この記事のポイント
  • 日本円や暗号資産 (仮想通貨) の出金手数料が無料!
  • クイック入金に対応しており手数料が無料!
  • スプレッド手数料だけ注意!

この記事では、 DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) で発生する取引手数料やレバレッジ取引、またDMM Bitcoinを含めた国内暗号資産 (仮想通貨) 取引所5箇所の手数料を比較して解説します

各種手数料を確認して、アカウント登録する際の判断基準に利用してください。

▼ DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) についてもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) の基本情報

アルトコイン取引なら国内取引所No.1!大手企業DMM.comが運営する取引所!
  • 全暗号資産のレバレッジ取引が可能!
  • 使いやすい取引ツール
  • あのローラがCMにも!
基本情報
取引所/販売所販売所
取引手数料無料
送金手数料無料
取扱暗号資産数11種類
日本語対応
スマートフォン対応
取引方法現物取引、レバレッジ取引
最低取引単位0.001BTC/JPY
セキュリティコールドウォレットに対応。マルチシグには未対応。平均レベル
サポート問い合わせフォーム、LINEでのサポート
法人口座-

editMEMO

BitMatch取引手数料を除く


editMEMO

暗号資産の入庫時にかかるマイナーへの手数料はお客様負担

株式会社東京ビットコイン取引所」という名称から2017年12月より社名を「株式会社 DMM Bitcoin」に変更し、これにより誕生した取引所が「DMM Bitcoin (DMMビットコイン)」です。

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) はどんなときにおすすめ?

DMM Bitcoinを利用するのがおすすめな人は「アルトコインのレバレッジ取引を行いたい人」です。

アルトコインのレバレッジ取引を行える取引所はDMM BitcoinのほかにもGMOコインがありますが、 GMOコインはスプレッドが大きいので、DMM Bitcoinの方がおすすめです。

アルトコインのレバレッジ取引を行いたい方は、DMM bitcoinに登録しておくとよいでしょう。

ただし現物取引については、DMM Bitcoinはビットコイン、イーサリアム、リップルの3種類しかできません。現物取引をメインに行いたい方にはDMM Bitocoinはあまり向かないと言えます。

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) 入金手数料

DMM Bitcoinで暗号資産取引を行う際は、日本円や対応している暗号資産を入金する必要があります。DMM Bitcoinに対応している暗号資産はビットコイン、イーサリアム、リップルの3種類です。それ以外の暗号資産を入金することはできませんので注意しましょう。

入金手数料は表のとおりです。日本円の振込手数料は、振り込む銀行にて発生する手数料次第となっています。 基本的にDMM Bitcoinでは、日本円の入金手数料を課していません。そしてビットコインやイーサリアムといった暗号資産の入金も無料となっています。

入金手数料一覧
種類手数料最小入金単位最大入金単位
銀行振込無料1円上限なし
クイック入金無料5千円1億円未満
BTC (ビットコイン) 無料-上限なし
ETH (イーサリアム) 無料-上限なし
XRP (リップル) 無料-上限なし

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) 出金手数料

DMM Bitcoinで日本円を出金する場合、出金手数料はかかりません。bitFlyerやbitbankといった取引所では、最大765円の出金手数料が発生します。そのためDMM Bitcoinの出金手数料は安いといえるでしょう。

暗号資産の出金 (送金) 手数料ですが、マイニングを行なっているマイナーに支払う手数料のみ必要です。マイナー手数料は送金状況に依存し、固定ではありません。

出金手数料
暗号資産名手数料最低出金額最大出金額
日本円無料2千円以上 (全額の場合下限無し) 上限無し
BTC (ビットコイン) マイナー手数料のみ0.001 BTC10 BTC
ETH (イーサリアム) マイナー手数料のみ0.01 ETH200 ETH
XRP (リップル) マイナー手数料のみ10XRP200000XRP

▶ 『DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) の出金』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) 取引手数料

暗号資産取引における取引手数料は、多額になればなるほど比例して手数料が上がります。そのため、取引手数料が安い取引所で暗号資産の売買を行うことが重要であるといえるでしょう。

DMM Bitcoinにて発生する取引手数料は、以下のとおりです。DMM Bitcoinでは初心者でも取引しやすい販売所形式のみとなっています。販売所形式は、どの取引所でも基本的に手数料が無料です。

取引手数料
暗号資産名手数料
BTC (ビットコイン) 無料
ETH (イーサリアム) 無料
XRP (リップル) 無料

※BitMatch取引手数料を除く

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) レバレッジ手数料

DMM Bitcoinでは、暗号資産のレバレッジ取引に対応しています。 どの暗号資産でレバレッジ取引を行なっても、一律の手数料が発生します。ポジションを保有したまま、翌日朝7:00を超えて持ち越した場合にレバレッジ手数料が発生します。

長期間FX取引を行う場合は、レバレッジ手数料に注意してください。

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) スプレッド手数料

DMM Bitcoinにて現物取引を行う場合、販売所形式でのみ取引ができます。 そして販売所形式では、買値と売値の価格差であるスプレッド手数料が発生しますので注意しましょう

スプレッド手数料は以下のとおりです。

スプレッド手数料
暗号資産名スプレッド手数料
BTC (ビットコイン) 500円前後
ETH (イーサリアム) 300円前後
XRP (リップル) 0.4円前後

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) 各種手数料を他の国内取引所と比較

DMM Bitcoinで発生する手数料は、他の取引所で発生する手数料と比べて安いのか、または高いのかを比較していきます。手数料の差をわかりやすくするため、表に各種手数料をまとめました。

日本円入金手数料を比較

日本円入金手数料を比較すると、どの取引所も基本的に無料であることがわかります。しかしクイック入金には違いがあり、対応していない取引所もあるので注意が必要です。

DMM Bitcoinでは通常の銀行振込だけでなく、クイック入金にも対応しています。そしてどちらも手数料が無料なのでDMM Bitcoinの入金手数料は安いといえるでしょう

入金手数料比較
取引所名通常入金手数料クイック入金手数料
DMM Bitcoin 無料無料
bitFlyer無料324円
bitbank無料非対応
GMOコイン無料無料
SBIバーチャル・カレンシーズ無料非対応

日本円出金手数料を比較

国内暗号資産 (仮想通貨) 取引所で発生する出金手数料を比較しました。 出金手数料が無料である取引所は、DMM BitcoinとGMOコインとなっています。SBIバーチャル・カレンシーズでは、住信SBIネット銀行を利用することで最小51円まで手数料を抑えることができます。

DMM Bitcoinの出金手数料は無料なので出金手数料が安いといえるでしょう。

出金手数料比較
取引所名出金手数料
DMM Bitcoin 無料
bitFlyer220円~770円
bitbank540円〜756円
GMOコイン無料
SBIバーチャル・カレンシーズ51円~258円

取引手数料を比較

国内取引所にて発生する取引手数料を、現物とレバレッジの2種類に分けて比較しています。bitbankでは、bitbankTradeを利用することでレバレッジ取引が可能でした。しかしbitbankTradeはサービス終了予定となっていますので、本記事では非対応記載しています。

取引手数料では、bitbankにてMaker手数料を受け取ることができます。そのためDMM Bitcoinでの取引手数料は、レバレッジ手数料が安いといえます。

取引手数料比較
取引所名現物取引手数料レバレッジ取引手数料
DMM Bitcoin 無料0.04%
bitFlyer無料0.04%
bitbank-0.05%非対応
GMOコイン無料0.04%~0.05%
SBIバーチャル・カレンシーズ無料非対応
editMEMO

BitMatch取引手数料を除く

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) と他の国内暗号資産 (仮想通貨) 取引所のスプレッドを比較

国内取引所にて発生するスプレッド手数料を表にして比較しました。スプレッド手数料は販売所形式にて発生しますので参考にしてください。bitbankは販売所形式に対応しておらず取引所形式での取引ができます。

取引所形式でもスプレッド手数料が発生しますがほぼ0%となっています。 DMM Bitcoinではスプレッド手数料が5%~10%発生するため安いとはいえません

スプレッド手数料比較
取引所名スプレッド
DMM Bitcoin 5%~10%
bitFlyer0%~10%
bitbankほぼ0%
GMOコイン3%~5%
SBIバーチャル・カレンシーズ1.9%

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) の手数料は安いのか?

DMM Bitcoinにて現物取引を行う場合、販売所形式を利用する必要があります。販売所形式でのスプレッド手数料は比較的高くなっているため安いとはいえません。しかし日本円のクイック入金や出金手数料が無料な点では、他の取引所よりも安いといえます。

レバレッジ手数料は他の取引所と比べるてそれほど安くもなく、高くもありません。今までハッキング被害にあっていない点や運営が大企業である点から、安心して取引できる取引所であるといえます。以上の点から、 レバレッジ取引をするならDMM Bitcoinがオススメです

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) の手数料まとめ

DMM Bitcoinでの現物取引は販売所形式のみ対応していますので、5%~10%のスプレット手数料に注意しましょう。レバレッジ手数料は他の取引所と変わらないため、運営会社が大企業であるという点を考慮してオススメします。

大口の投資家であれば、取引手数料が高いことは痛手であるといえます。しかし少額の取引であれば、取引所を安心して利用することができるDMM Bitcoinがオススメだといえるでしょう。

▼ DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) についてもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!