世界最大手海外取引所Huobiが資本参加した今注目の取引所
総合評価
84
口コミ平均点
    4.27口コミ (15件)口コミを見る
総合評価 84
口コミ平均点   4.27
評価 評価項目 点数 順位 1位 2位 3位
金融庁認可 71 13

BitTrade (ビットトレード) のおすすめポイント

POINT
1

大手海外取引所Huobiが資本参加したことで注目を集めている取引所!

世界最大手取引所の一角、Huobiが提供する万全なセキュリティ体制と、顧客保護体制であんしん取引。 スタートガイドも充実しており、初心者でも安心安全で取引を始めることが可能。

POINT
2

世界で最も人気のある、使いやすいチャートツールを導入

BitTradeでは世界で最も親しまれ、100を超えるテクニカル分析が使えるTradingViewを採用。トレンドラインや一目均衡表はもちろん、通貨ペアの比較分析も可能。

POINT
3

日本で人気な仮想通貨を板取引で売買できる

ビットコイン(BTC)を始め、日本人に人気のリップル(XRP)やモナコイン(MONA)といった仮想通貨もしっかりカバー。板取引・指値注文ももちろん可能。

BitTrade (ビットトレード) の基礎知識まとめ

BitTrade (ビットトレード) の最新情報

2019年2月12日 追記
BitTradeはHuobiに買収され、2019年2月12日に「フォビジャパン株式会社」に商号を変更しました。
フォビジャパン株式会社」(旧BitTrade)の情報をお求めの方は下記URLをご覧ください

BitTrade (ビットトレード) の基本情報

基本情報
取引所/販売所取引所
取引仮想通貨数6種類
日本語対応
スマートフォン対応
最大レバレッジ-
取引方法現物取引
最低取引単位0.0001BTC
セキュリティコールドウォレット/マルチシグ対応
サポート-
法人口座

Huobi (フオビ) による買収

2018年9月12日に、BitTradeはHuobグループ買収されました。Huobは2018年6月に資金決済法に基づき、日本居住者向けのサービスの終了を告知していました。引き続き日本居住者に向けたサービスをおこなうため、すでに仮想通貨交換業者として登録されていたBitTradeを買収しました。

Huobi Globalは日本居住者のログインを停止し、BitTradeがHuobi Japanとして生まれ変わることで、日本人向けのサービスを展開しています。

BitTrade (ビットトレード) の特徴

BitTradeは2016年9月より運営されている取引所です。2017年9月29日に仮想通貨交換事業者として登録されました。また2018年9月12日に、BitTradeはHuobグループに買収されて、管理体制の充実や顧客保護の強化を進めています。

BitTradeは2019年1月18日に取引所のサービスを終了し、2018年12月10日よりHuobi Japan として新サービスを開始しました。

BitTrade (ビットトレード) のメリット

BitTradeのメリットについて解説します。

信頼性が高い

BitTradeのメリットとして、信頼性が高いという点があります。BitTradeは、金融庁登録済業者として日本国内の規制に準拠した取引所運営を行っています。

こうしたことから、国内取引所の中でも信頼性の高い取引所と言えるでしょう。

アカウント登録が簡単

BitTradeはアカウント登録が簡単です。メールアドレスと本人確認書類があれば、簡単にアカウントを登録することができます。

取引ツールが使いやすい

BitTradeは取引ツールが使いやすい点もそのメリットと言えます。アプリ1つで取引でき、チャートの分析や資産管理まで行うことができます。

こうした、ツールの使いやすさもBitTradeの魅力の1つと言えるでしょう。

手数料が安い

BitTradeは手数料が安いこともその特徴の1つです。BTC/JPYの取引手数料は0.2%となっており、安めに設定されています。

また、対応しているすべての仮想通貨の預け入れ手数料は無料のため、他の取引所から仮想通貨を送金する際にも非常に役立つと言えるでしょう。

情報量が豊富

BitTradeは情報量も豊富です。取り扱い通貨をさまざまな指標で分析できるため、現在の通貨のトレンドの把握はもちろんのこと、取引画面にはヘルプ画面もすぐに使えるように設定されており、困ったときには情報をすぐに検索することができます。

こうした情報量の豊富さもBitTradeの魅力の1つとなっています。

セキュリティ性が高い

BitTradeは、高度なセキュリティもその魅力の1つです。グーグルが提供する「Invisible reCAPTCHA」を使い、スパムボットを防止しています。

また、複数の秘密鍵で送金を行うマルチシグを採用しているため、仮想通貨の不正送金にも強くなっています。

このように、BitTradeは金融庁登録済み業者として、高度なセキュリティを構築しています。

チャートが使いやすい

BitTradeのチャートはTradingViewを採用しており、非常に使いやすいです。
また、このチャートはスマホにも対応されているため、外出先でもチャートをすぐに確認することができます。

デメリット

ユーザー数が少ない

BitTradeではユーザー数が少ないです。流通量も多くないことを意味しています。流通量が少ないと活発に取引がおこなわれず、取引が成立しにくいです。

また素早い取引ができないことや、流通量が安定しないことで価格のバランスが保てず、適正価格での購入も難しいこともあります。

充実した取引を望むなら取引量の多い取引所を利用したほうが良いでしょう。

売買手数料が比較的高い

詳細は後述しますが、他の取引所と比べるとBitTradeは手数料が高めです。
しかし、アルトコインを取引所で取引できることやセキュリティが堅牢なことを考えると、妥当な手数料であるとも言えるでしょう。

ユーザー数が少ない

タレントの小島瑠璃子さんを起用するなど、プロモーションに力を入れていますが、まだまだ認知度は低いです。
ユーザー数が少ないと自然と取引高も少なくなってしまいます。

FX取引ができない

FX取引ができないということはレバレッジをかけた取引ができないということです。
現物のみの取引となるのでリターンは少なくなるかもしれませんが同時にリスクを抑えられます。

BitTrade (ビットトレード) の取扱仮想通貨

取扱仮想通貨数
取扱仮想通貨数6種類
通貨ペア数8種類

決済通貨は日本円とBTC (ビットコイン)の2種類となります。

主な取扱仮想通貨
取扱通貨現物取引レバレッジ取引
BTC(ビットコイン) -
ETH(イーサリアム) -
BCH(ビットコインキャッシュ) -
LTC(ライトコイン) -
XRP(リップル) -
MONA (モナコイン)-

上記はBitTradeの取り扱い銘柄一覧です。BitTradeでは、この銘柄をすべて日本円で購入することができます。

モナコインは国産の人気コインでありながら、国内での取り扱いは意外と少なくなっています。こうした豊富な種類の仮想通貨を購入できる点も、BitTradeのメリットと言えるでしょう。

BitTrade (ビットトレード) の手数料

ここからは、BitTradeの手数料について確認していきましょう。

アカウント・口座開設手数料

アカウント・口座開設手数料
アカウント・口座開設無料
口座維持手数料無料

入出金手数料

入出金手数料
手数料法定通貨仮想通貨
入金手数料無料無料
出金手数料648円0.001BTC

取引手数料

取引手数料
通貨ペアメイカーテイカー
ビットコイン (BTC/JPY) 0.20% 0.20%
リップル (XRP/JPY) 0.25% 0.45%
ライトコイン (LTC/BTC) 0.30% 0.70%
イーサリアム (ETH/BTC) 0.20% 0.25%
モナコイン (MONA/JPY) 0.30% 0.70%
モナコイン (MONA/BTC) 0.30% 0.70%
ビットコインキャッシュ (BCH/JPY) 0.30% 0.70%
ビットコインキャッシュ (BCH/BTC) 0.30% 0.70%

上記の表は、BitTradeの取引手数料の一覧表です。ビットコイン以外の手数料は、他の取引所と比較すると多少高めに設定されています。

BitTrade(ビットトレード)の評判・口コミ

良い口コミ


HuobiによるBitTradeの買収は、海外企業がライセンスを持つ日本の取引所を買収した新しい例になっています。

悪い口コミ


BitTradeとBitbankはホワイトラベル契約で業務提携をおこなっており、同じシステムを使っていました。両方の顧客が同じシステム上で取引をしているため、取引量が集約していますが、手数料はBitTradeが高いことが指摘されています。

BitTrade (ビットトレード) のFX・レバレッジ

BitTradeのFX・レバレッジ取引はありません。

FX・レバレッジ取引をしたい方は、BitTradeではなく、他の取引所を利用することをおすすめします。

BitTrade (ビットトレード) の取引ツール

ビットトレードでは、他の取引所同様、チャートにTradingViewを採用しています。取引画面は以下のようになっています。他の大手のチャートは採用されていませんが、TradingViewの機能は非常に豊富ですので、BitTradeにて取引する際は、TradingViewを利用すればよいでしょう。

時間軸は1分足から1ヶ月までの13種類から選ぶことができます。チャートスタイルはベースラインを含む七種類から選ぶことができ、TradingViewのための78種類のインジケーターも利用することができます。

PC取引ツール

BitTradeはHuobiに買収されています。取引ツールにもHuobiの取引画面を使うことができます。

PC取引ツール チャート ーTradingViewー

BitTradeでは、世界中にユーザーがいる高性能チャートツールの「TradingView」を使うことができます。

これによって、チャートの細かな分析を、さまざまな指標を使って行うことができます。

BitTrade(ビットトレード)のアプリ

BitTrader

アプリ機能一覧
資産状況確認
日本円入出金
JPY取引
通貨ペア取引
現物取引
信用取引
FX
仮想通貨の出金
ウォレット(送金)

BitTradeでは、スマホ取引ツール「BitTrader」を使うことができます。このツールを使うことで、仮想通貨の取引はもちろんのこと、資産管理も一括してできるため非常に重宝します。

また、スマホアプリでもパソコン版とほとんど変わらずに、さまざまな指標を使ってチャート分析をすることができます。

BitTrade(ビットトレード)の使い方

BitTrade(ビットトレード)の入金手順・方法

日本円入金

BitTradeのアカウントにログインし、画面右上の人アイコンから「入出金」をクリックし、をクリックし、「日本円の入出金」を選択します。そこに表示される日本円振込み用の口座あてに入金すれば完了です。

仮想通貨入金

日本円入金の方法と同様の流れで、「入出金」から「ビットコインの入出金」を選択します。そこにビットコイン預入用アドレスが表示されますので、そのアドレスあてにビットコインを送金することが可能です。また、他の通貨も同様の手順で送金が行えます。

BitTrade (ビットトレード)の出金(送金)手順・方法

日本円出金

日本円入金と同様の流れで、「日本円の入出金」から「出金」→「銀行口座を登録」を選択します。そこで、出金に利用する講座を登録したら、選択した口座から出金額を設定し、完了ボタンを押します。

仮想通貨出金(送金)

「入出金」→「ビットコインの入出金」の流れから、左上の「引出」を選択します。
「アドレス追加」より送金先のアドレスと数量を設定

BitTradeの買い方・購入方法

トレード画面を表示したら右の取引メニューより、「指値」注文か「成行」注文のどちらかを指定します。

指値注文は取引板とチャートを元に自分で希望する価格と取引量を入力して取引をします。成行注文はその時に最もお得な価格で取引をおこないます。希望量を記入するだけで取引できます。

初めての取引で慣れていない人や素早く取引を済ませたい人は成行注文がおすすめです。

BitTrade (ビットトレード) のセキュリティ

セキュリティ対応
コールドウォレット
2段階認証
アカウントロック
取引時暗証番号
マルチシグ
ログイン履歴の通知

コールドウォレット

インターネットから完全に切り離されたウォレットのこと。コールドウォレットを用いることで、不正アクセスなどによる仮想通貨盗難の危険性はなくなりますが、コールドウォレットを物理的に盗まれてしまう危険性が存在することに注意しましょう


2段階認証

スマートフォンを使い、メールアドレスとパスワードでのログインの他に認証コードなどによってセキュリティを高める方法です。ほとんどの取引所・販売所で導入されているサービスですが、個人の資産を守るためには欠かせないので必ず設定しましょう。


アカウントロック

パスワードを一定回数以上間違ってしまうと、アカウントへのログインがロックされる技術です。


取引時暗証番号

自分自身で設定する暗証番号のことです。


マルチシグネチャ

複数のシグネチャ(署名)を活用して、セキュリティを高める方法です。


ログイン履歴の通知

メールなどでログイン時に確認のメッセージが届きます。

メリットでも解説しましたが、BitTradeは、高度なセキュリティを構築しています。

グーグルが提供する「Invisible reCAPTCHA」を使い、スパムボットの防止や、複数の秘密鍵で送金を行うマルチシグを採用しているため、仮想通貨の不正送金にも強くなっています。

BitTrade (ビットトレード) の口座開設方法

ここからは、BitTradeの口座開設方法を確認していきましょう。冒頭でも解説しましたが、BitTradeはHuobiに買収されており、12月10日から専用ページにて新規での口座開設がスタートしています。

今回の登録もそちらのページから行います。具体的な流れは以下のようになります。

口座開設 全STEP
STEP1準備
STEP2初期登録
STEP3基本情報の登録
STEP4本人確認情報の登録
STEP5ハガキを受け取る

下記で、それぞれの詳しい内容を確認していきましょう。専用ページは下記から移動することができるので活用してください。
BitTrade 公式サイト へ

STEP1 準備

まずは、BitTradeの口座開設の準備をしていきましょう。

editMEMO

本人確認資料
運転免許証
パスポート
マイナンバーカード(顔写真月のもの)
住民基本台帳カード
健康保険証
住民票の写し
年金手帳
福祉手帳
印鑑登録証明書
在留カード
特別永住者証明書

現住所の確認が取れることが必須となるので、住所の記載がない場合や、間違っている場合は住民票などの補助書類を準備するという意識で構いません。

他にも下記の準備が必要になります。

ご自身のメールアドレス

gmailやyahooメールなど普段お使いのメールアドレスの記入で構いません。準備をしておきましょう。なお、金銭的なやりとりが発生する大事な口座ですので、できるだけ普段お使いのメールアドレスに集約されることをおすすめします。

出金口座

お持ちの預金銀行との連携で、口座番号などが必要です。なお、本人名義であるかどうかも念のため確認しておきましょう。

スマートフォン

セキュリティレベルを高くする2段階認証や電話番号登録の際に必要です。できれば手元に置いて作業しましょう。

STEP2 初期登録

メールアドレスを登録

BitTradeの買収後の専用アカウント開設ページにて「口座開設」をクリックします。その後、赤枠①に準備しておいたメールアドレスと、ログイン用のパスワードを入力します。

入力が完了したら②の「新規登録」をクリックしましょう。ちなみに、パスワードは英数字で8文字以上となり、大文字も1文字以上混ぜる必要があります。中点として覚えておきましょう。

認証用URLからパスワードを設定

すると上記の画面に移動します。登録したメールアドレスに60秒間有効となるパスワードが届いているので、赤枠の①に入力しましょう。入力が完了したら、赤枠②の「新規登録」をクリックします。

60秒以上経過してしまうと、このパスワードは無効となってしまうので、注意しておきましょう。

STEP3 基本情報の登録

BitTradeの会員用ページにて基本情報を登録していきます。個人認証の項目から、取引動機などを選択しましょう。

完了すると、上記の画の個人情報の登録画面に移動します。上の赤枠のところに、名前や住所などの基本情報を登録していきましょう。完了したら下の赤枠の「次へ」をクリックします。

STEP4 本人確認情報の登録

本人確認書類をアップロード

すると上記の本人確認書類をアップロードする画面に移動します。一番上の赤枠から書類の種類を選択しましょう。中段の赤枠には書類の表面をアップロードします。最後に一番下の赤枠から、書類の裏面をアップロードします。

STEP5 ハガキを受け取る

本人確認が完了すると、BitTradeからアカウント開設用のハガキが届きます。このハガキは住所確認の意味もあるので、しっかりと受け取るようにしましょう。

二段階認証登録

BitTradeでは、以下の2種類の方法で二段階認証の設定を行うことができます。

  • SMS
  • GA認証 (Google Authenticator)

設定はアカウントページのセキュリティの項目から設定できます。不正ログインや違法な送金を防ぐためにも、二段階認証は必ず設定しておくようにしましょう。

▼ BitTradeの口座開設手順については以下のコンテンツで詳しく説明していますのでぜひ参考にしてください。

BitTrade (ビットトレード) の口コミ・評判

口コミ平均点   4.27口コミ( 15件)
こうすけさん 26歳 / 男性   4

BitTradeについてはチャートが高性能です。また、入金の際に手数料が一切かからなかったので安心することができますね。ただ、レバレッジ取引が無いところがデメリットだと思います。

shoさん 23歳 / 女性   5

取り扱いの通貨の種類がたくさんあって有名なビットコインが多く通貨に関するニュースも速く色んな情報がみれるので使いやすかったです。セキュリティ面が強く個人情報流失もあまりなく安心して利用できるので利用しやすいです。

ryoさん 25歳 / 男性   5

基本的にビットコインとイーサを取引できるので利用しています。他の取引所に比べて流通量は少ないかもしれませんが、手数料もお手頃で、何よりUIが見やすいので他の取引所よりも利用回数が多いのが現状です。また、セキュリティーもしっかりしているので安心して使っています。

BitTrade (ビットトレード) の詳細情報

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引に便利な銀行口座

暗号資産の取引に便利な銀行口座
住信SBIネット銀行
¥
0
取引手数料 ¥0
通常の暗号資産取引所への振込手数料は最大月に15回まで無料です。
SBI証券と口座連携で便利
通帳がないだけで、使い勝手は一般的な銀行口座と変わりません。
還元率が0.6%
「Visaデビット付キャッシュカード還元率」は0.6%と圧倒的なコストパフォーマンスです。

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引に便利なウォレット

暗号資産の保管に便利なウォレットアプリ
GINCO
世界中どこでも使える
ウォレットに入れると世界どこでもすぐに使える!UIもシンプルで使いやすく簡単です。
安全なセキュリティ
高いセキュリティ!秘密鍵を端末のみで保存するクライアント型方式を採用 バックアップキーを保存することで、端末の紛失や盗難のリスクにもしっかりと対応!
JP
日本語に対応
日本語UI・日本語サポートで安心して利用できるUIだけではなく、カスタマーサポートも日本語で行なっているので断然使いやすい!
対応暗号資産
Bitcoin / Ethereum / Bitcoin Cash / EOS / TRON / OmiseGO / DigixDAO / Status network / Augur / Zilliqa / 0x / Kyber Network / Decentraland / Zilla / VeChain
暗号資産の保管に便利なハードウェアウォレット
LedgerNanoS
安心・安全のセキュリティ
完全オフライン管理の高い安全性を完備!PINコード設定や秘密キーの暗号化機能も兼ね備え、不正アクセスの脅威からあなたを守ります。
すばやい送金機能
取引所を介さず送金が可能!送金速度も変更自由で、初心者向けのかんたん操作。暗号資産がいつでもどこでもあなたのもとに。
対応通貨の豊富さ
全27種類の暗号資産に対応!国内取引所はこれ1つで管理可能。他のウォレットとの連携で、対応通貨をさらに拡張させる便利な機能も。
対応暗号資産
Bitcoin / Etherium / Litecoin / Rippple / BitcoinCash / Etherium Classic / Dogecoin / Zcash / Dash / Stratics / Hello / Komodo / Posw / Ark / Expanse / Ubiq / Pivx / Vertcoin / Viacoin / Neo / Stealthcoin / Bitcoin Gold / Stellar / Hcash / Digibyte / Qtum