてください。

送金手数料
通貨種類手数料
BTC0.0005BTC
ETH0.0025ETH
ETC0.01ETC
LTC0.002LTC

他の海外取引所と比べると比較的安価な手数料になっています。

ビットコインの出金手数料は、相場通りですが、イーサリアムの出金手数料は相場の半額近くの値段になっています。また日本の取引所でも円に換金が可能なため、Cryptopiaで取引をした通貨はイーサリアムに替えて送金すれば、少しだけ節約ができます。
※取引手数料はかかってしまうので、ケースバイケースです。

Cryptopia (クリプトピア) の手数料は高い?安い?

Cryptopiaの手数料を総括します。

入金手数料

入金に関しては手数料はありませんので、国内取引所の送金手数料を比較し、無料な所を利用しましょう。
オススメはBitpointになります。

取引手数料

取引手数料に関しては若干高いと言えるでしょう。

Cryptopiaを利用する一番のメリットは、ここでしか手に入らない通貨が何銘柄も存在していることです。逆に言うと、それ以外の取引所でも手に入る通貨を求めている場合は、比較をしてから検討した方が良いといえます。もちろんCryptopiaが最安値で取引できる通貨も存在しています。

出金手数料

出金手数料は安価に設定されていますが、特にイーサリアムの出金手数料が水準よりも低いことがポイントになります。イーサリアムペアの通貨はたくさん存在するので、国内取引所に出金する際はイーサリアムに換金してから送金が一番良いでしょう。

ただし、取引に手数料が発生するので、通貨の量なども考慮に入れて選択するようにしましょう。

Cryptopia (クリプトピア) の手数料まとめ

今回はニュージーランドに拠点をおく、アルトコインを多数取り扱っているCryptopiaの手数料に関してまとめました。様々な通貨をトレードできる取引所ですので、気になった方は是非登録してみてください。

▶ 『Cryptopia (クリプトピア) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Cryptopia (クリプトピア) が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。

これから取引を始めたい方には、安全な国内暗号資産(仮想通貨)取引所であるCoincheckがおすすめです。 いつでもどこでもかんたんに暗号資産を取引できるスマホアプリが魅力的で、国内暗号資産(仮想通貨)取引アプリダウンロード数No.1の実績を誇っています。(対象期間:2018年1月~2019年12月)

また2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられますので、暗号資産の購入を検討している方はぜひ登録してみてください。

account_arrow

アプリでかんたん取引!初心者向け取引所の決定版!
Coincheckの詳細をみる
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!