この記事のポイント
  • カギ足はトレンドを読みやすいチャート足の一種
  • 一段抜きや五嶮などの見方をマスターすれば使いこなせるようになる
  • カギ足から売買のタイミングを読むなら「肩」や「腰」といったポイントに注目

「カギ足チャートに興味はあるが、見方や使い方がわからない」と悩んでいませんか。カギ足にはローソク足とは違った特徴や魅力、使い方があり、独自の投資戦略のきっかけもつかめるでしょう。

今回はカギ足を知りたい方のために、特徴や見方、設定方法などを紹介します。これを読めばカギ足チャートを仮想通貨などの投資に役立てられるでしょう。

カギ足とは?

カギ足とは「値幅足」とも呼び、 価格の上下を屈折線グラフで示します。チャートの日足や1分足に合わせて価格変動をグラフ化したローソク足とは違い、相場の変化を強調したチャートの表示方法といえます。

カギ足は時間に関係なく、価格変動だけでグラフを描くので、トレンドを現しやすいです。仮想通貨の相場における雰囲気を深く知りたいなら、ローソク足もカギ足を使った方がお得かもしれません。

値幅が大きければ傾向をつかみやすいといえますが、変動がある程度進んでいない限りカギ足からトレンドが分からないなど、リアルタイムな市場変化には反応しづらいのがデメリットです。

カギ足の見方

カギ足の見方には、以下の固有な現象を覚えることが大切です。

  • 一段抜き
  • 五嶮

カギ足はチャートにできる出っ張りの向きにより「肩」と「腰」に分かれ、これを基点に一段抜きなどの現象が起きるので要チェックです。

一段抜き

カギ足

一段抜きは直前の肩をカギ足が追い抜く現象です。画像は上向きの出っ張りであるをカギ足が上へ追い抜いたときの一段抜きです。

カギ足

下に突き出したをカギ足が過ぎ去るパターンもあります。こちらは下方向のへこみを追い越した結果、下落トレンドをはっきりと示したものです。

カギ足

腰の次に肩ができた結果、わずかに下方向を向いてから一気に上向きに伸びるパターンもあります。このときは上昇トレンドが強く現れ、買いで儲けるチャンスになりえます。

カギ足

肩の次に腰ができてから、わずかに上方向を向いたあとで、一気に下へ向かう一段抜きもあります。下落トレンドが強くなり、売りサインと考えられます。このように一段抜きにも4つのパターンがあることを覚えましょう。

五嶮

肩と腰の関係性と、カギ足の伸び具合で、五嶮が成立することもあります。

カギ足

画像では腰と肩を交互に繰り返しながら、トータルでは上向きの雰囲気を出しています。腰3カ所、肩2カ所を作ったあとに上昇トレンドへ向かう図です。腰と肩の合計5カ所を合わせて「五嶮」となり、 最後の上向きが5カ所の嶮を切ることで画像のような形ができます

3カ所目の腰が2カ所前の肩より高い位置だと、価格が急上昇する可能性は高いといえます。仮想通貨でもさまざまな銘柄をめぐりながら、カギ足チャートを見て五嶮が出たときは買いのサインとして要注目でしょう。

実際チャート見ていきましょう

カギ足

画像は4月19日時点におけるビットコインの日足チャートです。

上のチャートにおいて価格が上昇ムードなら緑、下落ムードなら赤です。方向まで考えれば線が上向きで緑色なら買い、線が下向きで赤色なら売りと考えられます。

画像では直近で五嶮が出ており、上昇トレンドが続きそうな雰囲気なので、買いのサインと判断できるでしょう。

チャートの色で判断する

カギ足はチャートので判断しやすいことがポイントです。ローソク足でも上昇と下落で色が変わりますが、それだけでは売買判断できず、移動平均線などのテクニカル指標に頼る方も多いでしょう。

カギ足では、線の方向で短期トレンド、色で長期トレンドを判断できます。 緑なら上昇の雰囲気がうかがえ、赤なら下落トレンドが続いている証拠です

カギ足と一緒に使える「肩」と「腰」

カギ足のポイントは「肩」と「腰」という、チャート内のへこみです。肩は高値、腰は安値を示し、相場のトレンドを反映しています。この章ではカギ足における肩や腰の意味と活用方法を紹介します。

肩 | 過去の高値

肩とはカギ足において上向きに出っ張っている部分で、過去の高値を示しています

カギ足

画像のように肩の位置がどんどん上に行けば肩上がりと呼び、上昇トレンドと判断できます。反対側なら肩下がりで下落トレンドが伝わってくるでしょう。

腰 | 過去の安値

腰はカギ足チャートにおいて下向きに突き出している部分を示し、過去の安値を表しています

カギ足

画像のように腰の位置がどんどん上がっていけば腰上がりとして、上昇トレンドを読み取れます。反対向きなら腰がどんどん下がっているので腰下がりとなり、仮想通貨の相場が下落傾向とわかるでしょう。

売買サインはいつ?

売買サインは直前の肩や腰を追い越し、カギ足の色が変わったときと考えましょう。直前の肩を上回ることで、赤い線が緑に変わったら買いのサインです。腰を下回って緑色のカギ足が赤に変わったら売りポジションに入りましょう。

一段抜きが起きれば、トレンドが決まるサインなので、積極的に投資を判断したいところです。ただし肩を追い越したはずの緑色のカギ足が、すぐに下がってしまうようなダマシもあるため、冷静さを失わない思考も大切です。

直前2つの肩や腰をカギ足が追い越す二段抜きも意識しましょう。この場合は一段抜きよりトレンドが強くなる可能性もあるため要注目です。

カギ足を使いこなすコツ

カギ足を使いこなすなら、自身の投資スタイルに合わせて値幅を調整するなどの工夫が大切です。買った仮想通貨を売るまでの大体の期間を決めながら、カギ足チャートの調整を済ませましょう。

値幅を調整する

投資スタイルによってチャートの設定値幅を調整することが大切です。仮想通貨チャートにおいて値幅は縦軸に現れます。

カギ足

価格軸にカーソルを乗せ、上向きにドラッグすれば値幅が狭くなり、チャートは上下に伸びていきます。これは短期トレード向けの設定方法です。下向きなら凝縮し、値幅が大ざっぱに広くなり、長期トレード向けのチャートに仕上がります。

おすすめの設定ポイント

デイトレードやスイングトレードなどの短期投資なら、1〜100円単位の値幅が出るほど調整してもよいでしょう。チャート内の過去の最高値や最安値が見えづらくなる欠点もありますが、一段抜きなどが目立ちやすくなり、積極的に売買を仕掛けられます。

長期トレードなら1000〜1万以上の単位になるほど広い値幅でチャートを見ましょう。 特に数ヶ月や数年単位で仮想通貨を持ち続けるなら、万単位の値動きを見やすくなるように、チャートを縮めるとよいです

カギ足の使い方まとめ

カギ足は、ローソク足よりもトレンドを反映しやすく、仮想通貨初心者でも使いやすいチャートといえます。肩や腰などの現象や、トレンド別の色分けもはっきりしており、まとまった利益を狙うのに向いています。

現在、カギ足を設定できるチャートを持っているなら、早速ローソク足などから切り替えてみませんか。

▶ 『テクニカル分析』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Trading View (トレーディングビュー) | 無料で使える多機能チャートツール

trading view

Trading View (トレーディングビュー) は「ブラウザ上で使える高機能チャート」です。しかしただのチャートの機能だけでなく、ユーザー同士のコミュニケーションの場としての役割も兼ね備えており、自分のチャート分析やトレードの案を公開したり、他の人が公開したものを見てトレードの参考にしたりできます。また、ユーザー間のチャットやチャットルームの作成もできるなど多様なコミュニケーションができるツールです

他にも公式に発表されたニュースや指標も見ることができるので、トレードに必要な情報はこれ1つですべて手に入るといっても過言ではありません。

TradingViewは無料でも十分強力なツールですが、「PRO」「PRO+」「PREMIUM」といった3つの有料プランが用意されています。

一番手軽に始められる「PRO」でも「ボリュームプロファイル (価格帯別出来高)」という非常に強力なツールが使えるようになるので、本気でトレードに取り組みたい方にはとてもオススメです。

account_arrow_min

Trading Viewの有料版のポイント
PROBasicの機能に加えて、より多くのチャート、時間足、インジケーターを設定可能!
PRO+PROの機能に加えて、高度なテクニカル分析が可能に!次のレベルを狙うデイトレーダーにおすすめ!
PREMIUMチャートツールの最高峰。可能なすべてのチャンスを逃さないための最高精度と緻密なデータを閲覧可能!

こちらは編集部おすすめの、 本当にトレードで役立つテクニカル分析まとめです。トレードでの勝率をさらに高めたいという方は気になったものから1つずつ覚えていきましょう!

知っておきたい初心者テクニカル分析一覧
ボリンジャーバンド勢いの変化や反転の目安、方向を見るテクニカル指標→『ボリンジャーバンドの設定方法』はこちら
MACD移動平均線を元にしたテクニカル指標→『MACDの設定方法』はこちら
ローソク足価格を4つの値段で表し、価格推移を表示したもの→『ローソク足の組み合わせ』はこちら
ゴールデンクロス価格の上昇を判断するテクニカル分析手法
出来高売買の数量を確認できる指標
ダウ理論全てのテクニカル分析の基礎として現在も多くの投資家に支持されている
支持線過去の価格推移から反発を予想
新値足トレンドを把握するためのテクニカル分析
サヤ価格変動において生じる値幅のこと
ストキャスティクス買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
一目均衡表相場の動向を見るためのテクニカル指標
RSI買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
ダイバージェンス様々なオシレータ系指標に見られる現象
逆ウォッチ曲線価格と出来高から相場を分析する手法
コマ足売買シグナルをわかりやすく出してくれる
知っておきたい中級者テクニカル分析一覧
VWAP大口取引を行う、機関投資家などを中心に目標値とされている
モメンタムトレンドの転換や強弱を表す指標
逆三尊トレンドが転換するときに形成されるチャートパターン
ソーサー頻繁に出現するチャートパターン
エリオット波動相場は5つの上昇波と3つの下降波で1つの周期を形成するという考え方
パラボリックトレンド追随型のテクニカル分析
三段高下上昇・下降相場の波動理論
グランビルの法則移動平均線とレートの関係性から売買タイミングを判断する
ダブルトップ上昇トレンドが終了する際に現れるチャートパターン
DMI市場の状態を見極めるための順張り指標
ポイントアンドフィギュア○と×だけで値動きを表現して相場のトレンドを把握し予測する
アームズボックスその日の高値と安値を示し、取引量を把握可能
練行足一定の値幅を決めて、その値幅以上の値動きがあったときに足を記入する
リスクリワードレシオ利益確定と損切りのバランスを表す指標
%Rオシレーター計算式買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
フィボナッチサポートとレジスタンスの地点を判断する指標
RCI買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
サイコロジカルライン市場参加者の心理を数値化した指標
酒田五法日本の江戸時代に開発され、現在も使われる相場分析方法
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!