この記事のポイント
  • マイニングの種類を把握しよう
  • CPU、GPUメリットデメリットを比較しよう

仮想通貨は「マイニング」を行うことで新規コインを手に入れることが出来ます。しかし、この「マイニング」に関して正しく理解できていない人が多いことも事実です。「マイニング」の種類や、個人で行うマイニングの「CPUマイニング」と「GPUマイニング」などこれらについての知識を深めると一段と仮想通貨への理解が深まります。

マイニングとは

マイニングとは日本語で「採掘」を意味し、仮想通貨の世界ではトランザクション(取引記録)のメンテナンスをして、承認することで報酬を得ることを指します。ただしここで重要なことは、「一番早く承認作業を終えた人のみ」が報酬として新規コインを得られるということです。仮想通貨のマイニングは誰でも行うことが可能で、マイニングをする人を「マイナー(採掘者)」と呼びます。

マイニングの種類


マイニングには大きく分けて以下の3つの種類があります。

  • ソロマイニング
  • プールマイニング
  • クラウドマイニング

ソロマイニング

ソロマイニングとは、個人でマイニングを行う方法です。マイニング報酬は一人で受け取ることが出来ますが、高価な機材は全て自分で用意する必要があり、パソコンに関する専門知識も必要になります。また、現在はマイニング業者が多数参入してきているため、ビットコインなど価値の高い仮想通貨でのマイニングでは圧倒的に不利になります。そのため、ソロマイニングで利益を出すにはあまり人気のないアルトコインを選ぶ傾向にあります。

プールマイニング

プールマイニングとは、自分の所有しているパソコンの能力を、ネットを経由して提供することでマイニング報酬を受け取る方法です。そして、報酬は提供した自分のパソコンの能力に応じて受け取ることになります。この方法は高価な機材を自分で揃える必要がありませんが、得られる報酬は少なくなります。また、パソコンを所有していれば掛かる費用は電気代だけで済みますが、パソコンはずっと起動した状態になるため【報酬ー電気代】が実際の収益になります。

クラウドマイニング

クラウドマイニングとは、マイニングを行っている団体に投資をしてマイニングに参加する方法です。そして、報酬は投資した額によって決まり、配当される仕組みとなっています。また、クラウドマイニングでは高価な機材は必要ありませんし、高額な電気代も掛からないため、この点はメリットと言えます。しかし、受け取れる報酬はそれほど多くはなく、詐欺やマイニング団体が潰れることもあるため、情報収集は十分に行ってから参加する必要があります。

CPUマイニング・GPUマイニングとは


個人でマイニングを行うには、CPUマイニングやGPUマイニングが主流となっています。

CPUマイニングとは

CPUマイニングとは、高価な機材を購入せずともパソコンがあればマイニングに参加できる方法です。GPUマイニングに比べると効率は悪いのですが、CPUは家庭用のパソコンに搭載されているため、手軽にマイニングを始められることが魅力です。CPUマイニングでは、GPUが苦手としているアルゴリズムを採用しているコインであれば、初心者でも簡単にマイニングすることが可能。つまり、仮想通貨初心者が費用を掛けずにマイニングを始めてみたいと思ったら、CPUマイニングがおすすめです。

GPUマイニングとは

GPUマイニングは、単純で膨大な量の計算処理を短時間で行うことが出来るマイニング方法です。そして、GPUマイニングには、仮想通貨の種類によって向き不向きのGPUがあります。そのため、自分がマイニングしたい仮想通貨の種類に合わせてGPUを選ぶ必要があります。ただし、GPUマイニングを始めるにはGPUの購入が必要で、5~7万円ほどの費用が掛かります。しかし、CPUマイニングと比べると、アルトコインの中でも有名なコインのマイニングが可能です。

CPUマイニングがおすすめの理由


  • 初期投資が少ない
  • 静音になりやすい

初期投資が少ない

自宅にパソコンがあれば、新たに機材を購入すること無くマイニングを始めることが出来ます。もし、GPUマイニングをするのであれば数万円はするGPUを購入しなければなりません。しかし、CPUマイニングであれば、必要な設備は普段使っているパソコンで十分なため、初心者でも参入しやすいことが特徴です。ただし、マイニングを始めるにあたっては、どの仮想通貨を選ぶかが非常に重要なポイントになります。

静音になりやすい

マイニングをするとなると、パソコンを24時間フル稼働させることになります。そのため、騒音が大きな問題になります。GPUマイニングはGPUを何枚も使うことが多いため、ファンの音がかなりうるさくなります。しかし、CPUマイニングであれば手持ちのパソコンのCPUファンの音だけになり、GPUマイニングをするよりも静音になりやすく、この点がメリットです。そして、自宅でマイニングをするとなるとファンの音は必ず出るため、家族の理解を得たり隣近所に配慮する場合には、CPUマイニングの方がお勧めできる方法と言えます。

CPUマイニングにおすすめの仮想通貨の選び方


CPUマイニングで利益を出すには、仮想通貨の種類選びが特に重要です。そのため、まだ人気がなくあまり知られていないアルトコインの中から選ぶ必要があります。しかし、どの種類が良いかわからないという場合には、専用プラットフォームの利用がおすすめで、以下の2つが有名です。

  • Minergate (マイナーゲート)
  • Nicehash (ナイスハッシュ)

これらは自動で採算性の高い種類を選んでくれますし、マイニングしたい種類をリストの中から自分で選ぶことも出来ます。

CPUマイニングにおすすめの仮想通貨3選

モネロ(Monero/ XMR)

モネロは匿名性の高さが大きな特徴です。これは、CryptoNightの採用とワンタイムリング署名システムにより実現しています。また、高速で取引出来るという特徴も持っており、ブロック生成間隔が2分となっています。つまり、ビットコインはブロック生成間隔が10分のため、その5分の1の速さで取引処理が完了します。

ビットゼニー(Bitzeny/ ZNY)

ビットゼニーは、2014年11月7日に公開された国産の仮想通貨です。そして、ビットゼニーはコミュニティが活発なことが大きな特徴。BitZenyフォーラムという掲示板があり、ほぼ毎日投稿が行われています。また、国産の仮想通貨であることから日本の投資家から注目を集めており、モナコイン同様コミュニティが活発なこともあり、今後期待できる種類と言えます。

イーオン(Aeon / AEON)

イーオンは、2014年6月6日に公開された仮想通貨です。また、モネロからハードフォークした仮想通貨で、モネロと同じく匿名性が高いことが特徴です。しかし、モネロとは違う特徴もあり、これからを見据えて1MBのスクラッチバッドを使用し、モバイル端末でもデスクトップPCと同様の快適性が実現しています。そのため、これからの時代にマッチしたアルトコインと言えます。

おすすめのCPU3選

AMD Threadripper 1950X


性能の高さが特徴で、オーバークロック(CPUの性能を通常よりも引き出す方法)が簡単に行えます。しかし、特有のマザーボードが必要なため、CPUだけでなくマザーボードも一緒に購入しなければならないため、費用が掛かります。

AMD CPU Ryzen7 1800X


高価なマザーボードが不要で、高性能ながら比較的安い価格で購入できるCPUです。しかし、Threadripperと比べると費用対効果が悪く、効率的なマイニングは行なえません。。

Intel CPU Core i7-8700K


Ryzen1800Xと同程度の性能を誇ります。しかし、オーバークロックした場合にはAMDの製品よりも効率はやや悪くなります。

GPUマイニングにおすすめの仮想通貨の選び方


GPUマイニングでは、マイニングしたい通貨とGPUの相性が重要になります。そのため、まずは自分がどの通貨のマイニングをしたいのかを明確にし、それと相性の良いGPUを選ぶことが重要です。

以下は、GPUと主な通貨の相性になります。

  • Geforce系…ジーキャッシュ、モナコイン
  • RADEON系…モネロ、イーサリアム

GPUマイニングにおすすめの仮想通貨3選


実際にGPUマイニングにおすすめの仮想通貨を3種類ご紹介します。ただし、GPUマイニングはGPUと通貨の相性が最も重要になります。

モナコイン(Monacoin/MONA)

日本初の国産の仮想通貨です。ブロック生成速度が約90秒と速いため、決済に向いている通貨と言えます。

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)

ジーキャッシュはゼロ知識証明という手法を使っており、匿名性の高さが特徴です。そのため、送信者や受信者、送金額などは匿名化されています。

モネロ(Monero/XMR)

モネロは、Cryptonightというアルゴリズムを採用しており、これはCPUとGPUのどちらでもマイニングがしやすくなっています。そのため、GPUではなくとも、家庭にあるパソコンでのマイニングすることも可能。

おすすめのGPU3選

Nvidia GeForce GTX 1070


消費電力が少なくハッシュレートが30mh/sと高いため、マイニングにおすすめのGPUです。ただし、価格が高いため初期投資の回収に時間が掛ることがデメリット。

AMD Radeon RX 580


価格がリーズナブルで排熱量の少なさが魅力です。ただし、生産量が少なく、マイニングによる人気の高さから入手しづらいことがデメリット。

AMD RX 480


性能が良く、価格も安いことから初期費用を安く抑えられるGPUです。しかし、非常に入手するのが難しいことが大きなデメリットです。

まとめ

GPUマイニングでは高価な機材を購入しなければなりませんが、CPUマイニングであれば自宅にパソコンがあれば誰でもマイニングに参加することが出来ます。また、CPUは新たに購入することも出来ますが自分で載せ替える必要があるため、手間が掛かります。そのためCPUマイニングをより手軽に行うには、BTOを利用する方法がおすすめです。BTOであれば自分の目的にあったCPUやメモリ、SSDなどが選択できます。つまり、これから本格的にCPUマイニングを始めてみたいという方は、BTOを利用することが効率的なマイニングに繋がります。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!