• 韓国の仮想通貨取引所Coinrailがハッキング被害に遭い、ビットコインをはじめとする仮想通貨の市場価格が大きく急落

この記事のポイント

韓国の仮想通貨取引所 Coinrail はハッキングされ、Pundi X(NPXS)などコインが盗まれたとされている。それにより、ビットコインおよび他の仮想通貨の価格が大きく下落した。

BTC/JPY チャート 2018年6月11日 20:24 現在

Coinrailは世界のトップ100の仮想通貨取引所の一つだが、世の中でよく知られていない小規模な取引所である。今回盗まれたトークンを凍結し、警察の調査を支援するため全ての取引を停止している。

報道によると、Coinrailが詳しい被害金額を発表していないが、攻撃者の財布とリンクしたアドレスから見ると、被害金額は4000万ドル以上であるようだ。

2018年以来、仮想通貨取引所のハッキング被害が相次ぎ発生した。日本のコインチェックが580億円ほどの資産が流出した以外、イタリアのビットグレイル(BitGrail)も1700万枚ナノNanoの流出により破産した。

今回もCoinrailのような小規模取引所のハッキング被害さえ市場へそれほどの大きな影響を与え、投資家が仮想通貨市場に対してより慎重な対策を取っている一例として示された。