この記事のポイント
  • エンターテイメント向けのコンシューマー特化型ブロックチェーン
  • パートナー企業にBINANCE (バイナンス) などの大手取引所多数
  • 様々なNFTマーケットに拡大する意向

暗号資産 (仮想通貨) は売買するだけでなく、取引所やブロックチェーンなど様々な技術が暗号資産 (仮想通貨) 界隈を取り巻いています。そういった技術が発展することで、徐々に社会性を増して行き、注目を浴びる流れとなっています。

そこで本記事では、特に最近成長が著しいブロックチェーンの技術を活用している フロー (Flow/FLOW) の特徴と今後の展望について解説します。ぜひ、最後まで見ていきましょう。

フロー (Flow/FLOW) とは

フロー (Flow/FLOW) とは、数々のブロックチェーンゲームをリリースしている ダッパーラボ社 (Dapper Labs) によって開発された新しいブロックチェーン技術です。ダッパーラボ社 (Dapper Labs) は、はじめイーサリアム上でゲーム等の開発をしてきましたが、次第にトランザクション性能をはじめとした課題に直面しました。

そこでコンシューマー向け特化のブロックチェーンの必要性を認識し、フロー (Flow/FLOW) の開発に力を入れてきた背景があります。現在、ダッパーラボ社 (Dapper Labs) からはフロー (Flow/FLOW) の技術を活用したゲームやアプリなどが開発され、その勢いは今後も増すことでしょう。

▶ 『ブロックチェーン』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

フロー (Flow/FLOW) の今後と将来性

フロー (Flow/FLOW) は現在、 Huobi global (フォビグローバル) Kraken (クラーケン) という大手取引所に既に上場されていて、セール参加者にはステーキング報酬を得ている人もいます。今後の動きを予想をするのであれば、買い圧と売り圧がどのように行われていくのかに注目する必要があります。

まず、フロー (Flow/FLOW) はパートナーが多数存在しています。その中に有名な暗号資産 (仮想通貨) 取引所であるBINANCE (バイナンス) Coinbase (コインベース) などのベンチャー企業が参加しています。

もしBINANCE (バイナンス) やCoinbase (コインベース) の関連企業に上場されることになれば、投資家がフロー (Flow/FLOW) を購入する流れが起き、 買い圧が起きる可能性があるでしょう

逆に売り圧の場合、フロー (Flow/FLOW) の ステーキング報酬が5%利確する動きになります。おそらく運営側のフロー(Flow/FLOW) は今後もパートナー企業と事業展開を行い、大手取引所の上場を狙って買い支える方針で進める可能性が高いです。

なので今後フロー (Flow/FLOW) に関する重要なプロジェクトが報道されたら、注目して投資する機会を探ってみましょう。

▶ 『BINANCE (バイナンス) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『Coinbase (コインベース) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

フロー (Flow/FLOW) の今後・将来的な予定

分散化の予定

フロー (Flow/FLOW) は今後効率化および技術面向上のため分散化する予定です。分散化すれば強度なブロックチェーン技術を作りあげることができ、サービス向上など様々なメリットをユーザーに届けられます。

トークンの発行予定

フロー (Flow/FLOW) は今後トークンを発行する可能性があります。フロー (Flow/FLOW) だけでなく、 分散型ブロックチェーンを用いる暗号資産 (仮想通貨) はトークンを利用してシステムの安全性を確保しています

フロー (Flow/FLOW) がトークンを発行することで、フロー (Flow/FLOW) ネットワークへの参加を促進させて分散化し、早期参入者に対してアクセス権の提供やサービスの向上に繋がります。

またプレイヤー層や開発者コミュニティとの連携を取り、規制フレームワークに従った運用方法にも力を入れているためトークンを発行する可能性は高いでしょう。価格だけでなく、この点も今後のフロー (Flow/FLOW) の動きに注目しておく必要があります。

フロー (Flow/FLOW) が運営するNFTマーケットの今後

フロー (Flow/FLOW) はNFTマーケットを運営していて、今後はゲーム系のNFTに対応する予定です。さらにゲームだけでなく、アートや音楽、 それ以外のジャンルにも拡大する方針を示しています

開発元のダッパーラボ社 (Dapper Labs) は 「アプリケーションが分散化される未来を作りたい」との意向も示しているので、様々な分野でフロー (Flow/FLOW) が使われる可能性は大いにあります。

またフロー (Flow/FLOW) は既にDeFiの構築にも手掛けており、NFTを担保にして暗号資産 (仮想通貨) を貸し出すビジネスモデルを構想している様子なので、この展望にも注目です。

これが実現されれば、NFTの質屋のようなシステムとなりフロー (Flow/FLOW) や開発元であるダッパーラボ社 (Dapper labs) は知名度を上げることになるでしょう。

将来性があるフロー (Flow/FLOW) を購入できる取引所

Kraken (クラーケン)

信頼と歴史のある米国取引所!
  • 2013年創業の老舗取引所!
  • 日本への参入を検討中
  • BTCの流動数が安定して多い

まず大手取引所として Kraken (クラーケン) が挙げられます。Kraken (クラーケン) は2021年1月27日からフロー (Flow/FLOW) の取引がはじまりました。

Kraken (クラーケン) は取引所ランキングで 世界第3位となっており、2011年にカリフォルニアで設立されて以来、ハッキングや大規模なサイバー攻撃を受けた経験がなく、安心感があります。

高評価である上、ユーザー数も多いのでほぼ希望通りの価格で購入することが可能です。。安心してフロー (Flow/FLOW) を取引したいのであれば、登録しておいても良いのではないでしょうか。

尚、ICOでトークンを受け取ったユーザーはステーキング報酬分だけ取引できます。 取引通貨ペアに関しては以下の通りです。

  • FLOW/USD
  • FLOW/EUR
  • FLOW/GBP
  • FLOW/XBT
  • FLOW/ETH

▶ 『Kraken (クラーケン) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Huobi global (フォビグローバル)

世界トップクラスの取引量を誇る取引所
  • 世界トップクラスのセキュリティ
  • スムーズな取引約定で快適な取引
  • 独自トークンで取引手数料が半額

Huobi global (フォビグローバル) でもフロー (Flow/FLOW) が取引可能です。Huobi global (フォビグローバル) も世界的によく知られており、多くのユーザーから評価を得ています。

特徴としては、最大で5倍のレバレッジがかけられ、クレジットカードで暗号資産 (仮想通貨) を購入できるので、ビットコインを所持していない方でもかんたんに暗号資産 (仮想通貨) を購入できます。

また、セキュリティ面もしっかりしており、ユーザーの資産はコールドウォレットで保管し24時間365日のセキュリティ監視が行われているので安心です。そのほか、Android用とiOS用にモバイルアプリもあり気軽に入出金や取引をはじめられます。

尚、取引できる通貨ペアは以下となります。

  • FlOW/BTC
  • FLOW/ETH
  • FLOW/USDT
Huobi globalの詳細をみる

▶ 『Huobi Global (フォビ グローバル) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

OKEx (オーケーイーエックス)

世界130カ国で事業を展開するHuobiの日本版取引所が堂々参上!
  • 世界トップ企業運営の安心感
  • 世界トップレベルのセキュリティシステム!
  • 低い手数料が魅力的!

OKExは香港に存在する世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所です。

OKExではビットコインをはじめとし 多くの暗号資産(仮想通貨)を取扱っていることでよく知られています。上場したばかりのアルトコインや取引所がオリジナルで発行しているOKBトークンを購入できるのです。

ただし 日本円で購入不可できません。購入する場合は国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入し送金することが必要となります。

また中国3大取引所と言われており、 1日の取引量が多く流動性が高いことも特徴といわれています。このことは希望の価格で取引が成り立つことに繋がり安全な売買が可能となります。

しかし残念ながら日本語表記ではありませんので、翻訳機などを用いながら取引を行いましょう。

フロー (Flow/FLOW) の今後・将来性に関するQ&A

フローとその他のブロックチェーンの違いはなんですか?

開発元であるダッパーラボ社 (Dapper labs) は元々イーサリアム上のブロックチェーン技術を用いてゲームやアプリの開発をしていました。ですが、コンシューマー向けではないことを認識してフロー (Flow/FLOW) を開発した背景があります。

フロー (Flow/FLOW) はイーサリアム上のブロックチェーンではできない、 ゲームや消費者アプリケーションのサポートを目的としています。具体的な違いとしては通常のブロックチェーンとは違い、 無駄な労力の軽減や効率性を上げるためにバリデータを5つの別々のノードタイプへの分類が行われています

そのほか 機密情報の専用証明 (SPoCKs) と呼ばれる新しい暗号技術の活用や、スマートコントラクト間の相互作用を可能としているブロックチェーン技術があります。これらは画期的な技術であり、世界中のエンターテイメントに対して様々な貢献をする可能性を秘めています。

当然フロー (Flow/FLOW) のブロックチェーン技術が拡大されれば、価格上昇はもちろん、多くのユーザーに満足度の高いエンターテイメントを届けられるでしょう。また、その技術面の高さから派生して作られる暗号資産 (仮想通貨) が出てくる可能性もあります。

今後クリプトキティはどうなりますか?

クリプトキティの保有者も フロー (Flow/FLOW) で活用することが可能です。フロー (Flow/FLOW) が稼働すれば、クリプトキティの保有者はDapperウォレットを利用してフロー (Flow/FLOW) のアプリケーションへ移行することができます。

当然そこで実行可能なゲームやその他のアプリから利益を得ることができ、互換性は十分にあると考えられています。またクリプトキティはイーサリアムでも利用可能なので、活用できなくなる心配はされなくて大丈夫でしょう。

補足をすると、イーサリアムはクリプトキティなどの貴重な資産を保有しているユーザーを追跡できる安全な場所とも言われていて、まだまだ活用の幅は広いと言えます。

▶ 『クリプトキティの始め方・使い方』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

フロー (Flow/FLOW) の今後・将来性に関するまとめ

ブロックチェーンと聞くと多くの方は金融に使われるといったイメージや、なんだか難しそうなイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。 ですが実際はそこまで難しくなく、様々な分野に活用されることができる将来性の高い技術です

その中でもフロー (Flow/FLOW) はエンターテイメントに貢献できるブロックチェーン技術を持っており、目を見張るものがあります。開発元のダッパーラボ社 (Dapper Labs) も様々な分野での活用に積極的であり、今後は価格上昇の見込みもあるでしょう。

暗号資産 (仮想通貨) のブロックチェーンに興味がある方はぜひ保有してみてはいかがでしょうか。まだまだ発展途上ですが、BINANCE (バイナンス) 等の大手取引所に上場されれば一躍有名になる暗号資産 (仮想通貨) であること間違いないでしょう。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!