この記事のポイント
  • 優れたGPU(グラボ)を選べばマイニングも効率よく行うことが可能
  • GPU(グラボ)には2種類あり、それぞれのGPU(グラボ)でマイニングに向いた仮想通貨は異なる
  • オーダーメイドでマイニングPCを購入することもできる

仮想通貨のマイニングを行うにはスペックの高いPCが必要となり、徹底した設備投資が投資家には求められます。マイニング用のソフトや仮想通貨を保管するウォレットを用意して、実際にマイニングを行う環境もそろえる必要があります。

マイニングを効率よく実施するにはGPU(グラボ)が必要です。GPU(グラボ)の性能によってマイニングで得られる利益が変わり、マイニング向けのGPU(グラボ)開発に力を入れているメーカーも多いです。

高性能なGPU(グラボ)を選べば、投資した分だけの利益も得られます。電気代やマイニングで得た仮想通貨の税金も考慮するべきですが、まずは質の良いGPU(グラボ)を選ぶことが優先されます。

マイニングに使うGPU(グラボ)とは?

GPU(グラボ)とは画像の処理を行うために必要なPCの部品であり、PC本体に組み込まれています。グラボとはグラフィックプロセッシングユニットの略称であり、グラフィックの処理に必要なマシンです。GPU(グラボ)はゲーム向けの部品ですが、マイニングの進行にも非常に役立ちます。

画像の快適な処理にはGPU(グラボ)が必要となり、GPU(グラボ)があれば画面の解像度も上がります。マイニングはどんなPCでも始められますが、優れたGPU(グラポ)を利用した方がリターンが大きいです。

処理速度の速いGPU(グラボ)を選べば、膨大なメモリ容量も上手く活かすことができます。マイニングに役立つだけでなく、PCのゲームも快適に遊べますし、DVDやブルーレイでも綺麗な映像を楽しめます。優れたGPU(グラボ)を選ぶメリットはたくさんあります。

なぜGPU(グラボ)はマイニングに適している?

GPU(グラボ)は画像処理能力が非常に優れているため、データを処理に必要な電力も豊富に供給します。稼働に伴って電気代はかかりますが、マイニングを定期的に続けていけば収益がプラスに変わる時が来ます。

マイニングはハッシュ関数の計算を迅速に行う必要があり、ハッシュ関数の計算が得意なGPU(グラボ)が必要です。マイニングは仮想通貨の取引に利用したデータをまとめるブロックを新たに生成する作業であり、ブロックを追加した見返りとして仮想通貨が支払われます。

仮想通貨の発行量は事前に決められており、マイニングを行うマイナー達の間で苛烈な競争が行われます。マイニングの競争に勝ち抜くには、GPU(グラボ)のような優れた演算機器が必要です。

マイニングPCはオーダーで購入するのがおすすめ

マイニングPCはオーダーメイドで購入することをオススメします。プロが厳選した部品を元にマイニングPCが制作されて、必要な設定やテストマイニングも代行してくれます。ユーザーのウォレットも伝えれば、PCの完成と同時にマイニングを開始できます。

マイニングに詳しくない人が自作でPCを作ろうとすると自己流になり、何か問題点があっても改善することは難しいです。優れた技術者にオーダーをすれば、目的と予算に合わせて適切なマイニングPCを作ってもらえます。

初期費用はかかりますが、マイニングに投資した分のリターンは得られます。マイニング運営の代行を行ってくれる企業は豊富で、アフターサポートも行ってくれます。悩み事があれば、迷わずプロに相談しましょう。

▼ 「マイニングのPC」についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

マイニングに適したGPU(グラボ)の種類

GeForce系GPU(グラボ)

GeForce系のGPU(グラボ)はゲームを頻繁にやる人に向けて、リアリティな映像を提供するために計算を行ってくれるので、1999年に登場してから高い人気を維持し続けています。

RADEONと比べて、GeForce系のGPU(グラボ)はRADEON系のGPU(グラボ)と比べてマイニングコストは安く済みます。種類によっては3万円前後で購入可能なGeForce系GPU(グラボ)もあり、安い分だけマイニングにかけた費用を早く取り戻すことも可能です。ビットコインだけでなくイーサリアムやモナコインなどのアルトコインでもマイニングを行うことが可能で、GeForceはどんな種類の仮想通貨でもマイニングがスムーズに進みます。複数の仮想通貨でマイニングを考えていたら、GeForce系のGPU(グラボ)を利用しましょう。

RADEON系GPU(グラボ)

RADEON系のGPU(グラボ)はGeForce系と比較してマイニングの得意不得意が分かれます。上記ではGeForce系のGPU(グラボ)は幅広いマイニングが得意と紹介しましたが、RADEON系のGPU(グラボ)はイーサリアムやモネロのマイニングをより効率よく行えます。

特定の仮想通貨に興味があればRADEON系GPU(グラボ)でマイニングを行いましょう。一点集中をかければその仮想通貨に集中することも可能で、イーサリアム系統の仮想通貨に興味があればRADEONでマイニングの効率が上がります。

RADEON系GPU(グラボ)は消費電力も低いです。マイニングにかかる電気代を節約したい場合は、RADEON系GPU(グラボ)を選択すれば月々の電気代もお得になります。マイニングの効率と電気代の節約を両立できます。

おすすめのGPU(グラボ)7選!

マイニングに使うGPU(グラボ)はそれぞれに大きな特徴があり、双方に優劣はありません。両方のメリットを知った上で、自分に向いていると思ったGPU(グラボ)を選びましょう。元の価格とマイニングの効率を考えながら、GPU(グラボ)のことを知ることが大事です。

GTX1050TiはGPU(グラボ)の中でもトップクラスに格安で、マイニングの入門編として向いています。2万円程度で購入することが可能で、低予算でPCを組み立てたい人にはGTX1050Tiが適切です。電気代も安くなるので、節約しながら利益を出したい人はGTX1050Tiで始めてみましょう。

GTX1060はGTX1050Tiと比較すると本体の値段や電気代は上がりますが、値段が上がった分だけマイニングの効率は良くなります。GTXには1070及び1080とシリーズごとに数値が上がっていき、性能も高くなります。値段も高くなるので、大きなリターンを得たい人は初期投資を高くしましょう。

Radeonを選びたい場合は『Radeon RX』のシリーズを選んでみましょう。

RX480は最も安価で、イーサリアム系のマイニングを安く済ませたい人には向いたGPU(グラボ)ですが、現在の市場では中古品が多く出回っています。
RX570とRX580などのシリーズもあり、数値に伴って処理速度や消費電力も上がります。RX570とRX580は高く支持されており、RX480に比べて多く市場に出回っています。購入するならRX570以降を選びましょう。

GPU (グラボ)一覧で比較!

GPU (グラボ)一覧
種類値段消費電力入手しやすさ対応通貨
GTX1050Ti32366少ない入手しにくいビットコイン系
GTX106032366多い入手しやすいビットコイン系
GTX107050980多い入手しやすいビットコイン系
GTX108070177多い入手しやすいビットコイン系、モナコイン
RX48028500少ない入手しにくいイーサリアム系
RX57027800多い入手しやすいイーサリアム系
RX58041700多い入手しやすいイーサリアム系

マイニングを行うには専用のソフトが必要ですが、効率よくソフトを動かすには質の高い機材が必要です。安価の機材でもマイニングを行うことは可能ですが、高い投資をしている人には勝てないと覚悟しましょう。

無理に機材を組み込み過ぎると熱でオーバーヒートを起こすリスクもあるので、自分の判断で組み立てないでプロに相談することが大事です。自分の予算と相談しながら、マイニングに使うGPU(グラボ)を選んでください。

GPU(グラボ)マイニングの電気代

マイニングには電気代がかかることも忘れてはいけません。仮想通貨を手に入れたとしても、電気代で収益以上の浪費をしたら赤字です。質の高いGPU(グラボ)を利用すると600Wを超える場合もあるので、1時間で16円辺りになります。

1日に換算すると400円近くになり、1か月になれば1万円は超える計算になります。不労所得で仮想通貨を得られるという考えで、軽い気持ちでマイニングを行うと思わぬリスクに出くわします。電気代のことも考えた上で、マイニングに取りかかりましょう。

GPU(グラボ)でマイニングすると収益はどのくらい儲かるのか

初心者が行うマイニングでは大企業と比べると、どうしても収益が落ちてしまいます。マイニングで得られる仮想通貨は1日で300円に達成すれば上出来と考えましょう。

GPU(グラボ)が多いほどマイニングで儲けられる仮想通貨は増えますが、初心者が多く投資するにはハードルが高いです。一ヶ月で1万円程度を稼げても、電気代を考慮すれば利益はほんの僅かです。場合によっては『一ヵ月の収益-一ヵ月の電気代=赤字』というケースもあり得ます。

まずは自分が興味ある仮想通貨のことを考えて、その仮想通貨をマイニングするにはどんなGPU(グラボ)が向いているかを知るべきです。初めてすぐに大きな利益を出すことは、プロでも難しいことを頭に入れましょう。

初期投資を回収することはできるのか

マイニングで収益を得ることは可能ですが、時間をかけるべきと考えましょう。収益が1万円ほど超えたとしても、電気代と初期投資の支出を取り戻すには時間がかかります。初期投資はどうしてもお金がかかるので、投資の回収には3年近くになると考えた方がいいです。

仮想通貨自体の価格が大きく変わることもあるので、下落の時も考慮すれば赤字続きになる場合もあるでしょう。短期的な損には目をつぶって、長い時間をかけて利益を得ることを考えれば初期投資を回収することもできます。

少しでもマイニングで利益を得れば、既にそのGPU(グラボ)で不労所得を得られるようになっています。楽をしようとせず、少しずつ成果を出す気概で挑みましょう。

まとめ

仮想通貨のマイニングは決して楽ではありません。初期投資にはお金がかかり、マイニングに必要なGPU(グラボ)の特徴も把握する必要があります。GeForce系とRADEON系でマイニングに適切な仮想通貨は異なることも知りましょう。

多額の初期投資に挑めば、マイニングの投資回収も短期間で済みます。逆に初期投資にお金をかけたくない場合は、安価の機材でも充分です。仮想通貨自体の価格が上がる可能性も考えて、自分はどんなタイプのGPU(グラボ)が向いているかも決めてください。

時にはオーダーでの購入も視野に入れて、プロの意見も聞いてみましょう。自分一人でどうにもならない時は、誰かから力を借りてマイニングの知識を深めることも必要です。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!