取引所人気ランキング
国内ユーザー数圧倒的No,1!仮想通貨はじめるならここ!今だけキャンペーン中!
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン

この記事のポイント
  • ビットコインアドレスとは、銀行口座の口座番号のようなもの
  • ビットコインアドレスから公開鍵、公開鍵から秘密鍵を特定することはできない
  • 同じ公開鍵から複数のビットコインアドレスが作れる

ビットコインの送金の際に必要となるのがビットコインアドレスです。円滑に送金などのやり取りを進める為にはビットコインがどのような仕組みで動いているかを把握することは重要です。

ビットコイン (Bitcoin/BTC)アドレスとは

ビットコイン (Bitcoin/BTC)アドレスとは

銀行に口座を開けば、口座番号が得られます。預金者名と口座番号が分かれば、その口座あてに送金できます。

ビットコインアドレスとは、銀行口座の口座番号のようなものです。ビットコインを送金する際は、ビットコインアドレスあてに送金します。

ビットコインアドレスは1または3の数字から始まり、27~34文字の英数字から成ります。1から始まるのは通常のビットコインアドレスで、3から始まるのはよりセキュリティが高いマルチシグアドレスです。Base58と呼ばれるフォーマットになっています。

公開鍵・秘密鍵との違い

秘密鍵から公開鍵が作られ、公開鍵からビットコインアドレスが作られます。しかし、ビットコインアドレスから公開鍵、公開鍵から秘密鍵を特定することはできません。

秘密鍵はランダムに生成されます。2の256乗通りの数字の中から選ばれます。桁数でいうと、最大78桁の数字になります。取引所の場合は、秘密鍵の管理は取引所が行っています。しかし、基本的に「秘密鍵を知る」ということは、そこにあるビットコインを自由にできるということなので、決して他人に漏らしてはいけません。

秘密鍵から生成された公開鍵は、ネットワーク上で公開されています。しかし、公開鍵から秘密鍵を特定することはできないので、ビットコインを盗まれることはありません。

送金が行われる際は、公開鍵と共に送金内容を秘密鍵で暗号化した文書が送られます。暗号文書は、秘密鍵に対応する公開鍵でしか解読(復号化)できません。公開鍵で解読できなければ、ビットコインの正当な所有者からの送金ではないということで、送金処理は実行されません。

ビットコインアドレスは、特殊な計算を行うことで公開鍵を利用しやすい文字列に作り直したものです。

ビットコイン (Bitcoin/BTC)アドレスの作り方・生成方法

まず、乱数生成器で乱数を発生させ、秘密鍵を作ります。秘密鍵からハッシュ関数によって公開鍵を生成します。そして、公開鍵からハッシュ関数によって出された値をBase58というフォーマットに適応させて、ビットコインアドレスを生成します。

ハッシュ関数は一方向関数なので、結果から元の値を求めることはできません。

ビットコインアドレスの使い方

ビットコインアドレスは、銀行の口座番号のように利用します。ビットコインを送受金する際に使います。

ビットコインアドレスを誰かに教えても、そのアドレスのビットコインを盗まれることはありません。

間違ったアドレスに送金してしまったら?


間違ったアドレスに送金してしまった場合は、ビットコインのシステム上存在し得ないアドレスあてなら、送金処理は行われません。「送金完了」と表示されても、実際に送金は行われず、元のウォレットに戻って来る可能性が高くなります。

可能性が「高い」だけであって、絶対ではありません。行き場を失った、ただの電子ゴミになってしまう可能性もあります。

また、間違ったアドレスが存在した場合は送金を取り消すとこはできず、どうしようもありません。アドレスの所有者と連絡が取れるなら、戻してもらうようにお願いするしかありません。間違ったアドレスに送金しないために、できることがいくつかあります。

  • 1文字ずつ入力せずに、アドレスをコピペする、またはQRコードを読み取る
  • 少額をテスト送金し、着金が確認できてから同じアドレスあてに送金する
  • よく使うアドレスは、辞書登録しておく

このような方法を採ることで、間違ったアドレスに送金することを防げます。

過去の送金履歴の調べ方


ビットコインの取り引きは全て記録され、ネット上に記録されていきます。1つの取り引きをトランザクションと言い、トランザクションをまとめたものをブロックと言います。ブロックが連なったものを、ブロックチェーンと言います。

全ての記録が記録されるため、自分が行った送金履歴を確認できます。

Bitcoin ブロックエクスプローラ

このサービスでは、自分のビットコインアドレスやトランザクションIDを入力することで、送金履歴や送金状況を確認できます。

ビットコイン (Bitcoin/BTC)アドレスは変わることがあるの?


ビットコインアドレスは公開鍵から作られますが、同じ公開鍵から複数のビットコインアドレスが作れます。ウォレットによっては、毎回表示されるビットコインアドレスが異なる仕様になっているものもありますが、問題ありません。

別のビットコインアドレスに送られても、元の公開鍵が同じなら、同じウォレットに入金されます。

ビットコインの送金履歴は、「Bitcoin ブロックエクスプローラ」などで誰でも見られます。その時、同じビットコインアドレスを使い続けていれば、プライバシーが筒抜けになります。ビットコインアドレスが変わることは、セキュリティ上有効なことです。

ビットコイン (Bitcoin/BTC)アドレスは検索・追跡できるの?


追跡が容易であることを「トレーサビリティが高い」といいますが、ビットコインはトレーサビリティがとても高い金融商品です。

送金履歴は全て記録され、誰でも閲覧できます。ビットコインアドレスを個人情報と結び付けることはネットワーク上では難しい技術ですが、1度取り引きした相手のビットコインアドレスは分かります。そこから、ビットコインの保有や取引の情報が洩れることもあり得ます。

ビットコインアドレスを変更することである程度の匿名性は確保できますが、犯罪などに利用され、国家規模で捜索が行われた際は意味のない匿名性です。決して消すことのできない記録が残っています。

ビットコイン (Bitcoin/BTC)アドレスまとめ

ビットコインアドレスは、同じアドレスでもメールアドレスとは多少性質が異なります。しかし、1文字でも間違えれば届かないというのは同じです。ビットコインを送金する際は、アドレスの間違いに注意することが大切です。

執筆者情報
editor
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。