この記事のポイント
  • GMOコインのレバレッジ取引には追証がない
  • GMOコインのチャートの使い方を解説
  • GMOコインの登録方法を画像付きで解説

GMOコインはGMOインターネット株式会社が設立した仮想通貨販売所です。

GMOコインは現物取引だけでなくレバレッジ取引にも対応しており、
興味がある方も多いのではないでしょうか。

レバレッジ取引を始めたいけど、やり方がわからない。。

そんな方のために実際の取引の方法や分析方法など
GMOコインのレバレッジに関する情報をわかりやすく解説します!

レバレッジ取引とは

レバレッジ取引とは、保有していない資産以上の取引を可能にする取引方法を指し、FXや株式市場では当たり前のように行われています。

日本のFXでは、取引金額の最大25倍でトレードすることが可能です。100万円でトレードをする際に、レバレッジをかけなければ100万円が丸々必要になりますが、25倍のレバレッジをかければ4万円の証拠金で取引が可能になります。

例えば、100万円で購入した通貨が110万円まで価格が伸びれば、10万円の利益を得ることができます。レバレッジなしでは10万円の利益を得るのに、100万円必要ですが、25倍でトレードした場合は4万円で10万円の利益を出したことになります。

つまり原資を持っていなくても取引を行うことができるというものになっています。

しかし、レバレッジをかけた分だけ損失も発生します。

例えば90万円に下落してしまった時、4万円の原資に対して10万円の損失が発生します。レバレッジをかけなければ10万円失うだけで済みますが、レバレッジをかけた場合(25倍の場合)だと、投資額以上の損失を被ってしまいます。

レバレッジ取引は、リスクのある取引であるという認識を持っておきましょう。

GMOコインのレバレッジ取引で取引可能な通貨

GMOコインのFX取引では、以下の5種類の通貨で取引が可能です。

ビットコイン (BTC)

イーサリアム (ETH)

ビットコインキャッシュ (BCH)

ライトコイン (LTC)

リップル (XRP)

▼ 今話題のリップル (XRP/Ripple)についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

アルトコインのFX取引ができる点は国内では数多くないのでメリットの1つになるでしょう。

GMOコインの最大レバレッジ

ビットコイン取引は 最大10倍、アルトコインに関しては 5倍でレバレッジ取引が可能になります。残念ながら、5倍か10倍しか選択できないため、FXのような高倍率での取引は不可能になっています。

しかし、初心者がいきなり高倍率で行うのはリスクがあるのと、FXと違ってボラリティ(値幅変動)の大きい仮想通貨を取引するのは危険なので、親切な設定と言えるでしょう。

GMOコインのレバレッジ取引は追加証拠金制度がない

追加証拠金制度とは、強制的なロスカット(強制損切り)を起こさないよう、証拠金維持率が低くなったときに追加で証拠金を入れることをいいます。

GMOコインでは、この制度はなく、証拠金を維持できないラインを超えると、強制的にロスカットされます。強制的にロスカットされるため、追証が発生して借金を抱えることはない制度となっています。

しかし、強制ロスカット時に、あまりにも大きな相場の変動があり、損失が出た場合は、超過額の支払い義務が発生するようです。そのため、一概にノーリスクとは言えないことは押さえておきましょう。

※GMOコインでは証拠金維持率が75%を下回ると強制ロスカットされます。

GMOコインのレバレッジ手数料

GMOコインのレバレッジ手数料は取引日の終値から計算した評価価額に対し、建玉ごとに0.04%/日かかります。朝6時のGMOコインのクローズ時間をまたいで建玉を保有していた際に徴収されます。

  • 買建玉レバレッジ手数料=買建数量×買値(終値)×0.04%
  • 売建玉レバレッジ手数料=売建数量×売値(終値)×0.04%

GMOコインのレバレッジ取引の各注文方法

まず下の画像のように、左端のメニューバーから『仮想通貨FX』を選択しましょう。

GMO レバレッジ

※上にある『レバレッジ取引』は、ビットコインの取引所のみで行える取引になりますので、FXとは違います。

成行注文

GMO 成行
成行注文とは、現在取引されている値段ですぐにポジションを持つ(約定)ことを言います。

上の画像のように購入(売却)枚数と、許容スリッページを入力して確認画面に移ることで取引注文が入ります。許容スリッページとは、値段の変動が激しい際に、注文時の値段からどれくらいまでの差異なら許容して約定してよいかの範囲のことを言います。

指値 (逆指値) 注文

GMO 成行
指値注文とは、値段を指定し、その値段になったときに注文をする方法を言います。

上の画像のように、購入(売却)枚数、指値と逆指値の選択、注文するレート(約定させる価格)を入力し、確定させます。場合によっては、いつまでも注文が通らないこともあります。

IFD注文

ここでは、少し高度な注文方法であるIFDおよびOCO注文についてを説明していきます。


IFD注文とは、指値注文と同じようにレートを指定し、そのレートになった場合に注文します。約定した場合のみ、その価格で決済をするという仕組みになっています。

新たにポジションをとる際などに使われるため、新規と決済で分かれています。

OCO注文

GMOコイン OCO
OCO注文とは、2つの注文を同時に行い、片方が約定したら、もう片方はキャンセルするように設定された方法です。使い方としてあげられるのは、レンジ相場からどちらかのトレンドに展開した際に両方に対応するための注文方法になります。

IFD-OCO注文とは

指定した価格になったら、注文を約定し、約定した場合のみ新たに2つの注文を出し、その片方が約定した場合はもう片方がキャンセルされるという方法になります。

IFDでポジジョンを決済した後に、あらたに2つ注文をとる方法になります。使い方としては、レンジ相場に入るであろうレートで決済をし、その後両方にポジションをとることで、トレンド転換への対応が可能になります。

これらの3つは非常に複雑なため、初心者の方は成行と指値逆指値という1ポジションでの取引運用のみで練習をしてみることを推奨します。

GMOコインのレバレッジ取引のチャート

GMOコインのFX取引では、画像のようなチャートを使うことができます。


設定をすれば、各種ツールも使うことができるため、本格的なトレードが可能になっています。

まとめ

今回はGMOコインのレバレッジ取引について解説をしました。レバレッジを上手に利用することで、保有している金額以上の取引が可能になります。それは、時として大きな利益をもたらす可能性を秘める一方で、大きな損失に繋がってしまう可能性もあります。

GMOコインでは、追加証拠金制度が採用されていないため、一見リスクが低いように見られます。しかし、厳密には値動きの変動により追加証拠金が発生してしまう可能性もあるため、取引は慎重に行うことを推奨します。

▼ GMOコインについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。