この記事のポイント
  • FTXへの登録、入出金、仮想通貨の注文方法など画像つきで解説
  • 先物取引やレバレッジトークンなどを注文できることを踏まえよう
  • 日本円は使えないが米ドル建てでレバレッジ取引できるなどの特徴はある

「FTXが良さそうだけど、使い方が分からない」「効率に優れた使い方を知りたい」などと疑問に思っていませんか。FTXはシンプルな手順で口座を開く手続きや、仮想通貨の注文などができるため、初めて海外の取引所を使う方にもおすすめです。

今回はFTXの基本的な使い方を知りたい方のために、口座開設に必要な手続きや使い方を画像つきで解説します。先物取引やレバレッジトークンの注文ができるなどの特徴も示すので、読めばFTXの使い方をイメージできるでしょう。

▶ 『FTX (エフティーエックス) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨取引所FTX (エフティーエックス) の概要

FTXの基本情報
社名FTX Trading LTD
拠点アンティグア・バーブーダ
CEOサム・バンクマンフリード
取引形態現物取引、先物契約、レバレッジトークンなど
上場仮想通貨数34種類
最大レバレッジ101倍
ロスカットなし
追加証拠金なし
入出金通貨ビットコイン・テザーなど
日本語対応
スマートフォン対応
取引に必要な登録メールアドレスのみ

FTXは2019年4月設立の仮想通貨取引所で、デリバティブ専門です。Binanceとの提携などにより、複数の取引所開発のトークンを扱っているだけでなく、「レバレッジトークン」という独自の通貨でアルトコインをお得に取引できる可能性があるなどオリジナリティにあふれています。

仮想通貨取引所FTX (エフティーエックス) でトレードできる商品

FTX 使い方

FTXは先物取引を中心に、さまざまな金融商品を扱っています。未来の売買をあらかじめ決めておき、期日が訪れたら条件どおりの取引を行うことを先物取引と呼び、相場よりもお得な条件で売買できる可能性がある取引形態です。

レバレッジトークンという独自の商品にも注目しましょう。通貨自体に「3倍」のようなレバレッジがかかっているので、入手すれば事前に証拠金を預けることなく信用取引を行う形になります。

FTXの中心である先物取引はレバレッジトークン、自動売買システムなどの特徴を解説します。FTXで買える商品を知っておきましょう。

先物取引

FTXでは仮想通貨の先物取引を買え、無期限と期限つきがあります。 無期限契約なら現物価格に合わせるために、毎日の資金調達率として金利手数料がかかるので注意しましょう

期限付きの先物取引なら、満期の日付が商品情報に示してあります。満期日までに買いや売りのポジションを手放さない限りは自動決済が決まります。

仮想通貨に限らず、FTXでは原油や大統領再選などの先物取引も可能です。大統領再選はドナルド・トランプ米大統領の選挙結果を予測するもので、再選なら1ドル、それ以外の結果は0ドルで取引できます。

レバレッジトークン

レバレッジトークンは、イーサリアムなどが当てはまるERC20トークンでできており、 入手すれば証拠金代わりにアルトコインへの証拠金として扱えます。レバレッジトークンで仮想通貨を買うのではなく、トークン自体が仮想通貨とひもづいていて、倍数やポジションも種類別に以下のとおり決まっているので注意しましょう。

FTXが扱うレバレッジトークン
種類レバレッジ倍数ポジション
BULL3ロング
MOON10ロング
HEDGE1ショート
BEAR3ショート
DOOM10ショート

レバレッジトークンの基礎

レバレッジトークンの値動きは、仮想通貨と連動し、倍数分のプラスやマイナスを出します。このトークンさえ入手できれば、新たに証拠金を預けないで信用取引のようなポジション保有が可能です。

BULLトークンはターゲットの仮想通貨が値上がりすれば、3倍値上がりするように、決まった倍数に合わせた値動きを示してくれることが特徴です。

FTXはゼロカットシステムとしてロスカットがないため、レバレッジトークン自体が勝手に買い足しや、売り戻しなどでポジションを調整してくれます

レバレッジトークンの注意点

レバレッジトークンにはロスカットや追加証拠金が発生しないので、便利というイメージがありますが、それでも大損には気をつけなければなりません。

ロングポジションを取っている最中の暴落というように、取引対象の仮想通貨が狙った方向と逆に動いてしまうと、 レバレッジトークンで決まった倍数分の損になります

仮想通貨は価格変動が大きくなる可能性が他の投資分野よりも大きいため、価格の急変動による資産ダメージを受けないための配慮が必要です。長期にわたってレバレッジトークンを使えるように計画的な資産管理を心がけましょう。

クアントゾーン (自動売買プラットフォーム)

2020年4月からは自動売買プラットフォームとして「クアントゾーン」が加わったため、設定次第で取引を任せられるようになりました。FXなどでいうシステムトレードに相当します。

プログラミングにあるような複雑な作業なしで設定できるのが特徴です。取引ルールを決めるだけで、15秒に1度のトリガー判定から機械が勝手に売買を進めてくれます。 仕事などで忙しいときでも自動取引による投資が可能なので、大幅に手間を省けるのがうれしいところでしょう

仮想通貨取引所FTX (エフティーエックス) を使うメリット

FTXを使ううえで、どのようなメリットにあやかれるかを知ることが大切です。Binanceとの提携や金融商品の充実などさまざまなポイントがあるので、以下の7つの特徴を把握しておきましょう。

世界最大級の取引所 「Binance (バイナンス) 」 と提携

FTXは、世界トップクラスの仮想通貨取引所であるBinanceと業務提携を行っています。 それぞれが独自開発したFTXトークンとバイナンスコインが両方の取引所で買えるなど、本格的なコラボレーションも見られます

今後はFTXのレバレッジトークンがBinanceでも買えるようになったり、Binance側のステーブルコインであるBUSDがFTXで取引できるようになったりする予定です。提携による今後の発展に期待しましょう。

デリバティブ商品の充実

FTXはデリバティブ取引をメインに据えています。仮想通貨を使った先物取引自体はBinanceやBakktなどでもありましたが、FTXなら多種多様なパターンによる先物取引を楽しめます。

原油価格を利用したデリバティブ商品も展開しており、仮想通貨を使ってさまざまなジャンルの取引に参加可能です。最近は ドナルド・トランプ米大統領の2020年における再選結果をデリバティブ対象とするなど、FTXは引き出しが多い印象です。

USD建てのレバレッジ取引

FTXでは日本円は使えませんが、USD建てで仮想通貨のレバレッジ取引ができます。ビットコインなどを米ドルに換金して、イーサリアムやリップルなどを買えるという意味です。

仮想通貨だけでなく海外の法定通貨を使った売買ができる点で、海外在住者にとっては柔軟な行動を望めるでしょう。

種類の多いアルトコインレバレッジ取引

FTXはさまざまなアルトコインを対象にレバレッジ取引ができます。国内の仮想通貨取引所でもレバレッジはかけられますが、ビットコインのみ対象というケースが多い印象です。

FTXならイーサリアムやリップルなどの人気アルトコインに限らず、日本では手に入らない通貨を信用取引できるなど、海外ならではのオリジナリティを感じられます。この記事をきっかけに、ビットコインをFTXに送金して珍しい仮想通貨への投資で利益を狙ってみてはいかがですか。

FTXからの出金はとても早く、手数料無料

FTXでは入金に限らず、出金もスムーズに進めやすいのが特徴です。 特に前に使ったことがある送金アドレスへの出金は、データ処理が早く済みます

入金だけでなく出金手数料も無料なのがうれしいところです。他の取引所では出金時に仮想通貨による手数料がかかるケースも多いので、FTXはお得に資産を引き出せることが分かります。

FTXにしかない値動きの激しいレバレッジトークン

レバレッジトークンはFTX独自のシステムで、買いや売りのポジションを持った仮想通貨の値動きに合わせて決まった倍数分の変動を見せます。

仮想通貨は変動が激しい場面が多いため、損失リスクも大きくなりますが、 プラス収支の割合も仮想通貨の変動レートの規定倍数分なので、大きな利益を狙えるチャンスです

レバレッジトークンは、証拠金としてビットコインなどを直接預けなくても信用取引のような形をとれるため、従来の信用取引よりは手軽にチャレンジできます。

独自トークンFTT

FTXでは、自社開発のトークン「FTT」があり、「FTXトークン」とも呼びます。業務提携によりBinanceでも買えることから入手のチャンスが広く、将来性の高さに注目です。

オリジナリティのあるサービスで話題のFTX自体が、取引所としての成長に期待できるので、FTXトークンの今後の価値上昇にも期待がかかります。

FTXトークンは、FTXが買い戻すルールもあり、流通制限による希少価値にも注目です。FTXトークンの有効活用で、充実した仮想通貨ライフを望めるでしょう。

仮想通貨取引所FTX (エフティーエックス) 登録・本人確認の方法

FTXでは登録や本人確認の状況に応じて、利用できる範囲が変わります。受けたいサービスに合わせながら、正しい手続き方法を覚えることが大切です。アカウントレベルの違いと手続きのプロセスを解説します。

認証段階による制限について

FTXにはアカウントレベルがあり、手続きの進行状況に応じて4段階に分かれます。

FTXのアカウントレベル
アカウントレベル利用範囲
レベル0: メールアドレスのみ最大1000USD分まで出金可能、FTXトークンは買えない
レベル1: 氏名・住所登録毎日2000~9000USD分まで出金可能、FTXトークンが買える
レベル2: 本人確認書類アップロード出金制限なし
レベル3: 住所証明または住所つき銀行残高証明の提出法定通貨の入出金ができる

登録方法

FTX 使い方

ホーム画面右上部にある登録ボタンを押しましょう。

FTX 使い方

この画面では登録できないので、「USE OLD FORM」を使います。

FTX 使い方

メールアドレスとパスワードを入れて、ユーザー登録ボタンを押します。パスワードは英数字両方を使いましょう。

▶ 『FTXの登録・口座開設方法』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

本人確認の方法

FTX 使い方

アカウントメニューから「設定」を選び、 「INCREASE WITHDRAWAL LIMITS」をクリックします。

FTX 使い方

氏名と国、地域を示せば、レベル1認定です

FTX 使い方

レベル2に向かうには資金の出元や正確な住所も必要です。

FTX 使い方

画面を下へスクロールさせ、本人確認書類の住所が写っている面をアップロードしましょう。さらに 本人確認書類と「撮影日+FTX」が書かれた紙を持った自撮り写真を示します。本人確認書類の表と裏の両方を示したバージョンのために、2度の自撮りを要します。

FTX 使い方

「撮影日+FTX」と書いた紙の例です。

二段階認証、出金パスワードの設定

FTX 使い方

設定ページにあるアカウントセキュリティの二段階認証タブから、「AUTHY/GOOGLE OTP」を押してください。Google Authenticatorならセキュリティレベルが高く、他の取引所にも使い回せておすすめです。

FTX 使い方

アプリでQRコードをスキャンし、最新の6ケタの数字を入力し、提示ボタンを押しましょう。 QRコードの下にあるものは、機種変更などでアプリが使えなくなったときに必要なので、あらかじめメモを取っておくようにしましょう

FTX 使い方

出金パスワードを設定していないと資産を引き出せないので注意しましょう。こちらもパスワードあらかじめメモを済ませておくことが大切です。

仮想通貨取引所FTX (エフティーエックス) への入金と出金方法

FTXでは手数料無料で入出金可能ですが、日本在住者が使えるのは仮想通貨だけで、日本円は使用可能です。ただし米ドル建の取引所なので、海外在住者なら一定条件を満たせば米ドルを直接入出金できます。

入金できる通貨

入金可能な通貨は以下のとおりです。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • ビットマックストークン
  • バイナンスコイン
  • FTXトークン
  • テザー
  • USDコイン
  • バイナンスUSD
  • パクソス
  • HUSD
  • ビリラ
  • パックスゴールド
  • テザーゴールド

FTX 使い方

アカウントメニューからウォレットを選びます。

FTX 使い方

画面で入出金可能な仮想通貨の行にある入金ボタンを押しましょう。

FTX 使い方

入金アドレスが出るので、送る予定の仮想通貨がある取引所やウォレットなどの所定欄にコピー&ペーストしましょう。 間違った場所に送ると取り戻せないので、一文字でも逃さないように慎重な作業が大切です

仮想通貨からドルへの変換

FTX 使い方

変換ボタンを押すと、仮想通貨からUSDのように他の種類に変換できます。希望数量を指定してチェンジを行いましょう。

特にレバレッジトークンを買うときはUSDかテザー建ての必要があるので、変換作業を覚えることは大切です。

出金方法

FTX 使い方

出金ボタンを押せば、 希望数量を入力し、送金先の取引所やウォレットから取り寄せたアドレスをペーストできます。二段階認証コードを入れ終わったら出金ボタンを押します。

手続きでは出金時のパスワードの要求を受けるので、入力しましょう。

仮想通貨取引所FTX (エフティーエックス) の手数料

FTXに限らず、仮想通貨取引所の利用には事前の手数料チェックが大切です。FTTに応じて取引手数料が変わるので、随時見ながら仮想通貨ライフを楽しみましょう。他の取引所との比較を交えながらFTXの手数料を解説します。

取引量別の手数料

FTXでは、過去30日間における取引量に応じて、売買時の手数料が変化します。成行注文によるTakerよりも、指値注文によるMakerの方が手数料が安くなるので要チェックです。

取引量別の手数料
30日間ボリュームmaker手数料taker手数料
0USD0.02%0.07%
~300万USD分未満0.02%0.05%
~500万USD分未満0.02%0.045%
~1000万USD分未満0.015%0.04%
~3000万USD分未満0.015%0.035%
~5000万USD分未満0.01%0.03%
~1億USD分未満0.01%0.025%

取引額が大きいヘビーユーザーほど、手数料による優遇を受けやすい印象です。しかし初期段階のmaker手数料0.02%でも業界上位クラスの安さといえるので、初心者にも優しいといえます。

FTXトークン保有量による手数料割引

FTXトークンを持っていれば、一定以上の保有量に応じて手数料を割り引いてもらえるサービスもあります。保有中のFTXトークン評価額に応じた割引率を以下の表に示しました。

FTXトークン保有量による手数料割引
FTXトークン評価額割引率
100USD3%
1000USD5%
5000USD10%
1万USD15%
5万USD20%
10万USD25%
20万USD30%
50万USD35%
100万USD40%
250万USD50%
500万USD60%

他取引所との手数料比較

提携先のBinanceと比べても、FTXは取引手数料がお得です。以下の表に詳細をまとめました。

他取引所との手数料比較
形式maker手数料taker手数料
FTX初期取引0.02%0.07%
Binance現物0.1%0.1%
Binance先物0.02%0.04%

FTXはBinanceより安い手数料で現物取引ができ、先物取引でもお得になりやすいといえます

仮想通貨取引所FTX (エフティーエックス) のトレード画面・チャート画面の使い方

FTXを利用する前に、トレード画面にあるチャートや注文スペースの使い方を確かめることも重要です。画像を交えながら、トレード画面の使い方を解説するので、ぜひ参考にしてください。

チャートの見方

FTX 使い方

ホーム画面上部の仮想通貨銘柄をクリックすると通貨ペアを選択し、トレード画面へ向かいます。

トレード画面上部にあるチャートでは通貨ペア、区切りの期間を変えられる時間足、テクニカル分析などの諸設定を行いながら、値動きをチェック可能です。

レバレッジの設定

FTX 使い方

先物取引などでは、レバレッジを最大101倍まで設定可能です。 画像のように1倍なら証拠金の範囲だけでの取引になり、大損のリスクを最小化できるので初心者に向いています。ただし4倍や7倍のような選択肢にない端数は選べません。

トレード画面のレイアウト

FTX 使い方

チャートの下では、左から取引成立前の注文情報、注文スペース、残高情報があります。

FTX 使い方

さらに下には成立した取引の情報があり、下部では残高や取引履歴などユーザーに関係した資産の動きを示す記録スペースを設けています。

オーダー(注文)を出す方法

FTX 使い方

買いか売りかの形式を決めてから、注文タイプを選びましょう。画像では指値注文を示しているので、 1枚あたりの希望価格を入力します。注文または支払通貨の数量を決めたら注文ボタンを押しましょう。

スマホアプリ

FTX 使い方

FTXでは、専用のスマートフォンアプリを展開中です。今回の記事における説明はPC版の画面に従ったものですが、アプリでもPCと変わらない手順で設定や取引を進められます。

外出先でも仮想通貨の情報チェックや注文を進めたいなら、FTXの専用アプリを無料インストールするとよいでしょう。スマートフォンに合わせて使い勝手に優れた仕上がりなので要注目です。

仮想通貨取引所FTX (エフティーエックス) の使い方 まとめ

FTXは仮想通貨取引所としては珍しく先物をメインとしており、引き出しの多いサービスに要注目です。 メールアドレスを登録するだけで売買をスタートできるので、ここからレバレッジ取引にも慣れられるでしょう

今回の記事に登場した画像からも分かるように、多くのレイアウトもシンプルに仕上がっています。仮想通貨やサイトの知識があまりなくても慣れるのに時間はかからなさそうです。

Binanceとの業務提携により将来性の高さを評価する声もあります。今回の記事で気になったら、早速FTXにアカウント登録を行ってみてはいかがでしょうか。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!