この記事のポイント
  • 様々な種類のマイニングのメリット・デメリットを把握しよう
  • 自分の環境に合わせて行おう

ビットコインなど仮想通貨について調べていると、必ず「マイニング」という言葉が出てきます。この 「マイニング」にはいくつか種類があり、それぞれ違った特徴を持っています。「マイニング」で利益を出すためには、 それぞれの特徴をきちんと把握しておくことが大切です。

そこで、今回の記事では 「マイニング」の種類や特徴、それぞれのやり方、おすすめのCPU・GPUなどを詳しく解説していきたいと思います。

暗号資産(仮想通貨)のマイニングとは

マイニングとは、パソコンの計算能力を使って仮想通貨のトランザクション(取引記録)をメンテナンスし承認する作業を指します。そして、その作業をする人のことをマイナー(採掘者)と言い、マイニングには誰でも参加することが出来ます。また、 承認作業には報酬があり、一番早く承認作業を成功させた人にのみ新規コインが与えられます。この一連の作業をマイニングと言います。このマイニングとは金の採掘と似ていることからマイニング(採掘)と呼ばれています。

なお、マイニングには誰でも参加することが出来ますが、ビットコインなど人気の高いコインのマイニングにはマイニング業者が参入しています。そのため、 現在は個人が人気の高いビットコインなどをマイニングして利益を出すことは非常に難しくなっています。ただし、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)であれば、種類によっては利益を出すことが可能となっています。

暗号資産(仮想通貨)マイニングの種類

マイニングには大きく分けて以下の3つのやり方があります。

マイニングの種類
クラウドマイニング
プールマイニング
ソロマイニング

クラウドマイニングとは

クラウドマイニングとは、マイニングを行っている会社に投資をして配当を受け取る方法です。この方法ならお金を出すだけなので、自分で高価なマイニング機材を用意する必要がなく、高い電気代を負担する必要もありません。また、 自分でマイニングをするわけではないため、マイニングに必要な機材の知識も必要なく、仮想通貨の初心者でも参加しやすい方法と言えます。

ただし、クラウドマイニングでは、資金を持ち逃げする詐欺行為や会社が倒産するリスクもあるため、この点は覚えておく必要があります。そして、クラウドマイニングは資産を運用するイメージに近いため、短期的に利益を得ると言うよりは、長期的に投資をして利益を得る方法と言えます。

プールマイニングとは

プールマイニングとは、マイニングをしている個人が協力してマイニングを行い、報酬を分割して受け取る方法です。具体的には、 個人が所有しているパソコンのパワーを提供し、ハッシュレートなどのマイニング貢献度に応じてマイニング報酬が分配されるという仕組みです

プールマイニングでは高価な機材が必要なく、かかるコストは電気代のみのため非常にリスクが少ないマイニング方法です。しかし、ローリスクである分リターンも少なく、この方法で生計を立てられるような利益を出すことは難しくなっています。

また、マイニングは24時間パソコンを稼働させたままの状態になるため、電気代の高い日本では赤字になる可能性が高いと言えます。

ソロマイニングとは

ソロマイニングとは、自分ひとりでマイニングをする方法です。ソロマイニングでは、クラウドマイニングやプールマイニングと違い報酬を独り占めできることが大きなメリットです。

そして、プールマイニングやクラウドマイニングでは手数料やメンテナンス費用がかかりますが、ソロマイニングではそれらが一切必要ありません。そのため、マイニングで大きく稼ぎたいと思った場合には、一番良い方法です。

しかし、個人でマイニングを行うということは、それだけ専門知識や高価な機材を購入する必要があります。 現在では多くの専門業者がマイニングに参入してきており、ソロマイニングではそのような専門業者と個人で競争することになるため、その点では非常に不利と言えます

【マイニング種類別】マイニングのやり方

クラウドマイニングのやり方

クラウドマイニングサイトに登録する

最初に、クラウドマイニングサイトに登録します。 メールアドレスやパスワードを入力するだけのため、非常に簡単です。

ハッシュパワーを購入する

次に、採掘能力を示す「ハッシュパワー」を購入します。 マイニングでは、ハッシュレートが大きいほど1秒間あたりの計算回数が多くなり有利になります。そのため、より大きなハッシュパワーを購入すれば、マイニング利益を多く出せる可能性が高まります。

▶ 『ハッシュレートの』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

マイニングが開始される

入金を済ませれば、あとはハッシュパワーをコインに割り当てるだけで、マイニングが開始されます。クラウドマイニングは投資に近いため、長期的に利益が得られるのを待ちましょう。

プールマイニングのやり方

次に、プールマイニングのやり方を「必要なもの」と「始め方」に分けて解説してます。

プールマイニングに必要なもの

プールマイニングを始めるには、次の3つが必要になります。

  • パソコン
  • ウォレット
  • マイニングソフト

プールマイニングの始め方

最初に、 プールマイニングのサイトにメールアドレスとパスワードを登録します。登録が完了したら、専用のマイニングソフトをダウンロードします。そして、マイニングしたいコインを選んでマイニングをスタートします。

この時に、 CPUやGPUを別々の通貨に設定したり、どの位の能力をマイニングに使うかを設定することも可能です。しかし、どの通貨が良いかわからないという場合には、自動で効率の良い通貨を選択してくれるコースを選ぶことも出来ます。そして、マイニング報酬は一定量が貯まると出金できるという仕組みになっています。

ソロマイニングのやり方

ソロマイニングに必要なもの

ソロマイニングで必要なものは、以下のものとなります。

  • パソコン
  • ウォレット
  • マイニングソフト
  • マイニングマシン

ソロマイニングの始め方

ソロマイニングの始め方は、 マイニングソフトをダウンロードしてコインを設定すればマイニングを開始できます。マイニングソフトとしては「MinerGate」が有名です。しかし、ソロマイニングで確実に利益を出すためには「ASIC」と呼ばれるマイニングマシンが必要になり、価格が数十万円もします。

また、メモリの増設や電源ユニットへの投資も必要になります。このことから分かるように、 設備投資が多く必要なため、個人が始めるには非常にハードルが高いと言えます。

おすすめのマイニングサイト

おすすめクラウドマイニングサイト3選

GenesisMining(ジェネシスマイニング)


非常に人気のあるマイニングサイトです。永久にビットコインをマイニング出来るプランもあり、再販売を始めてもすぐに売り切れてしまうほど人気です。また、 日本語にも対応しています。そして、クレジットカード払いが可能ですし、ビットコイン、ドージコイン、ダッシュ、ライトコインでも支払い可能です。

HashFlare(ハッシュフレア)


豊富なマイニングプールと契約できることが特徴で、世界的に有名なAntpoolも入っています。また、再投資プランも魅力で、マイニングされたビットコインとライトコインを自動的にハッシュパワーの増強に充ててくれます。 登録も非常に簡単で、メールアドレスやパスワードの入力だけでOKです。なお、コースはすべて1年契約となっています。

Hashing24

nicehash
Hashing24は、2012年層創業のハッシュパワーの買付を行ってくれるクラウドマイニング業者です。Hashing24の主要な顧客はBitFuryとなっています。

BitFuryは世界的にも大手のブロックチェーンインフラ企業ですので、Hashing24の信頼性の高さが伺えます。VISA、Mastercardでのクレジットカード払いも可能です。

おすすめのマイニングプール2選

VIP POOL

モナコインの採掘シェアが最大の採掘プールです。完全日本語対応のサイトのため、初めてマイニングするという方でも登録や使い方が分かりやすいことが特徴です。

Suprnova

採掘できる通貨が45種類と豊富なことが特徴。人気の高いアルトコインが採掘可能で、人気の低い草コインのプール開設も積極的に行っています。そして、ビットコインプラチナを採掘できるプールです。

CPUマイニングとGPUマイニング

CPUマイニングとは

CPUとはどのパソコンにも搭載されている部品です。そのため、 CPUマイニングはパソコンさえ持っていれば誰でも参加することが出来ます。そして、CPUマイニングはパソコンさえあれば良いため、初期投資が低く抑えられることが特徴です。

GPUマイニングでは高価なGPUを購入しなければなりませんが、CPUマイニングでは他に機材を購入する必要はありません。また、CPUマイニングで利益を出すには、コイン選びが非常に重要です。そして、CPUマイニングは低コストで始めることが出来るため初心者でも参加しやすい方法です。

しかし、 本格的にマイニングをしてみたいという場合には、CPUよりも処理能力が高いGPUマイニングの方がおすすめです。

GPUマイニングとは

GPUとは画像や動画などを処理するための部品で、パソコンでゲームをする時や動画編集には欠かせないものです。 GPUは単純な計算をいくつも同時に行うことが得意で、マイニングで使われているハッシュ関数は単純な計算の繰り返しです。そのため、 GPUはマイニングに向いているのです。

具体的に マイニングに向いているGPUは、大きく分けて「NVIDIA」社のGeForce系と「ATI」社のRADEON系です。GPUマイニングではGPUの特徴に合わせた仮想通貨を選ぶことが重要で、自分がマイニングしたいコインが決まっている場合には、それに合わせて選ぶことがポイントです。

また、GPUマイニングを行うには何より高価なGPUを購入する必要があります。そのため、本格的にマイニングをしたい方に向いている方法です。

CPUマイニングにおすすめの暗号資産(仮想通貨)3選

モネロ(Monero/XMR)

モネロは2014年4月に公開された仮想通貨です。 CryptoNightを採用しているため、匿名性が高いことが特徴です。また、取引の承認スピードが2分と速く、ビットコインの5倍の速さで取引が完了します。しかし、匿名性が高いために犯罪に利用される可能性が高いことがデメリットとなります。

ビットゼニー(BitZeny/ZNY)

ビットゼニーは国産の仮想通貨です。 コミュニティが活発なことが特徴で、ビットゼニーのユーザー同士が意見交換できる「BitZenyフォーラム」という掲示板が存在します。また、モナコインの「モナコインちゃん」のようなマスコットキャラクター「ぜにぃ姫」が広報キャラクターとして使われています。

イーオン(Aeon / AEON)

イーオンは、2014年6月6日に公開された仮想通貨です。また、 モネロからハードフォークした仮想通貨で、モネロと同じく匿名性が高いことが特徴です。

しかし、モネロとは違う特徴もあり、これからを見据えて1MBのスクラッチバッドを使用し、モバイル端末でもデスクトップPCと同様の快適性が実現しています。そのため、これからの時代にマッチしたアルトコインと言えます。

スペックの高いおすすめCPU3選

AMD Threadripper 1950X


家庭向けパソコンでは非常に高い性能のCPUです。オーバークロック(処理能力を高める方法)が簡単なことが特徴で、ハッシュレート(採掘速度)は1,000 H/s~1,500 H/s(オーバークロック時)となっています。ただし、マザーボードが必要なため、このCPU+マザーボードの価格が購入費用となります。

AMD CPU Ryzen7 1800X


比較的安く購入できるCPUです。また、Thredripperよりも安価なマザーボードで使用可能です。ただし、ハッシュレートは500H/s~700H/s(オーバークロック時)のため、処理能力ではThredripperよりも大きく劣ります。

Intel CPU Core i7-8700K


Ryzen1800Xと同程度の性能を誇るIntel性のCPUです。しかし、オーバークロックした場合にはAMDの製品よりも効率はやや悪くなります。

GPUマイニングにおすすめの暗号資産(仮想通貨)3選

実際にGPUマイニングにおすすめの仮想通貨を3種類ご紹介します。ただし、GPUマイニングはGPUと通貨の相性が最も重要になります。

モナコイン(Monacoin/MONA)

日本初の国産の仮想通貨です。ブロック生成速度が約90秒と速いため、決済に向いている通貨と言えます。

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)

ジーキャッシュはゼロ知識証明という手法を使っており、匿名性の高さが特徴です。そのため、送信者や受信者、送金額などは匿名化されています。

モネロ(Monero/XMR)

モネロは、Cryptonightというアルゴリズムを採用しており、これはCPUとGPUのどちらでもマイニングがしやすくなっています。そのため、GPUではなくとも、家庭にあるパソコンでのマイニングすることも可能。

スペックの高いおすすめGPU3選

Nvidia GeForce GTX 1070


消費電力量が少なくハッシュレートが30mh/sと高いことが特徴。ゲーミングPCにも人気のGPUですが、マイニングにも非常に向いているGPUです。コストパフォーマンスの面では非常に優秀なのですが、価格が高いため投資費用を回収するのに時間が掛ることがデメリットになります。

AMD Radeon RX 580


マイニング用GPUです。GTX1070よりも価格が安い割にハッシュレートが29mh/sと高く、消費電力も少ないことが特徴。そのため、マイニングではコストパフォーマンスが非常に高く、おすすめのGPUと言えます。しかし、ゲーミングPCのGPUとしては人気がないため、生産量が少なく手に入りにくいことがデメリットです。

AMD RX 480


性能が良く、価格も安いことから初期費用を安く抑えられるGPUです。一般的にあまり人気のあるGPUではないため、手に入れるのが非常に困難であることがデメリットです。

マイニングにかかる電気代は?

マイニングには「電気代」が多くかかります。そこで、それぞれのマイニング方法にどの位の電気代が掛かるかをご紹介します。

クラウドマイニングは、お金を出すだけでマイニングに参加できるため電気代は0円となります。

次に 、プールマイニングでは、高価な機材は必要ありませんが自分のパソコンを24時間可動させることになります。その時の電気代は、80Wのノートパソコンを使用した場合、東京電力の電気代で計算してみると、1ヶ月で約893円となります。

これは、 ソロマイニングでCPUマイニングをした場合にも同程度の電気代が掛かることを意味します。

次に、ソロマイニングでGPUマイニングをした場合ですが、GPUが6枚で1日1,000wの電気を使用すると約600円となります。そのため、1ヶ月では600円×30日=18,000円の電気代が掛かることになります。

このように、GPUマイニングは一番効率的なマイニング方法ですが、効率が良い分電気代が一番多く掛かることが分かります。

マイニングで利益は出せるの?

クラウドマイニングでは購入したハッシュパワー(採掘能力)に応じて報酬が支払われます。例えばビットコインの場合には、現在100TH/sを購入すると1日あたり4,500円前後の利益となります。これを1ヶ月に換算すると約135,000円の利益になります。

次に、 プールマイニングではビットコインなら1日あたり1,000~4,000円ほどの利益になり、1ヶ月では30,000~120,000円程の利益になります。

最後にソロマイニングですが、6枚のGPUを使用してマイニングした場合、コインの種類にもよりますが 1日あたり4,000~10,000円の利益で、1ヶ月にすると12~20万円程の利益になります。

ただし、プールマイニングやソロマイニングの場合には、パソコン本体やGPUの購入費用がここから引かれる事になります。

暗号資産(仮想通貨)マイニングのやり方 まとめ

「マイニング」には様々な種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。また、 自分でパソコンやGPUを用意してマイニングをする場合には、電気代が多く掛かることを想定して行うことが大切です。特に、GPUマイニングとなると数万円はするGPUが必要になるため、設備投資と電気代、利益それぞれを計算してから始めることが大切です。

また、ソロマイニングとなると専門知識が必要になりますが、それだけ奥深い世界でもあります。そのため、仮想通貨に興味を持ち始めたという方は、自分でもマイニングを始めてみると更に理解が深まります。そして、 マイニングではそれぞれの方法の特徴を理解して、自分の環境に合わせて行うことが利益を出すためには重要です。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!