この記事のポイント
  • クサマはデータ処理速度の速さや利便性などで将来性が高い
  • お得に買うなら安全性や機能性に優れた取引所を選ぼう
  • 目当ての取引所での購入・売却の手順も紹介

「クサマの買い方がわからない」「おすすめの取引所はどこ?」などと悩んでいませんか。クサマは将来性のある暗号資産(仮想通貨)なので、早めに理想の取引所を押さえ買い方を学ぶとよいでしょう。

今回はクサマの基礎知識や、おすすめの取引所を紹介します。買い方や売り方も画像つきで解説するので、クサマに興味がある方はクサマへの投資の準備を進められるでしょう。

クサマ (KUSAMA/KSM) の概要・基本情報

クサマ (KUSAMA/KSM)の概要・基本情報
通貨名 (通貨単位)Kusama (KUSAMA/KSM)
発行上限枚数100000000
トークン規格ERC-20
Contract0x0423276a1da214B094D54386a1Fb8489A9d32730
公式サイトhttps://kusama.network/
公式Twitterhttps://twitter.com/kusamanetwork
ホワイトペーパーhttps://d1.awsstatic.com/whitepapers/KMS-Cryptographic-Details.pdf?secd_dp1
ソースコード(Github)https://github.com/kusamanetwork/KSM-dapp

クサマ (KUSAMA/KSM) の特徴

クサマの主な特徴には以下が挙がります。

editMEMO


イーサリアムの共同創設者兼元CTOのギャビン ウッド氏が開発
近年DeFiブームで話題の通貨「ポルカドット」と基本構造が似ている
Substrateという誰でも無料で使えるブロックチェーンシステムから生まれた

クサマの開発をリードしたのはギャビン ウッド氏です。彼はイーサリアムの共同創設者として暗号資産(仮想通貨)業界で有名です。ギャビン ウッド氏はポルカドットの創設者でもあります。

ポルカドットは2020年のDeFiブームに乗って話題になった暗号資産(仮想通貨)です。DeFiとは「分散型金融」を意味します。世界中のネットワーク参加者の相互チェックが入ることから、従来の金融システムよりも高い安全性です。

クサマはポルカドットと類似したコードベースなので、相互運用に使えます

クサマ自体、Substrateというブロックチェーン開発システムから生まれました。これは「オープンソース」として、誰でも無料で使えるのが特徴です。Substrateから出たさまざまなブロックチェーン開発にクサマを活用できるので、自由に新システムを作れます。

クサマは投資対象だけでなく、開発ツールとして見ても便利でしょう。

スケーラビリティ

クサマはスケーラビリティに優れているのも魅力です。システムの負担が大きくなっても、データ処理スピードを守りながら柔軟に対応できることを意味します。

クサマを他のユーザーに送ったり、現金代わりに払ったりするときも、スピーディに取引が済むでしょう。

相互運用ができる

クサマは相互運用ができることでも注目を受けています。ポルカドットとコードベースが似ているからです。

クサマのネットワークは複数のブロックチェーンをひとまとめにできます。他の暗号資産(仮想通貨)と取引やシステム開発の面で連携できるので、利便性が高いでしょう。

カスタマイズ

クサマは柔軟なカスタマイズができます。Substrateから生み出されたことで、他の一部の暗号資産(仮想通貨)とコードベースが似ているからです。

Substrateの活用で、開発者はオリジナルのブロックチェーンを簡単に作れます。ローコストかつシンプルな手順で作れ、クサマへの接続という形でも使えるのです。

関連性の強いポルカドットもSubstrateから生まれました。クサマとの連携により、スピーディなシステム開発や高速送金の完了が望めるでしょう。

エンジニアにとっても、システム開発の負担が和らぎます。クサマの元であるSubstrateが無料で提供を受けており、他のブロックチェーンと連携しながら作れるからです。

他の人気暗号資産(仮想通貨)にはない手軽な構造が、クサマの利便性を引き立てています。Substrateのおかげで、開発中のブロックチェーンを自由にカスタマイズできるからです。

クサマ (KUSAMA/KSM) の取引所のおすすめの選び方

  • 安全性
  • 管理体制
  • 取扱通貨数
  • 機能性
  • 手数料

安全性

理想の取引所選びにおける1つ目の要点は、安全性になります。 ハッキング被害のリスクを抑えるために重要だからです。主な取り組みに以下があります。

editMEMO


二段階認証
SSL化通信

二段階認証はIDやパスワードとは別に、メールアドレスや電話番号による本人確認です。メールや電話に届いたコードの入力でアクセスできるので、なりすましを防げます。

SSL化通信はプライバシーや発信情報が外部に盗み見られないため、暗号でデータを送信することです。このように取引所選びでは、犯罪対策を優先的に見ましょう。

管理体制

取引所選びの2つ目のポイントは、管理体制です。 顧客と会社の資産をそれぞれ分けて管理しているところは健全でしょう

分別管理ができていれば、取引所が閉鎖を受けたり運営会社が倒産したりしてもある程度は安心できます。ユーザーが預けた資産を返してもらえるからです。

取引所の資本金規模や従業員数が多ければ分別管理の余裕ができます。運営会社が良質で管理体制がしっかりしているのが望ましいでしょう。

取扱通貨数

3つ目のポイントは、取扱通貨数です。 ビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)の総称である「アルトコイン」の多さで考えてください

暗号資産(仮想通貨)の取引に慣れていくうちに、他の通貨に興味が出るかもしれません。とくにクサマに投資していると、類似のしくみであるポルカドットをはじめ、他の通貨がほしくなるでしょう。

さまざまな通貨に興味が出る可能性に備えて、最初から通貨数が多い取引所を選ぶのが得策です。ひとつの取引所で、複数の好きな仮想通貨を均等な額で買う「分散投資」も実践しやすいでしょう。

取引所の口座開設を目指すなら、最初から上場数の多い場所を選べば、柔軟な投資行動が可能です。

機能性

4つ目のポイントは機能性です。画面が見やすくて、注文操作が簡単な取引所を選びましょう。 取引所によって、チャートや注文スペースなどのしくみが異なるからです

画面が見づらいと気軽な投資ができません。操作に慣れなくてストレスがたまり、暗号資産(仮想通貨)に興味が持てなくなる可能性もあります。

操作性の低い取引所を選ばないためには、取引所の名前で画像検索してみましょう。実際の取引画面がわかりやすければ、利用へのモチベーションが高まります。

Googleなどの画像検索で取引所の画面を確かめれば、機能性に優れた場所がわかるでしょう。

手数料

最後は手数料の安さです。 暗号資産(仮想通貨)取引所の利用には、主に以下の種類の手数料がかかります

editMEMO


入金手数料
出金手数料
暗号資産(仮想通貨)の送金手数料
取引手数料

売買だけでなく、現金や暗号資産(仮想通貨)の移動にも手数料を要します。一部無料としている取引所もありますが、有料のところが多いようです。

取引所同士の手数料を比べて、なるべく安いところを選びましょう。

クサマ (KUSAMA/KSM) の購入ができる海外取引所3選

クサマは2021年3月現在、国内の暗号資産(仮想通貨)取引所ではどこも扱っていません。海外拠点の場所に頼ることになります。そのなかでもおすすめの取引所をまとめました。

1位:BINANCE

BINANCE

BINANCEは世界的な知名度と規模を誇る取引所です。 取扱通貨数も豊富で、セキュリティでも二段階認証を取り入れています。海外の取引所ながら日本語対応なのも魅力です。

世界中から多くの会員が集まっており、取引高も大きいので相場が安定しています。取引手数料も安いので、余分な出費を抑えられるでしょう。独自通貨である「BNBトークン」を支払いに使えば、取引手数料を半分にできてお得です。

BINANCEでは以下の通貨のどれかを払えばクサマを買えます。

editMEMO


ビットコイン
BNBトークン
テザー
バイナンス米ドルステーブルコイン

BINANCE公式サイトへ

2位:OKEx

OKEx

OKExは中国有数の取引所です。取引高が世界的に上位に入るなど、影響力の強さが注目を受けています。こちらもアルトコインの上場数が多く、珍しい種類を探している方にとってはモチベーションになるでしょう。

取引形式も現物やレバレッジに限らず、先物、オプションなど幅広いといえます。自由に投資戦略を組めるのがOKExの魅力です。

OKExでは以下の通貨を払えばクサマを購入できます。

editMEMO


ビットコイン
イーサリアム
テザー

OKEx公式サイトへ

3位:Huobi

Huobi Global

Huobi Globalは世界的に上位クラスの取引量を誇ります。ICOが済んだあとの暗号資産(仮想通貨)を積極的に取り入れており、将来性の高い種類が勢揃いです。

Huobiトークンという独自通貨を発行しており、取引に使えば手数料割引などの恩恵を受けられます

editMEMO

2021年3月現在Huobi Globalは日本居住者が利用できません。ただし海外在住の日本人なら引き続き利用可能です。

クサマは以下の通貨を払えば売買可能です。

editMEMO


ビットコイン
Huobiトークン
テザー
Huobi米ステーブルコイン

Huobi Global公式サイトへ

各取引所でのクサマ (KUSAMA/KSM) 取引手数料比較

各取引所のクサマの手数料比較
取引所取引手数料
BINANCE0.1%
OKEx0.15%
Huobi Global0.2%

今回の記事で挙げた3つのおすすめ取引所について、手数料の比較表を載せました。 このなかではBINANCEが0.1%ともっとも安いといえます

BINANCEには独自開発の「BNBトークン」もあります。クサマの購入時に支払うことで手数料は半額になるので、0.05%で済ませられるのもお得です。まずはBNBトークンに投資し、余裕ができたらクサマ購入に使うとよいでしょう。

ほかでもOKExが0.15%、Huobi Globalが0.2%とお得です。以上の3つのどれかを使えば、取引手数料という余分な出費を抑えながら、クサマへの投資を楽しめるでしょう。

クサマ (KUSAMA/KSM) のおすすめ買い方・購入手順

BINANCE (バイナンス)に口座を開設する

新規登録

BINANCE Registration 1

目当ての取引所で口座開設がまだなら、新しく作らなければいけません。たとえばBINANCEなら、ホーム画面の「今すぐ登録」からアカウント作成に入れます。

BINANCE Registration 2

メールアドレスとパスワードは希望のものを入れてください。続いて利用規約を読み、同意できればチェックマークをつけます。完了ならアカウント作成ボタンを押してください。

BINANCE Registration 3

スライドパズルでは矢印を左クリックで押さえたまま右へ動かせば、画面上のパズルも一緒に動きます。所定のスペースにしっかりはめこみましょう。

メール承認

BINANCE Registration 4

メールアドレスに確認コードとして6ケタの数字が出るので、上の画像にあるマスに入れてください。入力が正しければ登録完了です。

BINANCE (バイナンス)に入金する

BINANCE Deposit 1

ホーム画面の「ウォレット」にマウスの指をかざすとサブメニューが出ます。そこから「フィアットと現物」を選びましょう。

BINANCE Deposit 2

入金希望の種類を通称で検索します。たとえばビットコインなら「BTC」と入れましょう。該当の種類が出たら、その行における入金ボタンを押してください。

BINANCE Deposit 3

種類を確かめ、入金アドレスをコピーして送金元にペーストし、送る準備を進めましょう。

editMEMO

一文字でも入金アドレスが間違っていると、送金分が出発したまま正しい場所に送られず、消失します。余分な損失を避けるためにも入金アドレスは慎重に確かめましょう。

クサマ (KUSAMA/KSM)の購入・売却をする

BINANCE Buy 1

ホーム画面の「マーケット」を選びます。スポット市場のページで「BTC市場」を選び、「KSM」と検索しましょう。ビットコイン建てのクサマ取引を意味する「KSM/BTC」が現れるので、トレード開始ボタンを押してください。

BINANCE Deposit 2

トレード画面において、注文スペースはチャートの真下にあります。画像は注文形式を指値注文の「リミット」にしたものです。

購入なら左側を使いましょう。価格欄では、BTC換算における1KSMあたりの希望価格を決めます。金額欄ではKSMの注文数量を入れてください。

合計欄にBTCでの支払額が出るので、間違いなければ購入ボタンを押します

BINANCE Buy 3

売却時は右側を使ってください。希望価格、金額を入力する手順は変わりません。内容が整えば売却ボタンを押しましょう。

クサマ (KUSAMA/KSM) は販売所よりも取引所で購入しよう

暗号資産(仮想通貨)の取引所には、「販売所」と「取引所」という2つの形式があります。 このうち取引所で購入する方がお得でしょう

取引所形式の方がスプレッドが安いからです。買値と売値の差を「スプレッド」と呼びます。販売所形式は運営側が価格を決めているので、買値と売値の差が開きやすいのです。高値で売りづらいことから、買った時点で得をしづらくなるでしょう。

販売所形式は運営側を相手に売買を行うので、取引を成立させやすいメリットもあります。しかしそのぶん不利な取引条件になりやすいことに注意です。

一方の取引所はスプレッドが狭いといえます。ユーザー同士で1枚あたりの価格を決め合いながら取引するからです。買うときも売るときもユーザーの言い値で決まりやすいため、買った通貨をすぐに高値で売る戦略もしやすいでしょう。

取引所形式は自身の注文内容に同意してくれるユーザーがいないと売買ができないので、時間がかかるかもしれません。しかし理想の注文内容を通しやすい環境でもあります。

BINANCEやOKExなど、クサマが買える場所には取引所形式もあります。スプレッドを抑える意味でも、取引所形式を選んだ方がお得でしょう。

クサマ (KUSAMA/KSM) の取引所に関するQ&A

国内では取引できないですか?

2021年3月現在、クサマは国内では買えません。日本の取引所でクサマを扱う場所がないからです。BINANCEのような海外の取引所に頼りましょう。

今後上場する取引所は増えていきますか?

クサマはスケーラビリティの優秀性や利便性から、今後多くの取引所が採用に出る可能性があります。将来性のある通貨なので、いつ日本に進出してもおかしくありません。クサマが日本の取引所に来れば、注目度上昇から価格を伸ばす可能性もあるでしょう。

クサマ (KUSAMA/KSM) の取引所まとめ

クサマはBINANCEやOKExなど海外の取引所でのみ買えます。将来性の高い暗号資産(仮想通貨)なので、買う価値はあるでしょう。

取引所を選ぶときは、手数料の安い場所に決めましょう。ユーザー同士が売買しあえる場所の方が、買値と売値の差であるスプレッドが狭くておすすめです。

今回の記事で取引所の選び方や使い方がわかれば、あらゆる暗号資産(仮想通貨)を取引できるでしょう。クサマに興味があれば、その種類を扱っている取引所に口座を開いてみてはいかがでしょうか。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!