投資をすれば、お金に関する様々なメリットを享受できます。

今回は投資をはじめるメリットを4つ、気をつけるべきデメリットを3つ紹介します。投資につきまとうメリット・デメリットを正しく理解して、自分に適切な投資手法を取るようにしましょう!

投資をはじめる4つのメリット

投資に参加すると生活にゆとりができたり、お金を深く学ぶことができます。

投資をはじめる4つのメリット
  • 資産を持つことで生活にゆとりがでる
  • 忙しい人や初心者でも資産形成ができる
  • 今から資産運用できれば他の日本人と差をつけられる
  • お金のことがよく理解できる

メリット1 資産を持つことで生活にゆとりがでる

資産をプラスすることで生活費の足しができます。 生活費は労働で稼ぐのがメインとされていますが、資産運用することでお金を働かせることになり、貯蓄がプラスされれば生活にゆとりができます。

また、結婚やマイホーム購入などの人生のイベントを控える人にとっては、そうした予算の頭金に資産運用分を使えるでしょう。

老後の年金をめぐる問題も日本で日々報じられています。老後の生活を幸せに送るためにまとまったお金がほしいなら、資産運用で目指すことも考えられます。

メリット2 忙しい人や初心者でも資産形成ができる

現代社会では仕事や学業が忙しくて時間がない人や投資の知識がない人でも資産運用ができます。

仮想通貨をはじめ、暇な時間が限られている人でも気軽に参加しやすい分野が見られます。そちらを利用すれば、忙しい合間などにも投資に関われ、利益を上げるチャンスを広げられます。

忙しい人は毎日仮想通貨や株などの売買を行うデイトレードには向いていませんが、数ヶ月~数年単位で資産を保有して値上がり後の売却を狙う中長期投資には向いているでしょう。

特に月々同じ額を投資し続ける積立投資や、複数の仮想通貨や株の銘柄を狙う分散投資なども、忙しい人や初心者に向いた方法と考えられます。

editTIPS
分散投資とは
分散投資とは複数の仮想通貨に同時に投資を行うことで、仮想通貨が暴落した際のリスクヘッジを行う手法です。仮想通貨の長期投資を行う方の多くは分散投資をしています。

メリット3 今から資産運用できれば他の日本人と差をつけられる

たった今から投資への参加をはじめるだけで、ほかの人との差をつけられます。老後の貯蓄などにもある程度余裕ができるでしょう。

特に仮想通貨は2017年末にブームが起きていますが、まだはじめていない人が多いようです。 今から仮想通貨のような投資に参加すれば、貯蓄を増やしてほかの日本人と差をつけられるチャンスです。

海外が対象になっている資産を持つことで、日本の経済が停滞しても一定のお金を確保できます。仮想通貨のような世界共通の価値を持ったものでも充分です。

メリット4 お金のことがよく理解できる

投資に参加する目的はお金を増やすことばかりではありません。 お金や社会を学ぶために投資することも考えられます。

現代社会では投資分野は多様化していますが、どれも日本や世界の経済と密接に関わっています。投資することでお金を深く意識するようになり、経済や社会の仕組みを深く学べるでしょう。

学校のような公的な教育機関ではお金を学ぶ機会が少ないですが、投資をきっかけに様々な情報を集めたり、関連する書籍を読んだりしてお金に関する知識を深められます。自身が生きる社会の姿を正確にとらえることで、教養を深められるのです。

投資をはじめる3つのデメリット

投資に参加するなら注意すべき点も意識しましょう。特にリスクは自身が背負いきれる範囲にとどめましょう。

投資をはじめる3つのデメリット
  • 常にリスクが伴う
  • 最初は勉強が必要でいきなり稼げるほど甘くない
  • 元本保証はないのがほとんど

デメリット1 常にリスクが伴う

投資には常にリスクが伴います。金融商品に多額のお金をつぎ込んで大損した結果借金したケースも見られます。

基本的にリスクとリターンは比例し、投資分野の性質と予算により変動します。 少額で参入すればローリスクですが、リターンも低いです。多額をつぎ込む投資はハイリターンが期待できますが、その分ハイリスクに考慮する必要があります。

金融商品に手を出すなら、貯蓄の数%という形で、損をしても生活を脅かさない程度に予算をとどめましょう。ハイリターンばかりにこだわらず、自身が背負いきれるリスクの限界を自己分析しましょう。

デメリット2 最初は勉強が必要でいきなり稼げるほど甘くない

投資には特別な知識が求められるケースが多いです。初心者が投資の魅力だけを知っても、すぐに稼げるほど簡単ではありません。得をすることもあれば損をすることもあることに注意しましょう。

投資に興味を持ったら、いきなり専用口座を作るよりもまずは関連する書籍やネットで勉強しましょう。少なくとも1~2冊程度は常備し、そこに図書館から借りたお金や投資の本やインターネットから仕入れた知識をプラスするとよいでしょう。

ローリスクな投資分野なら、少ない知識でも参入しやすい場合が多いです。 特に仮想通貨は独自の価値で運営されているうえに歴史が浅いなどの理由で勉強する項目は少ないです。1000円以下の少額でも買えるため初心者が楽しみやすいとされます。

デメリット3 元本保証はないのがほとんど

投資にはリスクがつきもので、元本保証がない分野も多いです。 元本とは投資予算のことであり、買ったときよりも売ったときの価格が安いなどで収益が予算を下回れば「元本割れ」になります。

投資に参加するなら、元本割れのリスクを常に想定しましょう。金融商品の価格暴落で元本の半分にも満たないリターンしか出ないこともあります。大きく負けても大丈夫なように余裕のある資産だけの運用を心がけましょう。

まとめ

投資は成功すれば生活にゆとりができるだけのお金を手に入れられます。現代社会では投資パターンも多様化しており、忙しい人や初心者でも参入しやすく、投資を通じてお金を学べるなど多くのメリットがあります。

しかし、最低限の知識を備えなければ、投資しても大きな損失を負う恐れがあります。常にリスクを想定し貯蓄の数%というように余裕資産だけを予算としましょう。投資は常に収益が予算を下回る元本割れのリスクを想定しなければなりません。

それでも 仮想通貨など、初心者でも少額で参加しやすく、少ない知識でもほかのハイリスクなジャンルよりは成功しやすい分野があります。本記事をきっかけに投資を実践したくなったら、仮想通貨からはじめてはいかがでしょうか。

まとめ
  • 現代の投資は初心者や忙しい人でも少額から参入しやすい
  • 投資により仕事以外で貯蓄を増やせ、お金や経済を深く学べる
  • 損失などのリスクに注意が必要であり、投資の知識も備えておこう
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!