この記事のポイント
  • ファクトムはデータをブロックチェーン上で管理するための仮想通貨!
  • ファクトムは今後データ管理市場を独占する可能性があり、成長に期待!
  • 国内でファクトムを手に入れる手段はCoincheckからの購入だけ!

皆さんはファクトムをご存知ですか?

ファクトムは2015年に公開された仮想通貨で、書類をブロックチェーン上に保管するために開発されました。しかし仮想通貨の種類は今や優に1,000種類は超えており、ファクトムは他の仮想通貨やプラットフォームとどのような点で異なるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

この記事では ファクトムについて詳しく解説していきたいと思います。

▶ 『仮想通貨のおすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ファクトム (Factom/FCT) とは

ファクトムとはアメリカで誕生した仮想通貨の名称で、厳密には仮想通貨ではなく仮想通貨を運用するプラットフォームのことです。

ビットコインはブロックチェーンテクノロジーを基盤としていますが、そのブロックチェーンテクノロジーを様々な用途に応用する動きを「ビットコイン2.0」と呼び、ファクトム以外のブロックチェーンテクノロジーをベースとする電子サービスはこれに類します。

ファクトム (Factom/FCT) の基本情報

ファクトム (Factom/FCT)の基本情報
仮想通貨名ファクトム (Factom)
ティッカーシンボルFCT
発行開始年月2015年9月
主な利用用途Factomのサービス利用料の支払手段
法的性格第1号

ファクトム (Factom/FCT) の通貨名称について

上記の通り、 ファクトムは仮想通貨の名称ではなくプラットフォームの名称です。

ファクトムは通貨としては「Factoid(ファクトイド)」と呼ばれ、「FCT」という通貨単位を用います。

しかし現在はプラットフォーム名称の「Factom」と通貨名称の「Factoid」を合わせて、「ファクトム」と呼ばれることが多いです。

ファクトム (Factom/FCT) の開発者は?

ファクトムはFactom Inc.というアメリカのテキサス州にある企業によって開発されました。

ファクトム (Factom/FCT) はなぜ開発された?

ファクトムは特定の個人情報の記録をブロックチェーン上で安全に管理するために開発されました。具体的には証券・登記簿・保険証書・貸付記録などです。

これらの公的な証明となる電子記録をサーバーで管理・保管するには、莫大なコストと容量が必要になります。またサーバー管理には情報漏洩のリスクもつきまといますよね?

これらの課題の解決策として生まれたのがファクトムです。 ファクトムは電子記録を低コストで安全に管理することができる技術であると、世界中の投資家達から期待がかけられています。

ファクトム (Factom/FCT) の仕組み

ではファクトムはどういったシステムで成り立っているのでしょうか。この章ではファクトムに使用されているテクノロジーを紹介していきます。

M2

M2とは、ファクトムが使用しているビットコイン以外の独自のブロックチェーンです。

M2はビットコイン以外にもイーサリアムのブロックチェーンにも電子記録を分散して記録させることができます。

ファクトム全体で取引情報をひとつにまとめることでブロックチェーンに負荷をかけることなく情報を管理することがM2の目的なのです。

FactoidとEntry Credit

次はファクトムにおけるコインの仕組みについてです。

ファクトムでは「Factoid」と「Entry Credit」と呼ばれる2種類のコインを使用します。

Entry Creditは、Factomのシステムを使用する時に使います。このEntry CreditはFactoidと交換することができる、というシステムになっています。

これはハッキングリスクを減らし、利用料の変動を抑えることを目的とした仕組みなのです。

ファクトム (Factom/FCT) の価格

ファクトム (Factom/FCT)の最新価格・相場・チャート

2019年5月31日現在、ファクトムは「1FCT=906円」です。

時価総額は約82億円で、時価総額ランキングは85位となっています。

ファクトム (Factom/FCT) の取引のポイント

ファクトムは基本的に仮想通貨市場全体の動きとリンクしています。

仮想通貨バブル期と呼ばれる2017年末に急激な高騰を見せていましたが、その後は下落しています。

しかし2018年11月中旬から12月初旬に1日最高約40%の値上がりを見せていました。ファクトムがこの時期に不動産ローンサービスの会社と提携したことが高騰の要因でしょう。

今後も企業との提携を発表した時に値上がりが期待できると思われます。

ファクトム (Factom/FCT) のメリット

ではファクトムには具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。5つの大きな特徴を紹介していきます。

メリット1 | 個人記録をブロックチェーン上で管理する

先ほども書きましたが、やはり1番のメリットは個人記録を安全に管理できる点です。

ファクトムを利用することで、 公的書類や記録を匿名性を保ちながら管理・監査・追跡することができます。

メリット2 | ビル・ゲイツ財団から出資を受けている

ファクトムは ビル・ゲイツ財団からなんと5000万ドルもの資金提供を受けています。

それ以外も多くのベンチャーキャピタルからの出資を受けていたり、また金融データプロバイダー企業Intrinioやホンジュラス政府とも提携を結んでいます。

メリット3 | ファクトムハーモニー

ファクトムハーモニーとは、ファクトムを利用して約1兆5000億ドル(日本円で約160兆円)にもなるアメリカの住宅ローン市場をパッケージ化させようというプロジェクトです。

住宅ローン取引には通常不動産業者や金融業者を仲介させます。しかしこうすると、仲介料が発生したり情報漏洩のリスクに晒されることがあったりしますよね?

ファクトムを使用し取引をブロックチェーン上で管理する事によって、これらの課題を解決しようというのがファクトムハーモニーの目的です。

これによって管理コストが約5兆円ほど削減できるといわれています。

メリット4 | DLOC

ファクトムハーモニーと並んで、ファクトムのテクノロジーの応用が期待されているプロジェクトがDLOCというプロジェクトです。

このプロジェクトは紙媒体で保管されたものをブロックチェーン上の「Dlocステッカー」というものに取り込み、バーコードやQRコードで読み込む事で引き出せるようにするものです。

この技術は主に医療分野での活用に期待されており、実現すれば煩雑なカルテなどの情報をひとつにまとめることができるようになります。

メリット5 | ビットコインの機能を拡張するレイヤーを活用

ファクトムはビットコインの機能を拡張するレイヤーを活用したプラットフォームです。

ファクトムは最終的にビットコインのブロックチェーン上にデータを書き込むので、ビットコインのセキュリティ技術の恩恵を受けることができます。

ファクトム (Factom/FCT) のデメリット

ファクトムは多くの課題を解決する素晴らしいテクノロジーですが、一方でデメリットも存在します。この章ではそれらのデメリットを紹介していきます。

デメリット1 | ビットコインブロックチェーンの悪影響も受けてしまう

前述の通りファクトムはビットコインブロックチェーンを用いて構築されています。それゆえにビットコインブロックチェーンの状況に左右されてしまうのです。

それゆえに、今後ハードフォークが行われた時にはそれに合わせた対応をファクトムもとる必要があります。

デメリット2 | 中央集権化している

ファクトムは他の仮想通貨とは異なりFactom Inc.が管理・運営を行う中央集権体制の仮想通貨です。それゆえにFactom Inc.が破綻すればファクトムが終了してしまうというリスクがあるのです。

しかし一方で、Factom Inc.の状況が好転すればファクトムも大きく伸びるともいえますね。いずれにせよ、Factom Inc.に信頼を置く必要があります。

デメリット3 | 保管が難しい

仮想通貨を安全に保管するにはウォレットが必要不可欠です。

しかしファクトムに対応しているウォレットは非常に少ないというの現状です。安全な保管のためにはなるべく複数のウォレットを持つことが望ましいのですが、対応ウォレットが少ないというのは大きなデメリットと言えます。

そんな数少ないファクトム対応ウォレットの中からかそ部がおすすめするウォレットを紹介します。

▶ 『仮想通貨のウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

かそ部イチオシのウォレット | Ledger Nano S


LedgerNanoS (レジャーナノS)

LedgerNanoS」は今最も人気のあるハードウェアウォレットです。

2018年11月にLedgerNanoSを提供しているLedger社がファクトムに対応し始めました。

LedgerNanoSはハードウェアウォレットのためハッキングの危険性は低い上、MyEtherWallet (マイイーサウォレット)MetaMaskなどの他のウォレットとの連携も可能など、 今ファクトムを保管するウォレットとして最もおすすめです

▶ 『LedgerNanoS (レジャーナノS)』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

デメリット4 | 発行上限がない

ファクトムが独自で発行している通貨であるFactoidは発行上限がありません。それゆえに市場に出回り過ぎるとインフレを起こす危険性が存在します。

しかし前述した通り、ファクトムプラットフォームの利用料はFactoidではなくEntry Creditで行われます。Entry Creditは売却できないので、利用料の増減の幅を抑制することができます。それゆえにインフレは起こりづらいのではないかと考えています。

ファクトム (Factom/FCT) の今後・将来性

ファクトムは今後どのような形で社会に影響を及ぼすのでしょうか。

記録管理に関する手続きの大幅な効率化が期待

ファクトムはデータ管理市場を独占する可能性を秘めています。

具体的には、前述した医療カルテ以外にも事実・企業監査・サプライチェーン・選挙システム・資産登記・法的申請など様々な分野への応用が期待されています。

今後、情報記録と管理のスタンダードがファクトムになる可能性は十分考えられます。

企業との提携

ファクトムは既にビル・ゲイツ財団などと提携を結んでいます。そして、これ以降も不動産会社や大手病院など様々な企業と提携する可能性があります。

企業との提携が発表されると価格も上昇する傾向があるので、これからの成長に期待ができます。

ファクトム (Factom/FCT) のおすすめ取引所

そんな注目のファクトムですが、どこから手に入れることができるのでしょうか。

Coincheck (コインチェック)

Coincheck (コインチェック) 公式サイトへ

現在、国内でファクトムを取り扱っている取引所はCoincheckのみとなっています。

Coincheckはアプリの使いやすさで多くのユーザーから非常に高い評価を受けており、 初心者からトレード上級者まで幅広い層におすすめできる取引所と言えます。

登録も無料で行えますので、興味のある方はCoincheckに登録してみても良いでしょう。

▶ 『Coincheck (コインチェック) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ファクトム (Factom/FCT) のマイニング

仮想通貨を手に入れる手段として、取引所から購入する以外にマイニングという方法があります。

ファクトムをマイニングで獲得するにはどうすればよいのでしょうか。

ファクトム (Factom/FCT)はマイニングできない?

ファクトムは残念ながらマイニングすることはできません。というのもFactom Inc.が管理・運営している中央集権体制の仮想通貨であるからです。

ですので、ファクトムを手に入れたいときは取引所を通じて購入するしか手段がないということになります。

ファクトム (Factom/FCT) まとめ

いかがだったでしょうか。ファクトムは社会に大きな影響を及ぼす可能性を秘めている仮想通貨です。

皆様も是非一度購入を検討してみてください!

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!