この記事のポイント
  • そもそもビットコインとは何なのか
  • ビットコインに投資する前に安全な投資方法とは
  • 仮想通貨取引は取引所選びが重要

本記事ではビットコインの特徴についてやビットコイン投資を始める方法、そしてビットコイン投資のメリット・デメリットについて解説します

ビットコインに投資することは危険である」と言う人もいますが、正しい方法で投資すればそのほかの投資商品と同じように取引をすることができます。

ビットコインの正しい投資方法についてしっかり勉強していきましょう。

▶ 『仮想通貨のおすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

そもそもビットコイン (BTC/Bitcoin) とは?

ビットコインとは仮想通貨の代表格であるコインです。2008年に「サトシナカモト」と呼ばれる正体不明の人物によって、ビットコインに関する論文がネットに公開されたことで誕生しました。

ビットコイン (BTC/Bitcoin) は仮想通貨の生みの親

現在約2000種類以上存在する仮想通貨の始まりがビットコインです。まさに仮想通貨の「生みの親」であり、取引量がどの仮想通貨よりも多くなっています。

そして、ビットコインを取り扱っていない仮想通貨取引所はほとんどありません

基本的に国内外問わず、どこの取引所でも取引することができる仮想通貨です。もちろん稀に取り扱っていない取引所もあるため、取引所で口座開設するときは「取扱通貨一覧」を確認しましょう。

ビットコイン (BTC/Bitcoin) の仕組み

ビットコインでは「ブロックチェーン技術」と呼ばれる通信技術を使っており、P2P通信方式を採用しています。ネットワーク上ではP2P方式を利用しているため、 ネットワークに接続している端末 (ノード) であれば誰でも取引履歴を確認することができる仕組みです

ビットコインの取引情報 (トランザクション) は、ネットワークに接続されているノードによって整合性が保たれています。取引情報の整合税を正しく処理することで、報酬としてビットコインを受け取ることができます。これは、マイニングと呼ばれている作業で、プルーフオブワークと呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを採用している仮想通貨ならではの機能です。

ブロックチェーンをハッキングするには膨大なコストがかかるのに対し、まじめにマイニングを行っていれば報酬がもらえるため、ハッキングのインセンティブが無く、 ブロックチェーン上の情報は改ざんすることが不可能であるといわれています

用語が難しい」「もっと詳しく知りたい」という方は、以下のリンクからビットコインの詳細を確認してみましょう。

▶ 『ビットコイン (Bitcoin/BTC) の仕組み』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

電子マネーとの違い

ビットコインは「ICOCA」や「Suica」といった、交通系のICカードとは全く違います。 これらの電子マネーでは「1ポイント=1円」として取り扱っており、あくまで法定通貨の別の形に過ぎません

しかし、ビットコインの場合日本円に全く依存せずに、新たな”通貨”として価値を持つことになります。電子マネーとは全く異なり、新しい通貨であるからこそ、投資対象となるのです。

ビットコイン (BTC/Bitcoin) 投資の特徴

誰でも始められる

ビットコイン投資は、誰でもすぐに始められます。 口座開設は無料ですぐに完了するので、ぜひ登録しておきましょう

しかし、取引所によっては、未成年の利用を禁止しているところもあり、未成年にとってはハードルが高いといえるでしょう。

値動きが非常に大きい

ビットコインはまだ規制などが整っておらず、未成熟な市場です。また、取引参加者も他の金融商品と比べると非常に少ないため、非常に値動きが大きくなっています。

そのため、ビットコインだけでなく仮想通貨市場全般にいえることですが、 ビットコインに全財産を投資するようなことは非常にリスクが高いため絶対にしないようにしましょう

送金が早い

日本国内での送金と比べるとあまりイメージがわかないかもしれませんが、ビットコインの送金速度は、海外送金の際に際立ちます。日本円を海外に送金しようとすると、日本の銀行や海外の銀行などを介さなければならないため非常に時間と手間がかかります。そのため、早くても1日程度はかかってしまいます。

一方でビットコインの送金は30分程度で完了します。さらに24時間365日送金することができるので、 送金の面では日本円よりも優れているといえます

手数料が安い

日本円などの法定通貨の送金手数料は、仲介企業によって設定されています。しかし、 ビットコインではユーザー間の直接送金のため手数料は非常に安く、無料にすることもできます

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の手数料比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (BTC/Bitcoin) の投資は少額で今すぐ始めるべき

もしこの記事を読んでいる方が、少しでもビットコイン投資に興味があるなら、今すぐ始めるべきです。 ビットコイン投資は「1000円」からでも始めることができ、取引所も無料で開設できます

しかし、ビットコインの投資に使う金額は少額に抑えておきましょう。一度に「100万円」を投資したいという方もいるかもしれませんが、そのような投資方法はあまりおすすめしません。

超大手企業の参入で値上がりに期待が高まる

超大手企業の参入例
楽天仮想通貨取引サービス「楽天ウォレット」のサービスを2019年6月から開始
スターバックス仮想通貨決済に対応 (米国)
三菱UFJ銀行独自通貨「MUFGコイン」を2019年後半に実装予定
LINE独自通貨「LINK」が取り扱い開始

上記の表をみると、楽天や三菱UFJ銀行といった、世界で通用する大手企業がビットコイン投資に参入していることが分かります。 また、スターバックスのように私たちの身近な飲食店でも仮想通貨決済の導入が進められていることなども、今後のビットコイン価格上昇につながるはずです。

高額投資をするには大きすぎる暴落リスク

ビットコインは非常に値動きが激しく、突然価格が高騰・暴落することがあります。そのため、大きい金額から投資を始めてしまうと、予期せぬ損失を出してしまう可能性が高くなります。

ビットコイン投資を始めるときはリスクをできるだけ少なくし、価値が0になっても忘れられる金額からスタートしましょう

その後、ビットコインの相場に慣れある程度値動きの予想が立てられるようになったら、徐々に投資額を増やしていくようにするとよいです。

▶ 『ビットコイン (Bitcoin/BTC) の暴落』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (BTC/Bitcoin) 投資の始め方

ビットコイン投資の始め方やビットコインの購入方法について解説します

ビットコインはかんたんに取引することができるので、この機会に取引所へ登録してビットコイン投資を始めてみましょう。

取引量・ユーザー数ともに国内最大手の仮想通貨取引所
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の13種類!

今回は、初心者におすすめの仮想通貨取引所であるCoincheckを例に解説します。

仮想通貨の口座開設STEPは主に以下の4STEPに分けられます

口座開設 全STEP
STEP1準備
STEP2個人情報を入力する
STEP3本人確認書類をアップロードする
STEP4はがきを受け取る

それでは以下で具体的にみていきましょう

▶ 『Coincheck (コインチェック) の口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

STEP1 準備

まずは口座開設に必要なものを準備しましょう。

本人確認資料は下記のいずれかをご準備ください。

editMEMO

本人確認資料
運転免許証
パスポート
マイナンバーカード(顔写真月のもの)
住民基本台帳カード
健康保険証
住民票の写し
年金手帳
福祉手帳
印鑑登録証明書
在留カード
特別永住者証明書

下記は 必ず必要になる情報ですので登録前に準備しておきましょう

ご自身のメールアドレス
gmailやyahooメールなど普段お使いのメールアドレス
の記入で構いません。準備をしておきましょう。なお、金銭的なやりとりが発生する大事な口座ですので、できるだけ普段お使いのメールアドレスに集約されることをおすすめします。
出金口座
お持ちの預金銀行との連携で、口座番号などが必要です。なお、本人名義であるかどうかも念のため確認しておきましょう。
スマートフォン
セキュリティレベルを高くする2段階認証や電話番号登録の際に必要です。できれば手元に置いて作業しましょう。

account_arrow_min

STEP2 個人情報を入力する

STEP2 所要時間
所要時間4~5分程度

本人確認書類の提出画面に移動して、氏名や生年月日を入力しましょう。提出する本人確認書類と同じ情報を入力してください。

情報が一致しない場合は登録ができませんので、 細心の注意を払いながら入力しましょう

account_arrow_min

STEP3 本人確認書類をアップロードする

STEP3 所要時間
所要時間4~5分程度

本人確認書類は運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどを提出することができます。運転免許証などは、両面を提出する必要があるので注意しましょう。

account_arrow_min

STEP4 はがきを受け取る

STEP4 所要時間
所要時間1~2週間程度

個人情報の入力や本人確認書類の提出が完了すると、Coincheckからハガキが郵送されます。

ハガキを受け取ると、アカウント登録は完了し取引を開始することができます

▶ 『Coincheck (コインチェック) の口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の口座開設方法』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (BTC/Bitcoin) の買い方・購入方法

日本円を入金

取引所でアカウント登録を済ませたら、日本円を入金してビットコインを購入する準備をしましょう。

Coincheckで仮想通貨取引を行うには、まず日本円を入金する必要があります。Coincheckに日本円を入金する手段は、「銀行からの振込」「クイック入金」「コンビニ入金」の3種類があります。

それぞれ入金手数料や反映時間が異なるので、自分にあった入金方法で入金しましょう。

▶ 『Coincheck (コインチェック) の入金』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (BTC/Bitcoin) を購入

取引所で日本円入金が反映されたら、取引所でビットコインを購入しましょう。

コインチェック 購入

購入するのは非常に簡単です。
左端のメニューから『コインを買う』を選択し、画像の画面に移動します。
購入したい通貨を選んで希望枚数を選び購入するを押せば完了です。

※アルトコインは日本円のみならずビットコインでの購入も可能になっています。

▶ 『Coincheck (コインチェック) の購入』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『ビットコインの買い方・購入方法』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (BTC/Bitcoin) 投資3つのメリット

ビットコインに投資するメリットについて解説します。ビットコイン投資を始める際に参考にしましょう。

ビットコイン (BTC/Bitcoin) 投資3つのメリット
  • 希少性 (価値) がどんどん上昇していく
  • 取引の透明性が高い[important title='']
  • 国家破綻のリスクヘッジになる

それでは具体的に見ていきましょう。

メリット① 希少性 (価値) がどんどん上昇していく

ビットコイン市場はまだまだ小さく、地球上の投資家で保有している方はまだまだ少ないのが現状です。 しかし現在では大企業がビットコイン投資に参入し始めており、大口投資家もビットコインに資金を投じています

さらにビットコインは発行上限が「2100万BTC」に決められています。そのため徐々に需要が増えていくことで、供給は次第になくなり、価値が上昇すると予想されています。

▶ 『ビットコインの高騰理由』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

メリット② 取引の透明性が高い

ビットコインが採用しているブロックチェーン技術では、全員が取引履歴を確認することができます。どのアドレスからどのアドレスに送金されたのか、いくら送金されたのかなど、資金の流れを誰でも追うことができるため、ビットコインは取引の透明性が高いといわれています。

メリット③ 国家破綻のリスクヘッジになる

日本円やドルなどの法定通貨は、国家に依存しているため常に国家破綻のリスクにさらされています。有名な例ですが、 ジンバブエドルは歴史的なハイパーインフレを引き起こし、1個100円で買えていたものが1個5万円になってしまうような、紙幣価値の低下が起きました

ビットコインは世界共通の通貨であるともいえます。世界中の投資家が投資している金融商品で、ビットコイン決済が導入されていれば世界中どこの国でも使うことができるのです。そのため自国の法定通貨をビットコインに換金しておけば、国家の財政破綻に備えることができます。

メリット④ 1000円以下の少額から始めることができる

取引所による最低購入単位は異なるものの、ビットコインでは1000円以下から投資を行うことが可能です。
ビットコインの最小単位は1億分の1ビットコインであり、現在価値でいうと約0.01円から取引が可能です。

▶ 『少額投資』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

メリット⑤ 供給制限による需要と供給のバランスの調整

ビットコインは発光上限数量が約2100万枚と決まっており、市場に投資者が増えれば増えるほど需要が増えますが、供給は常に一定のため希少性が保全されます。そのため、価値が一定以上で維持されやすいということが言えます。

発光上限が有ることをゴールドになぞらえて、ビットコインはデジタル・ゴールドと呼ばれることもあります。

ビットコイン (BTC/Bitcoin) 投資4つのデメリット

ビットコイン投資には以下のようなデメリットもあるので押さえておきましょう。

ビットコイン (BTC/Bitcoin) 投資 2つのデメリット
  • 取引所のセキュリティに不安がある
  • 価値の保証がない

それでは具体的に見ていきましょう。

デメリット① 取引所のセキュリティ[/important]に不安がある

仮想通貨市場で度々問題となっているのが、取引所のハッキング問題です。新興の取引所が多く、セキュリティ基準が低くなっています。実際にこれまでも多くのハッキング被害が報告されており、2018年1月に起きたCoincheck (コインチェック) のハッキング事件はテレビでも大きく取り上げられました。

ハッキングに巻き込まれないためには、資産を取引所に預けたままにせず、ウォレットに移しておく必要があります。

▶ 『仮想通貨のウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

デメリット② 価値の保証がない

ビットコインは企業が管理していないため、価値の保証がありません。日本円のような法定通貨の場合、国が破綻しない限りは無価値になることはほぼありません。

しかし、ビットコインは所有者全員で価値を支える形なので、需要がなくなってしまったら価値は0になります。突然0円になることも、低確率ではありますが0%ではないということを理解しておきましょう。

デメリット③ ビットコインでの決済は未だあまり浸透していない

ビットコインなどの仮想通貨は法定通貨と同様に店などで使用することもできるのですが、現在ビットコインで決済できるお店の数は限られており、現状では決済が難しい状況になっています。
そのため、使い勝手が良いとは現状ではいえないです。

デメリット④ FXよりも税金面で劣っている

仮想通貨の場合は税金は雑所得として総合課税になります。給与所得や事業所得などと重なることで稼げば稼ぐほどに税率が上がっていきます。
一方でFX取引の場合には利益に対する税金は一律20.315%となっており、損失が出たとしても3年間繰り越すことが出来ます。

▶ 『仮想通貨の税金』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (BTC/Bitcoin) の投資手法

ビットコインの投資手法について解説します。さまざまな投資手法があるので押さえておきましょう。

ビットコイン (BTC/Bitcoin) 2つの投資手法
  • 現物取引
  • FX取引

現物取引

通常の仮想通貨取引です。『販売所形式』や『取引所形式』で取引することができます。

ビットコインはデータの通貨なので厳密に言うと「現物取引」ではありませんが、通常の買いから取引できる仮想通貨は「現物取引」と呼ばれています

投資手法を区別するための名称であると覚えておきましょう。

▶ 『現物取引』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『仮想通貨・ビットコインの販売所と取引所の違い』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

FX取引

ビットコインは外貨ではありませんが、FXをすることができます。通常のFXと同じ認識で大丈夫です。FXの場合、「売り」からエントリーすることが出来るのが特徴です。

▶ 『仮想通貨のFX』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

空売り

ビットコインFXは最初から保有していなくても、売りからポジションを持つことができる「空売り」をすることができます。

▶ 『仮想通貨の空売り』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

レバレッジ

ビットコインは、保有している資金よりも多くの資金を動かすことができるレバレッジ取引をすることができます。ビットコインの価格が暴落して以降、現物取引よりもレバレッジ取引が主流になりつつあります。

上記のFX取引について当かそ部独自にまとめております。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所のFX・レバレッジ・取引ツール比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (BTC/Bitcoin) の保管方法・おすすめウォレット

ビットコインを購入したら、通貨を安全な場所に保管しておきましょう。長期投資を考えている方は専用ウォレットなどで保管して、取引所の倒産リスクを回避することが重要であるといえます。

そもそもウォレットとは

他の通貨と同様、仮想通貨にも保管・管理できる財布があります。 それを「ウォレット」と呼びます

具体的には、ウォレット内に仮想通貨を保管しているわけではなく、仮想通貨の取り出しに必要な「秘密鍵」が保管されているのですが、あまり難しく考えず、「仮想通貨を保管できるお財布」と考えておいて大丈夫です。

仮想通貨ウォレットは主に以下の5種類に分別されます

仮想通貨ウォレットの種類
ウェブウォレット仮想資産をウェブ上で管理します。取引所での管理はこちらに分類されます。
モバイルウォレットスマートフォン端末上で仮想通貨を管理します。
デスクトップウォレットPC端末上で仮想通貨を管理します。
ペーパーウォレット仮想通貨を守る秘密鍵を紙面上に保存します。ハッキングなどの不正アクセスには強いのですが、物理的紛失に関しては注意が必要です。
ハードウェアウォレット仮想通貨を守る秘密鍵をオフライン端末で管理します。オンラインから離れて文字通り「財布」のように仮想通貨を管理します。

それぞれの特徴についてもよく確認しておきましょう。

▶ 『仮想通貨のウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

かそ部おすすめのモバイルウォレット|Ginco

仮想通貨の銀行」を目指すアプリGincoは、スマホで仮想通貨をカンタンに管理することができるモバイルウォレットです。初心者にも見やすく使いやすいウォレットです。

将来的には、ウォレット内で通貨の両替や取引を完結させることが予定されており、今後の利便性の向上や多くのユーザーへの普及が期待されているウォレットです

▶ 『Ginco (ギンコ )』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

かそ部おすすめのハードウェアウォレット|Ledger Nano S

Ledger Nano Sは仮想通貨業界で代表的なハードウェアウォレットです。1つあたりの値段がやや高めではありますが、 常時オフラインでハッキングリスクがほぼ存在しません。仮想通貨を安全に保管するなら、ハードウェアウォレットがオススメです。

▶ 『ハードウェアウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (BTC/Bitcoin) 投資初心者向けの勉強法

かそ部おすすめの記事

仮想通貨取引所のおすすめ比較ランキング

かそ部」では、初心者の方が安心して仮想通貨投資を始められるように、あらゆる側面から仮想通貨取引所を徹底比較しています。ぜひそちらも参考にしてみてください。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の【2020年最新のおすすめ比較ランキング】』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

仮想通貨の勉強法

ビットコイン・仮想通貨投資の初心者向けに、勉強方法を詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

▶ 『仮想通貨の勉強法』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

おすすめの書籍

1時間でわかるビットコイン入門

著者は仮想通貨取引所BITPOINTの社長小田 玄紀氏です。

仮想通貨のアウトラインをつかむための入門書です。ざっくり仮想通貨について知りたい超初心者にオススメです。仮想通貨や投資未経験者にもわかりやすいかみ砕いた表現で書かれています。140ページとボリュームが少ないのですぐに読み終えることができる点も魅力です。

2018年1月に改訂されているため、最新情報が載っています。Amazonの読み放題サービスKindle Unlimited対応のため、加入者は無料で読むことができます。

いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン

著者はコインチェックの創業者大塚 雄介氏です。

この本の一番の特徴は、タイトル通り「ブロックチェーンについて詳細に書かれていること」です。例えば、ハッシュ関数・ハッシュ値による取引承認プロセスなどについて丁寧に説明されています。

もちろん、仮想通貨全体概要についても説明されています。

▶ 『仮想通貨の本 (書籍)』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (BTC/Bitcoin) 投資に関するQ&A

いくらから投資を始めるべき?

この記事の暴騰でも触れていますが、いまからビットコイン投資を始める方は必ず小額から始めるようにしましょう。少額といっても、人によって金額は違うと思います。

自分の資産の何%という風に、投資に使える金額を決めておきましょう。

仮想通貨に税金はあるの?

仮想通貨投資では1億円以上の資産を築いた「億り人」も多く創り出しました。しかし仮想通貨取引で得られた利益と損失は毎年1月1日から12月31日までで通算し、収益に対して所得税がかかります。

収益を全て使ってしまい、税金を払えなくなったということがないように気を付けてください。

▶️ こちらの『仮想通貨の税金ガイド』で税金についてくわしく解説しています

詐欺が多いって本当?

2017年の仮想通貨バブルの際、非常に多くの新しい仮想通貨がICOによって誕生しました。その中には、中身のない通貨も多く、ICO詐欺が流行しました。

当時は非常に相場が非常に過熱していたため、目先の利益に囚われていた方が、詐欺に巻き込まれる傾向にありました。

詐欺は次第に減ってきていますが、「絶対に儲かる」というようなうまい話は基本的に嘘だと思っておきましょう。

▶ 『仮想通貨取引所の事件』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

なにかトラブルがあった場合は?

仮想通貨の投資は基本的に自己責任になってしまいます。そのため事前に基本的な情報は勉強しておくようにしましょう。

▶ 『仮想通貨の将来性』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (BTC/Bitcoin) 投資で初心者におすすめの取引所

Coincheck (コインチェック)

取引量・ユーザー数ともに国内最大手の仮想通貨取引所
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の13種類!
ビットコインを始めたい人は、まずはCoincheckがおすすめ!

スマホアプリが非常に使いやすく、取引に慣れていない初心者トレーダーから本格的なチャート分析をしたい上級者トレーダーまで、幅広い人気を誇ります。

取り扱い通貨 13種類
FX/信用取引
手数料 無料
最低取引単位 0.001BTC
レバレッジ倍率 5倍 ※レバレッジ取引は2020年3月13日をもって終了
スマホ対応

▶ 『Coincheck (コインチェック) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『Coincheck (コインチェック) の評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

DMM Bitcoin

アルトコイン取引なら国内取引所No.1!大手企業DMM.comが運営する安心感!
  • 全通貨のレバレッジ取引が可能!
  • 使いやすい取引ツール
  • あのローラがCMにも!
取り扱い通貨 9種類
FX/信用取引
手数料 -
最低取引単位 0.01BTC
レバレッジ倍率 4倍
スマホ対応

▶ 『DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『DMM Bitcoinの評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

bitFlyer (ビットフライヤー)

ユーザー数と資本金が国内最大級の仮想通貨取引所!
  • 超高機能取引ツール搭載!
  • 本格的なチャート分析が可能!
  • 日本最大級の規模!
取り扱い通貨 8種類
FX/信用取引
手数料 0.01〜0.15%
最低取引単位 0.01BTC
レバレッジ倍率 4倍
スマホ対応

▶ 『bitFlyer (ビットフライヤー) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『bitFlyerの評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (BTC/Bitcoin) の投資 まとめ

ビットコインはまだ始まったばかりです。今から投資を始めるという方も決して遅くはありません。

ビットコイン投資は正しく行うことで、懸念されているハッキングや取引所倒産リスクにも備えることができます。そのためビットコイン投資を始める前に、本記事にてビットコイン投資の方法を確認しておきましょう。

▶ 『ビットコイン (Bitcoin/BTC) の今後や2020年の見通し』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (BTC/Bitcoin) 投資の関連情報

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計13種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!