• 証拠金維持率は必要な証拠金に対する口座残高の割合
  • 証拠金維持率が極端に下がるとロスカットされる
  • 取引期間が長いほど高い証拠金維持率がオススメ

この記事のポイント

どの取引所やFX会社でも、口座画面を開くと「証拠金維持率」という数字が表示されています。

この数字をあまり気にしたことがない方も多いかもしれませんが、証拠金維持率はロスカットを避けるための大事な指針になります。

取引をする上でリスク管理に一役買ってくれる指標なので、ぜひ見方を押さえておきましょう。

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは現在保有しているポジションが口座の残高に対してどれくらいの比率を占めているかを示す数字です。

証拠金維持率をきちんとチェックすることでロスカットや追証を避けることができます。基本的には、証拠金維持率が高い方がレバレッジが低くてリスクを抑えているということになります。

計算方法

正確に表現すると、証拠金維持率は必要な証拠金に対する口座残高の割合です。その計算式はこちらになります。

証拠金維持率 計算式
証拠金維持率 = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100

有効証拠金 = 資産合計額 + 評価損益額 - 出金依頼額

例として自分のFXの口座に50万円入金したとします。さらに1ドル=100円のときに1000万円分(10万通貨)の買いを入れたとします。

多くのFX会社のレバレッジは最大25倍のため、1000万円分のポジションを持つのに必要となる証拠金は、1000(万円)÷25(倍)=40(万円)より40万円です。

よって証拠金維持率を計算すると50(万円) ÷ 40(万円) × 100 = 120(%)より、120%となります。

証拠金維持率とのレバレッジの関係性

先ほど紹介した証拠金維持率の計算方法は実戦だとあまり使う機会がないかもしれませんが、この証拠金維持率とレバレッジの比較は覚えておくとロスカットなどの危険を回避することができます。下の表を見てください。

証拠金維持率とレバレッジ
証拠金維持率レバレッジ
2500%1倍
1250%2倍
500%5倍
250%10倍
100%25倍

基本的にレバレッジが上がるほど証拠金維持率は下がる関係にあります。また、証拠金維持率が100%に達すると新規ポジションを建てることができなくなります。

そして証拠金維持率が100%を下回ると追証が発生し、メールなどでアラートの通知が来ます。さらに50%を下回るとロスカットが発動し自動的にポジションが決済されてしまいます。このように少ない資金で多くのポジションを持ちすぎるとロスカットされる危険性が高まります。証拠金維持率が下がり過ぎないように気を付けながらポジションを持つようにしましょう。

マージンコールとの関係性

マージンコールとは「口座に入っている証拠金の額」を「現在のレートで決済したら確定する損失の額」が大きく上回った際に発動する、証拠金の追加入金を求める警告のことです。

つまり 証拠金維持率が大きく下がった際に発動される警告とも言えます。

マージンコールが発動する基準は取引所やFX会社によって異なりますが、多くは証拠金維持率が「50%~70%」を下回るとマージンコールが行われます。

また、マージンコールの制度自体がない取引所やFX会社も存在します。こういったところを使い、通常だとマージンコールに引っかかるラインを超えた取引をすることもできますが、予告なくロスカットが発動しポジションが強制決済されてしまうこともあるので注意が必要です。

とはいえマージンコールはただの警告なので取引を続けることもできますが、マージンコールが発動するということは、ロスカットを食らう危険性が高いということを意味します。

そのためマージンコールが出たら、すぐに追加入金するか現在持っているポジションを決済してしまうことをオススメします。

▶ 『マージンコール』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

証拠金維持率の安全圏の目安は?

それでは自分がトレードするときにどれほどの証拠金維持率をキープしていれば良いのでしょうか?スタイルごとに見ていきましょう。

短期売買の場合

スキャルピングやデイトレードのような短期売買をメインに取引する方は、安全圏の目安は 300%以上と言われています。レバレッジで言うと10倍までが目安になります。

短期売買の方が比較的リスクは小さいです。なぜかというと短期の方が動く値幅が小さく、相場のクラッシュの被害にあうリスクが低いからです。また、もしクラッシュを食らったとしてもすぐに損切りができます。

そのため短期売買ならばレバレッジをある程度高く設定しても問題ありません。しかし最大の25倍までレバレッジを上げてしまうと、すぐにロスカットに巻き込まれる危険性が高くなるので、10倍程度に抑えておくのが良いでしょう。

▶ 『スイングトレード』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『デイトレード』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

長期売買の場合

スイングトレードやポジショントレードのような長期売買をメインに取引される方は、安全圏は 1000%以上と言われています。レバレッジだと2倍くらいが目安になります。

基本的に取引のスパンが長くなるほどリスクは高くなります。なぜかというと相場のクラッシュに巻き込まれる可能性が短期売買の時よりも高く、大きな値動きに直面するかもしれないからです。また長期売買だと1日にチェックする回数も少なく、どうしても損切りが遅くなってしまいます。

長期の運用が目的ならロスカットは最も避けなければならない事態です。そのため長期売買に取り組む方はレバレッジを低く設定することをオススメします。2倍程度のレバレッジならば、どれほど相場が大きく動いてもロスカットされることはほとんどありません。

▶ 『スイングトレード』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

まとめ

証拠金維持率をよく見ていないと、「気づいたら保有していたポジションがロスカットされていた」というケースも起こりえます。

そのため自分の資金やトレードスタイルと上手くバランスをとりながらポジションを持つようにしましょう。

資金のギリギリまで使ってトレードをしたいという方以外はなるべくマージンコールがある取引所やFX会社を使うことをオススメします。