【注意】記事内の海外暗号資産(仮想通貨)取引所掲載情報につきまして

国内における無登録業者(海外暗号資産取引所)は、日本居住者に対して口座開設すること又は日本語で当該無登録業者が口座開設の勧誘をすることは法律で禁止されています。そのため暗号資産(仮想通貨)の取引をされる際にはこの点に関して充分ご注意ください。また当サイトに掲載している海外取引所へのリンクはあくまで読者の皆様に情報をお伝えするものであり、海外取引所への勧誘を目的としたものではありません。当サイトといたしましては、まずは国内暗号資産(仮想通貨)取引所へのご登録を推奨しております。

(引用)情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律 (平成31年3月15日提出、令和元年5月31日成立)
https://www.fsa.go.jp/common/diet/198/index.html

もし国内だけでなく、海外の取引所にも目を向けたいという方は、「海外の仮想通貨取引所人気ランキング」も参考にしてみてください。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の海外おすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

 
この記事のポイント
  • ライトコインは決済時の使いやすさなどから好評の仮想通貨
  • ライトコインの売買におすすめの取引所も紹介
  • ライトコインのお得な売買には信頼性などの比較チェックも大切

ライトコインはビットコインの改良版という呼び声もあり、決済手段として使いやすいことから人気を得ています。 今回はライトコインの基本的な情報を知りたい人のために、特徴やお得に取引を行うヒントなどを解説します。これを読めばライトコイン投資のヒントを学べるでしょう。

▶ 『仮想通貨のおすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ライトコイン (Litecoin/LTC) とはどんな仮想通貨?

ライトコインは2011年10月に開発を受けた仮想通貨であり、ビットコインに次いで2番目に歴史が古いとされています。国内だけでなく海外でも多くの人気取引所に上場しており、買いやすいイメージです。

取引に要するデータサイズを縮小させる「SegWit」という独自機能でデータ処理速度を守るなど、ビットコインにはない強みをアピールしています。その結果、現在でも多くの人から支持を受けています。

ライトコイン (Litecoin/LTC) の特徴

ライトコインはビットコインの欠点を補う意味合いが強く、決済手段としての活用に期待がかかります。ライトコインの主な特徴を2つピックアップしました。

ビットコインの改良版

ライトコインはビットコインが抱える欠点のカバーに合わせて開発を受けており、改良版というイメージです。ブロック生成に約10分かかるビットコインに対し、ライトコインは約2.5分で済むなど、高速のデータ処理に必要なクオリティを備えています。

発行上限枚数も8400万枚とビットコインの4倍です。ブロックを作る時間もビットコインの4倍速いという意味合いのほか、決済ツールとして世界中の人々に充分行きわたるように、開発側は発行枚数を定めています。

決済サービスとして優れている

ライトコインはビットコインより決済スピードで勝っているため、支払い用通貨としてクオリティが高いと評判です。 ブロック生成速度が速い分、支払い決定から完了まで時間がかからないので、手数料削減も期待できます

以上の背景から、少額決済であるマイクロペイメント向きで、あらゆる店舗やネットでのキャッシュレス決済に役立つでしょう。

ライトコイン (Litecoin/LTC) の取引所おすすめランキング

ライトコインを手に入れるには、少しでもお得に売買できるように、取引所を冷静に選ぶことが大切です。この章ではライトコイン取引に向いているおすすめ取引所をベスト3形式でまとめました。

1位 Coincheck (コインチェック)

Coincheckは2012年創業で、2018年4月からはマネックスグループ傘下で活動しているため、体制が強固です。 強力なセキュリティなどにより、ユーザーが安心しやすいクオリティに仕上がっています

ライトコインはCoincheck内の販売所で購入できます。数量を定めるだけで購入できるので、初心者でも時間をかけずにライトコインを入手可能です。ほかにもビットコインなど10種類の仮想通貨をCoincheckで買えるので、複数を平等な予算で買う分散投資にも役立ちます。

画面の操作性も優れており、注文スペースや仮想通貨別のレートが見やすく、初めて取引所を使う人でも安心感を覚えられます。積立投資や電気料金の仮想通貨による決済など副次的なサービスにも要注目です。

2位 GMOコイン

GMOコインは、株式やFXなどネット投資で豊富な実績のあるGMOグループが運営する仮想通貨取引所です。 セキュリティレベルは高く、初心者から上級者まで安心して使えます

取引などにかかる手数料が安く、買値と売値の差を意味するスプレッドもせまいので、利益の最大化に役立ちます。スマートフォンアプリも使いやすくで好評なので、出先から時間をかけずに取引や入出金作業も可能です。

GMOコインでは販売所と取引所両方でライトコインが買えます。通貨種類の選定から数量、1枚あたりの希望価格などそれぞれの場所がわかりやすく、購入や売却作業を進めやすいことがポイントです。

3位 bitflyer (ビットフライヤー)

bitflyerは国内においてビットコインの取引高がトップクラスなので、ライトコインの売買も行いやすい場所です。

bitflyerの特徴は徹底的なハッキング被害対策です。 充実したセキュリティだけで完結せず、2つの人気損害保険会社と契約を結び、最大500万円の補償体制を整えています。予期せぬ事態への対策にこだわるユーザーでも使いやすいといえます。

取引所としての使いやすさも申し分なく、特にスマートフォンアプリ「bitflyer ウォレット」が好評です。仕事の合間や旅行先でライトコインの取引や資産チェックをしたい人にもおすすめできます。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ライトコイン (Litecoin/LTC) のレバレッジ取引をするならBitmex (ビットメックス)

Bitmexは香港拠点の仮想通貨取引所ながら、日本人にとって使いやすく、特にレバレッジ取引をしたい人におすすめです。

海外の取引所では珍しく日本語対応です。アカウント登録時にも本人確認を必要としないので、わざわざ身分証明書やスマートフォンの写真機能などを準備しなくても大丈夫です。ただし日本円は扱っていないので気をつけましょう。

Bitmexでは最大100倍までレバレッジをかけられます。損失時のリスクが気になるところですが、Bitmexでは追加証拠金の要求がないので、最低限の資金管理でレバレッジ取引を進められます。

ある程度仮想通貨取引に慣れてきて、レバレッジ取引に臨む体制が整ったら、Bitmexに注目してみませんか。

ライトコイン (Litecoin/LTC) の取引所選び方

ライトコインを買うには、少しでもお得な仮想通貨取引所を選びたいところです。しかし人により投資スタイルなどが異なるため、さまざまな注目ポイントが考えられます。ここでは取引所選びに大切なポイントを、以下の9つにわけて紹介します。

  • 手数料
  • 会社の信頼性
  • サーバーの強さ
  • 使いやすさ
  • 取引量の多さ
  • セキュリティ
  • スプレッド
  • 取引通貨量の多さ

手数料

仮想通貨取引所では、さまざまな行動に手数料がかかるので、なるべく出費を抑えたいところです。 仮想通貨の売買に限らず、日本円の入出金や仮想通貨を別の場所へ送金したり、受け取ったりするときも手数料を要することがあります

通常の現物取引が無料でも、レバレッジ取引だと買い注文で得た仮想通貨を持ち続けるのに、毎日手数料がかかる場合もあるので注意しましょう。

複数の取引所の手数料に関する情報を集め、より安いところを見分けることがおすすめです。投資の利益を狙うにあたり、手数料が高いと痛手になるからです。国内の取引所では手数料無料も多いためチェックしておきましょう。

会社の信頼性

仮想通貨取引所は運営会社の信頼性も要チェックです。特にインターネットや投資などの事業で実績を重ねているところが望ましいといえます。

話題の取引所でも、運営会社の実績に関する情報が薄かったり、実体性がなかったりすると要注意です。利用後にトラブルが起きても運営側の誠実な対応が見られず、最悪の場合連絡を絶ってしまうケースもあります。

会社の信頼性を図る基準として、金融庁からの認可があります。 金融庁が正式な仮想通貨交換業者として認めている運営会社なら、一定のクオリティを満たしているのがほとんどなので安心できます。

サーバーの強さ

仮想通貨取引所はインターネットにしかないので、サーバーの強さもチェックポイントです。サーバーが弱いとボタンを押してから別のページに移るのに時間がかかるため、スムーズな取引ができない可能性があります。

仮想通貨は24時間365日、世界中の取引の結果を受けて価格が動き続るため、 サーバーが弱いことで購入や売却時の作業を終わらせるのに時間がかかると、狙った価格で取引できないおそれもあります

Twitterなどの口コミで「サーバーが弱い」「重くて動かない」などの文言が多数あれば、その取引所での使用は見送ることが賢明でしょう。

使いやすさ

良質な取引所の判別には、使いやすさもポイントです。 PC画面だけでなく、スマートフォンアプリがあるならそれ自体もスムーズに使えるかを確かめましょう

取引所の使いやすさはアカウント登録後でなければわかりません。取引所の名前で画像検索を行い、注文画面などを見ることで使いやすさがわかります。注文画面のレイアウトやメニューの並びなどがわかりやすければ、ユーザー想いの取引所ととらえられる可能性は大きいです。

取引所に仮想通貨を貸しての運用や、月々の積立投資など、最近の取引所は副次的なサービスも多様化しています。便利なサービスが幅広く受けられるところを選びましょう。

取引量の多さ

優良な仮想通貨取引所は、各通貨の取引量の多いものがほとんどです。取引の活発ぶりを流動性と呼び、これに優れていれば取引量が多いといえます。

取引量が少ないと価格変動が安定しづらく、ユーザーにとってはほしい仮想通貨を狙った価格で買えないこともあります。このように人気のない取引所は不便かもしれません。

取引所を利用するユーザーが多ければ、流動性は自然に高まります。取引高の実績がある取引所は、ほかの銘柄でも活発な売買が行われている可能性があり要注目です。

セキュリティ

セキュリティは取引選びでトップクラスに大切なポイントです。 セキュリティが弱い取引所はハッキングのターゲットになりやすく、預けていたお金や通貨を盗まれたまま取り戻せない可能性もあります

金融庁から仮想通貨交換業者として認可を受けた会社なら、取引所内のセキュリティにも優れているのがほとんどです。ハッカーの手を避けるには、2段階認証や、顧客から預かった資産のオフライン管理も大切です。

ハッキング対策に加えて盗難時の補償体制も整っていると望ましいでしょう。このようにセキュリティに優れた取引所なら、ライトコイン取引にも安心して使えます。

スプレッド

スプレッドとは買値と売値の差を意味し、買った分の方が売るときよりも高くなることがほとんどです。そのためスプレッドが開きすぎると、売ったときの利益を上げづらくなります。

仮想通貨を売り買いする場所には販売所と取引所という2つの形式があります。あらかじめ価格が決まっている販売所の方が、スプレッドが広い傾向です。利益の最大化を目指すなら取引所形式の場所を選ぶことが望ましいでしょう。

以上からスプレッドを比べることで、お得にライトコインを売買しやすい取引所がわかります。

取引通貨数の多さ

取引所内で扱う仮想通貨の数が多いほど、投資のバリュエーションを増やせるのでおすすめです。

最初はライトコイン目当てで取引所にアカウント登録したあとも、仮想通貨に詳しくなっていくうちにほかの種類がほしくなる人もいます。ライトコイン以外に目当ての通貨がないと、ほかの取引所に登録しなければならず面倒です。

最初のうちに上場中の通貨数が多い取引所に登録すれば、ライトコイン以外に狙っている種類を買える可能性が高まります。国内取引所最多の上場数はCoincheckの11種類ですが、海外なら100種類以上の通貨を扱うところもあります。

自分の取引スタイル

同じ仮想通貨取引所を使っていても、人によって投資スタイルは異なります。 買った仮想通貨をその日のうちに売ることを繰り返して、利益を積み重ねるデイトレーダーもいれば、1年以上先の値上がりを見据えて仮想通貨を買う長期投資者もいます

デイトレーダーならなるべくスプレッドがせまい取引所を選びましょう。長期投資者ならセキュリティや取引高など総合的なステータスが優れている場所を見極めたいところです。

このように自身の投資スタイルに合わせて、使いやすい取引所を選ぶことが大切です。

ライトコイン (Litecoin/LTC) の取引所手数料比較

ライトコインを扱う取引所によって手数料が異なり、なかには無料という場所もあります。手数料が気になる人のために、ライトコインを扱う取引所別の表をまとめましたので要チェックです。

ライトコイン (Litecoin/LTC) の入金手数料比較

ライトコイン (Litecoin/LTC) の入金手数料比較
取引所名入金手数料
Coincheck無料
GMOコイン無料
bitflyer無料無料
Bitmex無料

銀行入金で比較しています。現在の仮想通貨取引所において、銀行の入金手数料を設けているところはほとんどありません。ただし入金元の銀行側で手数料がかかることもあるので注意しましょう。

ライトコイン (Litecoin/LTC) の出金・送金手数料比較

ライトコイン (Litecoin/LTC) の出金・送金手数料比較
取引所名出金手数料送金手数料 (LTC)
Coincheck無料0.001LTC
GMOコイン無料無料
bitflyer220~770円0.001BTC
Bitmex無料無料

出金手数料は日本円を取引所の口座から引き出すとき、送金手数料は仮想通貨をほかの取引所へ送るときのものです。こちらは 取引所により無料と有料にわかれるうえ、出金先の銀行でも手数料がかかることがあるので事前に確かめておきましょう

ライトコイン (Litecoin/LTC) の取引手数料比較

ライトコイン (Litecoin/LTC) の取引手数料比較
取引所名販売所売買手数料取引所売買手数料
Coincheck無料無料
GMOコイン無料Maker:-0.01%、Taker:0.05%
bitflyer無料無料
Bitmex-Maker:-0.025%、Taker:0.075%

ライトコインの取引において手数料がかかるところもあれば、マイナス手数料もあります。特にMaker手数料がマイナスなら、指値注文で買値が安くなるので要注目です。

editMEMO

手数料におけるMakerは価格指定の指値注文、Takerは取引所側が決めた価格による成行注文が対象です。

ライトコイン (Litecoin/LTC) の通貨ペア

ライトコイン (Litecoin/LTC) の通貨ペア
取引所名通貨ペア
CoincheckLTC/JPY
GMOコインLTC/JPY
bitflyerLTC/JPY
BitmexLTC/BTC

ライトコインは国内の多くの取引所で日本円を払って買えます。Bitmexのように日本円に対応していない場所はビットコインなど仮想通貨建てでペアを組みます。

日本国内の仮想通貨取引所は日本円と仮想通貨のペアが中心ですが、海外は拠点の法定通貨だけでなく、仮想通貨同士のペアも積極的に展開しているのでチェックしておきましょう。

ライトコイン (Litecoin/LTC) 取引所 まとめ

ライトコインはビットコインよりもブロック生成スピードが速いので、高速決済に役立つとして将来性が高いという評価を受けています。 ビットコインの改良版というイメージから、国内外問わず多くの取引所にも採用される人気通貨です

ライトコインは上場中の取引所が多いので、手数料やセキュリティなどの特徴を比べながら、投資に使いやすいと感じた場所を選びましょう。

▶ 『ライトコイン (Litecoin/LTC) の買い方』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ライトコイン (Litecoin/LTC) の取引所 関連情報

 

ライトコイン (Litecoin/LTC) 以外の仮想通貨の取引所ランキング

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!