この記事のポイント
  • 高速な処理能力と独自のアルゴリズム
  • 様々なオンラインプラットフォームに活用できる可能性
  • DeFi (分散型金融) との親和性の高さ

仮想通貨はビットコインやイーサリアムといわれる有名なところから、草コインといわれるマイナーなコインまであります。その中でも特に成長が著しい暗号資産 (仮想通貨) が アイオーエスティー (IOST)といわれるものです。

アイオーエスティー (IOST) を初めて耳にする方も多いでしょう。そこで、本記事ではアイオーエスティー (IOST) の特徴から将来性、購入する際のおすすめの取引所など具体的に解説していきます。ぜひ、最後まで見ていきましょう。

アイオーエスティー (IOST) とは

アイオーエスティー (IOST) の基本情報
通貨名アイオーエスティー
通貨シンボルIOST
通貨リリース2018年1月11日
発行上限枚数210億枚
トークン規格 ERC-20
公式サイトhttps://iost.io/
公式Twitterhttps://twitter.com/iost_official
公式Telegramhttps://t.me/officialiosjapanese
ホワイトペーパーhttps://iost.io/624/

アイオーエスティー (IOST) は Internet of Services Token (インターネット・オブ・サービス・トークン) の略語であり、独自のアルゴリズムで公平で高速な処理能力と、非中央集権型の暗号資産 (仮想通貨) で注目を浴びています。

国内では既に研究や実験で多く使われており、医療現場で患者のデータ管理やブロックチェーンの研究開発などで使われていて今後ますます期待ができる暗号資産(仮想通貨)です。

アイオーエスティー (IOST) は 未来に貢献する暗号資産(仮想通貨)と言われており、ブロックチェーン技術の発展に欠かせない存在です。

アイオーエスティー (IOST) の特徴

独自のコンセンサスアルゴリズム「PoB」を採用

独自のアルゴリズムを採用していることにより 非中央集権型の暗号資産(仮想通貨)を実現しています。通常であれば、非中央集権型の技術を作りだすには担保がなければ実現できません。

しかし、アイオーエスティー (IOST) は独自のアルゴリズムで 処理速度が高速であり、ブロック対応率を上げているため実現可能なのです。

また、この独自のアルゴリズムはDeFi (分散型金融) にも影響してくる技術であり、今後も注目されるアルゴリズムです。

ちなみにDeFi (分散型金融) を簡単に説明すると、銀行などの金融サービスが分散化されたものです。

▶ 『コンセンサスアルゴリズム』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

スケーラビリティ問題を解決するシャーディング技術

暗号資産 (仮想通貨) では、スケーラビリティに対する問題が懸念されていることもあり、なかなか実社会に導入できない問題があります。しかし、アイオーエスティー (IOST) の場合、そのスケーラビリティを解決する技術として シャーディング技術が導入されています。

シャーディング技術とは、 トランザクションの検証作業をバリデータごとに分けて処理する技術ですが、分かりやすく解説すると、メインチェーンとは別のサイドチェーンで処理することです。

サイドチェーンを複数に分けることで、メインチェーンの負担を減らすことが可能であり、それによって高速な処理を行っています。

▶ 『スケーラビリティ』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ノードを削減できる

通常の暗号資産 (仮想通貨) の場合、ノードの削除ができないためブロックチェーンに保存されてしまいストレージコストがかかります。そうすると、新たなノードが参加できずサーバー側に不可がかかり、システムパフォーマンスの低下を招くことが頻繁に起こっています。

ですが、アイオーエスティー (IOST) の場合、 マイクロステート・ブロックを採用し最新のブロックのみを保存できるしくみにしています。そのため、古いノードが削除でき、サーバー側の負担軽減、システムパフォーマンスの安定性を実現しています。

つまり、アイオーエスティー (IOST) は処理能力も高く、 安定的にパフォーマンスを維持できる社会性の高い暗号資産(仮想通貨)であることが期待されているのです。

アイオーエスティー (IOST) の今後・将来性

様々なプロジェクトに活用されている

アイオーエスティー (IOST) は金融や医療現場だけでなく、様々なプロジェクトで活用されている暗号資産 (仮想通貨) です。というのも、アイオーエスティー (IOST) は他の暗号資産 (仮想通貨) と比べてセキュリティ面が非常に優れていて安全であり、 JavaScriptを言語として作られているため取扱いやすいという魅力もあるからです。

また、定期的にアイオーエスティー (IOST) を活用した勉強会や說明会もあちこちで行われていて、多くの人にその有用性が知られてきています。多くの人に知られれば、それだけアイオーエスティー (IOST) の技術を活用する人も増え、プロジェクトが色んな企業や研究施設で行われるでしょう。

なので、今後を考えると社会の発展性に大いに期待できる暗号資産 (仮想通貨) であり、それに伴ってアイオーエスティー (IOST) の価格が上昇することが期待できます。

DeFi (分散型金融) 市場の成長

先程簡単に説明しましたが、DeFiとは分散型金融のことをいい、 銀行などの金融サービスが分散化されたものです。DeFiはセキュリティの担保があることも特徴であり、その安全性の高さから年々DeFiに参加する市場プレイヤーが増えてきています。

そのためDeFi市場は成長が著しく、今後もますます成長することに期待できる市場です。また、アイオーエスティー (IOST) はこのDeFiに2019年から参加していて親和性が高く、 独自のアルゴリズムとブロックチェーンの相性が良いといわれています

なのでDeFi市場が成長すると、それに伴ってアイオーエスティー (IOST) の技術が高まってくるため、期待度も上がるという効果が得られます。

▶ 『ブロックチェーン』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

アイオーエスティー (IOST) が今後上がるといわれる理由

参入障壁が非常に低い

アイオーエスティー (IOST) は多くの人が使うJavaScriptで書かれているため、 非常に汎用性が高く参入障壁が低いのも特徴的です。参入障壁が低いため、多くの人がDapps開発や様々な技術に応用する人も多くいるでしょう。

そのため、活性化の余地があり、暗号資産 (仮想通貨) としての価値が上がる可能性が大いに期待できます。

▶ 『Dapps』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

DeFiエコシステムを構築しており成長が見込まれる

アイオーエスティー (IOST) は2020年後半に公式ブログにて、DeFiへの プロジェクトやエコシステムを開発する意向を示しています。実際、DeFiにてパートナーシップの締結やDEX、サポートファンドの創設、新たなサービスの開発など積極的に取り組んでいます。

これらは今後のDeFi分野への重要な成長要因となっており、アイオーエスティー (IOST) の成長がかなり見込まれています。現在、既にDeFiエコシステムを構築しているため、他のプロジェクトや開発が進んで様々なことが実現されれば価格が上がる可能性が高いでしょう。

▶ 『DEXの』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

アイオーエスティー (IOST) の今後の価格を予想する際にみるポイント

オンラインサービスの普及

ビットコインなどの暗号資産 (暗号資産) では、処理速度が遅く他のサービスへの応用が効きづらい影響からオンラインサービスへの適用には不向きといわれています。ですが、アイオーエスティー (IOST) の場合、高速な処理速度と非中央集権的な技術を持っているため、 様々なオンラインサービスに適用されることが期待できます

たとえばSNSの投げ銭や寄付、オンラインショップでの買い物でアイオーエスティー (IOST) が普及されれば、その価値は大きく上がり価格上昇が見込めるでしょう。なので、 今後の価格を予想する際はどのようなサービスで使われるかがポイントになります

また、どのような新しいサービスがアイオーエスティー (IOST) によって生み出されていくのかもポイントです。つまり、そのアイオーエスティー (IOST) に関連するサービスに注目すると良いでしょう。

社会貢献等による認知度向上

アイオーエスティー (IOST) は技術面だけでなく、環境構築にも取り組んでいます。日本では、イベントや開発者向けハンズオン、ハッカソンなどで実施されていて 社会貢献性も秘めている暗号資産 (仮想通貨) です

こういった活動を今後もアイオーエスティー (IOST) が積極的に行っていけば認知度も上昇し、価格が上がることが予想されます。

アイオーエスティー (IOST) の今後・将来の予定・ロードマップ (2021上半期)

アイオーエスティー (IOST) の今後を予想するためにはロードアップも見る必要があります。ロードマップを知ることで、価格が上がるか下がるか判断もしやすくなります。ちなみに、ロードマップとは今後の展望を簡単に紹介したものになります。

基本的にはロードマップ通りに開発を進める意向になりますが、何らかの影響でロードマックに書いてあることとは別の事柄に変更される可能性があることも覚えて起きましょう。

特に、暗号資産 (仮想通貨) 市場は変化が激しく、変更とされるケースや予定通りに開発が進まないなんてことも起こるので注意が必要です。それでは、アイオーエスティー (IOST) の2021年上半期のロードマップを箇条書きで紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ざっくりと見て置くだけでもアイオーエスティー (IOST) の価格予想がしやすくなるはずです。また、技術の発展性にも期待できるところたくさんあります。

Q1 (1〜3月) のロードマップ

アイオーエスティー (IOST) のQ1 (1〜3月) のロードマップは以下になります。

  1. IOSTメインネットと接続性能を最適化してRosetta APIサポートよりソフトウェア開発キットを作成
  2. IOSTメインネットを稼働できる対応CPUの数を増やしてプラットフォームをサポート
  3. IOSTの品質向上を目指し、内部モジュールをアップグレードしてP2Pネットワークの高速化
  4. HUSD以外の様々なステーブルコインをサポート
  5. ステーブルコインを利用したDeFi (分散型金融) サービスをリリース
  6. 様々な産業へのNFT連携
  7. 人気の高いDAppsをリリース
  8. グローバルに展開するためにパートナーノードエコシステムの仕組みをを強化
  9. アイオーエスティー (IOST) コアコミュニティーグループを拡大

Q2 (4〜6月) のロードマップ

アイオーエスティー (IOST) のQ2 (4〜6月) のロードマップは以下になります。

  1. webブラウザ経由でのハードウォレット対応
  2. Travis ClからGitHub Actionに切り替え
  3. 各国の法的規制にもしっかりと対応
  4. 世界のトップ企業とブロックチェーンビジネスの協力関係を構築
  5. イーサリアムなどの他のブロックチェーンメインネットの接続
  6. 世界的に有名なインフルエンサーを起用してアイオーエスティー (IOST) を宣伝

アイオーエスティー (IOST) の今後の懸念点

ハッキングやウイルスに遭うリスク

技術が発展すればセキュリティ面も上がりますが、それに伴って ハッキングやウイルスの技術も上がります。つまり、 ハッキングとセキュリティ技術はイタチごっこであり、新しい技術が開発される度にそれを悪用してくる人はいるのです

アイオーエスティー (IOST) も例外ではなく、ハッキングやウイルスにさらされる影響は少なからずあるといます。現時点で、セキュリティ面が高く安全性の高い暗号資産 (仮想通貨) であることには変わりませんがゼロリスクであるとはいません。

もちろん脆弱性が出てくればそれに対するセキュリティ面の強化やアップデートが行われますが、もしアイオーエスティー (IOST) の購入を考えるならリスクヘッジをしたおいた方が良いでしょう。

またどの暗号資産 (仮想通貨) でもいえることですが、100%安全だとは思わないことです。

法規制による影響

暗号資産 (仮想通貨) は技術面が面白く可能性ある分野ではありますが、まだまだ 法による整備が不十分な状況です。それでも10年前と比べたら法規制は進んだ方でしょう。これは日本だけでなく、他の国でも法による整備が不十分と状況が考えられます。

なので今後日本も含めて各国の暗号資産 (仮想通貨) に対する法規制がどのように進展されるかで大きく価格にも影響されるでしょう。また、 マネーロンダリングや投機対象としての見方が強いとの課題もあります

▶ 『仮想通貨の法律』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

今後アイオーエスティー (IOST) を購入する時のおすすめ取引所

BINANCE (バイナンス)

世界最大級の知名度を誇る王者の風格!最先端の暗号資産 (仮想通貨) 取引所!
  • メジャーな仮想通貨をほぼ網羅!
  • 取引手数料は一律0.1%
  • 独自コインのBNBが人気!

BINANCE (バイナンス) は 世界トップクラスの取引高を誇る暗号資産 (仮想通貨) 取引所です。ビットコインやイーサリアムといった主要な暗号資産 (仮想通貨) はもちろん、マイナーなアルトコインも多数取扱っています。その中でアイオーエスティー (IOST) の取扱いもあります。

取引手数料も 一律0.1%と格安であり、運営側も積極的にユーザー支援やユーザーの声を大切にして新しい暗号資産 (仮想通貨) を取扱うなど、魅力あふれる特徴がたくさんあります。

また、 セキュリティ面も高く海外取引所とはいえ安心で安全であると様々なメディアから評価を受けています

▶ 『BINANCEの口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Coincheck (コインチェック)

初心者向け!取引量・ユーザー数ともに国内最大手の暗号資産(仮想通貨)取引所!
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の15種類!

国内最大級の暗号資産 (仮想通貨) 取引所であり、初心者に分かりやすいユーザーインターフェースと操作性で迷わず使えます。スマホのウェジェット機能も使えるため、いつでも簡単に価格チェック可能であり、工夫次第でチャンスのタイミングを逃さずに暗号資産(仮想通貨)の購入ができるでしょう。

暗号資産 (仮想通貨) の取り扱いも 15種類という国内では最多であり、 将来性の高い暗号資産 (仮想通貨) を厳選して取扱っているのが特徴的です。知っている人も中にはいるかもしれませんが、一時的に問題となった経緯があります。しかし、現在はマネックスグループが主要株主となり、経営体制や内部管理体制など根本的な改革がなされています。

そのため、セキュリティ面も改善してサイバー攻撃や情報漏洩などサイバーセキュリティにくわしい専門家の協力でシステムの再構築が行われ、万全な体制で安心してアイオーエスティー (IOST) の購入ができます。

▶ 『Coincheckの口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

bithumb (ビッサム)

韓国で圧倒的なシェアを誇る海外取引所!
  • 日本語でのサービスも提供!
  • 手数料定額クーポンも!
  • 高水準セキュリティを実現!

日本語に対応している数少ない海外取引所であり、韓国最大級の取引量を誇っています。韓国の 70%のユーザーが利用していて会員数は80万人と多数です。ユーザーから熱い支持を受けている人気の取引所です。

取扱っている暗号資産 (仮想通貨) の数も 104種類と豊富にあり、主要な暗号資産 (仮想通貨) はもちろんアイオーエスティー (IOST) の購入も可能です。また、bithumbに上場される暗号資産 (仮想通貨) は急騰することが多く、新規上場される際は毎回大きな注目を浴びるのが特徴的です。

過去に大規模なハッキングに遭った経緯もありますが、そこでの教訓を得て現在は 安全なセキュリティ体制が整備されて安心して取引できます。また、セキュリティ体制が改善してからはユーザー数が増加傾向であり、今後もその勢いは増すことでしょう。

▶ 『Bithumbの口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

アイオーエスティー (IOST) の買い方・購入方法

今回はアイオーエスティー (IOST) を取り扱う唯一の国内取引所であるCoincheckでの買い方を説明します。

アイオーエスティー (IOST) は、以下の3ステップで購入できます。

  • STEP1 Coincheckで口座開設
  • STEP2 Coincheckに日本円を入金
  • STEP3 Coincheckでアイオーエスティー (IOST) を購入

STPE1 Coincheckで口座開設

Coincheckで口座開設
口座開設 (無料) はこちら」をクリックしてください。

その後の流れは以下のとおりです。

Coincheck 口座開設 全STEP
STEP1アカウントを登録
STEP2作成アカウントにログイン
STEP3本人確認書類を提出
STEP4ハガキを受取る

本人確認書類を提出し、審査が完了次第取引を行えます。おおよそ1日~2日ほどで本人確認が完了します

▶ 『Coincheckの口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

STEP2 Coincheckに日本円を入金

日本円入金、コインチェック

まず日本の取引所に登録して日本円を入金します。Coincheckの「日本円を入金する」の項目上の振込先の口座にお金を入れましょう。

注意点として振込をする時に振込人名義は「指定されたユーザーID+あなたの名前」にする点に注意しましょう。指定されたユーザーIDを記載しない場合正しく入金が反映されません。

STEP3 Coincheckでアイオーエスティー (IOST) を購入

コインチェックでiostを購入

日本円を入金したら左のメニューから「販売所 (購入)」を選択します。手に入れるアイオーエスティー (IOST) の数量を入力したら「購入する」の項目を押して購入完了です。

▶ 『Coincheckの購入』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

アイオーエスティー (IOST) の今後に関するQ&A

アイオーエスティー (IOST) とはどんな暗号資産 (仮想通貨) ですか?

IOST (アイオーエスティー) は 独自のアルゴリズムを使って非中央集権型の取引ができる暗号資産 (仮想通貨) です。ビットコインなどの黎明期にできた暗号資産 (仮想通貨) と比べて処理スピードが早く、様々なオンラインプラットフォームで活用できるのではと期待されています。

技術面と安定性の高さから多くの人がアイオーエスティー (IOST) に注目しており、現在多くの研究期間や企業に開発が進められています。将来性の高い暗号資産 (仮想通貨) であるため、今後社会の発展に貢献する可能性のある暗号資産 (仮想通貨) です。

DeFiとアイオーエスティー (IOST) の関係性は?

DeFiは取引や お金の管理を中央集権的に管理しない技術のことを言います。アイオーエスティー (IOST) は独自のアルゴリズムやブロックチェーンと親和性が高く2019年からDeFiに参加しています。

また、DeFiは年々著しい成長が目立ち、今後も発展する期待もされています。 DeFiが発展すれば、それに伴ってアイオーエスティー (IOST) の技術も上がり価値が上昇する可能性が大いにあります

アイオーエスティー (IOST) に関するまとめ

普段から暗号資産 (仮想通貨) の取引をする人であれば、アイオーエスティー (IOST) を聞いたことがある人は多いでしょう。しかし、その技術面や将来性は実際に取引をして自ら調べないとわからないものです。

本記事では全くの暗号資産 (仮想通貨) 初心者の方でもわかりやすく解説させて頂きましたが、取引をしたことがない人でもその技術面や将来性の高さには大きく期待できることがわかるでしょう。

また、 ロードマップを見て頂ければわかる通り今後の展望にも目を見張るものがあり価値が上昇する可能性があります。まだ、購入していない方であれば今のうちに購入しておくのも良いでしょう。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!