QUOINEX
( コインエクスチェンジ)
総合得点 84
アジア最大級の仮想通貨取引所のひとつ
現物取引手数料 無料
BTC出金手数料 あり 通貨ごとに異なる
出金手数料 無料
取引仮想通貨数 5
最大レバレッジ 25倍
資本金 約20億円
コインエクスチェンジの評価ポイント
グローバルな取引所で多くの通貨ペアに対応
有利な外貨を使用してビットコインの取引ができる
スプレッドが狭い
スプレッド幅が小さく、負担を小さく抑えられます。
コインエクスチェンジキャンペーン中!
i2iポイントを経由口座開設キャンペーン
i2iポイントを経由してQUOINEXで口座開設し、開設から60日以内に1BTC又は1ETH以上の取引をすると、1800ポイントプレゼント
Web上で簡単口座開設
※ 5分でお申し込みは完了します

QUOINEX (コインエクスチェンジ) のおすすめポイント

国内唯一QASHが取引できる

国内でQASHの取り扱いがあるのはQUOINEXのみのため、QASHを購入するためにはQUOINEXに口座を解説する必要があります。

最大25倍のレバレッジで取引できる

QUOINEXの6種類の通貨を最大25倍のレバレッジで取引できる。レバレッジ取引での手数料も0.05%と一般的な額となっています。

QUOINEX (コインエクスチェンジ) の基本情報

会社名称QUOINE株式会社
所在地東京都千代田区平河町2-7-3PMO平河町 2階、シンガポール、ベトナム
資本金約20億円(資本準備金含む)
CEO柏森 加里矢
設立2014年1月
Webサイトhttps://ja.quoinex.com/
登録番号関東財務局長 第00002号 (2017/9)

特徴・メリット・デメリット

高いセキュリティ

QUOINEXでは、取引所のハッキング対策として、コールドウォレットでの資産の管理およびマルチシグの採用を行っています。コールドウォレットとは、完全にインターネット環境から隔離されたウォレットを指すため、コインチェックのように、ハッキングによる通貨の不正送金のリスクが非常に低くなっています。またマルチシグと呼ばれる出金に複数の署名が必要となってくるシステムが採用されているため、これも安全性が高い理由の一つとなっています。

対応法定通貨の多さ

QUOINEXは、大手仮想通貨取引所としては最大規模の法定通貨の対応数を誇っています。具体的には日本円、米ドル、ユーロ、豪ドル、香港ドル、シンガポールドル、人民元、フィリピンペソ、インドネシアルピアに対応しています。

日本円でのQASHの購入ができる

前半でも述べましたが、QASHが購入できる国内の取引所はこのQUOINEXのみになります。

QUOINEX (コインエクスチェンジ) の手数料

取引手数料

取引手数料は基本無料ですが、レバレッジ取引(手数料0.05%)やノンベース通貨は少額ですが手数料が発生します。

現物取引(取引所)レバレッジ取引(ポジション手数料)
ビットコイン0%0.05%
イーサリアム0.25%0.05%
ビットコインキャッシュ0.25%0.05%
QASH0.25%0.05%
リップル (XRP) 0.25%0.05%

※QUOINEXでは、レバレッジ手数料という形ではレバレッジ手数料を取っておらず、ポジション手数料と呼ばれる、ポジションを持ちことで、毎日7時に自動的に手数料が支払われる仕組みを採用しています。
参照:QUOINEX手数料一覧

入出金手数料

入金はどこの取引所も一様に銀行振込が無料でQUOINEXも例外ではありません。ご自分の銀行の送金手数料が発生するのみの形となります。出金手数料は500円で、プラスでご自身の銀行の入金手数料が発生します。

法定通貨仮想通貨
入金手数料無料(銀行手数料のみ発生)無料
出勤手数料無料(銀行手数料のみ発生)無料

参照:QUIONEX 取引ルール

QUOINEX (コインエクスチェンジ) のFX

レバレッジ最大で、日本国内最高となる25倍までのレバレッジ取引が可能です。もちろんFX取引ですので、買いからでも売りからでも取引を始めることができます。
また、証拠金として、法定通貨のみでなくビットコインを証拠金として預けることが可能です。

QUOINEX (コインエクスチェンジ) の取扱仮想通貨数

取り扱い通貨数は全5種類です。

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)キャッシュ(QASH)※
リップル(XRP)

※QASHは国内取引所の中で唯一QUIOINEXが取り扱っている仮想通貨です。

QUOINEX (コインエクスチェンジ) のスマホアプリ

iPhoneはこちら
Androidはこちら

QUOINEX (コインエクスチェンジ) のスマホアプリの評判

アプリの評判は正直良くはありません。アプリやブラウザの使いやすさを誇っていたコインチェックから、例の事件を期に流れてきたユーザーが口座開設をQUOINEXですると、やはりその差が目立つのでしょう。一度使ってみて使い辛いようであれば、ブラウザから使用した方が良いかもしれません。

QUOINEX (コインエクスチェンジ) の情報量

QUOINEXの歴史は取引所の中でも長く、検索すると多くのサイトがヒットします。マイナーな疑問なども答えが見つかるはずです。国内取引所をいうこともあり、情報の量に関しては心配いりません。

QUOINEX (コインエクスチェンジ) のチャート

大手2社のチャートが使える

QUOINEXでは、非常に有名な「TradingView」、「CryptoWatch」の二種類のチャートを利用することが可能です。

写真はTradingView使用時のチャートになります。時間足は、1分足から1週間足までの11種類となっています。チャートスタイルは六種類から選ぶことができ、インジケーター、オシレーター系もTradingView標準のものが非常に豊富なため、非常に多くの種類を利用することができます。

登録、口座開設方法

登録、口座開設の準備

QUOINEXの登録、口座開設申込は簡単で、数分あれば一通り登録が完了します。なお、下記のものが必要となります。あらかじめご準備ください。

ご自身のメールアドレス
gmailやyahooメールなど普段お使いのメールアドレスの記入で構いません。準備をしておきましょう。なお、金銭的なやりとりが発生する大事な口座ですので、できるだけ普段お使いのメールアドレスに集約されることをおすすめします。
マイナンバー・本人確認資料
マイナンバーや免許証、パスポート、保険証といった本人確認資料が必要です。
出金口座
お持ちの預金銀行との連携で、口座番号などが必要です。なお、本人名義であるかどうかも念のため確認しておきましょう。
スマートフォン
セキュリティレベルを高くする2段階認証や電話番号登録の際に必要です。できれば手元に置かれて作業しましょう。
editMEMO

本人確認書類の提出方法
口座を開設する際には、本人確認書類の提出で、Web上へのアップロードが求められます。事前にスマートフォンなどで本人確認書類の写真を、表裏を鮮明に撮影しておくとスムーズです。

登録、口座開設の手順

メールアドレスを登録する

取引所といっても色々とありますが、ほぼどの取引所も共通してメールアドレスの登録が第一段階です。メールアドレスの登録は下記の流れで行います。

メールアドレスを登録後、確認メールが届く
確認メールに記載されているリンクをクリック
登録画面が開いたら次のステップへ

本人情報の入力

その後、様々な規約に同意した後、個人情報の入力の画面へ行きます。一度正確な情報を埋めて行きましょう。

マイナンバー・本人確認資料のアップロード

本人情報を入力すると、本人確認書類のアップロードを求められます。求められている写真形式(jpgなのかpngなのか)などに注意して、アップロードをしましょう。

確認郵送はがきが届く

一連のご入力が終わりましたら、一旦は登録が完了となり、その後数日後に本人確認のための確認ハガキが指定住所に郵送で届きます。本人限定で受け取りを行った段階で、正式な登録完了となり、本格的にスタートです。