この記事のポイント
  • ダブルトップ・ダブルボトムはトレンドの転換を示す
  • トリプルトップ・トリプルボトムにも注意しましょう
  • ダブルトップ・ダブルボトムの騙しを回避する方法を覚えましょう

上昇トレンドに乗ったトレードをしているときに「どこまで上がるのだろう」と思ったことはありませんか?そんなときに トレンド終了を示すチャートパターンを知っていれば、トレンドの転換を素早く判断して利益を大きく伸ばすことができます

今回の記事ではダブルトップやダブルボトムといったトレンド転換を示唆するチャートパターンの概要や、実際の投資での使い方について解説します。

▶ 『中級のテクニカル分析』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ダブルトップ・ダブルボトムの基本情報

ダブルトップ・ダブルボトムの基本情報
ひとこと特徴上昇トレンドが終了する際に現れるチャートパターン
ジャンルチャートパターン
難易度中級テクニカル分析
使うタイミング主にトレンド相場
主な使い方ダブルトップを形成したら売り
ダブルトップ・ダブルボトムのポイント
ダブルトップとは、上昇トレンドが終了する際に現れるチャートパターンです。ダブルトップには3種類あり、全て天井となる高値 (トップ) が2つあり、高値が同じ価格帯で水平になることもあれば、どちらかの高値 (トップ) が高くなっている場合もあります。これら3つのパターン全てをダブルトップといい、谷の部分にあたる直近安値のサポートラインをネックラインと呼びます。

2つの山を形成するように高値を2つ付けて価格を切り下げていき、ネックラインを下抜けるとダブルトップが完成したことになり、上昇トレンド終了のシグナルになります。

勝率を上げるための+α
上昇トレンド終了のサインとして知られているダブルトップは、多くの投資家に意識されている手法ですが、ダブルトップの逆を突いて上昇トレンドが継続し価格が急騰する現象もまれに発生します。この上抜けは大口の仕掛によるものが多いため判断するのが難しいです。高値付近の取引板や出来高などを参照しながら、ダブルトップ上抜けも警戒するようにしましょう。

ダブルフォーメーションとは

ダブルフォーメーションとは価格が上昇トレンド方下降トレンドに変わったり、下降トレンドから上昇トレンドに転換したりするトレンド転換を判断するのに有効な分析手法です。

非常に多くの投資家が意識する手法なので発生する頻度が高く、汎用性が高いのが特徴です。

ダブルトップとは

- ダブルトップ -
上昇トレンドが終了する際に現れるチャートパターン。

ダブルトップは上図のように3種類あります。

全て天井となる高値 (トップ) が2つあり、②のように高値が同じ価格帯で水平になることもあれば、①や③のようにどちらかの高値 (トップ) が高くなっている場合もあります。これら3つのパターン全てをダブルトップといいます。また、 谷の部分にあたる直近安値のサポートラインをネックラインと呼びます

2つの山のように高値を2つ付けて価格を切り下げていきネックラインを下抜けるとダブルトップが完成したことになり、上昇トレンド終了のシグナルになります。

ダブルトップ上抜けとは

上昇トレンド終了のサインとして知られているダブルトップは多くの投資家に意識されている手法であるため、 ダブルトップの逆を突いて上昇トレンドを継続し急騰する場合があります

多くの投資家がダブルトップを意識して2つ目の山で売っている中で、買いを仕込みます。その後一気に買い上げて高値を更新させることで、売りでエントリーしている投資家の損切や買戻し、ロスカットを巻き込み価格が急騰したところで、買いを仕込んでいた投資家は高値で売り抜けるという仕組みです。

ダブルトップ上抜けは大口の仕掛によるものが多いため判断するのが難しいです。 ダブルトップとなる高値付近の取引板や出来高などを参照しながら、ダブルトップ上抜けを警戒するようにしましょう

ダブルボトムとは

ダブルボトムはダブルトップの反対の形です。 下降トレンドの際にダブルボトムが完成したら下降トレンド終了のサインになります。

ダブルボトムも上図のように3つの種類があります。ダブルトップと同様に2つの安値ラインが同じ価格帯で水平になることもあれば、どちらかが低くなっている場合もあります。

ダブルボトムの場合は直近高値のレジスタンスラインをネックラインと呼び、これを上抜けることでダブルボトムが完成したことになり、下降トレンドの終了を表します

トリプルトップとトリプルボトムとは

ダブルトップ・ダブルボトムは山や谷が2つでしたが、これが3つになったパターンがトリプルトップとトリプルボトムです。

意味することはダブルと同じで、 上昇トレンド中にトリプルトップが形成されたら上昇トレンド終了、下降トレンド中にトリプルボトムが形成されたら下降トレンド終了のサインになります。

トリプルトップは3つの山のうちどれが最高値でも成り立ち、トリプルボトムも同様に3つの谷のうちどれが最安値でも成立します。

トリプルトップでは谷となる2つの安値を結んだサポートラインをネックラインと呼び、トリプルボトムでは山となる2つの高値を結んだレジスタンスラインがナックラインになります。いずれにせよ、 ネックラインを下抜け・上抜けすることでチャートパターンが完成します。

ダブルトップの騙しを回避する

ダブルトップの騙し

ダブルトップは上昇トレンド終了のサインですが、時には ダブルトップを形成しても価格が下がらずに価格が戻ってきて上昇することがあります

これをダブルトップの騙しといいます。

上図はキレイなダブルトップになっています。ネックラインを下抜けたので売りエントリーをしたとします。しかし、その後のチャートは下図のようになっていきます。

ダブルトップを確認してエントリーしたのに、予想に反して価格は上昇してしまいました。ダブルトップがセオリー通りに成立することは少なく、相場では上のような騙しが非常に多いです。

どうすれば騙しを回避できるのか

では、どうすれば騙しを回避することができるのでしょうか。

完全に騙しを回避することは難しいですが、 勝率が高いダブルトップ・ダブルボトムが形成されたときにエントリーすることで、騙される可能性を抑えられます。

勝率の高いダブルトップ・ダブルボトムは、レジスタンスライン・サポートライン付近に形成されたときです。

レジスタンス付近でのダブルトップ

下のチャートで解説します。

黄色い水平線がレジスタンスラインです。

ダブルトップの1つ目の高値でローソク足が反発し、レジスタンスラインが意識されていることが分かります。そしてレジスタンスライン付近を高値にしたダブルトップが形成され、ネックラインを下抜けてセオリー通りに価格が下落しています。

レジスタンスライン付近のダブルトップが勝率が高い理由は、

  • ダブルトップを形成したら価格が下がるだろう
  • レジスタンスラインで価格が反発するだろう

という2つの投資家心理が組み合わさっているからです。

サポートライン付近でのダブルボトム

ダブルボトムの場合も見てみましょう。

上図では赤い水平線がサポートラインとして機能しています。サポートライン付近で安値を付けてダブルボトムを形成し、ネックラインを上抜けて価格が上昇しています。

サポートライン付近のダブルボトムが勝率が高い理由もダブルトップと同様に

  • ダブルボトムを形成したら価格が上がるだろう
  • サポートラインをカンタンに割ることはないだろう

という2つの投資家心理があるからです。

単純にダブルトップ・ダブルボトムだからという理由だけでエントリーするのではなく、 サポートラインやレジスタンスラインなどの根拠を組み合わせてなるべく根拠の多いところでエントリーするようにしましょう。

▶ 『支持線・抵抗線』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ダブルトップ・ダブルボトムでの注意点

注意点
  • 全てが転換点を示唆するわけではない
  • 相場はネックラインを作りながら進行する

全てが転換点を示唆するわけではない

ダブルトップやダブルボトムは相場の転換のサインですが、チャートの形が「M」や「W」だからと言って、必ずしも相場の転換を示すわけではありません。

上昇トレンドの天井付近で形成され、トレンドの終了を示す」のがダブルトップであり、「下降トレンドの底付近で形成され、トレンドの終了を示す」のがダブルボトムです。
上昇トレンドの途中でチャートの形が「W」になっても、正確にはダブルボトムとは言えません。

ダブルトップ・ダブルボトムを根拠として使うためにはトレンドをしっかりと把握することが大切です

相場はネックラインを作りながら進行する

上昇トレンド中以外の場所でもダブルトップは形成されますし、下降トレンドの途中以外の場所でもダブルボトムは形成されます。

上図のように相場は上昇・下落・レンジを繰り返し、ネックラインを作りながら進行します。「ネックラインを突き抜けたらエントリー」というような 根拠の薄いトレードでは勝率は上がりません

ネックラインをブレイクするかどうかは、あくまで相場の仕組みの1つに過ぎないことを理解したうえで、 分析を繰り返しながら勝率の高いチャートパターンを見つけましょう

ダブルトップ・ダブルボトムとの組み合わせが有効なテクニカル分析

ストキャスティクス

ストキャスティクスの基本情報
ひとこと特徴買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
ジャンルオシレーター系
難易度初級テクニカル分析
使うタイミング主にレンジ相場
主な使い方%Kが75%以上で売り、%Kが25%以下で買い
ストキャスティクスのポイント
ストキャスティクスは一定期間の高値と下値を元にして、現在の相場が買われすぎなのか売られすぎなのかを判断する指標です。一定期間の値動きの中で現在の相場がどの位置にあるかで算出されます。売買のポイントとしては、「%Kが%Dを上抜いた地点が買いシグナル」「%Kが%Dを下抜いた地点が売りシグナル」となります。

一定の範囲で値動きを繰り返すレンジ相場や相場のトレンドが転換するタイミングではっきりとしたシグナルを出すので使いやすいですが、明確なトレンドが発生している場面ではダマシが多いのが欠点です。

ストキャスティクスは過去の値動きを元に今後の相場の動きを推測する指標なので、他のテクニカル指標と合わせて使うことをおすすめします。

勝率を上げるための+α
ストキャスティクスは厳密には「ファーストストキャスティクス」と「スローストキャスティクス」の2種類が存在します。ファーストストキャスティクスはその名の通り素早く売買シグナルを出す短期売買向けの指標ですが、ダマシが多いという欠点があります。それをカバーするのがスローストキャスティクスで、こちらを利用することの方が多いです。

▶ 『ストキャスティクス』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ダブルトップ・ダブルボトムのまとめ

ダブルトップとダブルボトムを用いることで、 相場のトレンドの方向性や勢いを掴むことができるようになります。トレードをする上でトレンドの把握は非常に重要なので、一度取引の中で試してみることをおすすめします。

他にもオシレータ系指標やトレンド系指標との併用で信頼度がさらに上がるので、自分なりのテクニカル分析の組み合わせを探してみましょう。

▶ 『テクニカル分析』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

こちらは編集部おすすめの、 本当にトレードで役立つテクニカル分析まとめです。トレードでの勝率をさらに高めたいという方は気になったものから1つずつ覚えていきましょう!

知っておきたい初心者テクニカル分析一覧
ボリンジャーバンド勢いの変化や反転の目安、方向を見るテクニカル指標→『ボリンジャーバンドの設定方法』はこちら
MACD移動平均線を元にしたテクニカル指標→『MACDの設定方法』はこちら
ローソク足価格を4つの値段で表し、価格推移を表示したもの→『ローソク足の組み合わせ』はこちら
移動平均線相場の方向性を見るテクニカル指標
ゴールデンクロス価格の上昇を判断するテクニカル分析手法
出来高売買の数量を確認できる指標
ダウ理論全てのテクニカル分析の基礎として現在も多くの投資家に支持されている
支持線過去の価格推移から反発を予想
新値足トレンドを把握するためのテクニカル分析
サヤ価格変動において生じる値幅のこと
ストキャスティクス買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
一目均衡表相場の動向を見るためのテクニカル指標
RSI買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
ダイバージェンス様々なオシレータ系指標に見られる現象
逆ウォッチ曲線価格と出来高から相場を分析する手法
コマ足売買シグナルをわかりやすく出してくれる
知っておきたい中級者テクニカル分析一覧
VWAP大口取引を行う、機関投資家などを中心に目標値とされている
モメンタムトレンドの転換や強弱を表す指標
逆三尊トレンドが転換するときに形成されるチャートパターン
ソーサー頻繁に出現するチャートパターン
エリオット波動相場は5つの上昇波と3つの下降波で1つの周期を形成するという考え方
パラボリックトレンド追随型のテクニカル分析
三段高下上昇・下降相場の波動理論
グランビルの法則移動平均線とレートの関係性から売買タイミングを判断する
DMI市場の状態を見極めるための順張り指標
ポイントアンドフィギュア○と×だけで値動きを表現して相場のトレンドを把握し予測する
アームズボックスその日の高値と安値を示し、取引量を把握可能
練行足一定の値幅を決めて、その値幅以上の値動きがあったときに足を記入する
リスクリワードレシオ利益確定と損切りのバランスを表す指標
%Rオシレーター計算式買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
フィボナッチサポートとレジスタンスの地点を判断する指標
RCI買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
サイコロジカルライン市場参加者の心理を数値化した指標
酒田五法日本の江戸時代に開発され、現在も使われる相場分析方法