この記事のポイント
  • ICO専門家の評価やコメントが確認可能
  • 情報の網羅性が高い

現在、多くのICOが行われていますが、数が多すぎてどのICOが評価されているのかなどの情報を分析するのは大変です。 詐欺ICOも多い中で、信頼できるICOを見極めたいと思っても、どの情報源を信じればいいのか判断するのは非常に難しい状況にあります

今回は「ICO Bench」というトップ投資家や専門家によるICO評価サイトをみていきます。

▶ 『ICOの投資』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ICO Benchとは

ICO Bench公式サイトはこちら

ICO Benchとは

ICO Benchとは、プロの投資家と専門家によるICO評価サイトです。ICOの評価を見るだけでなく、ICO BenchにICOを公開し、評価を受けることもできます。

日本語には対応していませんが、 世界369ヵ国から4052のICO情報が掲載されており (2018年8月現在) 、ICO評価サイトの中では有名なサイトとなっています。業界別にICOが分かれており、好きな業界のICOを見つけることができます。

ICO benchは情報の網羅性が高いのが特徴で具体的には以下のような項目が載せられています。

  • ICO概要
  • チーム
  • マイルストーン
  • 財政状況
  • 評価
  • ホワイトペーパー

androidアプリもあり、ダウンロード数は1万を突破し、評価も4.0点を超える満足度の高いアプリとなっています。

評価にはどんな人が関わっているのか?

ICO benchの評価にはメディア、法律、マーケティング、銀行、ファイナンス、トレーディング、投資など様々なバックグラウンドを持つ専門家が関わっています。

ICO Benchの評価基準

ICO benchでは「評価アルゴリズム」と「専門家による評価」の2つによってICOを評価しています。専門家は以下の4つの観点からICOを評価するルールになっていて、評価は1日1回更新されます。

チーム

チームに関する着目ポイントは以下になります。

  • タイムコミットメントと過去のプロジェクトを示すことができる強固で信頼できるメンバーを持つチームか
  • さまざまなプラットフォーム上のコードベースとコミットがあるか
  • コミュニティーと首尾一貫した情報の流れ、プロジェクトの進捗がアップデートされ続けているか

製品

製品に関する着目ポイントは以下になります。

  • 製品にどのようなテクノロジー (ブロックチェーン技術、非ブロックチェーン) があるか
  • ICOチームは製品・サービスに対する特定の問題に対処しているか
  • 製品のロードマップでは、短期的、長期的な戦略や成長性が見られるかどうか
  • 競合分析では市場環境を理解するプロジェクトへのコミットメントを示しているか

実際の製品を見た方がコンセプトを見るよりも判断を下しやすいため、製品の成熟度合いは重要です。

ビジネス戦略

次に、ビジネス戦略における着目ポイントは以下になります。

  • 市場のポテンシャルとユーザーの数
  • 短期、長期のビジネス戦略
  • 現在の投資
  • 時価総額とトークンの排出、価格決定のプロセスを示す評価とトークンの分配

レジリエンス

最後にレジリエンスに関する着目ポイントです。

  • 変化する規制に適応するための法的な理解と準備がされているか
  • セキュリティー、エスクローおよびアドバイザーのリストがあるか

ICO Benchの使い方

ICOの検索方法

右上にある「ICOs」をクリックすると、ICO開始日「START」、終了日「END」、評価「RATE」を見ることができます。左側の詳細情報を入力すれば、検索条件を指定してICOを検索することができます。

カテゴリー別にICOが分けられているため、興味のある分野のICOを比較することができます。また、ICOカレンダーを見れば、最新のICO情報や開始・終了間近のICOを確認することができます。

ICO benchのキャラクターbot「Benchy」はICOに関する情報を見つけ出してくれます。Telegram、Facebook、Slackでコミュニケーションをとることができ、ICOの詳細や取引所、ROI (投資収益率) などを教えてくれます。

評価の見方

総合評価は5点満点で評価され、チーム、ビジョン、プロダクトもそれぞれ5点満点で評価されています。その下のView rating distributionをクリックすると、そのICOについての専門家の評価やコメントを確認することができます。

その他のICO評価サイト

ICO Bench以外のICO評価サイトをご紹介します。

  • ICO Rating
  • ICO4YOU
  • ICO Bazaar
  • foxico
  • Bitinvestors
  • CRYPTORATED

ICO Rating

ICO Ratingは最も有名なICO評価機関のひとつです。ICOやSTO、ポストICOの格付けを専門としています。評価は次の8段階です。

ICO Ratingの評価段階
高い評価順評価
1Positive
2Stable+
3Stable
4Stable-
5Risky+
6Risky
7Risky-
8Negative
ICO Raingへ

ICO4YOU

ICO4YOUは2019年8月現在、ドメインの更新が保留されておりアクセスできなくなっています。

ICO4YOU へ

ICO Bazaar

2018年12月、ICO BazaarICO Benchによって買収されることを発表しました。ICO Benchは 「 この買収は既存のビジネスにプラスの影響を与え、成長の見通しと長期的な展望の発展に新たな可能性を開く 」 としています。

ICO Bazaarの評価段階は次の11段階です。

ICO Bazaarの評価段階
高い評価順評価
1AAA
2AA
3A
4BBB
5BB
6B
7CCC
8CC
9C
10DD
11D

このうちAAA~BBBまでが投資に適していると評価されます。

ICO Bazaarへ

foxico

2019年8月現在、foxicoのページは開くことができません。

foxico へ

Bitinvestors

Bitinvestorsは、日本の企業が2017年に作成したICO評価サイトです。しかし2019年8月現在、サイトへはアクセスできません。

Bitinvestors へ

CRYPTORATED

CRYPTORATEDでは、0~5点の点数でICOを評価します。総合得点のほかに各評価項目の点数も記載されているため、どの項目がどのような評価になっているかわかりやすいです。

CRYPTORATED へ

まとめ

ICO benchを使えば様々な専門家による評価を見ることができるため、詐欺ICOを見極めたり、ICO投資をする際の判断材料にすることができます。

ただし、ICO benchの評価が必ずしも正しいとは限らないため、最終的な判断は自分で下す必要があります。

ICO Bench公式サイトはこちら

▶ 『ICO』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『ICOの情報』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『ICOのおすすめ』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!