FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所 の評判・手数料・取り扱い通貨

金融情報サービスを扱うフィスコグループの仮想通貨取引所
もっと詳しく見たい場合
公式サイトを見る
評価 評価項目 点数 順位 1位 2位 3位

FISCO仮想通貨取引所 (フィスコ) のおすすめポイント

POINT
1
多数の独自トークンを取り扱い
フィスココイン(FSCC)・ネクスコイン(NCXC)・カイカコイン(CICC)等の独自トークンの取引が可能! ビットコイン(BTC)はもちろん、モナコイン(MONA),ビットコインキャッシュ(BCH)も取り扱い。
POINT
2
ジャスダック上場企業が運営する、将来性ある取引所
フィスコ仮想通貨取引所は元々はZaifのシステムをOEMで使っていましたが、2018年9月に独立。 今後は独自のサービスを提供するものと考えられます。運営母体のフィスコはジャスダック上場企業なので、安心の運営体制!
POINT
3
取引所と販売所の両方に対応
取引所と販売所の両方を扱っています。通貨によって対応していないものもありますが、うまく使い分けるのがおすすめです。
もっと詳しく見たい場合
公式サイトを見る

FISCO仮想通貨取引所 (フィスコ) の口コミ・評判

総合評価:
★★★
PIKO
さん
女性 / 48歳
評価:
★★★

親会社のフィスコは、JASDAQに上場している会社です。安定感・安心感という意味で、やはり上場企業が運営しているというのは強いと思います。フィスコ仮想通貨取引所での取引手数料が無料なのも、手が出しやすいです。取引画面がわかりずらいというかみずらいので、そこは今後改善してもらえたらなと思います。

どすこい
さん
男性 / 37歳
評価:
★★★★

仮想通貨の流出のニュースなどもあって、仮想通貨の購入についてはセキュリティ面にどうしても不安を抱いてしまうものですが、ここはセキュリティ面がしっかりとしているように思っています。認証が二段階になっていたり、コールドウォレットに対応しているなど安心して取引できています。

さんちゃん
さん
女性 / 30歳
評価:
★★

FISCO仮想通貨取引所では、取引手数料は無料です。 大手企業が運営しているので、安心感があります。 FISCO仮想通貨取引所では、クレジットカード入金ができません。あとは取引画面が少しみづらいかもしれません。

りょうちゃん
さん
女性 / 39歳
評価:
★★★

とにかくすぐバグります。取引したい時に売り買いできないこともしょっちゅうです。しかし他の取引所では扱っていないトークン類があるのが魅力。 後はもう少し取り扱い銘柄を増やしてくれるといいなと思います。全体的には普通かな。

aoki87
さん
女性 / 27歳
評価:
★★★★

FISCOは2段階認証、アカウントロック機能、SSL暗号化通信などセキュリティー面を強化しており、安心して通貨を取引することができることが魅力的です。仮想通貨を取り扱ううえで、セキュリティー面が不安だと取引がしにくくなるので、その面ではFISCOはとてもおすすめです。

monburan
さん
女性 / 54歳
評価:
★★★★

フィスコ仮想通貨取引所は、2018年9月にリニューアルオープンしました。 取引手数料が0円なので、ローリスクで仮想通貨の売買をスタートできます。 初心者専門の「簡単売買」と中級者以上専門の「取引所」という2タイプのストラクチャがあり、「簡単売買」では1回分の売買金額の最高限度がおよそ10万円までです(1日で50万円まで)。難解なリスト画面は無く、初心者でもトレードがスムーズなのが特質です。 また、金額の最高限度が無く、ユーザー間でビットコインやモナコインの取引OK!です。 フィスコ仮想通貨取引所のメリット点は、下記の5つです。 *JASDAQ上場会社フィスコの豊富な金融ノウハウを持つ *多種多様なテクニカル分析が駆使可能な高機能チャートが活用OK! *APIが活用OK! *独自の仮想通貨であるカウンターパーティートークンを購買OK! *仮想通貨の情報を確認可能なアプリケーション 「仮想通貨ナビ」

たくや
さん
男性 / 48歳
評価:
★★★★

私は1年程フィスコを利用してビットコインを運用しています。一番のメリットは手数料が掛からないと言う事です。セキュリティも万全だと思います。指値注文を行うことができ自分の狙った所で取引出来るのでトライし易いと思います。親会社もしっかりしてて信頼できます。

FISCO仮想通貨取引所 (フィスコ) の詳細

Fisco の詳細情報(取引手数料)
会社名 取引所 取引所(BTC) 取引所(アルトコイン) ETH(取引所) ETC(取引所) XRP(取引所) XEM(取引所) MONA(取引所) BCH(取引所) LSK(取引所) LTC(取引所) 販売所 販売所(BTC) 販売所(アルトコイン) ETH(販売所) ETC(販売所) XRP(販売所) XEM(販売所) MONA(販売所) BCH(販売所) LSK(販売所) LTC(販売所) FX約定 FXスワップ 信用取引約定 信用取引スワップ
FISCO仮想通貨取引所
口座開設
0.10% 0.10% 0.10% - - - - - 0.10% - - - - - - - - - - - - - - - - -
Fisco の詳細情報(入出金手数料)
会社名 BTC出金(送金)手数料 日本円出金手数料(30000円未満) 日本円出金手数料(30000円以上) 日本円出金手数料(50000円以上) 日本円入金手数料 日本円入金手数料(30000円未満) 日本円入金手数料(30000円以上)
FISCO仮想通貨取引所
口座開設
0.001BTC 350円 350円 756円 無料 無料 無料
Fisco の詳細情報(取扱仮想通貨)
会社名 取扱仮想通貨数 JPYペア数 BTCペア数 ETHペア数 USDペア数 主な取扱仮想通貨
FISCO仮想通貨取引所
口座開設
6 6 5 0 0 BTC(ビットコイン)、MONA(モナコイン)、FSCC(フィスココイン)、NCXC(ネクスコイン)、CICC(カイカコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)
Fisco の詳細情報(FX、レバレッジ、チャート)
会社名 メインツール名 注文方式数 テクニカル指標数 チャート数 レバレッジ 強制ロスカット 最低取引単位 FX対応 信用取引対応 先物対応
FISCO仮想通貨取引所
口座開設
- 2 3 1 - - 0.0001BTC - - -
Fisco の詳細情報(スマホアプリ)
会社名 スマートフォン対応 現物取引 FX取引 信用取引 ウォレット (送金機能) Web対応 使いやすさ スマホアプリのポイント
FISCO仮想通貨取引所
口座開設
- - - - - - - -
Fisco の詳細情報(セキュリティ)
会社名 マルチシグ対応 コールドウォレット対応
FISCO仮想通貨取引所
口座開設
◯(確認できるのはBTCのみ) -

仮想通貨取引の勢いが増す中、様々な企業・トレーダーが一斉に仮想通貨業界への参入を果たしました。国内外問わず様々な取引所が開設され、仮想通貨自体の開発・公開も進み、多種多様な銘柄が売買されています。

しかし、仮想通貨の話題沸騰と同時に、取引所のずさんな管理体制や仮想通貨自体の安全性といった様々な問題が明るみになり「コインチェック事件」を始めとした取引所による不祥事の連続によって、世間一般に「仮想通貨は危ない」との誤認を植え付け、仮想通貨業界に大きな打撃を与えました。

さらに、海外取引所の中でも世界最大と言われる「Binance」では、中国当局の厳しい規制やハッキング被害、配布していた通貨が消滅するなど、不安要素が膨らみ続け信用性の問題が浮き彫りになっています。

今、新規の取引所に求められているのは、会社の「信頼性」と管理の「安全性」です。
FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所は、既存の取引所に欠けているこの2つの点を補えるというアドバンテージを持つ取引所になります。

fisco(フィスコ)仮想通貨取引所 とは

2016年4月12日に「株式会社フィスコ仮想通貨取引所」によって開設された取引所です。

日本で開設・運営されている国内取引所の一つで、金融業界の大手企業「株式会社フィスコ」を親会社に持ちます。セキュリティ性を始めとした、安心感の強い要素を多く持ち初めて仮想通貨の取引に触れる方でも安心して利用が出来る取引所です。

取り扱っている通貨は多くありませんが、ビットコイン・モナコインなど国内産通貨の他、独自のトークンを取り揃えています。

fisco(フィスコ)仮想通貨取引所 の基本情報

fisco(フィスコ)仮想通貨取引所は株式会社フィスコグループ会社であり、株式会社フィスコデジタルアセットグループの100%子会社にあたります。2017年9月には金融庁の仮想通貨交換業者として登録されました(近畿財務局長 登録番号00001号)。

また、fisco(フィスコ)仮想通貨取引所は国内取引所「zaif」との業務連携を図っています。この為、システムを一部流用しています。手数料の安さや取引画面の構成、チャート性能など類似している部分が多存在します。

fisco(フィスコ)仮想通貨取引所 の特徴(メリット・デメリット)

fiscoには他の取引所にはない、3つの特徴があります。利用前には必ず取引所の特徴を把握し、自身のトレードスタイルに合っているのか確認しましょう。

fisco(フィスコ)仮想通貨取引所 の特徴

金融サービスを提供しているフィスコが親会社

image

運営しているのは、JASDAQ上場の企業「株式会社フィスコ」です。フィスコは株・為替などの金融情報を扱う大手の情報発信会社で、金融関連の多様なサービスを提供しており、fiscoもその一つです。

フィスコは経営に関して高い健全性・安全性を謳っており、上場企業故の信頼性を誇ります。金融業界の専門企業である為、管理体制や資金運転の仕組みが整っており、流出や破産など既存の取引所にある不安要素がありません。

FSCC・NCXC・CICC等の様々な仮想通貨トークンを扱っている

image

fiscoでは、2018年1月に独自のトークンを取り扱い始めました。SCC・NCXC・CICCはそれぞれフィスコグループを中心とした関連企業から発行されます。

企業が発行する独自トークンは、資金調達を目的に発行される「株券」のような役割を持ちます。また、「株主優待」としての役割も持ち、これらのトークンを保有することでフィスコグループが提供する、様々なサービス利用が可能になります。

フィスココイン(FSCC)・ネクスコイン(NCXC)・カイカコイン(CICC)

発行元の名を冠した企業独自のトークンです。株式会社ネクス、株式会社カイカはそれぞれフィスコのグループ企業であり、この3つはほぼ同質のトークンとなります。

主に利用できるサービスとして、FSCCは金融関係資料の購入、NCXCは農業関係のサービス利用、CICCはセミナーやカンファレンスなどの受講参加など、多岐に渡ります。
また、この3つのトークンはfiscoだけでなく、Zaifでも取引されています。

取扱い通貨が「取引所」で購入できる

image

fiscoは「販売所」「取引所」の両方が利用出来ます。取引所は販売所よりも手数料が安く、価格変動により差益を生み出すことが可能です。
fiscoの取引手数料は比較的割安で、国内産通貨の手数料が無料な他、トークンの取引も0.1%~0.3%程度の手数料で取引が行えます。

FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所 のメリット

fiscoのメリットは大手企業という「安心感」にあります。大手の金融企業が運営しているだけあり、万全のセキュリティ体制が敷かれています。
更に、トークン保有による株主優待の恩恵を受けることが出来るなど、他の取引所にはない強いメリットがあります。

セキュリティが強い

image

インターネット上で通信されるデータは全て暗号化されるため、プライバシーや取引に関する情報の盗難・流出を防ぐことが出来ます。また、サーバーの証明書は第三者機関である「認定局(CA)」によって発行されるため、不正ユーザーのなりすましによる被害の心配もありません。

預金などは全て分離されて保管されるため、ハッキングによる盗難被害や資金の府営運用といった心配もなく、アカウントロックによる厳重なセキュリティ強化のため、不正な入金・送金を防ぐことも出来ます。

独自トークンを購入することができる

運営資金調達の役割を持つほか、保有者は株主優待のサービスを受けることが出来ます。トークンを発行しているフィスコ・ネスク・カイカの3社は特設サイトを開設しており、様々な企業府が提供するサービスの利用が可能です。

企業で発行するトークンはトークンエコノミー(仮想通貨経済圏)という、トークンを通貨とし利用できる経済圏を構成することが出来ます。その為、法的通貨を介さずに、トークンでの取引が可能になるのです。

fisco(フィスコ)仮想通貨取引所 のデメリット

しかし、機能面において様々なデメリットも存在します。取り扱い通貨の少なさやレバレッジ取引不可など、ユーザーによっては致命的だともいえる欠点を持ちます。アップデートなどで改善される可能性も十分ありますので、今後の更新に注目です。

取扱通貨数が少ない

image

取り扱い通貨は、独自トークンを含めた国内産の通貨のみと、非常に少ないです。特に、人気上昇中のイーサリアムやリップルといった通貨の取引が出来ない、という点は大きな痛手と言えます。複数の銘柄で損益の分散化を図っている方には、やや不向きな取引所と言えます。

利用者が少ないので流動性が低い

サービスを開始したばかりということもあり、Bitflyerやzaifといった知名度の高い取引所よりも利用者が少ないのが現状です。
流動性の低い通貨を利用する際、注文を出しても約定出来ないなど、取引の際に不利が出るので注意しましょう。

クレジットカード入金ができない

image

クレジットカードによる入金には非対応です。銀行振り込みを行うか、ビットコインを送金し預け入れをするかの2択になります。
その他、郵便為替、現金書留などの入金も不可です。これらの入金を主に行っている方は注意しましょう。

レバレッジ取引ができない

レバレッジ取引へ対応しておらず、少額で多額の証拠金を動かすような取引は出来ません。仮想通貨取引によって大きな利益を得たいという人にも不向きです。しかし、今後の更新によって対応可能になる可能性も十分あるので、今後の改善に期待しましょう。

fisco(フィスコ)仮想通貨取引所 の手数料

fisco(フィスコ)仮想通貨取引所の手数料は以下のようになっています。

fisco(フィスコ)仮想通貨取引所 の取引手数料

fisco(フィスコ)仮想通貨取引所 取引手数料
ビットコイン(BTC)0.10%
ビットコインキャッシュ(BCH)0.10%

fisco(フィスコ)仮想通貨取引所では取引手数料は0.10%となります。

fisco(フィスコ)仮想通貨取引所 の入出金手数料

fisco(フィスコ)仮想通貨取引所 入出金手数料
入金手数料無料
出金手数料(BTC)0.001BTC
日本円出金手数料(5万円未満)350円
日本円出金手数料(5万円以上)756円

ビットコインの出金(送金)手数料

一度に0.001BTCがかかります。

日本円での出金手数料

出金額が5万円未満の場合は350円、5万円以上になると756円となっています。

fisco(フィスコ)仮想通貨取引所 の取り扱い通貨

fisco(フィスコ)仮想通貨取引所は以下の取扱通貨を取り扱っています。()のは通貨のシンボル。
BTC(ビットコイン)、MONA(モナコイン)、FSCC(フィスココイン)、NCXC(ネクスコイン)、CICC(カイカコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)

fisco(フィスコ)仮想通貨取引所 取り扱い通貨一覧
BTC(ビットコイン)MONA(モナコインFSCC(フィスココイン)
NCXC(ネクスコイン)CICC(カイカコイン)BCH(ビットコインキャッシュ)

fisco(フィスコ)仮想通貨取引所 のまとめ

親会社が上場企業という強いメリットを持つことに加え、機能・セキュリティの両面を踏まえると、fisco(フィスコ)仮想通貨取引所は「仮想通貨取引を始める方」に向いている取引所です。

最低限の機能が備わっていることから、上級者が利用するにはややもの足りない部分もありますが、「仮想通貨の取引を始めてみたい」と思案している方に、強く推奨したい取引所です。また、高い安全性と信頼性が評価されfisco(フィスコ)仮想通貨取引所の利用者は日々増加傾向にあります。今後ますます注目度が上がり、独自トークンの取引などで期待が形になれば様々な発展を遂げ、大きなアップデートが来る可能性もあるでしょう。

仮想通貨の取引は流出事件などをよく耳にするので不安、という方でも、安全性の高いフィスコであれば安心して利用できます。この機会に、是非とも登録を検討してみましょう。

FISCO仮想通貨取引所 (フィスコ) の会社概要

日本語対応対応
運営会社名称株式会社フィスコ仮想通貨取引所
日本
所在地大阪府岸和田市荒木町2-18-15
設立2016年4月12日
代表取締役越智直樹
資本金3億8706万円
主要株主シークエッジ インベストメント インターナショナル リミテッド , 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 , 株式会社サンジ・インターナショナル
登録番号近畿財務局長、第00001号
加盟組合/協会一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会 (JVCEA) /
公式HPhttps://fcce.jp/
もっと詳しく見たい場合
公式サイトを見る

取引をはじめるまでのステップ

POINT
1
取引所にアカウント登録
メールアドレスと個人情報の登録をします。
必要な情報
  • 本人確認資料
    マイナンバーや免許証など
  • メールアドレス
POINT
2
取引所と口座の連携
仮想通貨取引所とお持ちの預金口座を連携します。
必要リスト
  • お持ちの預金口座
  • 取引所のアカウント
POINT
3
口座から取引所に入金
お持ちの預金口座から仮想通貨取引所に入金します。
必要リスト
  • お持ちの預金口座
  • 取引所の入金先口座番号
仮想通貨の取引に便利な銀行口座
住信SBIネット銀行
¥
0
入金手数料 ¥0
同行同士又は三井住友信託銀行宛であれば金額や期間を問わず入金手数料が無料!また、通常の仮想通貨取引所への入金手数料は最大月に15回までなんと無料に!
入金反映時間がとにかく速い
5分〜20分で入金が完了する迅速で速い入金処理を実現!主要コンビニで24時間ATMとも連携しているため、土日や夜中の3時であっても振込が可能!
ほとんどの国内取引所と提携
他の銀行から入金する場合振込手数料がかかりますが、ほとんどの仮想通貨取引所が提携済みの住信SBIネット銀行なら確実に入金手数料を無料に出来る!
連携対応取引所(手数料が無料になる取引所)
bitFlyer/ Zaif/ coincheck/ bitbank/ Liquid by Quoine/ BITPoint/ SBIバーチャルカレンシーズ/
仮想通貨の保管に便利なウォレットアプリ
GINCO
世界中どこでも使える
ウォレットに入れると世界どこでもすぐに使える!UIもシンプルで使いやすく簡単です。
安全なセキュリティ
高いセキュリティ!秘密鍵を端末のみで保存するクライアント型方式を採用 バックアップキーを保存することで、端末の紛失や盗難のリスクにもしっかりと対応
JP
日本語に対応
日本語UI・日本語サポートで安心して利用できるUIだけではなく、カスタマーサポートも日本語で行なっているので断然使いやすい!
対応仮想通貨
Bitcoin / Ethereum / Bitcoin Cash / EOS / TRON / OmiseGO / DigixDAO / Status network / Augur / Zilliqa / 0x / Kyber Network / Decentraland / Zilla / VeChain

FISCO仮想通貨取引所 (フィスコ) を見たあなたにおすすめの仮想通貨取引所比較ランキング

仮想通貨・ビットコイン取引所 おすすめ比較・ランキング 一覧
※本調査は2018年10月18日時点のものになります。

【取引所ランキングの評価に関して】当ランキングに関しましては、トレーダーやユーザー様の口コミデータ、ネット上の情報、仮想通貨投資専門のトレーダーのご意見、などから総合的に判断しランキング付けを行っております。【ご注意】ビットコインをはじめとする仮想通貨の取引には、価格変動、流動性、ネットワークリスク等のリスクがあります。『仮想通貨部 かそ部』における仮想通貨売買に関する情報はあくまでも本サイト単体見解によるものであり、情報の真偽、仮想通貨の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。また『仮想通貨部 かそ部』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。これらの情報には将来的な仮想通貨の予測や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで本サイトによる予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でお願いいたします。また、『仮想通貨部 かそ部』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。