この記事のポイント
  • Huobi Pro、日本国内の法律により日本の居住者向け仮想通貨交換サービスを停止することを発表。

サービス登録者に送られたメール

今回の発表の内容

  • 日本国内居住者向けの仮想通貨交換サービスの停止
  • 7/2にホームページの日本語ページを削除

詳細は決まり次第後日発表される。

理由

Huobi Proは今回の発表の理由を「日本国の法律に基づき」として詳細には伝えていないが、先日bitFlyerなどに金融庁から出された業務改善命令の間接的な影響だと考えられる。

Huobi Pro(フオビー・プロ)とは

Huobi.proは香港にある、世界有数の取引量を誇る仮想通貨取引所です。かつては中国3大取引所のひとつでしたが、当局の規制により香港に拠点を移し、再スタートしました、取扱通貨数は100を超え、独自トークンHTの発行など成長を続けています。

日本では、以前SBIグループとの業務提携を行っていたことでも知られている取引所です。

Huobi Proの特徴

Huobi.proの魅力は、取引しやすいシステムと豊富な取扱銘柄、そしてHuobi.pro自体の成長性にあります。

取扱銘柄が豊富

Huobi.proの取扱銘柄は100を超えます。新規上場にも積極的で、大手ではHuobiのみの取扱いという通貨も多いです。将来大きく値上がりが期待できる通貨を取引する目的にHuobi.proは適しています。

独自トークンを発行

Huobi.proでは独自トークンHTの発行を行っています。HTを所有しているとその量に応じて取引手数料の割引が受けられますが、HTを購入できるのはHuobi.proのみです。Huobi.proの取引手数料は0.2%ですが、HTの所有レベルにより、最大50%の手数料割引が受けられます。

そのほか、定期的な買い戻しや新規通貨への投票権の付与などが行われること、そしてHuobi.proの取引量が増加していることから、トークン自体の価値の上昇も期待されています。