この記事のポイント
  • モナコイン (MonaCoin/MONA) を買うなら取引所形式がおすすめ
  • 急な値上がりをしていないときに買うのがおすすめ
  • 東京を中心にモナコイン (MonaCoin/MONA) を使える店が広がっている

モナコイン (MonaCoin/MONA) は日本で東京を中心に実用性がある仮想通貨です。モナコイン (MonaCoin/MONA) は日本の取引所で購入できます。
本記事では モナコイン (MonaCoin/MONA) の買い方について説明します

▶ 『仮想通貨のおすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

購入する前に知りたい!モナコイン (MonaCoin/MONA) とは

モナコイン (MonaCoin/MONA) の基本情報

モナコイン基本スぺック
通貨名MONA
開発者Mr.Watanabe
発行開始日2014年1月1日
発行上限枚数1億512万MONA
取引承認方式PoW (Proof of Work)
時価総額約132億円

モナコインは2014年に発行された国産の仮想通貨です。ライトコインをベースに作られ実用的な機能を持っています。モナコインには以下の機能が実装されています。

  • Segwit機能の世界初導入
  • アトミックスワップ機能
  • コミュニティの結束力が固い

Segwit機能の世界初導入

モナコインは 世界ではじめてSegwitの機能を実装した仮想通貨です。SegwitとはSegregated Witnessの略で、1つ1つの取引データを小さくすることでトランザクションの処理を速くする技術です。ビットコインは過去にトランザクションが急激に増加することで処理のスピードが遅くなり、よく送金詰まりがおきていました。

モナコインにはSegwitが実装されており、一つ一つの取引データの大きさを縮小することで1つのブロックにより多くのトランザクションを格納できます。ビットコインは処理に10分かかるところを、 モナコインは1分ほどで完了します

▶ 『Segwitの』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

アトミックスワップ機能

またアトミックスワップ機能があることで、 取引所を経由しないでモナコインと他の仮想通貨を交換できます。現在ではモナコインとビットコインを交換できます。

▶ 『アトミックスワップの』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

コミュニティの結束力が固い

さらにモナコインは秋葉原などで良く使用されており、モナコインのコミュニティにはモナコインを使って生活を盛り上げようという雰囲気があります。秋葉原のメイド喫茶やショップ、さらにはモナコインが使用できるWebサービスの開発も進んでいます。

モナコインは多くのコミュニティが存在しており、熱心な議論が行われています。使用用途が不明なアルトコインに比べてモナコイン経済圏がしっかり作られており、今後も需要の増加が見込まれています。

実利用が多いモナコイン (MonaCoin/MONA)

モナコインは、モナコインを支持する人たちによって、活発に利用されています。たとえば実店舗やコミケ、ウェブストアでの支払いに使われています。他の仮想通貨に比べて利用が活発なのは、「モナコインを好きな人たちが多いから」といえるでしょう。

なおモナコインの熱烈なファンは、通称「モナコイナー」と呼ばれています。このモナコイナーたちが、モナコインの認知を広めるために活動しているようです。

モナコイン (MonaCoin/MONA) が定着させた「投げ銭」文化

モナコインは、投げ銭用の通貨として使われています。というのもモナコインは1通貨あたりの単価がビットコインなどに比べて極めて安いからです。2020年9月現在の価格は、ビットコインが約110万円なのに対し、モナコインは約140円です。

ビットコインと比較すると、気軽に人にあげれるくらいの金額だといえるでしょう。少額を投げ入れる「投げ銭」文化にはぴったりです。

またモナコインの投げ銭文化が広まっている理由には、モナコインのファンが多いこともあげられます。インターネット上でモナコインのやり取りを行えるアプリがありますが、これらもモナコインを支持する人によって作られました。

たとえば掲示板に投稿したりレスをしたりすることでモナコインをやり取りできる「Ask Mona 3.0」があります。投稿を見てモナコインを送ったり、質問したり答えたりしてモナコインをもらえるものです。このようにモナコインは、ファンによって投げ銭に活用されています。

▶ 『モナコイン (MonaCoin/MONA)』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

モナコイン (MonaCoin/MONA) のチャート・価格変動

モナコイン (MonaCoin/MONA)-bitbankチャート

モナコインは5月31日を境に 高騰しています。原因はCoincheckへのモナコインの上場で、上場発表前の5月30日の時点では90円前後だったのが、 上場発表後には400円近くまで上昇しました。

2020年2月20日現在は価格は落ち着いたものの、200円から240円あたりを推移しています。

▶ 『モナコイン (MonaCoin/MONA)』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

モナコイン (MonaCoin/MONA) の買い方・購入方法は3通り

販売所形式でモナコイン (MonaCoin/MONA) を購入する

販売所形式なら簡単にモナコインを購入できます。購入量を決めてボタンを押すだけで取引が完了します。しかし販売所形式では、 販売元の取引所が売値と買値の差 (スプレッド) を上乗せします。余計なお金がかかってしまうので、できる限り取引所形式でモナコインを購入するといいでしょう。

取引所形式 (板注文) でモナコイン (MonaCoin/MONA) を購入する

取引所形式では、取引画面で注文板を使って取引をします。注文板には買い注文と売り注文の板が並べられており、自分で取引価格と量を決めて板を出します。自分で出した板が他人の板とマッチしたなら、取引が成立します。

仮想通貨取引になれていない人にとって、取引画面を見ながらの取引は難しく見えるかもしれません。しかし今後仮想通貨取引をするなら、板取引は当たり前に登場するので覚えてみましょう。

▶ 『仮想通貨・ビットコインの販売所と取引所の違い』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

積立サービスでモナコイン (MonaCoin/MONA) を毎月コツコツ積み立てる

Zaifではモナコインを積み立て購入する仕組みがあります。毎月投資する金額を設定することで、日割りで自動的にモナコインを購入できます。決まった値段分を日々購入するので、 買い時に迷うことなく継続した投資が可能になります。最低金額も1000円からなので、気軽にはじめられます。

仮想通貨投資をはじめてみたいけれど、いつ買えばいいかわからないという人におすすめの購入方法です。

▶ 『仮想通貨の積立』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

モナコイン (MonaCoin/MONA) を購入できるおすすめ取引所

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)

アルトコイン取引なら国内取引所No.1!大手企業DMM.comが運営する取引所!
  • 全暗号資産のレバレッジ取引が可能!
  • 使いやすい取引ツール
  • あのローラがCMにも!

DMM Bitcoinでは、国内で唯一モナコインのレバレッジ取引ができるようになっています。また、モナコインだけではなくその他豊富なアルトコインもレバレッジ取引に対応しているのであらかじめ登録しておいて損はありません。

▶ 『DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

bitbank (ビットバンク)

仮想通貨取引量は国内No.1!高い流動性を実現!
  • 流動性が高い!
  • セキュリティ性に優れている!
  • シックなデザイン
取り扱い通貨 6種類
FX/信用取引 -
手数料 Maker : -0.02% / Taker : 0.12%
最低取引単位 -
レバレッジ倍率 -
スマホ対応

bitbankでは販売所形式を採用しています。自分で板取引をする手間はかかりますが、bitbankでは 条件を満たすことで手数料が無料になるのでたくさん取引する人におすすめの取引所です。もちろんモナコインも手数料無料にしながら取引できます。

▶ 『bitbank (ビットバンク) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

bitFlyer (ビットフライヤー)

取引量と資本金ともに国内最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所!
  • 超高機能取引ツール搭載!
  • 本格的なチャート分析が可能!
  • 日本最大級規模の取引所!

bitFlyerは 国内最大級のユーザー数・取引高を誇る仮想通貨取引所です。取引量が多いため、流動性が高く決済がしやすいです。それゆえ少額でも快適なトレードを実現できるため、少額投資に向いている取引所といえます。

▶ 『bitflyer (ビットフライヤー) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

モナコイン (MonaCoin/MONA) がCoincheck (コインチェック) に上場!

初心者向け!取引量・ユーザー数ともに国内最大手の暗号資産(仮想通貨)取引所!
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の15種類!
取り扱い通貨 15種類
FX/信用取引 -
手数料 無料
最低取引単位 -
レバレッジ倍率 -
スマホ対応

2019年6月5日にCoincheckにモナコインが上場しました。5月31日にモナコイン上場のお知らせがCoincheckより発表され、 20%以上の値上がりを見せました。日本で知名度のあるCoincheckにモナコインが上場することで、期待が高まっていたようです。

今後も有名な取引所に上場するようなニュースがあれば、再び価格が上がるかもしれません。

Coincheckは初心者にとって使いやすい取引所なので、Coincheckの口座を持っている人でモナコインを触ってみたい人にもおすすめです。

▶ 『Coincheck (コインチェック) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

モナコイン (MonaCoin/MONA) 購入の各取引所の手数料

モナコインの手数料
取引所名手数料
bitbankほぼなし
DMM Bitcoin無料
bitFlyer無料
Coincheck無料

Coincheck (コインチェック) でのモナコイン (MonaCoin/MONA) 購入方法・買い方

① Coincheck (コインチェック) に登録する

手順は簡単で5分ほどで完了します。手順を参考に、是非登録してみてください。

Coincheck 口座開設 全STEP
STEP1アカウントを登録
STEP2作成アカウントにログイン
STEP3本人確認書類を提出
STEP4ハガキを受取る

▶ 『Coincheck (コインチェック) の口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

② 日本円を入金する

Coincheckに日本円を入金する場合、銀行振込とコンビニ入金、クイック入金があります。
コンビニ入金とクイック入金は停止をしていましたが、2019年4月17日からコンビニ入金とクイック入金のサービスを再開しています。

Coincheckに銀行振込で日本円を入金する方法をまとめるとこのようになります。

  • コインチェックにログインする。
  • 左のメニューから「日本円を入金」をクリックして「銀行振込」を選択する。
  • りそな銀行と住信SBIネット銀行の振込口座情報が出てくるので該当する口座に入金する。

詳しく説明をしていきます。

銀行振込1コインチェック

まずCoincheckにログインをした後に、左のメニューから「日本円を入金」を選択します。
銀行振込」のメニューが中心に出てくるので「銀行振込」を選択します。

銀行振込2コインチェック

下に下がっていくとりそな銀行と住信SBIネット銀行の口座情報が表示されます。該当する口座に入金をしましょう。

また、住信SBIネット銀行に振込をする場合、振込人名義を「ユーザーID+振込人の名前」にする必要があります。記載がない場合や正しいユーザーIDではない場合、正常に反映されない場合があります。もしIDを入力せず振込んだ場合は、日本円入金専用フォームより問合せましょう。

▶ 『Coincheck (コインチェック) の入金』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

③ 『成行注文』か『指値注文』でモナコイン (MonaCoin/MONA) を購入する

モナコインをCoincheckで購入するなら、取引所形式になります。取引所形式をはじめての使う人は難しいと感じるかもしれませんが、覚えておきましょう。以下が取引画面になります。

トレード画面

bitbank (ビットバンク) でのモナコイン (MonaCoin/MONA) 購入方法・買い方

① bitbank (ビットバンク) に登録する

bitbankの登録では本人確認書類が必要になります。運転免許証やパスポートなどを用意しましょう。bitbankにログインしたら本人確認情報や本人確認書類のアップロードが求められます。また本人確認書類の提出後、本人確認はがきが届いて本人確認が終了します。

はがきが届くまでには時間がかかるので、bitbankで取引をするならできる限り早い本人確認を済ませましょう。

▶ 『bitbank (ビットバンク) の口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

② 日本円を入金する

bitbank日本円入金1
本人確認が完了したら、取引のために日本円を入金します。bitbankにログイン後右上の「入金」を選択します。日本円をはじめ、ビットコインなどbitbankで取扱う通貨が表示されます。日本円のメニューの「入金」を選択します。

bitbank日本円入金2

日本円の振込口座が表示されるので指定された口座に入金します。入金の際の振込依頼人名義は「アカウントID+あなたの名前」を入力してください。振込み依頼人名義が異なっている場合は、入金反映までに時間がかかります。

③ 『成行注文』か『指値注文』でモナコイン (MonaCoin/MONA) を購入する

モナコインをbitbankで購入するなら、取引所形式になります。取引所形式をはじめて使う人は難しいと感じるかもしれませんが覚えていきましょう。

bitbank-trade-指値-買い改

bitbankでトレード画面を出したら左上の通貨ペアで、MONA/JPYを選択します。チャート画面の右に注文画面があるので、そこで購入します。

成行注文

成行注文とは取引量を決めて取引する方法です。注文時点で最も有利な価格で取引を行います。また成行注文の特徴として、素早く取引できます。

bitbank-trade-成行

bitbankの注文画面で「成行」になっていることを確認します。「買い」の表示を押して取引数量を入力します。予想費用が表示されるので、納得がいけば「注文」を押します。

指値注文

指値注文は自分で価格と数量を決めて、取引する注文方法です。この方法では自分の注文にマッチした売り板が出ることで注文が成立します。

bitbank-trade-指値

指値注文をするために、注文画面で「指値」になっていることを確認します。「買い」を選択したら取引希望の価格と数量を入力します。予想金額が出てくるので、納得がいけば「注文」を押します。その後自分の買い注文が誰かの売り注文とマッチするまで保留状態になります。

保留状態では注文のキャンセルが可能なので、注文が確定するまでは何度も注文しなおせます。

▶ 『bitbank (ビットバンク) の指値』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

〈参考〉 bitbank (ビットバンク) のトレード画面の見方

bitbank-trademenu改

画面の左はチャート画面です。時間足を変更して、補助線を引いたりしてチャートをカスタマイズすることも可能です。
チャート画面の右は注文板になります。現在注文されている内容が表示されます。売り側が売り注文の取引板です。買い側が買い注文の取引板です。指値注文ではチャート画面と注文板を利用して注文を行います。

また、右には注文画面があります。指値注文や成行注文はこの画面から出します。

モナコイン (MonaCoin/MONA) 購入時の注意点

はじめて仮想通貨を購入する人に向けて、購入時の注意点をあげました。

高値づかみしない

投資の基本は安く買って高く売ることです。チャートを見て山の頂点で購入してしまうと、売却して利益を出すのが難しくなります。買うポイントとしては、異常な値上がりをしていないときなら問題ありません。逆に一気に高騰している場合は、取引を控えて様子を伺うのがいいでしょう。

注文がすぐに成立しない可能性がある

取引所は投資家と投資家同士のやり取りで取引を行います 取引する相手がいなければ、注文板を出してもマッチングしません。モナコインは取引高がそれほど高くなく、注文が長引くこともあります。大口の取引をする場合は、小分けにして注文を出すほうが通りやすいです。

モナコイン (MonaCoin/MONA) の今後・将来性

実用性が非常に高い!

モナコインは2CH生まれの仮想通貨というだけあって、 熱烈なファンが多いです。特に秋葉原ではモナコインを使用できるメイドカフェや店も多く実用性にあふれています。さらにtipmonaのような、ツイッター上で気軽にモナコインを送金しあえるサービスも出ており、感謝の証としてモナコインの送金が可能です。

LINEが運営する取引所BITBOX (ビットボックス) への上場

シンガポールを拠点に、ライン傘下企業が運営する仮想通貨取引所BITBOXでモナコインの取扱いがはじまっています。日本とアメリカ居住者は2019年6月27日現在、アクセスができない状況です。 海外ではモナコインはあまり有名ではないようですが、今後の世界での需要の広がりに注目です

ライブ配信サービスの「ツイキャス」にて配信可能

ライブ配信サービスのツイキャスは、世界に2000万人以上のユーザーがいます。ツイキャスでもモナコインの送金が可能になりました。世界中のユーザーが使用可能になることで、さらなる需要の拡大と実用性の高まりが期待できます。

モナバー

東京を中心に全国に広がっています。モナバーではモナコイン決済が利用可能でモナコインにちなんだ商品やグッズなどが販売されています。モナバーに訪れる人は利益を求めるよりも、純粋にモナコインで日々を楽しもうとする人が多く、 モナバーでは仮想通貨決済のほとんどがモナコインで行われているようです

モナゾン

モナゾンはモナコインが使える店舗を検索するサイトです。モナゾンには店舗情報だけでなく、モナコインが使えるオンラインショップ情報、さらにはイラストレーターとして登録することで、モナコイン支払いで仕事を受けることも可能です。他には小説投稿サイトや音楽投稿サイト、自作ゲーム公開サイトなど豊富なサービスがそろっています。

▶ 『モナコイン (MonaCoin/MONA) の今後・将来性』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

モナコイン (MonaCoin/MONA) 買い方・購入方法 まとめ

モナコインは2CH発の国産仮想通貨として 東京を中心に根強い人気があります。機能もすぐれていて、秋葉原やモナバーを中心に幅広い実用性があります。

モナコインを購入するなら取引所方式でモナコインの購入がおすすめですが、慣れていないうちは販売所形式や積み立て購入もいいでしょう。モナコインは国産の通貨であり、実用的な仮想通貨なので、是非モナコインを手にして使ってみてください。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

モナコイン (MonaCoin/MONA) 以外の仮想通貨の買い方・購入方法 関連情報

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!