【注意】記事内の海外暗号資産(仮想通貨)取引所掲載情報につきまして

国内における無登録業者(海外暗号資産取引所)は、日本居住者に対して口座開設すること又は日本語で当該無登録業者が口座開設の勧誘をすることは法律で禁止されています。そのため暗号資産(仮想通貨)の取引をされる際にはこの点に関して充分ご注意ください。また当サイトに掲載している海外取引所へのリンクはあくまで読者の皆様に情報をお伝えするものであり、海外取引所への勧誘を目的としたものではありません。当サイトといたしましては、まずは国内暗号資産(仮想通貨)取引所へのご登録を推奨しております。

(引用)情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律 (平成31年3月15日提出、令和元年5月31日成立)
https://www.fsa.go.jp/common/diet/198/index.html

この記事のポイント
  • Cryptopia (クリプトピア) のメリット・デメリットを把握
  • Cryptopia (クリプトピア) の口コミは?
  • Cryptopia (クリプトピア) の評判は?

ニュージーランドの仮想通貨取引所、Cryptopia (クリプトピア) 。その評判、メリットデメリットについて詳しく解説していきます。

Cryptopia (クリプトピア) とは

Cryptopiaは、ニュージーランドに本拠地を置く、仮想通貨取引所です。Cryptopia Limitedという会社が運営をしており、世界トップクラスとまでは行きませんが、ユーザー数も多く抱えている取引所になります。

マニアックなコインの取り扱いなどが多く、コアなファンが多いというのも1つの特徴と言えるでしょう。そんなCryptopiaのメリットとデメリットを紹介していきます。

Cryptopia (クリプトピア) のメリット

取り扱っている通貨が多い

Cryptopiaの最大のメリットは取り扱い銘柄の豊富さです。600種類近くのアルトコインを上場させており、他では取り扱っていないようなマニアックな通貨が沢山用意されています。

BittrexやBinanceなどの大手取引所に未上場のポテンシャルコインをCryptopiaで購入し、大手取引所に上場を待つといった戦法を取ることができます。コアなファンやトレーダーはまず口座を開設していると言っても過言ではありません。

また、単位がビットコインの最小単位である1satoshiよりも小さな通貨を扱っていることもあり、 Dogecoinとのペア通貨も存在しています。これらが一気に価格上昇を起こせば、億万長者も夢ではないですね。

紹介制度がある

Cryptopiaにはアフィリエイトリンクも存在しています。報酬はCryptopiaの独自通貨であるDOTの変換に要する手数料の1割となっています。

チャットで投げ銭ができる

Cryptopiaには投げ銭というシステムがあります。ユーザー同士でチャットを行うことができるのですが、チャットにて仮想通貨の受け渡しができるようになっています。

1円相当の通貨から可能で、何でもないようなコメントに対してもマニアックな通貨が投げ銭として送られてくることがあります。

これは、各通貨のファンたちのマーケティング活動にもなっており、マニアックな通貨を受け取ったユーザーはその通貨に興味を持ち、購入に至るかもしれません。

Cryptopia (クリプトピア) の デメリット

詐欺コインのリスクがある

Cryptopiaでは数多くの銘柄を取り扱っているというメリットがある反面、詐欺目的で作られた通貨が紛れてしまっている可能性は0ではありません。あの数の通貨が全て厳格な審査をクリアしてきたとは到底言い難いです。

また、仮想通貨のプロジェクトは大半が途中で終わってしまい、無価値になってしまうものが沢山あります。つまり、これだけの数があると、全ての通貨が生き残るわけではないので、購入した通貨の価値がなくなってしまうリスクがあるというのは捨て切れないでしょう。

日本語非対応

全ての海外取引所に言えることですが、日本語非対応なため、不自由な部分があると思われます。とくにトラブルなどが発生した場合に英語で問い合わせを送らなくてはいけないため、英語になれていないユーザーにとっては不安材料となるでしょう。

使い方自体は、他の海外取引所と大差はないため、慣れている人にとっては問題のない範囲で取引することは可能です。

セキュリティに不安がある

セキュリティが不安という評判が一番ネックなポイントです。

流出やハッキング、送金トラブルも含めると国内取引所よりも多く報告があがっています。二段階認証は必須ですが、専用ウォレットに移せる通貨は移しておきましょう。

しかし、マニアックなコインのウォレットは初心者にとっては少し敷居が高いと言えます。取引所での保管が一番簡単ではありますが、あくまで自己責任です。

セキュリティの不安を取るか、マニアックな通貨の可能性を取るかを判断しましょう。

Cryptopia (クリプトピア) のtwitterでの評判

Cryptopia (クリプトピア) の評判〜良い口コミ〜

Cryptopia (クリプトピア) の評判〜悪い口コミ〜

Cryptopia (クリプトピア) の評判総集

良い評判

ユーザーインターフェースの使いやすさや、やはり取引銘柄が豊富なことがあげられています。

仮想通貨バブルと呼ばれた2017年の年末から2018年初頭にかけての評判は、夢のある草コインがたくさん買える取引所の代表格としてマニアの間で非常に人気の取引所でした。特にBinanceやBittrexに上場していないポテンシャルを持ったコインを購入するための場所としても使われていました。XPという通貨が代表格です。

悪い評判

一定期間ではありましたが、新規の受付を停止していた時期がありました。これは、顧客保護や、運営がパニックにならないための一時制限ではありましたが、金融庁との関わりを考えると日本人の登録制限が起きないとも断言できません。

そして、もう1つが、プロジェクトが途中で止まってしまっている通貨などの上場廃止です。ポテンシャルコインほど、ポテンシャルだけで終わってしまうのは珍しくありません。そういった通貨達の上場廃止を悲しむ声があがっています。

まとめ

今回は、草コインの宝庫Cryptopiaについて紹介しました。Cryptopiaは豊富な銘柄が強みの取引所であるということが見てとれます。

もちろん悪い評判やデメリットもありますが、それはどの取引所でも同じことです。

今回ご覧いただいたメリット・デメリットを総合的に判断することで、Cryptopiaを賢く使っていきましょう。

▼ こちらもご覧いただくと、Cryptopia (クリプトピア)の登録方法などもっと詳しく知ることができます!

Cryptopia (クリプトピア) が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。

これから取引を始めたい方には、安全な国内暗号資産(仮想通貨)取引所であるCoincheckがおすすめです。 いつでもどこでもかんたんに暗号資産を取引できるスマホアプリが魅力的で、国内暗号資産(仮想通貨)取引アプリダウンロード数No.1の実績を誇っています。(対象期間:2018年1月~2019年12月)

また2018年4月マネックスグループ株式会社の完全子会社傘下に入り、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられますので、暗号資産の購入を検討している方はぜひ登録してみてください。

account_arrow

アプリでかんたん取引!初心者向け取引所の決定版!
Coincheckの詳細をみる
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!