この記事のポイント
  • 報酬率の高いステーキング報酬
  • 価格上昇の可能性が高い暗号資産 (仮想通貨)
  • 様々な業界に貢献できる新しいブロックチェーン

新しいブロックチェーン技術として話題になっている フロー (Flow/FLOW) をご存知の方は多いのではないでしょうか。今後のエンターテイメント業界に変革をもたらすかもしれないと言われ、暗号資産 (仮想通貨) 界隈では多くの方が注目をしています。

本記事では、そんな可能性のある暗号資産 (仮想通貨) であるフロー (Flow/FLOW) の特徴とフロー (Flow/FLOW) で得た報酬がフロー所得と言われる理由などを解説していくので、これからフロー (Flow/FLOW) の購入を考えられている方は見ておきましょう。

フロー (Flow/FLOW) とは

フロー (Flow/FLOW) とは、消費者向けの新しいブロックチェーンのことを言い、 新世代のゲームやアプリなどエンターテイメント向けに開発が進められている技術です。デジタルアセットを基盤として設計がなされていて、フロー (Flow/FLOW) によって作らたアプリケーションはユーザーに優れた体験をもたらすと言われています。

またフロー (Flow/FLOW) は、 ダッパーラボ (Dapper Labs) が開発元となっており、元々イーサリアムのブロックチェーン上で作っていたゲームに限界を感じ、新しいブロックチェーン技術が必要であると、このフロー (Flow/FLOW) が開発されました。

▶ 『ブロックチェーン』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

フロー (Flow/FLOW) が高騰した理由

フローチャート

フロー (Flow/FLOW) はゲームやデジタルアートなどのエンターテイメント向けのブロックチェーンです。これまではイーサリアム上のブロックチェーンでゲームなどが開発されてきましたが、コスト面や機能面で問題が生じて開発者を困らせていました。

そこでダッパーラボ (Dapper Labs) がフロー (Flow/FLOW) と言われるブロックチェーンを開発し、 イーサリアムのブロックチェーンの課題を全て払拭しました。最近では「NBA Top Shot」というゲームに使われて大きな話題を呼び、高騰のきっかけになったゲームとも言われています。

今後はこのような高度なゲームを表現する際に使われたり、デジタルアートで使われたり、様々な方面でフロー (Flow/FLOW) の技術が使われれば再び大きな話題を呼び、さらに高騰する可能性もあるでしょう。

フロー (Flow/FLOW) がフロー所得と言われる理由

暗号資産 (仮想通貨) 界隈では、フロー (Flow/FLOW) という名前から フロー所得と言われることがあります。これには面白い背景があり、フロー (Flow/FLOW) はICOを行っていて、その段階のコミュニティセールでトークンを購入したユーザーが多くいます。

尚、コミュニティセールで購入したトークンは期間が決められており、 2年間は売却できません。ちなみに1年目は50%、2年目は12ヶ月かけて50%を段階的にアンロックされます。

このような仕組みのため売却をすぐにできませんが、フロー (Flow/FLOW) 保有者には毎月ステーキング報酬が付与され、報酬で得たフロー (Flow/FLOW) に関してはロックアップがありません。

そして既にステーキング報酬を得たというユーザーが多数おり、その額はICO購入額の2倍との報告があがっています。つまりICOの段階で20万円を購入していたら、ステーキング報酬で40万円もらえたということになります。

また、ICO参加者に関しては今後も継続的に報酬を得ることが可能であり、働かずして報酬を得られる状況が作れるためフロー所得と言われているのです。そのため早い段階でフロー (Flow/FLOW) の技術に注目し、参入した方はそれだけお得な状況であると言わざるを得ないでしょう。

今後もこのようなフロー (Flow/FLOW) のような美味しい仕組みをもった暗号資産 (仮想通貨) がいつ現れるのかは定かでありませんが、 暗号資産 (仮想通貨) で利益を得るのであれば、新しい技術や新しい暗号資産 (仮想通貨) の情報には常にアンテナを張っておく必要があります

フローのステーキング報酬率

フロー (Flow/FLOW) はセール時に購入したユーザーに対してステーキング報酬を得られる仕組みとなっています。ただし、 1年間ロックがかかり売却できないことになっています

尚、ステーキング報酬は 2020年12月16日に開始されていて、12月16日から 5週間は年利で20%のステーキング報酬を得られますが、5週目以降は年利5%のステーキング報酬となっています。

また、ステーキング報酬で得たものに関しては引き出し可能です。下に改めてフロー (Flow/FLOW)の ステーキング報酬率をまとめておくので参考にしてみてください。

フロー (Flow/FLOW) のステーキング報酬率
時期年利
2020年12月16日から5週間20%
5週目以降5%

フロー (Flow/FLOW) の所得に関する評判・口コミ

ICOの段階で多額をフロー (Flow/FLOW) に費やしていた人ほど、かなり美味しい思いをしている様子が口コミにて見受けられました。購入時に1,000ドル分購入した方が、2,200ドルのステーキング報酬を得ている事例があります。

その後5%分のステーキング報酬が入ってくるそうですが、年間でみたらステーキング報酬だけで多額を受け取ることができ、非常にユーザーの間で高評となっている仕組みです。

1年間ロックされるものの、大変良いとの口コミがありました。

暗号資産 (仮想通貨) トレードの世界では、日本に居ると不利益を被ることが多いのですが、フロー (Flow/FLOW) のICOに参加できる等の良い点もあるそうです。

フロー (Flow/FLOW) の所得に関するQ&A

ICOとはなんですか?

ICOは イニシャル・コイン・オファリングの略語であり、資金を調達したい企業や暗号資産 (仮想通貨) プロジェクトの事業が 新規の暗号資産 (仮想通貨) を発行し、それに賛同する投資家が 投資を行う仕組みのことです

投資家は新規の暗号資産 (仮想通貨) が発展することで、サービスを優先的に享受したり、自分の資産を増やしたり、様々なメリットがあります。一方、投資を受けた企業やプロジェクトはその資金を元手にして開発や技術の向上、より良いサービスへと発展させていくことができ、お互いにメリットのある資金調達の方法です。

また、インターネット上で資金を集められるため、特定の企業や国家の権力を超えて資金調達をできる非常に優れた資金調達方法であり、今後もその勢いは増す傾向にあります

しかし、新規の暗号資産 (仮想通貨) のプロジェクトが途中で頓挫してしまえば、投資金額が無くなってしまうリスクもあり、初期段階で先見性のある暗号資産 (仮想通貨) であることも見極めなければなりません。

▶ 『ICOの仕組み』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

今後フローで得られる所得が上がる可能性はありますか?

フロー (Flow/FLOW) は既に Kraken (クラーケン) Huobi global (フォビグローバル) の2つの大手取引所に取り扱われています。そのため徐々に拡大傾向にあり、取引も可能です。

また、価格上昇の可能性に関して言うのであれば、 BINANCE (バイナンス) Coinbase (コインベース) に上場されることがキーポイントとなります。フロー (Flow/FLOW) は現在、BINANCE (バイナンス) とCoinbase (コインベース) などの企業と多数関わっています。BINANCE (バイナンス) に上場されるとなれば、多くの投資家が参入し、フロー (Flow/FLOW) が上昇する可能性が高いでしょう。

一方、売り圧の状況を考えるとするならば、フロー (Flow/FLOW) のステーキング報酬5%を利確する動きが考えられます。したがって、今後のフロー (Flow/FLOW) のプロジェクトに注目して投資をすると良いでしょう。

▶ 『Kraken (クラーケン) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

フロー (Flow/FLOW) の所得に関するまとめ

フロー (Flow/FLOW) は新しいブロックチェーンであり、ゲームやデジタルアートといったエンターテイメントに革命をもたらす可能性がある暗号資産 (仮想通貨) であることは冒頭にて説明させて頂きました。

しかし、それだけでなく暗号資産 (仮想通貨) の中でも 極めて価格上昇する可能性の高い暗号資産 (仮想通貨) であるため、購入を検討されている方に関しては今後の動きに注目すると良いでしょう。

また、現在ではフロー (Flow/FLOW) を取り扱っている取引所の数は少ない状況ですが、パートナー企業をご覧になると多くの取引所で扱われる可能性もあります。特に、BINANCE (バイナンス) で上場されたとしたらますます勢いに乗ること間違いなしです。

興味を持たれた方はぜひ、購入してみてはいかがでしょうか。

▶ 『BINANCEの取扱通貨』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!