• 三尊と逆三尊がチャートでどのような形になるのかを押さえる
  • 三尊と逆三尊の活用方法を押さえれば有利にトレードすることができる
  • 三尊と逆三尊を利用して勝率を上げる方法についても押さえる

この記事のポイント

本記事では三尊や逆三尊の特徴、そして逆三尊の活用方法などについて解説します。

三尊と逆三尊の特徴を押さえて、有利に取引しましょう。

三尊・逆三尊 (ヘッドアンドショルダー) とは

三尊は別名ヘッドアンドショルダートップ、逆三尊は別名ヘッドアンドショルダーボトムと呼びます。

この2つのヘッドアンドショルダーは、トレンドが転換するときに形成されるチャートパターンですので、かなり重要です。

名前は似ていますが、それぞれ異なる形でチャート上に形成されるので、違いをしっかり押さえておきましょう。

三尊(ヘッドアンドショルダートップ)

チャート上の三尊について

ヘッドアンドショルダートップとは、1つのヘッドと2つのショルダーで構成されるチャートパターンです。

上昇トレンドが終了するタイミングで形成されるチャートパターンとなっています。

見た目が人間の上半身に見えるとして、先述の通りヘッドアンドショルダーと呼ばれています。また3つの仏像が並んでいるように見えることから、日本では三尊と呼ばれました。

逆三尊 (ヘッドアンドショルダーボトム)

ヘッドアンドショルダーボトムについて
ヘッドアンドショルダーボトムとは、 下降トレンドが終了するタイミングで形成されるチャートパターンです。三尊の逆なので押さえておきましょう。

ネックライン

ネックラインについて押さえる
三尊と逆三尊の解説で記載した、ネックラインについて解説します。

ネックラインは上記の画像のとおりで、 三尊と逆三尊でサポートラインやレジスタンスラインとして機能するラインです。

ポイントFで相場がサポートラインを下抜けることにより、ネックラインは完成します。ネックラインの使い方についてはあとで詳しく解説します。

三尊・逆三尊 (ヘッドアンドショルダー) を活用法

ヘッドアンドショルダーを活用してトレードする方法を解説します。解説する内容を押さえて、有利に取引しましょう。

ヘッドアンドショルダーを確認した後にエントリーポイントがある

ネックラインについて押さえる
ドレードするポイントは、ポイントF地点でネックラインを下に抜けて三尊・逆三尊を形成したときです。完成後のポイントGがトレードポイントとなります。

ポイントFで下に抜けると、ネックラインはレジスタンスラインになります。長期間かけて形成された三尊・逆三尊は、相場を左右する強力なチャートパターンです。

そのやめネックラインも効果は非常に高く、レジスタンスラインとなったネックラインは効果を発揮しやすい傾向にあります。

ポイントGでショートポジションを保有すれば、利益を上げやすくなります。

ヘッドとネックラインの2倍は値幅が出る

チャート上の三尊について
画像のように、AからCまでは2倍の値幅が出ています。画像の形を意識しておくことでポジションを決済するタイミングが掴めます。画像は三尊ですが、逆三尊でも同じ形になるので意識しておきましょう。

勝率を上げる三尊・逆三尊 (ヘッドアンドショルダー)

逆指値を利用する

逆指値を利用する

画像では高値が2つあるので、下降トレンドラインを引いています。そして傾きを下にスライドさせ、アウトラインも引きました。

アウトラインが支持線の役割を果たしているポイントAでは、逆三尊のヘッドになっています。その後ネックラインを上に抜けてから反発し、ポイントBで反発しました。

ポイントBで上昇トレンドに転じるサインとして、下降トレンド・ネックラインと重なっています。この場合ポイントBで買いポジションを保有すれば、利益を上げやすくなっています。

ポイントBでポジションを持つときは、逆指値を利用することがオススメです。ポイントBで反発したあたりの価格を設定しましょう。

逆指値を入れておくことで、万が一下落した場合はポジションを保有して損失を出すリスクを避けることができます。

まとめ

三尊や逆三尊は時間をかけて形成しているチャートパターンなので、非常に強い効力を持っています。

その効力を最大限に発揮するためには うまく逆指値を使用して、トレードしたいポイントに仕込んでおくことをオススメします。

そもそも三尊と逆三尊の2つは形が上下逆なだけでその性質にほとんど違いはありませんので、片方をマスターすれば、もう片方も問題ありません。

本記事を参考にしっかりと学習してください。