• GMOコインのメリット・デメリットは?
  • 取引手数料はどのくらいかかるのかを解説
  • 他の取引所と徹底比較!

この記事のポイント

GMOコインとはGMOインターネット株式会社の参加、GMOコイン株式会社が運営しています。GMOグループはGMOクリック証券など、様々なサービスを運営している会社が運営しています。

非常に知名度の高いGMOコインですが、実際にその使い勝手や評判はどのようなものなのでしょうか。本記事では、GMOコインについて詳しく解説します。

GMOコインとは?

特徴

GMOコインの特徴は、取引所ではなく販売所であるということがまず挙げられると思います。販売所と取引所の違いは、取引する相手です。取引所での取引だと、相対取引といって同じ仮想通貨を保有している誰かと取引をすることになります。

この場合、取引量が少ない場合には、自分の欲しい価格よりも高い価格でしか仮想通貨を購入できない場合があります。

一方、GMOコインなどの販売所から仮想通貨を購入する場合、その時の価格は販売所が提示する価格で購入できることから、流動性の心配をすることがないということが一つの特徴です。

公式サイト

公式サイトのURLは以下のものです。

https://coin.z.com/jp/

GMOコインのメリット

出金手数料が無料

GMOコインを利用するメリットの一つに、日本円の出金手数料が安いことがあります。なんと、日本円の出金手数料は無料です。

国内の多くの取引所では出金手数料がいくらか求められるのですが、GMOコインではその手数料は無料です。

このおかげで、手数料を気にすることなく出金をすることが可能となります。ただし、最低出金額が1万円からであることには注意しましょう。

日本円の反映時間

反映時間は、翌日営業日、あるいは翌々金融機関営業日となっています。金融機関によって反映速度は異なりますが、極端に遅くなることはありません。

FX

GMOコインでは、仮想通貨FXを行うことができます。FXを知らない人に簡単に説明すると、FXを利用することで自分の保有資金以上の取引をすることができます。

GMOコインではこのFXを利用できるのが一つの売りとなっています。

取引しやすい

GMOコインの取引所は、かなり使いやすい部類に入る取引所です。ユーザーインターフェースの質がよく、直感的に全ての操作を理解することができるため、使いやすい取引所を探している人は利用を検討してみてもいいかもしれません。

セキュリティ

GMOコインの公式ページを見ると、セキュリティについては最低限必要な措置は取っているようです。仮想通貨をコールドウォレットで管理し、サイバー攻撃対策を施しています。

キャンペーン

GMOコインでは、新規で口座開設をした人に対してビットコインを付与したり、取引に必要とされる手数料を安くするなど、顧客獲得をするためにキャンペーンを行っている時があります。

新しく仮想通貨の口座を作ろうとしている人は、こういうキャンペーンを利用してみるのも良いかもしれません。

デメリット

突然のルール変更

GMOコインを利用する上で注意しておきたいのは、急に取引のルールが変化することです。これまで、GMOコインでは取引のルールが何度か変化しています。

取引所のルールを変更することはGMOコインだけではないのですが、他の取引所と比較して突発的にルールの変更を行うことが多いです。

一番大きく変化したのは、FXのレバレッジです。レバレッジというのは高ければ高いほど、少ない資金でも数倍の取引ができるものなのですが、これが元々25倍であったものが現在5倍まで縮小されてしまいました。

これは、レバレッジを利用して取引をしていた人たちにとって大打撃です。また、今後また何らかの取引ルールの変更があると考えると、安心して利用できる取引所とはいえないのではないでしょうか。

買い(あるいは売り)規制

GMOコインのもう一つのデメリットは、過去相場が急変した時に仮想通貨の買いや売りを規制したことがあります。これは、GMOコインが損失を出さないために、顧客の持つ仮想通貨の売買に規制をかけたことが原因でしょう。

自分が買いたいとき、あるいは売りたいときに売買することができないというのは大きなリスクであり、そのリスクを上回る利便性がGMOコインにあるのかを考えなければなりません。

販売所形式であること

これはGMOコインだけに限らないのですが、販売所という形態をとっている取引所から仮想通貨を購入する場合、見えない手数料をかなり取られています。

見えない手数料とは何か。どの仮想通貨でも良いのですが、販売所の取引ページを見てみると、仮想通貨の購入価格と販売価格に開きがあることが分かると思います。

この販売価格の差が、スプレッド、見えない手数料などと呼ばれています。実際どれぐらいの価格差があるのかは、販売所やその時の相場環境によってかなり違いがあります。ただ、この開きは実質的に手数料と同義であり、およそ購入価格の2%前後が手数料となっていると考えることが出来ます。

取引所を利用した場合の手数料は大体0.1%から0.2%前後の取引所が多いことを考えると2%というのは非常に高いです。

これはGMOコインだけに限らず、bitFlyerやZaifなどの販売所で購入する場合も同じです。販売所を通して仮想通貨を購入する場合は、かなり大きな手数料が必要となることを忘れないようにしましょう。

入出金手数料

GMOコイン

GMOコインの出金手数料は先程も触れましたが無料です。では、入金はどうなっているのでしょうか。

楽天銀行、住信SBIネット銀行、ペイジーを利用する場合は即時入金といって、すぐに口座に入金額が反映されるようです。そして、その入金手数料は無料です。その代わり最低入金額が1000円となっています。

上記以外の金融機関の場合手数料は、振込をする人が負担することになります。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerの入金に関する手数料は、入金方法や振込を行う金融機関によって振込手数料が変化します。

まず、住信SBIネット銀行を持っている場合は、bitFlyerへの振込は無料になります。三井住友銀行からの振込でも無料になる場合があるのですが、条件を満たす必要があるため、無料で入金を行う簡単な方法は住信SBIネット銀行からの振込になります。

また、金融機関によっては他銀行への振込を無料としているところもあるため、自分が利用している金融機関の手数料について確認しておくのも良いでしょう。

また、その他の入金方法としてはクイック入金というものがあります。手数料が324円必要になりますが、コンビニなどを利用して即座に口座に入金額を反映させることが出来ます。

入金はいろいろな方法がありますが、出金はシンプルです。出金額が3万円未満の場合、三井住友銀行への出金は216円、それ以外の銀行の場合は540円必要です。

出金額が3万円以上の場合、三井住友銀行への出金は432円、それ以外への出金は756円です。

bitFlyerから出金する場合、三井住友銀行を利用するのが出金手数料を考えると得になります。

Zaif (ザイフ)

Zaifへと入金する場合、住信SBIネット銀行を利用することで入金料は無料になります。その他の保管方法としてコンビニ入金もありますが、この場合は手数料が486円(3万円未満の場合)必要となるため、銀行振込のほうが安くなります。

出金手数料は、50万円未満の場合は350円、それ以上の場合は756円となります。出金に関してはbitFlyerと大差ありません。

bitbank(ビットバンク)

bitbankへの入金は、現在銀行振込のみ対応しています。銀行振込の手数料ですが、基本的に振込をする人が負担をします。ただ、住信SBIネット銀行を利用した場合は振込手数料は無料になります。

住信SBIネット銀行を利用することで、bitbankへの入金手数料は確実に無料にすることができます。

出金手数料は、3万円未満は540円、3万円以上は756円です。出金に関しては他の取引所と大きな差はないようです。

仮想通貨の送金手数料

GMOコイン

GMOコインの仮想通貨の送金手数料は、ビットコイン、アルトコインともに無料となっています。通常仮想通貨は送金するときに手数料が必要なのですが、それが無料というのは他に類を見ません。

bitFkyer( ビットフライヤー)

bitFkyerのビットコイン、アルトコイン(多くの取引所にあるイーサリアムを比較対象にします)の送金手数料は以下の様になっています。

ビットコイン:0.0004BTC

イーサリアム:0.005ETH

無料ではありませんが、ほとんどの取引所と大きく違いがない、平均的な送金手数料となっています。

Zaif (ザイフ)

Zaifの送金手数料は以下のようになっています。

ビットコイン:0.0001BTCから

イーサリアム:0.01ETHから

どこの取引所でも送金手数料を上乗せすることで、より早く仮想通貨の送金が行われます。Zaifの場合だと、この送金手数料が最低額であり、実際に送金する際には0.0010BTC以上を手数料に設定することを推奨しています。

手数料を安くしすぎると送金が遅くなる問題も発生するため、相場環境にあった送金手数料を設定しなければなりません。

bitbank(ビットバンク )

bitbankの送金手数料は以下のようになります。

ビットコイン:0.001BTC

イーサリアム:0.005ETH

bitbankの送金手数料は、ビットコインの送金手数料が少し高めの設定になっています。送金手数料の大きさで取引所が決まるわけではありませんが、やはり安いほうが得であることに代わりはありません。

口コミ・評判

GMOコインに関する口コミを集めてみました。以下、御覧ください。

GMOコインについての口コミはなかなか辛辣なものが多いです。これは、金融庁から行政処分を受けたことが大きく影響していると考えられます。

 

まとめ

GMOコインのメリット・デメリットと、各手数料について紹介してきました。条件次第では手数料がどれも無料になるところがGMOコインの良いところです。

他の取引所と比較しつつ、仮想通貨FXを行いたい方、即時入金にメリットを感じている方は、仮想通貨取引にGMOコインを利用してはいかがでしょうか。