取引所人気ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
この記事のポイント
  • リスク (Lisk/LSK)はDApps(分散型アプリケーション)のプラットフォーム
  • サイドチェーンを実装してセキュリティやスケーラビリティ問題を解決している
  • イーサリアム (Ethereum/ETH)と比べると開発がすすんでいない

ブロックチェーンは純粋な決済手段として利用される他にも、ブロックチェーンの信頼性を活用したプラットフォームとしての活用もされています。

リスクはブロックチェーンを活用して、中央管理者のいないDApps(分散型アプリケーション)開発をおこなうプラットフォームです。

本記事ではリスクの特徴や類似プロジェクトとの比較、ウォレットでの管理方法を説明します。

リスク (Lisk/LSK) の特徴

分散型アプリケーション構築のためのプラットフォーム

リスクとは2016年に誕生した、分散型アプリケーション構築のためのプラットフォームです プラットフォームのリスクで使用される仮想通貨を、リスクといいます。分散型アプリケーションとは主体的な管理者が存在しなくても稼働し続けるシステムのことで、Dappsと呼ばれています。

Javascript を採用

仮想通貨を開発する時には、かかわるエンジニアの数が多いほど開発が加速します。 開発言語がどれくらいメジャーかということも開発環境において大事な要素です。リスクではスマートコントラクトを作成するプログラミング言語として、Javascriptが採用されています。

Javascriptは世界的に有名なコードで、 多くのエンジニアが扱える言語です。そのためリスクでは世界中のエンジニアが開発しやすい環境を用意しており、今後のリスクの発展に期待が持てます。

サイドチェーンを使用

サイドチェーンは、 メインとなるブロックチェーンを補助する役割を持つブロックチェーンです。メインチェーンに横からつながるイメージで、サイドチェーンがあります。サイドチェーンが機能することで、メインチェーンだけでは処理しきれないトランザクションを処理し、追加したい機能を記録します。

サイドチェーンの機能によって ブロックチェーン全体の処理能力が上がり、ハッキングの発生やバグなどが起こってもサイドチェーンを外すだけで対処が可能になります。

▶ 『サイドチェーン』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

マイニングではなくフォージング

ビットコインなどの仮想通貨では承認方法としてPoWが採用されており、承認作業をマイニングといいます。
一方リスクではビットコインと違い、DPoS(デリゲーテッドプルーフオブステイク)という承認方法がとられており、承認作業はフォージングと呼ばれます。

DPoSではリスクの保有者が投票をおこない、当選者から順に承認権が与えられます。あらかじめ承認者が決定される仕組みがあることで、スムーズな承認作業が可能です。結果としてリスクのブロック生成時間は10秒に設定されており、 スムーズなトランザクション処理が実現しています

▶ 『リスク (Lisk/LSK) のマイニング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『トランザクション』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

リスク (Lisk/LSK) とイーサリアム (Ethereum/ETH) の共通点

スマートコントラクトの機能

リスクとイーサリアムはともに、分散型アプリケーションを構築するプラットフォームとして存在しています。同じようなプラットフォームとして、それぞれにスマートコントラクトの機能が実装されています。

スマートコントラクトは、 特定の条件が満たされることで自動的に実行されるプログラムです。このスマートコントラクトが実装していることで、ブロックチェーンに書き込まれた自動的な契約が実行され、価値の自動化が実現しています。

▶ 『スマートコントラクト』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

リスク (Lisk/LSK) とイーサリアム (Ethereum/ETH) の相違点

コンセンサスアルゴリズム

コンセンサスアルゴリズムとはトランザクションの処理者を決める合意方法です。イーサリアムとリスクではそれぞれ合意方法が異なっています。

▶ 『コンセンサスアルゴリズム』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

イーサリアム (Ethereum/ETH) はPoW/PoSを採用

イーサリアムでは、現在はPoWが合意方法として採用されています。PoWでは マイナーの所有するマシンの計算能力によって、承認者が決定します。将来的にイーサリアムでは、合意方法としてPoSが採用される予定です。 PoSでは通貨の保有量によって承認権が優先的に与えられます

リスク (Lisk/LSK)ではDPoSを採用

リスクではDPoS(デリゲーテッドプルーフオブステイク)の合意方法が採用されています。DPoSでは リスクの保有者が投票によって、トランザクションの承認者を決定します

DPoSでは投票制でスムーズに承認者が決定することで、トランザクションの処理速度が10秒となっており、素早い処理が実現しています

スマートコントラクトの開発言語

イーサリアムではスマートコントラクトの開発言語にsolidityが採用されています。solidityはイーサリアム専用の独自言語であり、プログラマーが開発に携わるには1からの勉強が必要になります。

一方でリスクの開発言語は世界的に知られているJavascriptです。 開発言語としてなじみの深いJavascriptがリスクの開発で使用されるため、プログラマーは手軽に開発をおこなえます。

スマートコントラクトの形成場所

イーサリアムとリスクのようなプラットフォームでは、スマートコントラクトを活用することでDApps(分散型アプリケーション)が形成されます。イーサリアムとリスクではDAppsを形成する場所が違っています。イーサリアムではメインとなるブロックチェーン上で形成されます。

しかしリスクでは、メインのブロックチェーンを補助する サイドチェーンにDAppsを形成します。サイドチェーンはメインのブロックチェーンの双方向につながるブロックチェーンで、サイドチェーンによってスケーラビリティ性の拡大やセキュリティ性能が向上しています

リスク (Lisk/LSK) のこれまでの主な値動きと最新価格

2017年5月末-6月:急騰と下落

リスク-日本円チャート2017年5月末~6月改2
2017年5月末~6月のチャートでは、大きな価格の変化がありました。チャートの➀の5月24日と25日には、一時的に 2倍の価格上昇を記録しました。24日にはリスク発行が1周年を迎えたことが原因で、ご祝儀的な雰囲気になっていたとみられます。

また➁では、6月5日から12日まで続く 急激な価格の上昇が起きました。6月1日2日にベルリンで開催されたBlockchain Expo 2017で、リスクの宣伝をしたことによる価格上昇だと見られています。

2017年8月後半:上昇

リスク-日本円チャート2017年8月後半改
2017年8月後半からの2週間では、リスクの価格が 約4倍も値上がりしました。8月初めにリスク財団のCEOのMax Kordek氏がリスクのコアアップデートを9月におこなうことを発表したためです。

リスクに対する期待値が上がり値段が高騰しましたが、9月中旬にアップデートの延期が発表されたことで、その後は価格の不安定な状態が続きました。

2018年1月:上場で価格が高騰

リスク-日本円チャート2018年1月改
2017年12月中旬から2018年1月にかけては、仮想通貨市場に新規参入者が急増した影響により価格が上昇しました。1月31日にはリスクがbitFlyerに上場したことで、一時的に価格が急騰する動きを見せました。

2018年11月:半減期

リスク-日本円チャート2018年11月改
2018年11月1日にはリスクの半減期が来ました。半減期とはフォージングによる報酬が減少する時期のことです。承認報酬が減ることで理論上市場に流通するリスクの総量が減り、価格の向上などが期待されました。

しかし仮想通貨市場全体が下落傾向にあったため、半減期による価格の変化は見られませんでした

リスク (Lisk/LSK) 最新チャート

リスク-日本円チャート2019年6~7月
2019年5月後半から7月初めのリスクの値動きは200円から230円台の間を一定間隔で上下しています。6月17日には 一時的に価格が270円を超える値動きを見せました。6月末からは価格は下落ぎみになっています。

▶ 『リスク (Lisk/LSK) の今後・将来性』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

リスク (Lisk/LSK) の将来性は?

大手企業との提携が進んでいる

リスクは 大手企業との提携が進んでいる仮想通貨として、注目を集めています。有名どころでは、IT企業として知られているMicrosoftのブロックチェーンクラウドサービスである、「Windows Azure」との提携が実現しています。Windows Azureはクラウド環境構築をサポートするサービスです。

リスクのプラットフォームとしての性能を取り入れることで、サービスの利便性を高める狙いがあります。今後も リスクが別の企業やサービスと提携することで、リスクの価値向上につながるでしょう。

DPRatingによる評価は最高水準

DPRatingは2017年に設立された、 仮想通貨やブロックチェーンプロジェクトの格付けをおこなう企業です。格付けではGitHubでの人気度開発頻度貢献者の人数などによって、評価をおこなっています。

DPRatingが2018年7月に実施した格付けによると、リスクは 5段階評価中で最高評価のSランクを獲得しています。リスクは参入しやすい開発環境があることで、頻繁な開発がおこなわれている点が評価されているようです。

リスク (Lisk/LSK) の課題

WeissRatingsの仮想通貨格付けではC評価

世界的な格付け機関の「WeissRating」でもリスクの格付けが発表されています。WeissRatingにおける格付けでは上からAランク、Bランク、Cランクに分けられます。2018年11月に公表された格付けでは、 リスクは最も下のCランクとなりました

なお最高ランクに当たるAランクに該当する仮想通貨については存在せず、理由を「長期的な仮想通貨市場全体の低迷が続き、収支面や投資リスクの観点からの評価が低いため」と発表されています。

実際にリスク (Lisk/LSK)で作られたDAppsがほとんどない

リスクではJavascriptという世界的に有名な開発言語がベースとなっており、開発しやすい環境が整っています。さらにSDK(Software Development Kit)というリスクプラットフォームでの開発補助セットの配布が予定されており、開発環境がさらに整う予定です。しかし 2018年4月に配布予定であったSDKは、未だに配布が完了していません

同じ分散型アプリケーションプラットフォームとして有名なイーサリアムでは、すでに1200をこえるDAppsが開発されており、大きな後れを取っています。

開発の進捗が遅い

リスクに関するデメリットとして、 開発状況の大幅な遅れがあります。リスクの初めてのロードマップでは、アップデート版であるCore 1.0への移行は2017年中におこなわれる予定でした。

しかしあいつぐ発表の延期で、2019年7月現在もリスクのアップデートは実行されていません。SDKの配布も、発表から1年以上たっても実現していないことから、リスクの開発状況はあまりよくないといわれています

イーサリアム (Ethereum/ETH)を勝るポイントがない

プラットフォームとしての性質上、 イーサリアムとリスクにはあまり違いがありません。イーサリアムはDAppsの開発環境ですでに多くリリースをおこなっており、開発の盛り上がりが感じられます。一方でリスクではSDKの配布やアップデートも進んでおらず、プロジェクトとしての進展が見られません

現状ではイーサリアムの開発が大きくリードしていることもあり、このままの状況ではリスクはイーサリアムの陰に埋もれてしまうのではないかと心配されています。

リスク (Lisk/LSK) 取り扱いおすすめ取引所3選

Coincheck (コインチェック)

取引量・ユーザー数ともに国内最大手の仮想通貨取引所
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の10種類!
取り扱い通貨 10種類
FX/信用取引
手数料 無料
最低取引単位 0.001BTC
レバレッジ倍率 5倍 ※レバレッジ取引は現在停止中
スマホ対応

Coincheckはリスクやビットコイン、イーサリアムをふくめて、国内最多の10種類の仮想通貨を取り扱っています。Coincheckアプリもあり初心者でも見やすい設計がされています。

販売所形式を採用しているCoincheckでは購入手数料は高いですが、簡単に仮想通貨を売買できるため人気があります。 国内の仮想通貨取引所ではリスクの取り扱いが少なく、Coincheckは貴重な販売所といえます。

bitFlyer (ビットフライヤー)

ユーザー数と資本金が国内最大級の仮想通貨取引所!
  • 超高機能取引ツール搭載!
  • 本格的なチャート分析が可能!
  • 日本最大級の規模!

bitFlyerもリスクを取り扱っています。bitFlyerでも販売所形式が採用されており、取引所形式のようにチャートや取引板を見ないで簡単に取引可能です。日本の取引所として銀行口座から日本円を入金できるので、 日本人の方が仮想通貨投資を始めやすい取引所です。

仮想通貨黎明期から多くのユーザーが利用している取引所のため、これから仮想通貨投資を始める方も安心して利用することができます。

BINANCE (バイナンス)

世界最大級の知名度と革新性のある仮想通貨取引所!
  • メジャーな仮想通貨をほぼ網羅!
  • 取引手数料は一律0.1%
  • 取引所限定コイン(BNB)が旬!

BINANCEは世界でトップクラスの仮想通貨流通量を誇る取引所です。2017年7月に中国でオープンした取引所ですが、瞬く間に世界の有数な取引所として支持を集めました。BINANCEでは主要な仮想通貨をふくめて100種類以上のコインを取り扱っています。 日本では取引できないコインでも、BINANCEで取引できます

BINANCEではユーザー間で取引する形式をとっているため、日本の取引所でよくみられる販売所形式のように 手数料を多くとられません。 さらに独自のトークンを利用することで、もっと安い手数料で仮想通貨を取引できます。

リスク (Lisk/LSK) はLISK Nano Wallet(リスクナノウォレット) で管理しよう

LISK Nano Wallet(リスクナノウォレット) のメリット

リスクをLISK Nano Wallet(リスクナノウォレット) で管理するメリットとして以下のことが挙げられます。

LISK Nano Wallet(リスクナノウォレット) で管理するメリット
  • 公式のため信頼性が高い
  • リスク (Lisk/LSK)開発陣が推奨

メリット1 公式のため信頼性が高い

LISK Nano Walletは公式がリリースしているウォレットです。他にもリスクを保管できるウォレットは存在しますが、 信頼性の点ではLISK Nano Walletが一番です。LISK Nano Walletはデスクトップウォレットのため、ウォレットをインストールして使用します。

仮想通貨の秘密鍵はパソコン上で管理されるので、オンラインウォレットよりも高いセキュリティ性能が保証されています。

▶ 『デスクトップウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

メリット2 リスク (Lisk/LSK) 開発陣が推奨

LISK Nano Walletは公式が提供するウォレットとして、 リスクの開発陣に推奨されています。頻繁なウォレットの開発がおこなわれているため、ウォレットの状態を最新のまま維持しやすくなり利用者にとっても安全なウォレットといえます。

またLISK Nano Walletを利用することで、トランザクションの承認者を決める投票に参加できます。高い安全性とDPoSシステムにかかわれることが、LISK Nano Walletを持つ利点です。

LISK Nano Wallet(リスクナノウォレット) のデメリット

LISK Nano Walletのデメリットとして、パソコンで管理するデスクトップウォレットである点が挙げられます。LISK Nano Walletはスマホで管理できないため、パソコンのみでの管理となり携帯性が悪いです。

またデスクトップウォレットはパソコンがウイルスなどで不正アクセスされてしまうと、 保存している秘密鍵が流出してしまう危険性があります。LISK Nano Walletを入れたパソコンは、慎重に扱いましょう。

LISK Nano Wallet (リスクナノウォレット) を利用する手順

それでは実際にLISK Nano Walletを利用するまでの手順を解説します。利用するまでの手順は以下の3ステップで完了します。

LISK Nano Wallet (リスクナノウォレット) を利用する手順
STEP1ダウンロード
STEP2初期設定
STEP3バックアップ

STEP1 ダウンロード

lisk nano walletインストール

LISK Nano Walletをダウンロードするには、まずGitHubにアクセスします。LISK Nano Walletの各ソフトが並んでいるので、対応したソフトをダウンロードしましょう。

account_arrow_min

STEP2 初期設定

lisk nano walletアカウント作成
LISK Nano Walletをダウンロードしたら、ログイン画面を開きます。まだアカウントを持っていないので、「NEW ACCOUNT」を選択します。
lisk nano wallet パスフレーズ発行
新しいパスフレーズが発行されるので、「NEXT」を押します。

次にパスフレーズの作成画面になるのでマウスを左右に動かします。12個のパスフレーズが作成されます。パスフレーズをメモした後次へいくと、パスフレーズが並んでいる中に1つだけ空欄が出てきます。空欄に対応するパスフレーズを入力して「LOGIN」を押します。これでログインが完了します。

account_arrow_min

STEP3 バックアップ

lisk nano walletログイン画面

バックアップしたパスフレーズが正しいか確認するために、一度ログイン画面からログインします。「Enter your passphrase」に控えたパスフレーズを入力します。その後「LOGIN」を押します。

lisk nano walletログイン後画面
無事ログインが完了したら、パスフレーズの正当性が証明されます。

今後LISK Nano Walletにログインする時は、作成したパスフレーズを使用します。パスフレーズが紛失または他人の手に渡ってしまうと、管理するリスクを流出してしまうので 必ず無くさないように金庫などに保管しておきましょう

▶ 『リスク (Lisk/LSK) のウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

リスク (Lisk/LSK) のまとめ

リスクは分散型アプリケーションであるDAppsのための、プラットフォームです。同じようなプラットフォームではイーサリアムなどがありますが、 サイドチェーンやDPoSなどが採用されることで、システム面での差別化が図られています

しかしリスクは開発状況が遅れており、プラットフォーム競争ではイーサリアムに完全な遅れをとっています。リスクがDAppsのプラットフォームとして立場を確立するには、 今後のアップデートなどが公開されDAppsの開発が進む必要があります

▶ 『リスク (Lisk/LSK) のアップデート』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。