【注意】記事内の海外暗号資産(仮想通貨)取引所掲載情報につきまして

国内における無登録業者(海外暗号資産取引所)は、日本居住者に対して口座開設すること又は日本語で当該無登録業者が口座開設の勧誘をすることは法律で禁止されています。そのため暗号資産(仮想通貨)の取引をされる際にはこの点に関して充分ご注意ください。また当サイトに掲載している海外取引所へのリンクはあくまで読者の皆様に情報をお伝えするものであり、海外取引所への勧誘を目的としたものではありません。当サイトといたしましては、まずは国内暗号資産(仮想通貨)取引所へのご登録を推奨しております。

(引用)情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律 (平成31年3月15日提出、令和元年5月31日成立)
https://www.fsa.go.jp/common/diet/198/index.html

話題の海外仮想通貨取引所Bybit (バイビット)

2020年4月28日に海外大手仮想通貨取引所BitMEXの日本居住者向けサービスが終了したことを受け、Bybitが話題となっています。

Bybitはシンガポールに拠点を置く、海外仮想通貨取引所 (デリバティブ取引プラットフォーム) です。 仮想通貨のFX取引に特化した取引所で、倍率は最大で100倍まで設定できます。

海外の取引所ではめずらしく日本語でのサポートに完全対応。またトレード大会など、定期的にお得なイベントが開催されていることも話題となっており、ニュースなどでも多く取り上げられています。

account_arrow_min

登録ユーザー数120万人以上を誇る人気の取引所!
Bybitの詳細をみる
この記事のポイント
  • Cryptopiaは、世界最大級の取扱銘柄数を誇る仮想通貨取引所
  • Cryptopiaへの送金反映時間は、仮想通貨の種類によって異なる
  • 日本の仮想通貨取引所で仮想通貨を準備してから、Cryptopiaへ送金

Cryptopiaは海外の仮想通貨取引所です。Cryptopiaで資金調達するためには、 まず日本の仮想通貨取引所で仮想通貨を準備してからCryptopiaに送金するという方法が一般的です。

本記事では、Cryptopiaと他取引所間の送金方法を解説します。

▶ 『Cryptopia (クリプトピア) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の海外おすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

他取引所からCryptopia (クリプトピア) への送金・出金方法

Cryptopiaは、世界最大級の取扱銘柄数を誇る仮想通貨取引所です。

仮想通貨をCryptopiaに送金するには、まず国内の取引所で仮想通貨を入手する必要があります。国内取引所でかそ部がおすすめしているのは初心者でも簡単に利用できる『Coincheck』です。

▶ 『Coincheck (コインチェック) の送金』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『Coincheck (コインチェック) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

1. ログインしBアイコン→Depositをクリック

Cryptopia (クリプトピア) にログインしたらユーザー名右のBアイコン(ビットコインのマーク)にカーソルを合わせ「Deposit(入金)」をクリックします。

2. 入金したい仮想通貨を選択

入金したい仮想通貨を選択します。取り扱っている仮想通貨の種類が多いためティッカーシンボル(例: ビットコイン→「BTC」で検索)や仮想通貨名を入力して検索しましょう。

3. 「Next」をクリックし入金用のアドレスを表示する

QR code」と「Deposit Address」が表示されます。これが入金用のアドレスです。入金元の宛先に「Deposit Address」をコピーまたは「QR code」を撮影します。

4. Cryptopiaに送金

アドレスが正しいことを確認したら入金元から「送金」をクリックします。送金結果の反映までに10分~1時間くらいかかるので、時間を見計らってCryptopiaの「Balances」画面を更新します。

Cryptopia (クリプトピア) から他取引所への送金・入金方法

Cryptopiaでできた資産を法定通貨へ現金化(日本の銀行口座への入金)するには、まず日本の仮想通貨取引所に仮想通貨を送金する必要があります。

Cryptopiaから他取引所への送金・出金方法を確認しましょう。Cryptopiaはセキュリティを強化するために送金時に二段階認証コード入力に加えて出金の最終確認があります。

1. ログイン

まずはログインします。

2. Bアイコンにカーソルを置きWithdrawをクリック

右上のメニューバーのユーザー名横「B(ビットコインのマーク)」アイコンにカーソルを置いて「Withdraw」をクリックします。

3. 出金したい仮想通貨を選択

あなたのCryptopiaアカウントから出金したい仮想通貨を選択します。取り扱っている仮想通貨の種類が多いためティッカーシンボル(例: ビットコイン→「BTC」で検索)や仮想通貨名を入力して検索しましょう。

4. 「Next」ボタンをクリック

出金したい仮想通貨を選択したら「Next」ボタンをクリックします。

5. 出金する額を入力

出金ウィンドウが開きます。「Amount」欄に出金したい額を入力、または「Balance」欄のリンク付きの総額をクリックすると現在出金できる総額が「Amount」欄に入ります。

6. 出金先のアドレスを入力

【選択した仮想通貨名】 Address」欄に出金先のアドレスを入力します。入力したらその入力したアドレスをダブルクリックしてスペースなど余計な文字が入ってないか確認してください。

アドレスを登録しておくと「Address Book」から出金先のアドレスを選択することができます。

7. 二段階認証コードを送信

Send Email Code」ボタンをクリックし、登録しているメールアドレスに6桁の二段階認証コードを送信します。

8. 6桁の二段階認証コードを入力

メールアドレスに記載されている6桁のコードを「PLEASE ENTER THE CODE FROM YOUR EMAIL」欄に入力します。このコードの有効期間は24時間です。

9. 「Next」ボタンをクリック

Next」をクリックする前にこれまで入力した内容が正しいことを確認してください。

10.「Done」をクリック

Withdrawal Submitted」画面が表示されるので「Done」をクリックしてください。

11. 出金の最終承認をする

またメールが登録メールアドレスに届くので、「Confirm Withdrawal」ボタンをクリックして、仮想通貨の出金を最終承認します。

このとき「Cancel Withdraw」をクリックすると、出金がキャンセルとなります。

▶ 『Cryptopia (クリプトピア) の使い方』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Cryptopia (クリプトピア) の出金制限と解除方法

Cryptopiaでは出金制限金額が以下3段階に分かれています。

  • Level 1: 24時間に$5,000 NZD相当まで出金・振込が可能。
  • Level 2: 24時間に$50,000 NZD相当まで出金・振込が可能。
  • Level 3: 24時間に$500,000 NZD相当まで出金・振込が可能。

Level1は「Registration Confirmation(登録確認)」メール内のリンクをクリックした段階です。Level1からCryptopiaのすべての機能が使えます。

Level2はInternational Anti-Money Laundering Law (AML。国際マネーロンダリング防止法)の条文に同意する必要があります。また、あなたが18歳以上であること、身分証明書(パスポート、運転免許証、政府発行の写真付き身分証明書)を持っていることも必要です。

Level3になるには、以下の情報を「[email protected]」に送信してください。

  • Cryptopiaユーザー名
  • Level2で提出した身分証明書と手書きのユーザー名の紙も添えて一緒に写った写真
  • Proof of your address such as a utility bill, bank statement/letter, or other government communication. あなたの居住証明として公共料金の請求書、銀行からの書面やその他公共関係からの書面
  • 「資産証明書」に相当する書面、または$500,000 NZD相当の取引が十分できるかを証明するもの

Cryptopia (クリプトピア) の送金の反映時間

Cryptopiaの送金反映時間は、仮想通貨の種類によって異なります。取引所のサーバ状況と、通貨の送金詰まり次第で送金速度が前後するからです。

例えば、法定通貨両替の橋渡しとして誕生したリップルは 数秒~1分で送金が反映されます。他に送金時間が比較的早いと目されているのが、モナコインの2分~30分、ネム数秒~3時間です。

仮想通貨として最初に誕生したビットコインは、後発の仮想通貨と比べると送金反映時間は遅く、10分~数日かかることがあるのです。

Cryptopia (クリプトピア) の送金手数料一覧

Cryptopiaは実に517銘柄(2019年1月現在)の仮想通貨を取り扱っています。本項目ではその中から主な通貨の送金手数料を一覧にしました。

Cryptopia (クリプトピア) の送金手数料一覧
通貨名手数料
ビットコイン (BTC) 0.0001BTC
イーサリアム (ETH) 0.004ETH
ビットコインキャッシュ (BCH) 0.0008BCH
イオス (EOS) 0.01EOS
ライトコイン (LTC) 0.002 LTC
テザー (USDT) 5USDT

▶ 『Cryptopia (クリプトピア) の手数料』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Cryptopia (クリプトピア) の送金 まとめ

Cryptopia⇔取引所間の送金は手順を理解すれば非常にスムーズにできるようになります。またCryptopiaは海外の仮想通貨取引所のため、日本の法律に左右されません。

Cryptopiaが海外の取引所であること、仮想通貨の取扱数が517銘柄もあるというのは日本の仮想通貨取引所にはないメリットです。これらのメリットを持つCryptopiaで取引してチャンスをつかんでみましょう。

▶ 『Cryptopia (クリプトピア) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Cryptopia (クリプトピア) が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。

これから取引を始めたい方には、安全な国内暗号資産(仮想通貨)取引所であるCoincheckがおすすめです。 いつでもどこでもかんたんに暗号資産を取引できるスマホアプリが魅力的で、国内暗号資産(仮想通貨)取引アプリダウンロード数No.1の実績を誇っています。(対象期間:2018年1月~2019年12月)

また2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられますので、暗号資産の購入を検討している方はぜひ登録してみてください。

account_arrow

アプリでかんたん取引!初心者向け取引所の決定版!
Coincheckの詳細をみる
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!