近年は仮想通貨が新しい投資分野として大きな注目を浴びています。仮想通貨とほかの投資分野との違いが気になる人もいるでしょう。

本記事では、 仮想通貨と株式投資の違いを述べたうえで、仮想通貨独自の魅力を紹介します。これを読めば、仮想通貨に対する基本的な知識を学べるでしょう。

株式投資と仮想通貨投資の違い

投資の代表例である株式と仮想通貨の違いを解説します。

最低投資額

参入に必要な最低投資額は、仮想通貨の方が低いです。株式投資は100株単位で販売する取引所も多く、そのために万単位のまとまったお金を用意しなければ参入できないケースも多いです。

一方の仮想通貨は、 0.01枚のような小数点以下だけの注文が可能で、銘柄によっては100円にも満たない価格で購入できます

そのため、初心者の参入障壁が低いです。

取引時間

取引時間の範囲も仮想通貨の方が株式より広いです。株式投資の場合、平日のみ売買でき、時間帯も午前9時から11時30分まで、休憩をはさんで午後12時30分から3時までと定められています。

仮想通貨は基本的にどの取引所でも24時間365日いつでも売買可能です

取引所のメンテナンスなどで使えない時間帯も出ますが、基本的には仕事の合間だけでなく、深夜にも取引できます。

仮想通貨は「眠らない市場」と覚えておきましょう。

ストップ高・ストップ安

株にはストップ高とストップ安があります。

株には1日に可能な最大値幅が制限されており、そこに到達するほど上がった場合はストップ高、下がった場合はストップ安です。

価格の急変動で投資者が手を出しづらくなったり、大損したりするのを最低限防ぐ措置です。

しかし、 仮想通貨にはストップという概念がありません

価格暴騰ならどんどん上がっていき、暴落で一気に無価値に近づくケースもあります。

2017年末のビットコインが200万超えを果たした要因もストップ高の概念がなかったからと考えられます。

editTIPS
ストップ高・ストップ安
株式市場では相場が暴騰あるいは暴落した場合に備えて、その混乱を防ぐために1日の値幅の最高制限幅を設けられており、株価の変動が値幅制限をこえると取引が中止される。そのときの値段をストップ値段といい,上昇した場合をストップ高,下落した場合をストップ安という。

仮想通貨の魅力1 預金では絶対に得られない利回り

仮想通貨は預金で得られる利回り以上の利益が期待できます

最低限の投資知識は必要ですが、成功すれば預金どころかほかの投資分野で期待される利回り以上の成果も望めます。

普通預金の金利は最大でも0.11%、定期預金でも5年間で0.1%あればよい方で、最大でも0.5%程度とされます。

仮想通貨なら、投資に成功することで1%以上、特にうまくいけば10%を超える利回りで運用できる可能性があります。

仮想通貨の魅力2 超シンプル! 誰でもできる

仮想通貨は参入障壁が低いため、投資初心者でも気軽に臨めます。

手続きが簡単

必要事項を入力し、審査を通過するという単純なプロセスで、仮想通貨用の口座を取引所に開設できます。

「かそ部」のように、 手続きの流れが画像つきで説明されている情報サイトもあり、それをたどることでも方法を覚えやすいです

取引も簡単

取引所はインターネットでアクセスすることで入れますが、 取引画面が見やすく操作性に恵まれたところが多いです

専用アプリが配信されている場合もありますが、これが多くのユーザーから好評というケースもあります。

セキュリティも安心

仮想通貨取引所も多くの顧客から資産を預かっているので、 セキュリティレベルは証券取引所などと引けを取りません

このように仮想通貨取引所は初心者でも気軽に使えるよう構成されています。

仮想通貨の魅力3 仮想通貨は24時間取引可能!

仮想通貨はほとんどの取引所で24時間いつでも売買できる「眠らない市場」です。株の取引所が営業していない深夜や週末でも取引できます。

たとえば夜寝る前に仮想通貨市場をチェックし、見込みがありそうな銘柄を買ってからおやすみするという行動も可能です。

取引所のメンテナンスなどにより、取引できない時間帯が告知されることもありますが、それも毎日ではないので、 原則常時好きなときに場所を問わず取引できます

仮想通貨の魅力4 少額からのスタートも可能!

仮想通貨は100円にも満たない少額から買えます。 注文できる数量が0.1のように小数点以下でも売買できるからです

1枚の仮想通貨の価値が1万円だったとしても、0.001枚だけ注文できるなら必要なお金は10円だけです。

このように少ないお金で仮想通貨を売買できるため、複数の銘柄に平等なお金をかける分散投資や、毎月同じ銘柄に投資金を追加していく積立投資などあらゆる戦略が通用します。

まとめ

仮想通貨には株式などには見られない独自の特徴が複数あります。

預金よりも高い利回りが期待できるうえ、少額から参入しやすく、24時間365日いつでも取引できるなど、投資の歴史ではこれまで見られなかった柔軟性が強みです。

ほかにも仮想通貨のまま日本への代わりに買い物代を支払えるなど用途が多様化しており、長期的な価値上昇など高い将来性が見込まれています。

今投資に興味を持っている人は、仮想通貨にチャレンジしてはいかがでしょうか。

まとめ
  • 仮想通貨は株と違い24時間365日売買できる、少額から参入できるなどの特徴がある
  • 取引所はセキュリティが充実しており、初心者も安心して使える
  • 投資に成功すれば預金以上の利回りで資産運用できるケースもある
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!