この記事のポイント
  • ステーキングは通貨をロックすることで報酬を得るしくみのこと
  • イーサリアムのステーキングは大型アップデート後に可能になる
  • 「バリデーターを自前で運営」・「取引所を利用」・「ステーキングプールを利用」の3つの方法がある

「イーサリアムのステーキングはどうやるの?」そうお困りではありませんか。本記事ではイーサリアムのステーキングについて紹介します。またステーキングの参加方法についてもまとめています。本記事を読むことで、 イーサリアムのステーキングに参加するために準備すべきことがわかります

イーサリアム (Ethereum/ETH) とは

イーサリアムは、時価総額がビットコインに次ぐ第2位をマークしている、代表的な暗号資産 (仮想通貨) のひとつです。”イーサリアム”は、厳密にいうと暗号資産 (仮想通貨) ではなく、 分散型アプリケーション (DApps) をプログラマーが開発・公開するためのプラットフォームの名前です。

そしてイーサリアムプラットフォーム内で使われる暗号資産がether (イーサ) 。通貨etherは、プラットフォーム内でアプリケーションを開発したり、開発したアプリケーションを動作させたりするときに使用するものです。

イーサリアムは、「指定した条件を満たすと自動的に支払を実行する」スマートコントラクト機能を実装していることが特徴。このスマートコントラクト機能は、2015年にイーサリアムが公開される以前にはないものでした。2020年現在では、イーサリアムをベースとした企業向けブロックチェーンがリリースされています。

▶ 『イーサリアム (Ethereum/ETH) の特徴』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ステーキングとは

ステーキングとはPoS (プルーフ・オブ・ステーク) を採用している通貨において、コインをウォレットに一定期間ロックすることにより、トランザクションの検証に参加しネットワークの運用をサポートすることをいいます。よりかんたんにいうと、ウォレットに一定額以上の暗号資産 (仮想通貨) を預け、金利を得るしくみのことです。

ビットコインが採用しているPoW (プルーフ・オブ・ワーク) では演算能力が高いマイナーがブロックを生成し、引き換えにマイニング報酬を得ます。一方 PoSを採用している通貨では「コインの保有量に応じて」ブロックを生成する人がランダムに選ばれます

保有している通貨が多い人ほどネットワークの運営に貢献しているとみなされ、ブロックを生成するチャンスがあります。

ステーキング報酬を得るには、PCにソフトウェアをセットアップするなどして、トランザクションの検証に参加する「バリデーターノード」を運営する必要があります。ただ ステーキングサービスを提供する仮想通貨取引所を利用すると、ユーザーは「バリデーターノード」を建てることなく、取引所に通貨を預けるだけで報酬を獲得できます

ステーキングが注目されている理由

ステーキングが注目されている理由は、ステーキングまわりのビジネスが活発化しているからです。たとえば米仮想通貨取引所Coinbaseでは、2019年3月にテゾスのステーキングサービスに対応。以降、世界最大の取引所BINANCEでもステーキングサービスを開始し、2020年1月には国内取引所Coincheckでもリスクのステーキングサービスを開始しました。

ステーキングサービスを呼び水として自社で取引してもらえば、取引手数料の収入が増えるため取引所にとってメリットがあります。ユーザーにとっても、預けておくだけで利子が得られるのは嬉しいことでしょう。

そしてステーキングまわりのビジネスが活発化している背景には、 2018年~2019年に暗号資産の価格が暴落し、マイナーが得られる報酬額が少なくなったことがあります。新たな仮想通貨による収入の手段として、マイナーがステーキングに注目しはじめたことで、ステーキングまわりのビジネスが整いはじめたようです。

▶ 『Coincheckの評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

イーサリアム (Ethereum/ETH) ステーキングの特徴

イーサリアム (Ethereum/ETH) の大型アップデート後に可能になる

イーサリアムの現在 (2020年10月)のコンセンサスアルゴリズムはPoWとなっており、ステーキングを行うこはできません。 PoSへの移行は「イーサリアム2.0」へ移行するための大型アップデート時に行われる予定です。このアップデートは数年にわたって複数の段階を経て行われます。

銀行預金等よりもはるかに高い利率

イーサリアムでステーキングできるようになったときには、 銀行預金よりもはるかに高い利率となる可能性が高いです。これはイーサリアムブロックチェーン製品を開発するConsenSysの責任者Collin Myers氏が2019年10月に述べたもの。PoSネットワークローンチ時点で、年間4.6%から10.4%の利率となるそうです。

イーサリアム2.0へ移行したあとのステーキング報酬の計算は、ethereumpriceというサイトで行えます。ステークするイーサリアムの数量や稼働時間などを入力することで、年利を算出できます。詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

イーサリアム (Ethereum/ETH) ステーキングのメリット

メリット1 保有しているだけで利益を得られる

ステーキングのメリットは通貨を保有しているだけで利益を得られることです。ステーキングへの参加方法はPCに専用ソフトウェアを入れて、実際にトランザクションを承認する「バリデーターノード」を運営する方法と、取引所などのステーキングを代行する機関のステーキングサービスを利用する方法の2つがあります。

前者の場合は機器の用意やソフトウェアの設定、機器のメンテナンスなどの手間が発生するため、実際に「何もしない」わけではありません。ですがトレードすることなく報酬を得られる点では不労所得といえるかもしれません。また後者の取引所に預けるタイプであれば、銀行に預けるときのように何もする必要はなく、まさに不労所得といるでしょう。

メリット2 利率が他の投資よりも高い

やはりなんといってもメリットは 他の投資と比べて利率が高いことでしょう。年間4.6%から10.4%の報酬を得られるとされています。定期預金の平均金利は0.01%とされていますので、定期預金の460~1040倍も利回りがよい計算です。もしイーサリアムの価格が上昇した場合、円貨に直したときの利率は上記以上となるでしょう。

イーサリアム (Ethereum/ETH) ステーキングのデメリット

デメリット1 イーサリアム (Ethereum/ETH) の価格が下落する可能性

ステーキングにおけるデメリットはイーサリアムの価格変動リスクです。 イーサリアムのレートが悪化したときには、法定通貨に換算したときの報酬額が減少します

デメリット2 ステーキング参加者が増加する可能性

ステーキングへの参加者が増加し、競争が激しくなることで利回りが悪化する可能性があります。ステーキング報酬はトランザクションを承認しブロックを生成することで得られるものです。参加者が増えたからといって、1日に生成されるブロック数が増えるわけではありません。よって参加者が増えるほどブロック生成のチャンスが減り、収益は悪化するでしょう。

イーサリアム (Ethereum/ETH) のステーキングで利益を得る方法

自らイーサリアム2.0バリデータノードを建てる

イーサリアムの専用ソフトをPCに設定し、自らトランザクションを承認する「バリデーターノード」を建てるが最も推奨されるステーキング方法です。イーサリアム2.0ネットワークのリリース直後は機器のスペックはあまり必要とされてないため、知識がある方であれば最初のうちはこの方法で参加するのが最も良い方法でしょう。

運営をすべて自己管理できるため、外注することによる報酬の損失は最も少ないといます。ただし基本的に24時間365日機器を立ち上げておく必要があり、停電などでネットワークに参加できない場合はペナルティを受ける可能性があります。

VPS上でETH2バリデータを運用する

自前で機器を用意するのではなく、 クラウド上に仮想サーバーを建ててイーサリアムネットワークに参加する方法もあります。メリットは物理的なスペースが不要になり、機器を管理する手間が不要になることです。ただしそのクラウドサービスが何らかのトラブルで利用できなくなったとき、自前の機器で参加しているときよりもペナルティは重く設定されているため注意が必要です。

Rocket Poolの非中央集権ステーキングプール

自前の機器も仮想サーバーも利用せず、バリデーターから報酬の一部をもらえるのがステーキングプールです。ステーキングプールとは複数のユーザーが協力してブロック生成するしくみ。自前でバリデーターになるには最低32ETH分の通貨をロックする必要がありますが、 ステーキングプールの場合はより少ない数量で参加できます

イーサリアムのステーキングプールRocket Poolの場合は半額の16ETHで参加可能。サービスを提供する企業の信頼性や委託したバリデーターがペナルティを受ける可能性がありますが、自前で16ETH用意するだけで機器を管理する手間がなくなります。

暗号資産(仮想通貨)取引所によるステーキングサービス

仮想通貨取引所がイーサリアムのステーキングサービスを実施するかもしれません。ステーキングの代行サービスはCoinbaseBINANCECoincheckなどが参入しています。取引所が「バリデーターノード」を運用し、取引所にイーサリアムを預けたユーザーに報酬を分配するしくみです。ユーザーはおそらく32ETHよりも少ない数量を預けるだけで参加できるでしょう。

あまり機器に詳しくなくてもかんたんに参加できますし、特に何かを管理する必要はないためメリットは大きいといます。

▶ 『イーサリアム (Ethereum/ETH) の今後・将来性』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

イーサリアム (Ethereum/ETH) のステーキングが与える影響

イーサリアム (Ethereum/ETH) の流通量が減少

イーサリアムのステーキングサービスが始まると、イーサリアムが市場に流通する機会が減る可能性があります。というのも「市場でトレードするよりもステーキングのためにロックしておいた方がメリットが大きい」と考える人が増えそうだからです。

ステーキングサービスは最低32ETHロックする必要があり、さらにロックするイーサリアムの数量が多ければ多いほどブロック生成のチャンスが多いです。投資会社MetaCartel VenturesのパートナーであるAdam Cochran氏によれば、「市場に流通しているイーサリアムの30%を吸収してしまう可能性がある」ということです。

イーサリアム (Ethereum/ETH) の流動性が低下

イーサリアムが市場に出回る数量が減るもう1つの理由が、 ステーキングする際に「ロックアップ期間」があることです。イーサリアムのステーキングサービスであるRocet Poolでは、3ヶ月~1年間のロックアップを要求されます。 ロックアップされている間は、引き出したり取引したりすることはできません

イーサリアムはPoSを採用した新しいブロックチェーンと、現在のブロックチェーンを並行して稼働させ、「フェーズ1.5」の段階で1つに統合されます。暗号資産リサーチ会社MessariのWilson Withiam氏は「デポジット・コントラクトに送られたイーサリアムはフェーズ1.5までロックされる可能性が高く、利用可能なイーサリアムの数量が減少する」と述べました。

デリバティブ商品が生まれる

ステーキングによりイーサリアムがロックされることで、新たなデリバティブ商品が生まれるかもしれません。たとえば32ETHをロックしたときに、32dxETH (dxETHは架空のトークンです) を受け取ります。dxETHはいつでもETHに戻せます。ロックして1年がたちdxETHをETHに戻すとき、ロックした32ETHに加えて利息である19ETHを受け取れるでしょう。

もし dxETHを取引市場で他の人に譲渡したとき、受け取った人は32ETHをロックすることなく、ステーキング報酬を得られます。ロックされたETHは取引することはできませんが、このような派生商品を売買する取引市場が生まれることで取引所全体としての取引は活発化するでしょう。

イーサリアムの価格が上昇する

イーサリアムは年初と比較して価格が3倍になっており、これはビットコインの1.5倍をはるかに上回る上昇率です。調査会社Digital Assets DataのアナリストであるConnor Abendschein氏は、「イーアリアムは購入と保有の両方にインセンティブがある。ネットワークセキュリティが強化されることにより、劇的な価格上昇が発生する可能性がある」と述べています。

▶ 『イーサリアムの高騰』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

イーサリアム (Ethereum/ETH) のステーキングに関するQ&A

イーサリアム以外でもステーキングってできるの?

イーサリアム以外でもステーキングは可能です。 ステーキングが行えるのは、コンセンサス・アルゴリズムにPoSDPoSを採用している通貨です。代表的なものをいくつかピックアップしました。

  • テゾス
  • トロン
  • Cosmos (ATOM)
  • Algorand (ALGO)
  • Kava (KAVA)
  • リスク
  • イオス
  • ネオ
  • ダッシュ
  • ウェーブス
  • クオンタム
  • ヴェチェーン
  • ディークレッド
  • カルダノ
  • チェーンリンク
  • Polkadot (DOT)
  • オミセゴー
  • アイコン
  • アイオーエストークン

POSを採用している仮想通貨ならばステーキングすることが可能です。

イーサリアムのステーキングのやり方は?

イーサリアムでステーキングを行うときはトランザクションの承認を行う「バリデーターノード」を自前で建てる方法と、仮想通貨取引所のステーキング代行サービスを利用する方法の2種類があります。「バリデーターノード」を建てるときは、セットアップや機器の管理、365日24時間機器を稼働させるなどのある程度のハードルを超える必要があります。

仮想通貨取引所のステーキングサービスを利用するときは機器の用意や管理などは不要になるため、ハードルは低いでしょう。

イーサリアム (Ethereum/ETH) のステーキングに関するまとめ

イーサリアムのステーキングに参加するときは32ETH以上をロックし自前で「バリデーターノード」を建てる方法と、ステーキングプールを利用する方法、取引所のステーキングサービスを利用する方法の3種類があることがわかりました。

いずれの方法においても、 ある程度のイーサリアムが必要になります。PoSが実装されたときは価格が高騰する可能性が高いため、今から少しずつイーサリアムを準備しておくとよいでしょう。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!