• そもそもビットコインとは何なのか
  • ビットコインに投資する前に安全な投資方法とは
  • 仮想通貨取引は取引所選びが重要

この記事のポイント

本記事ではビットコインの特徴についてやビットコイン投資を始める方法、そしてビットコイン投資のメリット・デメリットについて解説します。

ビットコインに投資することは危険である」といわれていますが、正しい方法で投資すればそのほかの投資商品と同じように取引をすることができます。

ビットコインの正しい投資方法についてしっかり勉強していきましょう。

ビットコインとは?

ビットコインとは仮想通貨の代表格であるコインです。2008年に「サトシナカモト」と呼ばれる名義で、ビットコインに関する論文がネットに公開されたことで誕生しました。

ビットコインは仮想通貨の王様

仮想通貨の王様という表現がピッタリな仮想通貨で、取引量がどの仮想通貨よりも多くなっています。

そしてビットコインを取り扱っていない仮想通貨取引所はほとんどありません。

基本的に国内外問わず、どこの取引所でも取引することができる仮想通貨です。もちろん稀に取り扱っていない取引所もあるため、取引所で口座開設するときは「取扱通貨一覧」を確認しましょう。

ビットコインの仕組み

ビットコインでは「ブロックチェーン技術」と呼ばれる通信技術を使っており、P2P通信方式を採用しています。ネットワーク上ではP2P方式を利用しているため、ネットワークに接続している端末 (ノード) であれば誰でも取引履歴を確認することができる仕組みです。

ビットコインの取引情報 (トランザクション) は、ネットワークに接続されているノードによって整合性が保たれています。

そのゆえにブロックチェーン上の情報は改ざんすることが不可能であるといわれています。

取引情報の整合性を正しく判断して処理すれば、報酬としてビットコインを受け取ることもできます。これはマイニングと呼ばれている作業で、プルーフオブワークと呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを採用している仮想通貨ならではの機能です。

用語が難しい!もっと詳しく知りたい!」という方は、以下のリンクからビットコインの詳細を確認してみましょう。

電子マネーとの違い

電子マネーには「ICOCA」や「Suica」といった、交通系のICカードがあります。これらの電子マネーでは「1ポイント=1円」として取り扱っています。

しかしビットコインは1BTCあたりの価格が安定していません。

1BTCあたりの価格は1円にもなり得ますし、100万円にもなり得ます。電子マネーとビットコインの大きな違いといえます。

ビットコイン投資は少額から始められる

ビットコインでは、近未来的な技術である「ブロックチェーン技術」が採用されています。そんなビットコインは取引所にて1,000円程度からでも投資ができます。

世界では「ビットコイン決済」を導入していたり、ビットコイン投資ができる取引所の運営を開始する動きがみられます。

楽天・スタバなど超大手企業の参入で値上がりに期待

楽天やスターバックスといった、世界で通用する大手企業がビットコイン投資に参入しています。そのためビットコインは大きな価格の上昇が期待されています。

高額投資をするには大きすぎる暴落リスク

ビットコイン投資にはメリットがあるように、同じくデメリットもあります。2017年12月から2018年2月にかけてのチャートを見れば誰でもわかるとおり、 ビットコインは暴落のリスクを抱えています。

ビットコイン投資を始めるときに押さえておきたいポイントといえるでしょう。

ビットコイン投資の特徴

ビットコイン投資は誰でも始められるといった特徴があります。本人確認書類や銀行口座が必要なことや、未成年の利用を禁止している取引所もあるのです。そのため現状のビットコイン投資は、未成年にとってはハードルが高いといえます。

値動きが非常に大きい

ビットコイン市場では非常に値動きが大きくなっています。ビットコインだけでなく仮想通貨市場全般にいえることですが、「取引所のハッキング」や「大企業との提携」により価格は大幅に上下しやすくなっているのです。

送金が早い

日本円の送金は基本的に1営業日かかります。しかしビットコインの送金時間は30分程度で完了します。さらに24時間365日送金することができるので、以上の点が日本円よりも優れています。

手数料が安い

日本円などの法定通貨の送金手数料は、仲介企業によって設定されています。しかしビットコインはユーザー間の直接送金のため、手数料は無料にすることもできます。

ビットコイン投資のメリット

ビットコインに投資するメリットについて解説します。ビットコイン投資を始めるうえで参考にしましょう。

希少性 (価値) がどんどん上昇していく

ビットコイン市場はまだまだ小さく、地球上の投資家で保有している方はまだまだ少ないのが現状です。しかし現在では大企業がビットコイン投資に参入しており、大口投資家もビットコインに資金を投じています。

そのため徐々に需要が増えていくことで、供給が追いつかなくなり価値上昇すると予想されています。

取引の透明性が高い

ビットコインが採用しているブロックチェーン技術は、ノードであれば全員が取引履歴を確認することができます。そのため、ビットコインは取引の透明性が高いといわれています。

国家破綻のリスクヘッジになる

ビットコインは世界共通の通貨であるともいえます。世界中の投資家が投資している金融商品で、ビットコイン決済が導入されていれば世界中どこの国でも使うことができるのです。

そのため自国の法定通貨をビットコインに換金しておけば、国家の財政破綻に備えることができます。

editMEMO

リスクヘッジ:リスクを回避すること、分散投資などがリスクヘッジの一種。

ビットコイン投資のデメリット

ビットコイン投資にはデメリットこあるので押さえておきましょう。

取引所のセキュリティに不安がある

仮想通貨市場で度々問題となっているのが、取引所のハッキング問題です。新興の取引所が多く、セキュリティ基準が低くなっています。

価値の保証がない

ビットコインは企業が管理していないため、価値の保証がありません。突然0円になることも、低確率ではありますが0%ではないです。

ビットコイン投資の始め方・購入方法

ビットコイン投資の始め方やビットコインの購入方法について解説します。ビットコインはカンタンに取引することができるので、ぜひビットコイン投資を始めてみましょう。

取引所に登録

ビットコインを取引するには、まず「Coincheck」や「BITPoint」といった仮想通貨取引所で口座開設する必要があります。本人確認書類や銀行口座を用意して、取引所でアカウント登録しましょう。

日本円を入金

取引所でアカウント登録を済ませたら、日本円を入金してビットコイン投資を開始しましょう。同時に出金時に利用する銀行口座も登録します。取引所指定の口座へ日本円を入金してください。

ビットコインを購入

取引所で日本円入金が反映されたら、取引所でビットコインを購入しましょう。ビットコインを購入するには「販売所形式」や「取引所形式」といった取引方法があります。そのため自分に合った取引方法を選択して取引しましょう。

ビットコインの投資手法

ビットコインの投資手法について解説します。さまざまな投資手法があるので押さえておきましょう。

現物取引

通常の仮想通貨取引です。「販売所形式」や「取引所形式」で取引することができます。ビットコインはデータの通貨なので現物はありませんが、通常の買いから取引できる仮想通貨は現物と呼ばれているのです。

投資手法を区別するための名称であると覚えておきましょう。

FX取引

ビットコインは外貨ではありませんが、FXをすることができます。通常のFXと同じ認識で大丈夫です。

空売り

ビットコインは最初から保有していなくても、売りからポジションを持つことができる「空売り」をすることができます。

▼ 空売りについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

レバレッジ

ビットコインは、保有している資金よりも多くの資金を動かすことができるレバレッジ取引をすることができます。ビットコインの価格が暴落して以降、現物取引よりもレバレッジ取引が主流になりつつあります。

ビットコイン投資のおすすめ取引所3選

ビットコイン投資をするうえで、オススメの取引所を3箇所解説します。取引所によって各種手数料や取扱通貨などがことなるため、登録するときは確認しましょう。

GMOコイン

GMOコインは「GMOインターネット」が運営している国内取引所です。取引所の規模が大きく、仮想通貨取引が成立しやすくなっています。

運営元が東証一部に上場している大企業のため、取引所閉鎖リスクが少なくなっているのです。

取引所から公式スマホアプリがリリースされているので、外出先からでも気軽に取引や資産管理をすることができます。口座開設をするだけで20,000satoshi分のビットコインがプレゼントされるので、ぜひ登録しておきましょう。

▼ GMOコインについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

BITPoint (ビットポイント)

BITPointは送金手数料や取引手数料などといった各種手数料が無料です。

取引所から公式スマホアプリがリリースされているので、外出先からでも気軽に取引や資産管理をすることができます。

定期的に新規口座開設キャンペーンと題して、口座開設者に3,000円相当のビットコインがプレゼントされています。キャンペーンが開催されているタイミングで口座開設することをオススメします。

▼ BITPoint (ビットポイント)についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)

DMM Bitcoinは大手企業であるDMM.comが運営する国内最大級の取引所です。DMM Bitcoinは国内取引所の中でも珍しく、

アルトコインのレバレッジ取引ができる取引所となっています。

そしてBITPointと同様に取引所から公式スマホアプリがリリースされているので、外出先からでも気軽に取引や資産管理をすることができます。

▼ DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

ビットコインの保管方法・おすすめウォレット

ビットコインを購入したら、通貨を安全に保管しておきましょう。長期投資を考えている方は専用ウォレットなどで保管して、取引所の倒産リスクを回避することが重要であるといえます。

そもそもウォレットとは

仮想通貨にはウォレットと呼ばれる、仮想通貨を保管・管理できる財布があります。具体的には、ウォレット内に仮想通貨を保管していません。仮想通貨の取り出しに必要な「秘密鍵」が保管されています。

仮想通貨ウォレットには端末上で保管する「ソフトウェアウォレット」や、USBメモリで管理する「ハードウェアウォレット」があります。

▼ 様々な仮想通貨ウォレットについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

モバイルウォレット|Ginco

「仮想通貨の銀行」を目指すアプリGincoは、スマホで仮想通貨をカンタンに管理することができるモバイルウォレットです。

将来的には、ウォレット内で通貨の両替や取引を完結させることが予定されており、今後の利便性の向上や多くのユーザーへの普及が期待されているウォレットです。

▼ 仮想通貨のモバイルウォレットについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

ハードウェアウォレット|Ledger Nano S

Ledger Nano Sは仮想通貨業界で代表的なハードウェアウォレットです。

1つあたりの値段がやや高めではありますが、 常時オフラインでハッキングリスクがほぼ存在しません。仮想通貨を安全に保管するなら、ハードウェアウォレットがオススメです。

▼ 仮想通貨のハードウェアウォレットについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

まとめ

仮想通貨市場全体が下落しているため、世間では「仮想通貨は終わった」といわれています。しかしビットコイン投資では、下げ相場でも稼ぐことができるFXが主流となりつつあります。

ビットコイン投資は正しく行うことで、懸念されているハッキングや取引所倒産リスクに備えることができます。そのためビットコイン投資を始める前に、本記事にてビットコイン投資の方法を確認しておきましょう。