この記事のポイント
  • DMIは市場を見極めるための指標
  • ADXはトレンドの状態を判断するための指標

DMIは 上昇トレンドと下降トレンドを判断するために非常に便利な指標です。トレンドの確認は投資判断の基本ですので、DMIは必要不可欠と言っても過言ではありません。

この記事ではDMIの使い方から計算方法まで徹底的に解説します。

▶ 『中級のテクニカル分析』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

DMIの基本情報

DMIの基本情報
ひとこと特徴市場の状態を見極めるための順張り指標
ジャンルオシレーター系
難易度中級テクニカル分析
使うタイミング主にトレンド相場
主な使い方+DIが-DIを下から上抜いたときが買い、+DIが-DIを上から下抜いたときが売り
DMIのポイント
DMI (Directional Movement Index) は日本語では「方向性指数」といいます。RSIやストキャスティクスなどの逆張り系指標に特有の、一方に傾くトレンド相場では役に立たないという弱点を補う目的で、 順張り指標として開発されました。DMIでは価格の上昇力を示す「+DI」、価格の下降力を示す「-DI」、トレンドの強さを示す「ADX」、ADXの向きを確認する「ADXR」という4つの指数を使ってトレンドの有無や強弱を探ります。

DMIは終値の比較ではなく、当日の高値や安値が前日の高値や安値に比べてどう変化したかで相場の強弱を判断します。これは上昇トレンドの場合当日の高値が前日の高値を上回ることが多く、逆に下降トレンドの場合は当日の高値が前日の高値を下回ることが多くなる傾向があるからです。売買ポイントについては、+DIが-DIを下から上抜いたときが買いシグナル、+DIが-DIを上から下抜いたときが売りシグナルです。

勝率を上げるための+α
+DIが-DIよりも上にあるときはプラスの方向への動きが大きく相場は上昇トレンドにあることを示します。反対に+DIが-DIよりも下にあるときはマイナスの方向への動きが大きく相場は下降トレンドにあることを示します。

Trading View (トレーディングビュー) | 無料で使える多機能チャートツール

trading view

Trading View (トレーディングビュー) は「ブラウザ上で使える高機能チャート」です。しかしただのチャートの機能だけでなく、ユーザー同士のコミュニケーションの場としての役割も兼ね備えており、自分のチャート分析やトレードの案を公開したり、他の人が公開したものを見てトレードの参考にしたりできます。また、ユーザー間のチャットやチャットルームの作成もできるなど多様なコミュニケーションができるツールです

他にも公式に発表されたニュースや指標も見ることができるので、トレードに必要な情報はこれ1つですべて手に入るといっても過言ではありません。

TradingViewは無料でも十分強力なツールですが、「PRO」「PRO+」「PREMIUM」といった3つの有料プランが用意されています。

一番手軽に始められる「PRO」でも「ボリュームプロファイル (価格帯別出来高)」という非常に強力なツールが使えるようになるので、本気でトレードに取り組みたい方にはとてもオススメです。

account_arrow_min

Trading Viewの有料版のポイント
PROBasicの機能に加えて、より多くのチャート、時間足、インジケーターを設定可能!
PRO+PROの機能に加えて、高度なテクニカル分析が可能に!次のレベルを狙うデイトレーダーにおすすめ!
PREMIUMチャートツールの最高峰。可能なすべてのチャンスを逃さないための最高精度と緻密なデータを閲覧可能!

DMIとは

DMIの特徴

DMI (Directional Movement Index) は日本語では「方向性指数」といいます。

RSIやパラボリックも開発したJ.W.ワイルダーによって、市場の状態を見極めるために考案されたオシレーター系指標です。

RSIやストキャスティクスなどの逆張り系指標の一方に傾くトレンドの相場には役に立たないという弱点を補う目的で、 順張り指標として開発されました

DMIでは価格の上昇力を示す「+DI」、価格の下降力を示す「-DI」、トレンドの強さを示す「ADX」、ADXの向きを確認する「ADXR」という4つの指数を使ってトレンドの有無や強弱を探ります。

こちらの表にDMIを使う際に必要な指数をまとめたので、この機会にぜひ覚えておくようにしましょう。

DMIの構成指数
+DI価格の上昇力を示す
-DI価格の下降力を示す
ADXトレンドの強さを示す
ADXRADXの向きを確認する
+DM上昇幅
-DM下降幅
TR実質的な変動幅

▶ 『RSI』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『ストキャスティクス』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

DMIの計算方法

±DIとTRの計算方法

+DIと-DIを求めるためには、「+DM」「-DM」「TR」を計算する必要があります。+DMは上昇幅、-DMは下降幅、TRは実質的な変動幅を示します。この3つは比較的やさしい計算になっています。

+DMの求め方
+DM = (当日の高値) – (前日の高値)
-DMの求め方
-DM = (前日の安値) – (当日の安値)
TRの求め方
TR = 「当日の高値 – 当日の安値」「当日の高値 – 前日の終値」「前日の終値 – 当日の安値」の中で最大の値。

±DIの計算方法

+DI、-DIの計算式は以下の通りになります。

+DIの求め方
+DI = +DM ÷ TR × 100
-DIの求め方
-DI = -DM ÷ TR × 100

ただし+DIもしくは-DIのどちらかが正数であれば、 もう一方の値を0として計算します。+DIと-DIが同値の場合は0としません。

ADXとADXRの計算方法

DXとADXRの計算には「DX」を求める必要があります。ADXRの計算にはADXが、ADXの計算にはDXが必要になるので、計算する順番は DX→ADX→ADXRです。計算方法は以下のようになります。

DXの求め方
DX = 100 × (+DIと-DIの差の絶対値) ÷ (+DIと-DIの和)
ADXの求め方
ADX = DXのN日間の平均値
ADXRの求め方
ADXR = (当日のADX+N日前のADX) ÷ 2

N日間」は任意の期間に設定することができますが、14日や28日に設定するのが一般的です。

DMIの使用日数・構成指数

DMIの使用日数は、時と場合によって適宜変えていくことができます。14日や28日に設定するのが一般的です。

実際に使っていく中で、 自分のトレードスタイルに最適な使用日数を見つけるようにしましょう。

DMIの使い方

DMIの売買ポイント

DMIは終値の比較ではなく、当日の高値や安値が 前日の高値や安値に比べてどう変化したかで相場の強弱を判断します。

上昇トレンドの場合当日の高値が前日の高値を上回ることが多く、逆に下降トレンドの場合は当日の高値が前日の高値を下回ることが多くなる傾向があります。

売買ポイントを見分ける際は+DIが-DIを下から上抜いたときが買いシグナル、+DIが-DIを上から下抜いたときが売りシグナルです。

DMIの売買ポイント
買いシグナル+DI-DIを下から上抜いたとき
売りシグナル+DI-DIを上から下抜いたとき

DMIのトレンド判断

+DIが-DIよりも上にあるときはプラスの方向への動きが大きく相場は 上昇トレンドにあることを示します。反対に+DIが-DIよりも下にあるときはマイナスの方向への動きが大きく相場は 下降トレンドにあることを示します。

トレンドの把握はトレードにおける順張り手法で非常に重要なのでこの機会にぜひ覚えておきましょう。

DMIのトレンド判断
上昇トレンド+DI-DIよりも上にあるとき
下降トレンド+DI-DIよりも下にあるとき

▶ 『トレンド』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

DMIにおけるADX (ADXR) の使い方

ADXの使い方

前述の通り「ADX」はトレンドの強さ、「ADXR」はADXの向きを確認する指数です。ADXがADXRを下から上抜いたときに トレンドが強く、ADXがADXRを上から下抜いたとき トレンドが弱くなります。

またADXの値が25以上の場合は トレンド相場である可能性が高く、25未満の場合は レンジ相場の可能性が高いといえます。

さらにADXは、値の変化でトレンドの有無について分析できる指数です。ただしADXの上昇・下降と価格の上昇・下降は連動しないので注意しましょう。

ADXとトレンド
ADXの変化トレンドの状態
下降から上昇に反転トレンド開始
上昇トレンド継続
上昇から下降に反転トレンド終了
下降トレンドなし

ADXとADXRの関係

ADXが表すのはトレンドの強さと継続性ですが、ADXRが表すのは ADXの任意の期間の平均です。ADXとその向きを示すADXRを組み合わせることで、より信頼性のある分析をすることができます。

また、ADXの値がADXRの値を上回っているときはトレンドに勢いがあるトレンド相場と判断して良いでしょう。逆にADXの値がADXRの値を下回っているときはトレンドには勢いがないレンジ相場であると判断しても良いでしょう。

▶ 『保ち合い』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

DMIにおける±DIとADXを組み合わせた使い方

DMIの+DIと-DIのクロスだけではダマシが多いという欠点があります。そこで組み合わせるべきなのがADXです。組み合わせることで ダマシを減らすことができます

下の表が売買ポイントをまとめたものになります。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

±DIとADXから見る売買ポイント
±DIADX売買ポイント
+DIが-DIを下抜いている上昇買いポイント
+DIが-DIを下抜いている上昇売りポイント

買いポイント

+DIが-DIを下抜いたあとADXが上昇している場合は 買いのトレンドが発生していると判断できます。

+DIが-DIを上抜いたということは、つまり上昇力が大きくなっていることを示します。またADXの値に上昇傾向が見られるときは、トレンドの勢いが強く上昇トレンドが明確になったことを意味します。

売りポイント

+DIが-DIを下抜いたあとに、ADXが上昇している場合は 売りトレンドが発生していると判断できます。

買いパターンの際と同様に考えれば分かってくるでしょう。+DIが-DIを下抜いたということは、つまり下降力が大きくなっている証拠です。また、ADXの値に上昇の傾向が見られるときはトレンドの勢いが強く、下降トレンドがはっきりとしたことを示します。

DMIとの組み合わせが有効なテクニカル分析

RSI

RSIの基本情報
ひとこと特徴買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
ジャンルオシレーター系
難易度初級テクニカル分析
使うタイミング主にレンジ相場
主な使い方20%以下で買い、80%以上で売り
RSIのポイント
RSIは相場の買われすぎ・売られすぎを判断するオシレーター系のテクニカル指標です。RSIの値が20%以下になったら売られすぎ、80%以上になったら買われすぎと判断されることが多く、主に逆張りのシグナルとして活用されます。

20%と80%というラインは買われすぎのシグナルとして機能しますが、エントリーポイントはRSIの天井や底である「ピーク」の少し後が一般的です。「ピーク」に達した後にトレンドが反転したと見えたタイミングでエントリーするようにしましょう。

勝率を上げるための+α
オシレーター系のテクニカル指標は比較的ダマシが多いため、1時間足で方向性を確認し15分足や5分足でトレードをするという戦法をおすすめします。短すぎる時間足だとトレードの勝率が低くなり、長すぎる時間足だと誤差が大きくなってしまうため、それらを組み合わせてチャートを分析するようにしましょう。

DMIを開発したJ.W.ワイルダー氏は、RSIというテクニカル指標も開発しています。この RSIは買われすぎ (=売りに転じる) ・売られすぎ (=買いに転じる) を測る指標です。

このRSIとDMIを組み合わせて使うことで、シグナルの正確性を高めることができます。たとえばDMIで買いシグナルが出たときにRSI値が売られすぎの域に達していれば、買シグナルは正しいといえるでしょう。反対にDMIで買シグナルが出ていていてもRSI値が売られすぎの域に達していなければ、シグナルを疑ってもよいはずです。

▶ 『RSI』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

DMIのまとめ

DMIは一見使うのが難しく感じられるテクニカル分析手法ですが、その機能は幅広く多様な場面で効果を発揮してくれる指標です。 使いこなせればトレードを相当有利に進められるので、ぜひ習得してみることをおすすめします。

さらにDMIはRSIなどの他のテクニカル分析と併用することでさらに精度が高まります。DMIを覚えたらぜひ次のテクニカル分析手法の習得にもチャレンジしてみましょう!

▶ 『テクニカル分析』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Trading View (トレーディングビュー) | 無料で使える多機能チャートツール

trading view

Trading View (トレーディングビュー) は「ブラウザ上で使える高機能チャート」です。しかしただのチャートの機能だけでなく、ユーザー同士のコミュニケーションの場としての役割も兼ね備えており、自分のチャート分析やトレードの案を公開したり、他の人が公開したものを見てトレードの参考にしたりできます。また、ユーザー間のチャットやチャットルームの作成もできるなど多様なコミュニケーションができるツールです

他にも公式に発表されたニュースや指標も見ることができるので、トレードに必要な情報はこれ1つですべて手に入るといっても過言ではありません。

TradingViewは無料でも十分強力なツールですが、「PRO」「PRO+」「PREMIUM」といった3つの有料プランが用意されています。

一番手軽に始められる「PRO」でも「ボリュームプロファイル (価格帯別出来高)」という非常に強力なツールが使えるようになるので、本気でトレードに取り組みたい方にはとてもオススメです。

account_arrow_min

Trading Viewの有料版のポイント
PROBasicの機能に加えて、より多くのチャート、時間足、インジケーターを設定可能!
PRO+PROの機能に加えて、高度なテクニカル分析が可能に!次のレベルを狙うデイトレーダーにおすすめ!
PREMIUMチャートツールの最高峰。可能なすべてのチャンスを逃さないための最高精度と緻密なデータを閲覧可能!

こちらは編集部おすすめの、 本当にトレードで役立つテクニカル分析まとめです。トレードでの勝率をさらに高めたいという方は気になったものから1つずつ覚えていきましょう!

知っておきたい初心者テクニカル分析一覧
ボリンジャーバンド勢いの変化や反転の目安、方向を見るテクニカル指標→『ボリンジャーバンドの設定方法』はこちら
MACD移動平均線を元にしたテクニカル指標→『MACDの設定方法』はこちら
ローソク足価格を4つの値段で表し、価格推移を表示したもの→『ローソク足の組み合わせ』はこちら
移動平均線相場の方向性を見るテクニカル指標
ゴールデンクロス価格の上昇を判断するテクニカル分析手法
出来高売買の数量を確認できる指標
ダウ理論全てのテクニカル分析の基礎として現在も多くの投資家に支持されている
支持線過去の価格推移から反発を予想
新値足トレンドを把握するためのテクニカル分析
サヤ価格変動において生じる値幅のこと
ストキャスティクス買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
一目均衡表相場の動向を見るためのテクニカル指標
RSI買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
ダイバージェンス様々なオシレータ系指標に見られる現象
逆ウォッチ曲線価格と出来高から相場を分析する手法
コマ足売買シグナルをわかりやすく出してくれる
知っておきたい中級者テクニカル分析一覧
VWAP大口取引を行う、機関投資家などを中心に目標値とされている
モメンタムトレンドの転換や強弱を表す指標
逆三尊トレンドが転換するときに形成されるチャートパターン
ソーサー頻繁に出現するチャートパターン
エリオット波動相場は5つの上昇波と3つの下降波で1つの周期を形成するという考え方
パラボリックトレンド追随型のテクニカル分析
三段高下上昇・下降相場の波動理論
グランビルの法則移動平均線とレートの関係性から売買タイミングを判断する
ダブルトップ上昇トレンドが終了する際に現れるチャートパターン
ポイントアンドフィギュア○と×だけで値動きを表現して相場のトレンドを把握し予測する
アームズボックスその日の高値と安値を示し、取引量を把握可能
練行足一定の値幅を決めて、その値幅以上の値動きがあったときに足を記入する
リスクリワードレシオ利益確定と損切りのバランスを表す指標
%Rオシレーター計算式買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
フィボナッチサポートとレジスタンスの地点を判断する指標
RCI買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
サイコロジカルライン市場参加者の心理を数値化した指標
酒田五法日本の江戸時代に開発され、現在も使われる相場分析方法
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!