堅実な現物取引からレバレッジ最大4倍投資までの幅広いラインナップ
総合評価
76
口コミ平均点
    4.28口コミ (68件)口コミを見る
総合評価 76
口コミ平均点   4.28

BITPoint (ビットポイント) のおすすめポイント

POINT
1
日本で初めてBTC (ビットコイン)のMeta Trader4 (MT4)取引を実現!
FXのトレーディングツールとして人気が高いMeta Trader4 (MT4)を利用して取引することができます。システムトレードなど本格的な資産運用を実現してくれる取引所です。
POINT
2
売買手数料と入出金手数料が無料
振込手数料を除き、仮想通貨の売買と入出金に手数料がかかりません。 まずは気軽に使ってみることができます。
POINT
3
直感的な取引画面
金融業界出身のスタッフが多いBITPoint。 株や外国為替取引を体験したことがある方なら馴染みやすい画面で取引を行うことができます。
BITPoint (ビットポイント) の基礎知識まとめ

BitPoint (ビットポイント) の基本情報

BITPoint (ビットポイント)

基本情報
取引所/販売所取引所
取引仮想通貨数5種類
日本語対応
スマートフォン対応
最大レバレッジ4倍
取引方法FX/先物取引/信用取引/現物取引
最低取引単位0.0001BTC
セキュリティコールドウォレット/マルチシグ対応/二段階認証
サポートHPの充実した問い合わせフォーム
法人口座

仮想通貨取引所の比較・ランキングについてはこちらをご覧ください。

【2019年7月12日速報】 ハッキング被害により35億円分の仮想通貨が流出

BITPointの公式発表によると2019年7月11日、同社の送金システムのエラーを感知。直後の調査により、同社が取り扱う仮想通貨、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)の5種類がホットウォレットから不正流出していることが発覚しました。

被害総額は日本円にして35億円にものぼります。BITPointは事件に伴い現在全サービスを停止しています。

流出総額の内訳は約10億円がBITPointの保有資産であり、約25億円が顧客からの預かり資産でした。

ユーザーへの補償などについての情報はは未だ明らかにされていません。

▶ 『ホットウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BITPoint (ビットポイント) の特徴

仮想通貨の独自決済 「BITPoint Pay」

BITPointでは独自の仮想通貨決済サービスである「BITPoint Pay」を導入しています。

使用できる通貨はBTC (ビットコイン)、ETH (イーサリアム)、BCH (ビットコインキャッシュ)、XRP (リップル)、LTC (ライトコイン)の5種類となっており、アプリによって店舗で直接決済ができるようになっています。

BITPoint Payのおすすめポイントとしては、自動的に決済記録が行われるだけでなく、 面倒な税金計算にも対応しているという点です。

まだまだ加盟店は少ないですが、税金計算の楽さで高く評価されていることは間違いありません。今後の発展に期待がかかります。

仮想通貨関連の税金についてはこちらで詳しく解説していますので、面倒な税金関連の裏側を知りたい方はこちらをご覧ください。。

MetaTrade4を専用FX取引専用ツールとして採用

BitPointでは、日本で初めて仮想通貨のシステムトレーディングでMT4を採用しました。MT4は、全世界で使用されているトレードツールであり、多数の分析指標を表示させたり、自動売買の設計も可能です。

国内でMT4が使える取引所はBitPointだけです。

様々な取引所と比較したBITPointの特徴についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

BITPoint (ビットポイント) のメリット

手数料が無料

BITPointは様々な手数料が無料です。仮想通貨の入金手数料・出金手数料が無料なのに加えて、大きな特徴である即時入金サービスも無料です。即時入金サービスとは取引サイトからの簡単な操作で、金融機関口座から24時間365日、リアルタイムに資金が移動するサービスです。こちらのサービスは「ジャパネット銀行」と「イオン銀行」から利用可能です。その他にも口座開設料金も無料です。

ただし法定通貨である日本円の入出金には手数料が、ビットポイントMT4取引には別途スワップ費用が、レバレッジ取引には別途建玉管理料が必要となりますので注意しましょう。

充実した電話サービス対応

仮想通貨取引所で電話対応サービスがあることは非常に珍しく、国内の取引所ではBITPointのみになります。

メールだけの対応ですと、どうしても不安が残るという方がいると思います。そんな方は電話対応があると安心できると思います。サービス対応の時間は土日祝日を除く午前9時から午後5時までです。

独自のウォレット機能

BITPointは独自のウォレットアプリを配信していて、それを使い店舗での決済ができます。仮想通貨の売買はできません。決済に使える通貨はビットコインとイーサリアムです。

ウォレットとは仮想通貨を守るセキュリティ用の「財布」と考えてもらって構いません。

自分の仮想通貨を守る上ではなくてはならないアイテムですので、もし実際に活用してみたい方はこちらの記事をご覧ください。

トムソン・ロイターへのBTC価格提供

2016年11月にBITPointが大手通信企業のトムソンロイターの子会社と提携を組み、ビットコインの価格情報を提供することを発表しました。この情報が普及することで、国内のビットコインの標準価格が決まっていくことになります。

提携銀行が多い

現在では先ほど紹介した「ジャパネット銀行」「イオン銀行」の他に下記の銀行と提携を組んでいます。

他にも以下のような銀行と提携を結んでいます。

・ゆうちょ銀行
・住信SBIネット銀行
・東京スター銀行

その他にも日本最大級のLCCであるPeach Aviation株式会社と業務提携したことで話題にもなりました。この提携がうまく行けば仮想通貨で航空券の購入ができるようになります。

BITPoint (ビットポイント) のデメリット

取引通貨が少ない

BITPointは取引できる通貨ペアが8つと国内の取引所と比べると多くはありません。様々な通貨を取引したい方には物足りない取引所となるでしょう。

しかしながら、 取扱通貨が多い取引所が良いかといえば、単純にそうではありません。海外には200を超える仮想通貨を取り扱っている取引所もありますが、そのほとんどは流動性の低い草コインや、所在不明の怪しいコインなどで溢れかえっており、ユーザーの安全はそれほど保証されていないことがほとんどです。

それに比べてBITPointは確かに取扱通貨は少ないですが、安心して利用できる信頼性の高い通貨のみを取り扱っている、と言い換えることもできますので、 取扱通貨の少なさはそれほど大きなデメリットではないともいえます。

取引が成立しにくい

こちらの理由は2つあります。

1つ目の理由は 取引所形式であることです。取引所形式ですと売りたいときに買いたい人がいなければ売ることはできません。逆もまた然りです。そのためアルトコインなど流動性が低い通貨の取引では特に取引が成立しづらくなります。

2つ目の理由は 他の取引所と比べるとユーザー数が少ないことです。ユーザー数が少ないということは取引したい人が少ないということに直結するため、当然マーケットも活発でなくなります。したがって市場が硬直してしまいがちなようです。

クレジット入金ができない。

クレジット入金ができないことがデメリットとして挙げられますが、 国内では全ての取引所でクレジットカードは使えませんのでそこまで注目する必要性はないでしょう。

また、現在クレジットカード会社が仮想通貨の購入を禁止している動きがあります。この流れは今後も続いて行くのではないのかと考えられています。

入金処理が遅い

BITPointは入金に時間がかかるという声もあるようです。確かに入金に手間取ってしまうと、取引をするまでに時間がかかりストレスになるのは事実です。

特に平日の15時以降に入金を行うと、反映が翌日になってしまうので注意が必要です。

BITPoint (ビットポイント) の取扱仮想通貨

取扱仮想通貨数
取扱仮想通貨数5種類
通貨ペア数8種類

決済通貨は日本円とBTC (ビットコイン)の2種類となります。

主な取扱仮想通貨
取扱通貨現物取引レバレッジ取引
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
BCH(ビットコインキャッシュ)
LTC(ライトコイン)
XRP(リップル)

BITPointの取り扱っている仮想通貨の特徴などについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

BITPoint (ビットポイント) の手数料

アカウント・口座開設手数料

アカウント・口座開設手数料
アカウント・口座開設無料
口座維持手数料無料

入出金手数料

入出金手数料
手数料法定通貨仮想通貨
入金手数料無料 ※振込手数料別途無料
出金手数料無料 ※振込手数料別途無料

取引手数料

取引手数料
銘柄現物取引レバレッジ取引
BTC (ビットコイン)0%0.035%/日(スワップ手数料)
ETH (イーサリアム)0%-
XRP (リップル)0%-
BCH (ビットコインキャッシュ)0%-
LTC (ライトコイン)0%-

以上のようにBITPointでは、多くの手数料が無料となっています。

もちろんその分「スプレッド」と呼ばれる売値と買値の差額には十分に注意が必要ですが、裏を返せばそれだけを気にしていれば良いので初心者でも扱いやすい仕様になっています。

手数料やスプレッドの違いについてはこちらで詳しく解説していますのでぜひご覧ください。


BITPoint (ビットポイント) のFX・レバレッジ

FXの基本情報
取引ルール(追証)なし ※例外あり
取引ルール(ロスカット)証拠金維持率が100%を下回った場合

かつてのBITPointでのFXは、最大25倍までレバレッジをかけた取引が可能となっていました。高いレバレッジをかけることで、少ない資産で大きな利益を出すことができたというわけです

国内仮想通貨取引所では、基本的にレバレッジが低めに設定されていましたので、それはBITPointの大きなメリットと言えたでしょう。

しかしながら金融庁の規制により、BITPointは最大レバレッジ倍率を4倍に引き下げる方針を固め、2019年4月現在では最大レバレッジ倍率は4倍に引き下げられてしまいました。

一部では 今後国内全ての取引所での最大レバレッジ倍率は4倍に引き下げられるとも言われていますので、今後の動向に注目が必要です。

また現在、高いレバレッジ倍率で取引したい場合は海外の取引所を利用するしか手はありません。

こちらでは初心者でも使いやすい「おすすめの海外取引所」をご紹介していますので、合わせてご覧ください。
海外おすすめランキング - 仮想通貨・ビットコイン取引所比較

BitPoint (ビットポイント) の過去実施されたキャンペーン

リップル (XRP/Ripple) 有効化費用「全額キャッシュバック」キャンペーン

キャンペーン中に初めてリップルを受金された方に、20XRP以上の購入でリップルを有効化する際にかかる費用20XRPが全額キャッシュバックされます。キャッシュバックが実施される日程はは6月20日 (木) と予定されています。

editMEMO


リップル受金有効化費用とは
リップルの受金アドレスのステータスを有効にすることです。
当初、リップルの受金アドレスのステータスはブロックチェーン上では「無効」となっていますが、「20XRP以上」のリップルを受金することによってステータスが有効となります。その際にかかるのが有効化費用です。なお一度有効化費用を支払うと、その後の受金の際は一切有効化費用が発生しません

キャンペーン期間は5月10日 (金) 16:00~5月31日 (金) 16:00までです。

下記ページにて BitPoint (ビットポイント) のキャンペーンについてさらに詳しくまとめていますので、ぜひご覧ください

BITPoint (ビットポイント)の口コミ・評判

良い口コミ

ユーザーのタイプに合わせて取引ツールを選ぶことができる点が好評のようです。

先述の通り流動性の小ささが少しネックであるようですが、逆にユーザーの少ない今BITPointに登録しておくことで、 今後予想される激しい流入時に大きな利益を上げようと考えている人もいるようですね。

悪い口コミ

本田圭佑さんをCMに起用するなどして知名度を上げているBITPointですが、サービスの整備にはもう少し時間がかかりそうです。

他にもBITPointに関するユーザー声は「Twitter」などで簡単に集められます。現代のSNSの発達によって、日本全国のユーザーの声をダイレクトに聞くことができるのは、トレーダーにとって大きな追い風となっています。

そのほかのBITPointの評判・口コミについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

BITPoint (ビットポイント) の取引ツール

BITPointでは便利な取引ツールが採用されています。取引ツールを利用することで、有利に仮想通貨取引を行うことができるのです。使い方を覚えておいて損はないでの、ぜひ使い方を覚えておきましょう。

MT4 (メタトレーダー4)

MT4を利用することでスムーズにFX取引を行うことができます。BITPointではMT4を利用したFX取引に対応しているのです。MacOSには対応していませんが、スマホやWindowsのOSには対応しています。

MT4では主に「指定通貨のチャート」「気配値」「トレード画面」「取引履歴」といった機能を利用することができるツールです。

先述の通り「MT4」はBITPointの目玉とも言えるトレーディングツールです。「MT4」なしにはBITPointを語ることはできませんので、この機会にぜひ「MT4」について勉強してみましょう。

BITPoint ADVANCE (ビットポイントアドバンス)

BITPoint ADVANCEは、BITPointで採用されているトレードツールです。チャート・注文画面・ニュース・取引板などが、すべて1つの画面で確認することができます。

レバレッジ取引を行う場合は、別口座を申請する必要があるので注意しましょう。

投資可能資金が50万円を切っていると審査落ちします。レバレッジ取引の口座開設を申請するときは、投資可能資金にも注意しましょう。

チャート画面は初心者にはなかなかわかりづらく、熟練者でも完全に使いこなせている人は多くはないでしょう。

下記のページにて BITPointのチャートについてかなり詳しくまとめていますので、ぜひご覧ください。

BITPoint (ビットポイント) のアプリ

BITPointでは取引所から公式スマホアプリがリリースされています。スマホアプリをダウンロードしておけば、外出先からでもスムーズに取引所へアクセスすることができるのです。急な価格変動などに備えて、スマホアプリをダウンロードしておきましょう。

BITPoint Lite

アプリ機能一覧
スマホ対応
現物取引
FX
信用取引
ウォレット(送金)
Web対応-

BITPointからリリースされている「BITPoint Lite」では、仮想通貨の売買や資産の管理をカンタンに行うことができます。資産の状況や保有しているポジション、そして過去のポジションなどもすぐに確認できるので便利です。

BITPointでアカウント登録している方は、ぜひスマホアプリをダウンロードしておきましょう。


BITPoint Wallet

BITPoint WalletとはBITPoint独自の仮想通貨ウォレットアプリのことです。

仮想通貨を管理できるだけでなく決済用にも利用できるなど、BITPointユーザーは利用しておいて損はないでしょう。

対応通貨はBTC (ビットコイン)、ETH (イーサリアム)、BCH (ビットコインキャッシュ)、XRP (リップル)、LTC (ライトコイン)の5種類となっており幅広いラインナップになっています。


BITPoint Pay

先述の通り、BITPoint独自の決済サービスとなっています。BITPoint Walletと比べて決済機能に特化していますので、QRコードによる決済が可能となっており、従来以上のスピーディな店舗決済が可能となっています。

2019年4月現在、対応しているウォレットは上の「BITPoint Wallet」のみとなっていますので、利用の際は「BITPoint Wallet」をダウンロードしておきましょう。


今ご紹介しただけでもBITPointには3種類ものアプリが存在します。どれも機能性が高いと評判で用途をしっかりと使い分けることでかなりトレードがやりやすくなります。

BITPointのアプリについてもっと詳しく知りたい方はぜひこちらもご覧ください。

BITPoint (ビットポイント) の使い方

BITPointで日本円や仮想通貨の入出金方法、そして仮想通貨の注文方法を解説します。使い方を覚えて、円滑にBITPointを利用しましょう。

BITPoint (ビットポイント) の入金手順・方法

通常入金の方法

BITPointで日本円を入金するには、まずBITPointのアカウントにログインしましょう。

アカウントにログインしたら「入出金・振替」をクリックして、法定通貨入出金から「入金先口座情報」をクリックしてください。

入金先口座情報」からお客様専用入金口座を確認して、指定の口座に入金するようにしましょう。振込者の名義は、アカウント登録している名義と同じ名義を入力してください。

BITPointのお客様専用入金口座へ通常入金の手続きを行った場合、営業日の16時までの入金は当日に反映されます。しかし16時以降の入金は、翌営業日に反映されるので注意しましょう。

クイック入金の方法

BITPointで日本円をクイック入金するには、まずBITPointのアカウントにログインしましょう。

アカウントにログインしたら「入出金・振替」をクリックして、法定通貨入出金から「即時入金」をクリックしてください。

イオン銀行かジャパンネット銀行を選択しましょう。そして入金額を入力して「確認画面」をクリックします。確認画面が表示されるので、入金額を確認したら取引暗証番号を入力してください。「入金依頼」をクリックすれば手続きは完了です。

毎営業日の16時から16時10分の間は日替わり処理の時間帯にあたります。そのため即時入金は反映されません。翌日10時以降の入金として、通常の処理が行われます。

BITPoint (ビットポイント)の入金についてはこちらもご覧ください。

BITPoint (ビットポイント) の送金手順・方法

日本円出金

BITPointで日本円出金するには「入出金・振替」をクリックして、「出金」をクリックしましょう。出金手続き画面が表示されたら、指定方法の「金額指定」か「全額」を選んでクリックしてください。

出金額を設定したら「確認画面」をクリックしましょう。BITPointの出金手数料や反映時間は以下のとおりです。

出金情報一覧
出金反映時間出金依頼日から翌々営業日
出金手数料銀行振込手数料分のみ

BITPoint (ビットポイント)の出金についてはこちらもご覧ください。

仮想通貨送金 (出金)

BITPointから仮想通貨を他の取引所やウォレットに送金するには、まず「入出金・振替」をクリックして「送金(送付)」をクリックしましょう。画面が移動したら「送金する仮想通貨」を選択してください。

送金先アドレス」と「送金額」を入力して、「認証番号取得」をクリックしましょう。BITPointから認証番号を記載したメールが届きます。「認証番号」と「取引暗証番号」を入力して、「確認画面」をクリックしてください。

仮想通貨の出金反映時間は、仮想通貨ごとの性能や送金詰まり具合に依存します。

BITPoint (ビットポイント)の送金についてはこちらもご覧ください。

BITPoint (ビットポイント) の買い方

BITPointでの仮想通貨の買い方を解説します。まずはBITPointのアカウントにログインしましょう。

アカウントにログインしたら、上メニューの仮想通貨取引から「仮想通貨取引」を選択してクリックしてください。

取引画面に移動したら、「現物取引」「レバレッジ新規」「レバレッジ決済」から注文方法を選択しましょう。仮想通貨を普通に購入するだけであれば「現物取引」を選択してください。

次に注文画面から「ストリーミング」「シングル」「逆指値」を選択しましょう。各注文方法の特徴は以下のとおりです。注文画面に表示されている項目に、注文内容を記入して「注文」をクリックすれば注文は完了します。

注文方法一覧
ストリーミング不利な価格ではあるが、提示された価格で必ず約定する。
シングルシンプルな注文方法で、成行と指値を選択することができる。
逆指値指定価格以上で買い注文、指定価格以下で売り注文を出すことができる。

BITPoint (ビットポイント)の買い方についてはこちらもご覧ください。

BITPoint (ビットポイント) のセキュリティ

セキュリティ対応
コールドウォレット
マルチシグ
2段階認証
アカウントロック
取引所暗証番号
マルチシグ
ログイン履歴の通知
その他対策資産の分別管理

コールドウォレット

インターネットから完全に切り離されたウォレットのこと。コールドウォレットを用いることで、不正アクセスなどによる仮想通貨盗難の危険性はなくなりますが、コールドウォレットを物理的に盗まれてしまう危険性が存在することに注意しましょう


2段階認証

スマートフォンを使い、メールアドレスとパスワードでのログインの他に認証コードなどによってセキュリティを高める方法です。ほとんどの取引所・販売所で導入されているサービスですが、個人の資産を守るためには欠かせないので必ず設定しましょう。


SSL通信

インターネットによる情報を暗号化する技術です。


アカウントロック

パスワードを一定回数以上間違ってしまうと、アカウントへのログインがロックされる技術です。


取引時暗証番号

自分自身で設定する暗証番号のことです。


マルチシグネチャ

複数のシグネチャ(署名)を活用して、セキュリティを高める方法です。


ログイン履歴の通知

メールなどでログイン時に確認のメッセージが届きます。

安全性・信頼性

マザーズ上場のリミックスポイントの子会社

BITPointは電気関連事業や中古車販売事業を展開しているマザーズ上場の株式会社リミックスポイントの子会社です。このことから資金が豊富だと考えられていて、信頼性という面では他の取引所と比べると高評価のようです。

また、役員のメンバーも注目されていて、特別顧問には元金融庁長官の日野氏、代表取締役社長には事業売却・ベンチャーキャピタリストといった実績のある小田氏が配属されています。

信託スキーム

こちらはBITPointによって日本で初めて導入したサービスです。日証金信託銀行株式会社に利用者の資産を信託し、BITPoint社の資産と分けて管理を行うことです。

このサービスによってBITPoint社に何らかの問題が発生した場合でも、利用者の資産が失われるということはありません。こちらもまた信頼性を高めている材料の1つです。

BITPoint (ビットポイント) の口座開設方法

BITPointでアカウント登録・口座開設する手順を開設します。BITPointは取引手数料や仮想通貨の送金手数料などが無料なので、アカウント登録・口座開設しておいて損はありません。

BITPointの口座開設手順は、以下の手順で進んでいきます。

口座開設 全STEP
STEP1準備
STEP2ガイド・規約への同意
STEP3フォーム入力
STEP4本人確認情報の登録
STEP5ハガキの受け取り
STEP6口座開設完了確認

STEP1 準備

まずは口座開設に必要なものを準備しましょう。必要なものはこちらです

本人確認資料は下記のいずれかをご準備ください。

editMEMO


顔写真ありの場合、以下から1点を提出
運転免許証
パスポート
住民基本台帳カード
運転経歴証明書
顔写真なしの場合、以下から2点を提出
健康保険証
介護保険証等健康保険証
住民票の写し
年金手帳
児童扶養手当証書
福祉手帳
国税、地方税の領収書
社会保険料の領収証書
公共料金の領収書
納税証明書
印鑑証明書

他にも下記の準備が必要になります。

ご自身のメールアドレス

gmailやyahooメールなど普段お使いのメールアドレス
の記入で構いません。準備をしておきましょう。なお、金銭的なやりとりが発生する大事な口座ですので、できるだけ普段お使いのメールアドレスに集約されることをおすすめします。

出金口座

お持ちの預金銀行との連携で、口座番号などが必要です。なお、本人名義であるかどうかも念のため確認しておきましょう。

スマートフォン

セキュリティレベルを高くする2段階認証や電話番号登録の際に必要です。できれば手元に置いて作業しましょう。

STEP2 ガイド・規約への同意

BITPointでアカウント登録するには、まずガイドラインや利用規約への同意が必須です。面倒な作業になりますが、なるべく目を通しておくことをオススメします。

STEP3 フォームの入力

同意が済んだら、アカウント登録に必要な個人情報などの入力を行いましょう。住所や氏名などの入力情報に誤りがあると、本人確認がスムーズに進まなくなります。すべての情報を入力し終えたら、入力情報にミスがないか確認しましょう。

STEP4 本人確認情報の登録

本人確認書類は、顔つきであれば1部提出で本人確認が完了します。顔写真が付いていない本人確認書類を提出する場合は、2部用意して提出してください。

STEP5 ハガキの受け取り

アカウント登録・口座開設の手続きを完了すると、BITPointからハガキが郵送されます。ハガキが到着するまで、2~3営業日かかるので待ちましょう。

STEP6 口座開設完了確認

ハガキが到着したら、ハガキに記載されている初回ログイン情報を確認しましょう。初回ログイン情報を入力してログインすれば、BITPointでの口座開設は完了です。

「まだ口座開設が不安で・・」そんな方はこちらで登録の手続きを画像付きで全て解説していますので、ぜひご覧ください!

また、「BITpointのことはよくわかったけど、他の国内取引所のことも知りたい!」というはこちらの「国内取引所ランキング」をご覧ください。
国内おすすめランキング - 仮想通貨・ビットコイン取引所比較

BITPoint (ビットポイント) の口コミ・評判

口コミ平均点   4.28口コミ( 68件)
やまださん 43歳 / 男性   4

ビットポイントは送金や出金の各種手数料が無料なのがお気に入りです。手数料を払うのがもったいない気がするので。 仮想通貨FXの自動売買ができるのも良いと思います。売りか買いの判断が難しいFXも自動売買なら安心ですよね。

タケシさん 29歳 / 男性   5

bitpointに関しては、手数料が無料なところがメリットだと思いました。また、スマホアプリがとても便利だったので良かったです。そして、セキュリティレベルについても高かったので安心することができました。

kazuさん 30歳 / 男性   4

ビットポイントは、手数料の安さが1番なポイントだと思います。日本円の入出金時も手数料がかかりませんし、ビットコインやアルトコインの取引時にも手数料がかかりません。多くの取引所では日本円入出金と取引時には手数料を徴収されるので、これらが無料なことは非常にありがたいです。

BITPoint (ビットポイント) の詳細情報

基本情報
取引手数料 無料
スマートフォン対応
最大レバレッジ 4倍
取引ルール (追証) -
取引方法 現物 / FX
最低取引単位 0.0001BTC
セキュリティ コールドウォレット / マルチシグ / 2段階認証
サポート お問い合わせフォーム
法人口座
取扱通貨
取扱仮想通貨数 5
取扱通貨ペア数 JPYペア数 5
BTCペア数 0
ETHペア数 0
USDペア数 0
主な取扱仮想通貨
BTC
XRP
ETC -
LTC
BCH
XEM -
MONA -
LSK -
FCT -
EOS -
XLM -
USDT -
ADA -
XMR -
IOTA -
DASH -
TRX -
NEO -
BNB -
OMG -
BAT -
QASH -
HT -
REP -
会社概要
日本語対応
運営会社 株式会社ビットポイントジャパン
日本
所在地 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 36F
設立年月 2016年3月3日
代表取締役 小田 玄紀
資本金 44億3000万円
主要株主 株式会社リミックスポイント
登録番号 関東財務局長 第00009号 (仮想通貨交換業)
加入協会 一般社団法人 日本仮想通貨事業者協会 (JCBA) / 一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会 (JVCEA) / 日本貸金業協会
公式HP http://www.bitpoint.co.jp/
サポート メール ホームページのお問い合わせフォームにて対応
電話 0120-004-403 (平日9時〜17時 ※土日・祝日・年末年始は除く)
その他 -
取引手数料
現物取引
取引所 取引所 (BTC) 無料
取引所 (アルトコイン) 無料
ETH 無料
ETC -
XRP 無料
XEM -
MONA -
BCH 無料
LSK -
LTC 無料
販売所 販売所 (BTC) -
販売所 (アルトコイン) -
ETH -
ETC -
XRP -
XEM -
MONA -
BCH -
LSK -
LTC -
FX 約定時 無料
スワップ 0.035% / 日
信用取引 約定時 -
スワップ -
入出金
仮想通貨送金 (入出金)
ビットコイン送金 (入出金)手数料 無料
所要目安時間 -
備考 受金アドレス宛の送金情報がブロックチェーンに更新され次第、即座に口座残高へ反映されます。
イーサリアム送金 (入出金)手数料 無料
日本円出金
受付方法 銀行振込/即時入金サービス
対応可能時間 常時
最低金額 なし
最高金額 なし
所要時間 営業日15時までにお振込:即時反映 / 営業日15時以降にお振込:翌営業日9時以降
備考 -
クイック入金
コンビニ -
Pay-easy (ペイジー) -
ネット銀行対応 ◯ (ジャパンネット銀行 / 住信SBIネット銀行 / イオン銀行)
対応可能時間 常時
最低金額 なし
最高金額 なし
所要時間 即時
備考 -
その他手数料・費用
日本円出金 出金手数料 無料
備考 -
日本円入金 入金手数料 無料
備考 -
クイック入金 クイック入金手数料 無料
備考 -
アカウント・口座 作成・開設手数料 無料
口座維持費用 無料
備考 -
仮想通貨送受金 ビットコイン受金 (預入) 無料
ビットコイン送金 (送付) 無料
備考 -
イーサリアム受金 (預入) 無料
イーサリアム送金 (送付) 無料
取引ツール
ひとこと特徴 人気のトレーディングツールMeta Trader4 (MT4)での取引ができる取引所!
取引環境
メインツール名 BITPoint ADVANCE / Meta Trader4
板機能
画面カスタマイズ性
注文機能 注文方式数 3
成行
指値
逆指値
IFD -
OCO -
IFD-OCO -
トレール -
その他 -
対象OS Windows
Mac
ブラウザ
スマホ・モバイル取引ツール iOS
Android
利用条件 -
システムトレード -
チャート
チャート足タイプ ローソク足
チャート足タイプ数 1
チャート周期 1m,5m,10m,15m,30m,60m,1d,1w,1M
描写ツール
他通貨比較可否 -
テクニカル表示
テクニカル指標数 81
出来高
トレンド系 単純移動平均線
加重移動平均
指数平滑移動平均 (EMA)
一目均衡表
パラボリック
逆ウォッチ -
オシレーター系 相対性指数 (RSI)
順位相関係数 (RCI)
MACD
ボリンジャーバンド
ディレクショナル・ムーブメント・インデックス (DMI)
ボラティリティ
ウィリアムズ%R
サイコロジカルライン -
ストキャスティクス
スローストキャスティクス -
ファストストキャスティクス -
モメンタム
その他テクニカル指標
FX・レバレッジ
FX レバレッジ
倍率 4倍
強制ロスカット 証拠金維持率が100%を下回った場合
最低取引単位 0.0001BTC
保有建玉上限 500BTC
信用取引 レバレッジ -
倍率 -
強制ロスカット -
最低取引単位 -
保有建玉上限 -
先物 レバレッジ -
倍率 -
強制ロスカット -
最低取引単位 -
保有建玉上限 -
スマホアプリ
アプリ名 BITPoint Lite
使いやすさ
ひとこと特徴 使いたい機能に応じてアプリが分かれており、自分に合ったアプリを選択。初心者からプロまで使いやすい画面で取引が楽しめます。
対応端末
iPhone (推薦環境)
Android (推薦環境)
iPad
Web対応
機能
注文機能
入出金機能 -
ポートフォリオ機能
銘柄スクリーニング機能 -
ランキング機能 -
マーケット情報機能 -
リアルタイム価格レート表示機能
チャート
チャート足タイプ ローソク足,ライン
チャート足タイプ数 2
チャート足周期 1m,5m,10m,15m,30m,60m,1d,1w,1M
テクニカル表示
出来高 -
トレンド系 単純移動平均線 -
加重移動平均 -
指数平滑移動平均 (EMA) -
一目均衡表 -
パラボリック -
逆ウォッチ -
オシレーター系 相対性指数 (RSI) -
順位相関係数 (RCI) -
MACD -
ボリンジャーバンド -
ディレクショナル・ムーブメント・インデックス (DMI) -
セキュリティ
顧客資産の分別管理
保管方法 マルチシグ対応
コールドウォレット対応
不正ログイン対策 二段階認証
アカウントロック
ログイン履歴の通知
その他 -

BITPointの最新ニュース

仮想通貨・ビットコイン取引に便利な銀行口座

仮想通貨の取引に便利な銀行口座
住信SBIネット銀行
¥
0
取引手数料 ¥0
通常の仮想通貨取引所への振込手数料は最大月に15回まで無料です。
SBI証券と口座連携で便利
通帳がないだけで、使い勝手は一般的な銀行口座と変わりません。
還元率が0.6%
「Visaデビット付キャッシュカード還元率」は0.6%と圧倒的なコストパフォーマンスです。

仮想通貨・ビットコイン取引に便利なウォレット

仮想通貨の保管に便利なウォレットアプリ
GINCO
世界中どこでも使える
ウォレットに入れると世界どこでもすぐに使える!UIもシンプルで使いやすく簡単です。
安全なセキュリティ
高いセキュリティ!秘密鍵を端末のみで保存するクライアント型方式を採用 バックアップキーを保存することで、端末の紛失や盗難のリスクにもしっかりと対応!
JP
日本語に対応
日本語UI・日本語サポートで安心して利用できるUIだけではなく、カスタマーサポートも日本語で行なっているので断然使いやすい!
対応仮想通貨
Bitcoin / Ethereum / Bitcoin Cash / EOS / TRON / OmiseGO / DigixDAO / Status network / Augur / Zilliqa / 0x / Kyber Network / Decentraland / Zilla / VeChain
仮想通貨の保管に便利なハードウェアウォレット
LedgerNanoS
安心・安全のセキュリティ
完全オフライン管理の高い安全性を完備!PINコード設定や秘密キーの暗号化機能も兼ね備え、不正アクセスの脅威からあなたを守ります。
すばやい送金機能
取引所を介さず送金が可能!送金速度も変更自由で、初心者向けのかんたん操作。仮想通貨がいつでもどこでもあなたのもとに。
対応通貨の豊富さ
全27種類の仮想通貨に対応!国内取引所はこれ1つで管理可能。他のウォレットとの連携で、対応通貨をさらに拡張させる便利な機能も。
対応仮想通貨
Bitcoin / Etherium / Litecoin / Rippple / BitcoinCash / Etherium Classic / Dogecoin / Zcash / Dash / Stratics / Hello / Komodo / Posw / Ark / Expanse / Ubiq / Pivx / Vertcoin / Viacoin / Neo / Stealthcoin / Bitcoin Gold / Stellar / Hcash / Digibyte / Qtum

仮想通貨・ビットコイン取引所 一覧

bitFlyer (ビットフライヤー)
bitFlyer (ビットフライヤー)ビットフライヤー
GMOコイン
GMOコインGMOコイン
BITPoint (ビットポイント)
BITPoint (ビットポイント)ビットポイント
DMM Bitcoin
DMM BitcoinDMM ビットコイン
Liquid by Quoine (リキッドバイコイン)
Liquid by Quoine (リキッドバイコイン)リキッドバイコイン
bitbank (ビットバンク)
bitbank (ビットバンク)ビットバンク
bitbankTrade (ビットバンクトレード)
bitbankTrade (ビットバンクトレード)ビットバンクトレード
Coincheck (コインチェック)
Coincheck (コインチェック)コインチェック
BitTrade (ビットトレード)
BitTrade (ビットトレード)ビットトレード
FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所
FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所フィスコカソウツウカトリヒキジョ
SBIバーチャル・カレンシーズ
SBIバーチャル・カレンシーズSBIバーチャル・カレンシーズ
みんなのBitcoin
みんなのBitcoinみんなのBitcoin
BTCBOX (BTCボックス)
BTCBOX (BTCボックス)BTCボックス
Zaif (ザイフ)
Zaif (ザイフ)ザイフ
マネーパートナーズ
マネーパートナーズMoney Partners
ARG (アルゴ)
ARG (アルゴ)アルゴ
Bitgate (ビットゲート)
Bitgate (ビットゲート)ビットゲート
Xtheta (シータ)
Xtheta (シータ)シータ
Binance (バイナンス)
Binance (バイナンス)バイナンス
BitMEX (ビットメックス)
BitMEX (ビットメックス)ビットメックス
Huobi (フオビ)
Huobi (フオビ)フオビジャパン
Bittrex (ビットレックス)
Bittrex (ビットレックス)ビットレックス
Poloniex (ポロニエックス)
Poloniex (ポロニエックス)ポロニエックス
Bitfinex (ビットフィネックス)
Bitfinex (ビットフィネックス)ビットフィネックス
KuCoin (クーコイン)
KuCoin (クーコイン)クーコイン
CoinExchange (コインエクスチェンジ)
CoinExchange (コインエクスチェンジ)コインエクスチェンジ
Cryptopia (クリプトピア)
Cryptopia (クリプトピア)クリプトピア
liqui (リクイ)
liqui (リクイ)リクイ
Changelly (チェンジリー)
Changelly (チェンジリー)チェンジリー
Kraken (クラーケン)
Kraken (クラーケン)クラーケン
coinbase&GDAX (コインベース&ジーダックス)
coinbase&GDAX (コインベース&ジーダックス)コインベース
Bitstamp (ビットスタンプ)
Bitstamp (ビットスタンプ)ビットスタンプ
YoBit (ヨービット)
YoBit (ヨービット)ヨービット
HitBTC (ヒットビーティーシー)
HitBTC (ヒットビーティーシー)ヒットビーティーシー
OKCoin (オーケーコイン)
OKCoin (オーケーコイン)オーケーイーエックス
bithumb (ビッサム)
bithumb (ビッサム)ビッサム
KORBIT (コービット)
KORBIT (コービット)コルビット