取引所人気ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
この記事のポイント
  • ライトコインは歴史の古く初めてSegwitを導入した
  • 少額から購入する事ができる
  • 決済サービスで買い物にも使える仮想通貨

本記事ではライトコインについて解説します。取引をする場合に、おすすめの仮想通貨の取引所を紹介しています。またライトコインの概要や特徴、メリットとデメリットも解説しています。

ライトコイン (Litecoin/LTC) の特徴

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の次に歴史が古い仮想通貨

ライトコインは2011年10月に開発された仮想通貨です。ビットコインが開発されたのが2009年ですので、ビットコインと共に仮想通貨の歴史を共にしてきた仮想通貨といえます。

ライトコインは元Googleエンジニア、Charlie Leeによって開発されました。ビットコインと違いライトコインは、身近で使いやすい仮想通貨を目指しています。 取引を行うのにもビットコインの1/4の時間で取引を行う事ができます。

発行上限が約8,400万枚

ライトコインは少額でも取引を行えるように発行枚数が多いのも特徴です。 ビットコインが発行上限が約2,100万枚なのに対して、約8,400万枚もの枚数を発行する事ができます。4倍も発行上限の違いがあるのは、ビットコインと違って多くの人が扱いやすい仮想通貨となります。

発行枚数に違いがあるのは、ライトコインの特徴を活かすためです。発行上限が多い仮想通貨のほうが高速決済に対応できます。 ただし発行枚数が少ないほど仮想通貨の価格は高額です。

ライトコインの発行上限はビットコインよりも多いので、購入しやすい価格となっています。少額から仮想通貨を始めたい人におすすめです。

海外の大手取引所では広く取り扱われている

ライトコインは歴史の古い仮想通貨にも関わらず、日本では知名度の低い仮想通貨です。しかし、海外ではコミュニティが多く存在して活発に取引されています。海外の取引所では必ずライトコインの取り扱いがある程、人気のある仮想通貨です。

管理する団体や組織が存在しない

ライトコインを管理する団体や、組織は存在しないので、政府や銀行などの意見に左右されないのが特徴です。ビットコインと同じように多くの採掘者によってネットワークの安全性も確保されているので、安心して取引をすることができます。

ライトコインにはライトコイン財団が存在しています。 ビットコインにもビットコイン財団があることでも有名です。ライトコイン財団の主な活動は、ライトコインの開発や促進する活動を行なっています。ライトコイン財団の代表は、開発者であるCharlie Leeが務めています。

ライトコイン (Litecoin/LTC) のメリット

メリット1 ブロック生成速度がビットコインの4倍

ブロック生成速度が早いと送金する時間が短くなります。仮想通貨を取引する際にも送金時間が長いと不安になってしまいます。不安を取り除くためには、ブロック生成速度が早い仮想通貨を選んでください。

ビットコインのブロック生成速度は、1ブロックあたり約10分掛かりますが、ライトコインはブロック生成速度がビットコインの4倍あります。1ブロックあたり2.5分と短い時間で済みます。日常的に使用する場合にも、ブロック生成速度が早いほうが使い勝手が良いです。

メリット2 Segwitの導入

Segwitを使用することにより、1ブロックあたりのデータ取引量を増加させることができます。取引データの領域である署名を、Witnessに分離させることでデータ容量を拡大させることを可能にしているだけでなく、セキュリティ面でもメリットがあります。

取引データを別の場所で管理しているので、2重取引をすることができないようにしています。仮想通貨の取引を安全に快適に行うために必要な技術です。

▶ 『Segwit』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

メリット3 ライトニングネットワークの導入

ライトニングネットワークのメリットとして、スケーラビリティ問題を解決することができます。 スケーラビリティ問題とは、ライトコインのブロックサイズが限られているので、データの処理速度が遅くなってしまうことです。

ライトニングネットワークを導入することにより、2者間だけでなく誰とでも繋がることができるようになります。最初と最後の取引の記録のみブロックチェーン上に記録され、手数料もほとんど発生しません。現在も開発中の技術です。

▶ 『ライトニングネットワーク』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ライトコイン (Litecoin/LTC) のデメリット

デメリット1 画期的な機能が少ない

ライトコインは古くからある仮想通貨です。日常的に使用することができるようにライトニングネットワークを取り入れ、高速処理を可能にしました。しかし、それ以外には画期的な機能がない仮想通貨です。開発当時にはビットコインの4倍の速さで快適に取引のできる仮想通貨でしたが、今では珍しい機能ではなくなりました。

新しく登場する仮想通貨に負けない機能がないと、ただのブロック生成速度の早い仮想通貨となってしまいます

デメリット2 ライトニングネットワークが中央集権的になる可能性アリ

ネットワーク上でたくさんの人が取引をしています。取引をしているユーザーを結びつける役割がライトニングネットワークですが、中継役となるユーザーは莫大な資金を持っていることになります。そうなると中継役をすることができるのは資金をたくさん持っているユーザーや大きな会社となってしまいます。

もしも銀行政府などの、資金のあるところが参入してしまうと 中央集権的になる可能性があります。そして中央集権的になってしまうと、 中継役に何かあった場合にシステムが止まってしまうことも考えられます。

デメリット3 アトミックスワップがうまくいくか

ビットコインの補助的存在となるには、アトミックスワップがうまくいくかどうかが重要です。ライトコインは、ビットコインよりも送金の時間も早く手数料も安いです。ビットコインからライトコインへの両替を行い、スムーズに支払うことができればビットコインの補助的存在になれます。

アトミックスワップとは仲介者を通さずに安心して両替をすることができる機能です。仲介者なしでは持ち逃げされる場合もありますが、仲介者がいると手数料が掛かります。ネットワーク上で安全に取引を行うことが可能です。ライトコインの開発者であり、アトミックスワップにも関わっているCharlie Leeの成功が鍵を握ります。

ライトコイン (Litecoin/LTC) のチャート分析

ライトコイン (Litecoin/LTC) の最新チャート

ラインコインのチャートを見ていただければわかるように、時価総額上位の中でも独走状態で上昇しています。その理由として、半減期が関係しています。仮想通貨は半減期が近づくと急騰するコインが多いです。 今後も18,000〜20,000円と価格を上昇することでしょう。

2019年にはビットコインの2.6倍以上の4.6倍も上昇したことのあるライトコインです。2019年8月に控えている半減期に向けて今後の価格にも注目です

ライトコイン (Litecoin/LTC) の今後・将来性

決済サービスの普及

ライトコインは実用性を重視して開発された仮想通貨です。取引手数料が安く、処理スピードが早いので決済用通貨として優れています。2019年6月18日にはライトコイン財団より、デビットカードとなる「Litecoin BlockCard」を発表しました。

ブロックチェーン会社Ternioと仮想通貨取引所Biboxが共同でサポートを行なっています。近いうちに、仮想通貨で決済サービスを使用することができるようになります。

ビットコインとの関係性

ライトコインはビットコインの後に開発された仮想通貨です。 ビットコインと違い、身近で使いやすい仮想通貨として開発されました。高額なビットコインとは逆に低価格なライトコインですが、ビットコインのサブアセットとして使われることも想定しています。

ビットコインにトラブルがあった際の避難先としても使えます。ライトコインは単独で使用することも、ビットコインと合わせて使うこともできる優れた仮想通貨です。

▶ 『ビットコイン (Bitcoin/BTC) の将来性』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ライトコイン (Litecoin/LTC) 取り扱いの仮想通貨の取引所3選

Coincheck (コインチェック)

取引量・ユーザー数ともに国内最大手の仮想通貨取引所
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の10種類!

Coincheckの特徴は初心者でも使いやすい取引所です。マネックスグループの傘下に入り、セキュリティ面を強化しました。その結果、仮想通貨交換業者にも登録されています。2018年に不正流出事件が起こりましたが、今後はその心配もありません。

10種類のコインの取り扱いがあり、クリック1つで簡単に仮想通貨を購入することができます。スマホアプリもあるので、パソコンで操作をしなくても外出先でも取引を行うことができます。

取り扱い通貨 10種類
FX/信用取引
手数料 無料
最低取引単位 0.001BTC
レバレッジ倍率 5倍 ※レバレッジ取引は現在停止中
スマホ対応
Coincheck (コインチェック)
特徴取り扱いしている仮想通貨が豊富
取り扱いコイン種類10種類
メリットスマホで簡単操作
デメリットスプレッド手数料が高め

▶ 『Coincheck (コインチェック) の評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)

アルトコイン取引なら国内取引所No.1!大手企業DMM.comが運営する安心感!
  • 全通貨のレバレッジ取引が可能!
  • 使いやすい取引ツール
  • あのローラがCMにも!

DMMグループが運営を行う取引所です。[marker]仮想通貨交換業者として、行政処分を受けたことがないことでも有名です。[/marker]運営体制に対して安心して取引を行えます。FXで培った経験があるので、セキュリティ面も安全です。

7種類のコインでレバレッジ取引をすることができます。スマホアプリがあり、パソコンで取引を行う際には、初心者にも上級者にも使いやすいツールを用意しています。使い方がわからない場合でも365日サポート対応を行なっています。

取り扱い通貨 7種類
FX/信用取引
手数料 -
最低取引単位 0.01BTC
レバレッジ倍率 4倍
スマホ対応
DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)
特徴豊富な取引ツール
取り扱いコイン種類7種類
メリット365日サポート
デメリット出金方法が限られている

▶ 『DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) の評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

GMOコイン

GMOグループが運営する日本最大級のスタンダードな取引所
  • 大手ITグループの信頼性
  • 仮想通貨FXが強い!
  • アプリ「ビットレ君」が超高機能!

安心を選ぶならGMOグループの取引所であるGMOコインです。東証一部上場しているGMOインターネットグループであり、他の金融サービスで培われたセキュリティと管理体制のノウハウがあります。

取り扱いのあるコインは5種類ですがレバレッジ取引を行うことができます。ハッキングやサイバー攻撃の対策も行なっているので、安心して取引を行えます。取引画面もわかりやすく使い勝手の良い設計となっています。

取り扱い通貨 5種類
FX/信用取引
手数料 Maker:-0.01% / Taker:0.05%
最低取引単位 0.01BTC
レバレッジ倍率 一律で4倍
スマホ対応
GMOコイン
特徴取引スタイルを選べる
取り扱いコイン種類5種類
メリット少額から取引可能
デメリット取引量が多くない

▶ 『GMOコインの評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ライトコイン (Litecoin/LTC) を保管するおすすめウォレット

Ledger Nano S (レジャーナノS)

価格は約15,000円ですが、圧倒的に人気のあるハードウェアウォレットのために品薄状態が続いています。 人気の理由は国内メーカーがないこともありますが、保管可能通貨の種類が多いことと、USBタイプなので持ち運びしやすいからです。

オフラインで管理をするので、USBタイプで持ち運びができるのでネット環境がなくても確認をすることができます。 オフラインのためにハッキングされる心配もありません。安全に使用することができます。

▶ 『Ledger Nano S (レジャーナノS)』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

TREZOR (トレザー)

TREZORの特徴はMyEtherWalletと連携することにより対応通貨を増やせることです。TREZORだけでは管理することができない仮想通貨もMyEtherWalletと連携することで対応することができます。

今後も増えることが予想される仮想通貨を、 ハードウェアウォレットを買い足さなくても管理することができるので、長い間使用することができます。取引所のセキュリティに不安が人におすすめです。

▶ 『TREZOR (トレザー)』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

まとめ

[soin slug=’ltc’]

ライトコインはビットコインに続いて、歴史のある仮想通貨です。海外では人気があり、コミュニティも活発ですが日本ではまだまだ知名度の低い仮想通貨です。

しかし今後のサービスとして、Litecoin BlockCardが登場することにより、 身近で使用することのできる仮想通貨として注目されること間違いないです。

2019年8月には半減期も控えていて、価格が向上する可能性の高い仮想通貨です。この機会に取引を始めてみてください。ライトコインの価格上昇に乗っかることができれば、稼ぐチャンスがあります。