この記事のポイント
  • イーサリアムを国内で買えるのはCoincheck、GMOコインなど
  • 販売所と取引所に形式が分かれており、使いやすさや信頼度の見極めも大切
  • 海外ではBitMEXやBINANCEなどで購入可能

イーサリアムに興味があり、理想の取引所を選んでお得に買いたい人のために、おすすめの取引所を紹介します。これを読むことで、自身に合った取引所を選び効果的にイーサリアムの取引を行うことができるでしょう。

▶ 『仮想通貨(暗号資産)・ビットコイン取引所のおすすめ比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

イーサリアム (Ethereum/ETH) の購入におすすめな国内取引所ランキング

第1位 Coincheck (コインチェック)

取引量・ユーザー数ともに国内最大手の仮想通貨取引所
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の13種類!
取り扱い通貨 13種類
FX/信用取引
手数料 無料
最低取引単位 0.001BTC
レバレッジ倍率 5倍 ※レバレッジ取引は2020年3月13日をもって終了
スマホ対応

メリット

Coincheckのメリットは サイト内の配置がシンプルであり、初心者でも利用しやすいことです。国内では最多の10種類の仮想通貨(暗号資産)を取り扱っており、ほかではあまり見られない種類が取引できるのも魅力。

取引手数料が無料であること、仮想通貨(暗号資産)を取引所側に貸して金利の要領で少しだけ増やせる「貸仮想通貨(暗号資産)サービス」など独自のアイデンティティにも注目です

デメリット

ビットコイン以外の仮想通貨(暗号資産)の総称を意味する アルトコインは販売所でしか購入できません

仮想通貨(暗号資産)の注文形式にはあらかじめ指定された価格で取引する成行注文とユーザーが希望した価格で取引する指値注文があります。

しかし販売所では成行注文しかできず、買値と売値の差を意味するスプレッドも取引所より高い傾向があります。アルトコインを自由に取引したい人には不便に感じるかもしれません。

▶ 『Coincheck (コインチェック) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Coincheckは初めて仮想通貨(暗号資産)取引にもおすすめです。

第2位 DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)

アルトコイン取引なら国内取引所No.1!大手企業DMM.comが運営する安心感!
  • 全通貨のレバレッジ取引が可能!
  • 使いやすい取引ツール
  • あのローラがCMにも!
取り扱い通貨 9種類
FX/信用取引
手数料 -
最低取引単位 0.01BTC
レバレッジ倍率 4倍
スマホ対応

メリット

DMMビットコインはCMでもおなじみのネットビジネス大手DMMグループが手がける取引所なので、 万全なセキュリティが安心感を与えます

取引手数料が無料で、お得な取引がしやすく、注文スペースなどのレイアウトがわかりやすいのもポイントです。

ビットコインだけでなく、イーサリアムなどアルトコインもレバレッジ取引できることも大きいでしょう。LINEで問い合わせできるなど、いつでもサポートサービスを使えるところも顧客想いを感じます。

デメリット

DMMビットコインは1回限りの現物取引は販売所でしかできません。そのため スプレッドが大きくなりがちです

レバレッジ取引でもロスカットが証拠金維持率80%と高めです。GMOコインでは75%を下回ったときにロスカットが実施されるので、DMM独自の厳しめの基準に左右されて投資に失敗してしまうことも想定されます。

▶ 『DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

第3位 bitbank (ビットバンク)

仮想通貨取引量は国内No.1!高い流動性を実現!
  • 流動性が高い!
  • 安心のセキュリティ
  • シックなデザイン
取り扱い通貨 6種類
FX/信用取引 -
手数料 Maker:-0.02% / Taker:0.12%
最低取引単位 -
レバレッジ倍率 -
スマホ対応

メリット

bitbankはセキュリティが厳重管理されており、多くのユーザーが安心して使える仮想通貨(暗号資産)取引所です

入金手数料が無料で取引手数料も安く、 特に指値注文の場合にかかるメイカー手数料は-0.02%と逆にお得です

豊富なチャートツールや定期的に行われるキャンペーンなど、使っていて楽しくなるように作り込まれています。

デメリット

bitbankでは レバレッジ取引ができませんので、一攫千金を狙う人には物足りないと感じるかもしれません。販売所形式がないため、完全な初心者にとっては慣れるのに時間がかかる可能性があります。

またbitbankではイーサリアムとライトコインが日本円で売買できず、一旦ビットコインを入手してから支払いに使わなければなりません。イーサリアム取引に手間を要するのも気になるポイントでしょう。

▶ 『bitbank (ビットバンク) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

第4位 GMOコイン

GMOグループが運営する日本最大級のスタンダードな取引所
  • 大手ITグループの信頼性
  • 暗号資産 (仮想通貨) FXが強い!
  • アプリ「ビットレ君」が超高機能!
取り扱い通貨 8種類
FX/信用取引
手数料 Maker:-0.01% / Taker:0.05%
最低取引単位 0.01BTC
レバレッジ倍率 一律で4倍
スマホ対応

メリット

GMOコインはネットビジネス大手のGMOグループが扱う取引所だけあって、セキュリティなどの管理体制がハイレベルです。

日本円の入金および出金、仮想通貨(暗号資産)の送金、取引に関する手数料がすべて無料なので、出費を抑えたい人にはおすすめでしょう。取引所を使うことで、スプレッドを安く抑えられ、場合によってはゼロに近い程度で取引できるかもしれません。

仮想通貨(暗号資産)FXと呼ばれるレバレッジ専用アプリ「ビットレ君」も使いやすく、レバレッジの初心者はここで慣れるとよいでしょう。ロスカットはありますが、追加証拠金を求められない点でも取り組みやすいでしょう。

デメリット

GMOコインのデメリットは2つ。1つ目が相場が荒れた際のスプレッドに注意しなければならないこと。もう一つが時々、買い規制が入ること。

スプレッドに関しては相場が荒れればどこの仮想通貨(暗号資産)取引所でもスプレッドは広がりますから、特別GMOコインのデメリットというわけではありません。ただ買い規制が起こることは問題です。

GMOコインでは2017年11月と2018年1月の価格急騰時にリップルの買い規制が入りました。販売所のリップルの在庫を切らした、取引所の損失につながる恐れがあったなど様々な理由は考えられますが、なぜ規制が入ったのかは未だに定かではありません。

▶ 『GMOコインの評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

第5位 bitFlyer (ビットフライヤー)

ユーザー数と資本金が国内最大級の仮想通貨取引所!
  • 超高機能取引ツール搭載!
  • 本格的なチャート分析が可能!
  • 日本最大級の規模!
取り扱い通貨 8種類
FX/信用取引
手数料 0.01〜0.15%
最低取引単位 0.01BTC
レバレッジ倍率 4倍
スマホ対応

メリット

bitFlyerは2014年の創業以来、取引数が年々増加しています。この取引数は全世界の仮想通貨(暗号資産)取引所の中でもトップ。今後も仮想通貨(暗号資産)を始める人はまずbitFlyerの口座開設をする流れになることが予想されるため、仮想通貨(暗号資産)を始める人の数に比例してユーザー数も伸びていくでしょう。

取引量やユーザー数が多いことのメリットは、 自分が買いたい時に他のユーザーから買えて、売りたい時に売れるという取引自体の成功率が高いこと・取引スピードが早いことです。また実際ユーザーは自身の資産を取引していることより、信頼度も高い取引所であると考えて良いでしょう。

デメリット

以前はビットコインの急落やBTCFX注文が大量に行われる相場の急落急騰場面において、注文が通りづらくなってしまうことが多発しており、その影響で本来注文が通っていたはずの注文が通っていなかったという事態も発生していました。

ただ最近は、この 状況報告がほとんどされておらず改善しているようです。

▶ 『bitflyer (ビットフライヤー) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

デメリット

元々取引所ではスプレッドが狭いといわれるGMOコインですが、 価格が乱高下した際はスプレッドが広がりやすい点にも注意しましょう。急な価格変動でレバレッジの倍数規制がかかるケースもあり、定期的な情報チェックが必要です。

取り扱う仮想通貨(暗号資産)は5種類とやや少なく、目当ての通貨にありつけない可能性もあります

▶ 『GMOコインの評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

イーサリアム (Ethereum/ETH) の取引所手数料比較【国内編】

レバレッジ取引・FX取引手数料比較
取引所名取引手数料入出金手数料
Coincheck (コインチェック)無料407円
DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)無料無料
bitbank (ビットバンク)無料550円 (3万円以上出金時は770円)
GMOコイン無料無料
bitFlyer (ビットフライヤー)無料550円 (3万円以上出金時は770円)

上記で紹介した取引所の取引手数料は全て無料ですが、入出金手数料まで無料であるのはGMOコインとDMM Bitcoinの2社だけです。

イーサリアム (Ethereum/ETH) とは?

イーサリアムは、複雑な契約を自動で行ってくれるスマートコントラクトを実行できるdApps(分散型アプリ)のプラットフォームです。

世界の名だたる企業・新興企業・学者・技術ベンダーが加盟しているイーサリアム企業連合という存在があることからも将来性は十分にあると言えます。ビットコインに次ぐ、2位の時価総額を誇ります

イーサリアム (Ethereum/ETH) を購入する取引所を選ぶには

仮想通貨(暗号資産)取引所選びには様々なポイントがあります。

イーサリアムを購入する取引所を選ぶなら、

  • スプレッド
  • セキュリティ
  • 手数料
  • 通貨ペア

の4項目を抑えた取引所がおすすめです。それぞれ表にまとめて紹介していきます。

スプレッド

スプレッドとは売値と買値の差を指します。各取引所によってスプレッドは異なり、明確なスプレッドを公表していないことも特徴の1つ。

スプレッドが大きいほど注文価格から、収益をプラスにするまでに価格変動がより必要になります。できるだけスプレッドの小さな取引所を選ぶようにしましょう

イーサリアム/販売所の場合
取引所名スプレッド (%)
bitbank0.00028%
DMM Bitcoin 2.93%
Coincheck7.13%
GMOコイン7.25%

セキュリティ

仮想通貨(暗号資産)は国が管理しているわけでもないため、盗難被害にあっても通常は自己責任となっています。 資産は自分で管理して自分で守らなければなりません。

今は国の認可も降り、セキュリティは万全のコインチェックですが以前あったネムの不正引き抜き事件など仮想通貨(暗号資産)の取引にはセキュリティ面のチェックが重要です。

イーサリアムを扱う取引所のセキュリティ比較
取引所名セキュリティ評価
Coincheck★★★★★
GMOコイン★★★★☆
bitbank★★★★★
DMM Bitcoin ★★★★☆

手数料

仮想通貨(暗号資産)の取引を行う場合、手数料があまりかからない取引所を利用しましょう。スプレッドと同じように、利益が出ているはずのトレードでも手数料が原因で損失にならざる負えないこともありますから。

手数料には現物取引手数料やレバレッジ取引での手数料など、いくつか種類があります。

現物取引手数料

現物取引では売買を完了した時点で取引手数料が発生します。

現物取引手数料比較
取引所名取引所販売所
Coincheck-無料
GMOコインMaker:-0.01% / Taker:0.05%無料
DMM Bitcoin )-無料
bitbankMaker:-0.02% / Taker:0.12%-

レバレッジ取引手数料・FX取引手数料

仮想通貨(暗号資産)では現物購入だけでなく、売りから始めることができるレバレッジ取引も魅力的です。レバレッジ取引を行う際の手数料についてまとめました。

レバレッジ取引・FX取引手数料比較
取引所名取引手数料レバレッジ手数料
Coincheck (コインチェック)無料0.04%/日
GMOコイン無料0.04%/日
DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)無料0.04%/日
bitbank (ビットバンク)無料無料

法定通貨の入出金手数料

仮想通貨(暗号資産)取引での入出金には法定通貨(日本円など)と仮想通貨(暗号資産)での入出金と2つの方法があります。ここでは法定通貨の入出金手数料について紹介していきます。

法定通貨の入出金手数料比較
取引所名入金手数料出金手数料
Coincheck (コインチェック)無料 ※3407円
GMOコイン無料無料
DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)無料無料
bitbank (ビットバンク)無料 ※4550円 (3万円以上出金時は770円)
editMEMO

※1:クイック入金は324円
※2:三井住友銀行口座をご利用の場合、3万円未満の出金時220円 / 3万円以上出金時440円
※3:クイック入金は770円以上(出金金額により変動)
※4:クイック入金には対応していません

どの取引所でも 銀行振込での入金手数料は無料になっています。ただし金融機関での振込手数料が別途発生するので気をつけましょう。

仮想通貨(暗号資産)の入出金手数料

仮想通貨(暗号資産)の入出金手数料比較
取引所名入金手数料送金 (出金)手数料
Coincheck (コインチェック)無料0.001BTC
GMOコイン無料無料
DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)無料0.0008BTC
bitbank (ビットバンク)無料0.001BTC

2020年2月現在では1BTCが100万円ほど。0.01BTCで1万円ほどというわけです。

通貨ペア

取引所別のイーサリアムが売買できる通貨ペアは以下のとおりです。

イーサリアムに関する通貨ペア比較
取引所名イーサリアムの通貨ペア
CoincheckETH/JPY、BTC
GMOコインETH/JPY
bitbankETH/BTC
DMM BitcoinETH/JPY、BTC

最も便利なのはイーサリアムに対して複数の通貨ペアがあることです。

CoincheckとDMMビットコインは日本円だけでなく、ビットコインからもイーサリアムを買えます。イーサリアムを中心に投資するだけでなく、ビットコインの一部をイーサリアムにも回せます。

GMOコインはビットコインから直接イーサリアムは買えませんが、日本円を入金してすぐにイーサリアムを取引できて便利です。bitbankは日本円を入金しても、一旦ビットコインを買ってからでないとイーサリアムが買えず、取引所に慣れていない人には不便に感じるかもしれません。

▶ 『仮想通貨(暗号資産)のおすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

イーサリアム (Ethereum/ETH) を海外取引所で購入するメリット・デメリット

海外取引所のメリット

イーサリアムは世界的人気の高い仮想通貨(暗号資産)なので、海外取引所でも多く扱われています。海外取引所では国内よりも取り扱う仮想通貨(暗号資産)の数が多く、 取引手数料も従来の国内取引所より安いケースもある点はメリット

BINANCEのように100種類以上を扱う取引所も存在します。イーサリアムは「ERC20」規格に該当し、海外ではイーサリアムクラシック、BNB、オミセゴーなど同系統の通貨が流通しています。イーサリアムのついでにほかのERC20トークンと呼ばれる仮想通貨(暗号資産)も買えるのが海外取引所の強みと言えるでしょう

海外取引所のデメリット

海外取引所では 日本円を扱っているところがありません

国内でビットコインを入手した後、海外へ送金することが必須。取引所によっては送金手数料がかかるうえ、送り先のアドレスを間違えるとビットコインは間違った場所に送られたまま返ってこないので注意が必要です。

日本語に対応している海外取引所も少ないです。Google翻訳でサイト内の文章を日本語に変えられますが、所々不自然な表現が出るため解釈を間違える可能性があります。ある程度英語に精通していなければ使いづらいでしょう

イーサリアム (Ethereum/ETH) の購入におすすめの海外取引所

BitMEX (ビットメックス)

日本の仮想通貨投資家・トレーダー界隈でいま最もスタンダードな仮想通貨取引所
  • 追証制度無のレバレッジ倍率100倍!
  • 安心の日本語完全対応!
  • 最先端のITを駆使したセキュリティと取引ツール
取り扱い通貨 8種類
FX/信用取引
手数料 Maker:-0.025% / Taker:0.075%
最低取引単位 0.0001BTC
レバレッジ倍率 100倍
スマホ対応

BitMEXは香港とサンフランシスコを拠点にした仮想通貨(暗号資産)取引所。最大100倍のレバレッジが利用でき、指値注文で取引するとMaker手数料として-0.025%と逆にキャッシュバックのようなものがくるのでお得です。

海外の取引所では珍しい日本語対応であり、登録時に本人確認書類を求められないなど、投資初心者の日本人でも使いやすくできています。

BINANCE (バイナンス)

世界最大級の知名度と革新性のある仮想通貨取引所!
  • メジャーな仮想通貨をほぼ網羅!
  • 取引手数料は一律0.1%
  • 取引所限定コイン(BNB)が旬!
取り扱い通貨 152種類
FX/信用取引 -
手数料 0.015~0.1%
最低取引単位 -
レバレッジ倍率 -
スマホ対応

2017年7月に事業開始と歴史は浅いですが、取引高が世界一を誇ります。取引手数料はたったの0.1%で、BINANCEが独自開発したトークンのBNBを使うとさらに半額になります

上場している仮想通貨(暗号資産)数が100を超え、様々な投資パターンを実践できます。日本では見られないような 知名度の低い草コインに投資し、価格暴騰時に売ることで大きな利益も狙えるでしょう

『仮想通貨(暗号資産)・ビットコイン取引所の海外おすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

イーサリアム (Ethereum/ETH) 取引所ならCoincheck (コインチェック) がおすすめ

イーサリアムの取引におすすめの国内と海外の取引所を紹介してきましたが、結論イーサリアムの取引を始めるならコインチェックがおすすめ。

安全性も手数料、スプレッドを考慮しおすすめできるのがコインチェックです

▶ 『Coincheck (コインチェック) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

イーサリアム (Ethereum/ETH) の取引所 まとめ

イーサリアムは国内・海外ともに人気のある取引所で購入できます。一部は日本円から直接買えずにビットコインを入手してからそれで払うという手間がかかりますが、 どれも使いやすさやセキュリティがしっかりしたものばかりなので、投資経験の浅い人でも安心して利用できます

今回の記事を参考に、イーサリアム投資に利用する取引所を選んでまずは登録してみましょう!

イーサリアム (Ethereum/ETH) 取引所の関連情報

イーサリアム (Ethereum/ETH) 以外の仮想通貨(暗号資産)の取引所ランキング

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計13種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!