この記事のポイント
  • マイニングは家庭用のパソコンやスマートフォンでも行うことが可能
  • マイニングソフトはウイルス扱いされることもあるため対策をしよう

ビットコインを始めとする仮想通貨は、「マイニング」することで新規発行コインを手に入れることが出来ます。「マイニング」は誰でも参加出来ますが、実際に参加するにはどのような性能のパソコンが必要になるのでしょうか?今回は「マイニング」に必要なパソコンの性能や、おすすめのマイニングソフト、ソフトがウイルス扱いされた時の対応方法を解説します。

マイニングに必要なパソコンは?

マイニングを行うとなると高価なパソコンが何台も必要と思われるかもしれません。しかし、マイニングは家庭用のパソコンやスマートフォンでも行うことが出来ます。

家庭用のパソコンやスマートフォンには、CPUと呼ばれる中央演算処理装置が搭載されています。そして、このCPUが搭載されているものであればマイニングは可能なため、パソコンやスマートフォンをお持ちなら誰でもマイニングは行うことが出来ます。ただし、家庭用のパソコンやスマートフォンでマイニングそのものは可能でも、利益を出せる可能性は低いと言えます。

マイニングではCPUよりもGPU(グラボ)と呼ばれる装置の方が効率良く行えます。GPUは単純な計算を並列で行うことが得意なため、この点がマイニングを効率良く行える理由です。しかし、GPUの価格は数万円はするため多くの初期投資が必要になります。そして、GPUの数は多いほどマイニングには有利になるため、まとまった金額を初期投資に充てる必要があります。

▼ 「マイニングのPC」についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

CUIとGUI

マイニングを行うにはマイニングソフトが必要になりますが、ソフトのタイプが「CUI」と「GUI」の2種類があるため、ソフトの紹介の前にこちらを解説したいと思います。

CUIとは

CUI」とはコマンドを打ち込んで操作するタイプを指します。そして、決まった文字やコマンドを入力するため、主にキーボードを使って操作を行います。また、操作画面は黒い画面がメインとなり白文字が表示されます。マイニングの処理速度や効率を考えると「CUI」の方が良いのですが、使いこなすには専門知識が必要になります。また、普段使っているパソコンの操作画面とも違うため、初心者にはあまりおすすめ出来ません。

GUIとは

GUI」とは、アイコンやメニューが表示されています。Windowsのデスクトップ画面やスマートフォンの操作画面を想像してみて下さい。それが「GUI」です。そのため、みなさんが普段使っているパソコンやスマートフォンはほぼ全て「GUI」となります。この「GUI」の特徴はキーボード以外にマウスやタッチパネル操作が可能で、操作性の高さが特徴です。また、CUIのように専門知識がなくても操作が簡単なため、パソコンやスマートフォンなどはほぼ全てがこちらのタイプになります。そのため、初心者がマイニングソフトを利用する場合には、「GUI」の方が向いていると言えます。

▼ 「マイニングのGPU」についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。


マイニングにおすすめのソフト4選

Minergate


操作性が良い「GUI」タイプのマイニングソフトです。そして、操作が簡単なため初心者にもおすすめのソフトです。また、自動で収益性の一番良い通貨を選んでマイニングしてくれる「スマートマイナー」と言う機能が搭載されています。そのため、あまり仮想通貨の知識がない初心者でも利用しやすいソフトと言えます。そして、ビットコインやモネロのマイニングにおすすめです。

NiceHash


GUI」タイプのため、スタートボタンを押すだけで簡単にマイニングが開始されます。また、自動でマイニング効率が良いコインに切り替えてくれます。そして、ビットコインで報酬を受け取ることが可能。

Claymore’s Dual Miner

CUI」タイプでイーサリアムにおすすめのマイニングソフトです。イーサリアムのマイニング効率が高いことが特徴ですが、イーサリアムのマイニング効率はそのまま保ちつつ、もう一つのコインのマイニングが可能です。利用料は無料ですが、マイニング報酬の1~2%が開発者への寄付として支払われます。

Awesome Miner


GUI」タイプのため、マウスで直感的に操作が可能。報酬の受け取りはビットコインになるため、アルトコインをマイニングした場合にはビットコイン建てで受け取ることになります。

GPUマイニングにおすすめのソフト2選

EWBF’s CUDA Zcash miner

NVIDIAのGPUで効率良くマイニングが出来ます。RADEON系のGPUは使用できず、WindowsかLinuxの64bit版が使用条件となります。ジーキャッシュにおすすめです。

GUIMiner

ビットコインのマイニングにおすすめのソフトです。GPUでのマイニングにおすすめですが、CPUのマイニングにも対応しています。また、多くのマイニングプールが設定されています。

マイニングソフトはウイルス扱いされやすい?

ウイルス扱いされたとの声も

マイニングソフトはダウンロードして使うため、実際にウイルス扱いされたという声も聞かれます。仮想通貨の世界では「マイニングウイルス」という存在があるため、セキュリティソフトが反応してしまい、ソフトが使えなくなることがあるのです。そして、マイニングウイルスは多く確認されていますが、世の中の多くの人はマイニングソフトをダウンロードすることはありません。そのため、セキュリティソフトの会社では予めマイニングソフトをブロックするように設定しています。
このことがマイニングソフトがウイルス扱いされる理由です。

その場合の対応方法

実際にマイニングソフトがウイルス扱いされた場合の対応方法は、除外設定をすることです。これをするとウイルスチェックからは外れるため、マイニングソフトがウイルス扱いされることはなくなります。いくつかのセキュリティソフトの対応方法を紹介しますが、設定方法は「セキュリティソフト名 除外」で検索することが出来ます。

ウイルスバスター

メイン画面を起動したら、「設定」を選択し「例外設定」を選択します。そして「+追加」からマイニングフォルダを指定。

マカフィー

セキュリティセンター画面を起動し、ウイルスおよびスパイウェア対策→リアルタイムスキャン→除外するファイル→ファイルを追加→マイニングフォルダの順で指定。

Norton

メイン画面を起動し、設定→詳細設定→ウィルス対策→スキャンとリスク→除外/低危険度→スキャンから除外する項目→設定→フォルダの追加→マイニングフォルダを指定して完了です。

▼ 「マイニングのウイルス」についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

まとめ

マイニングには専用ソフトであるマイニングソフトが欠かせません。また、マイニングにはパソコンやスマートフォンがあれば誰でも参加することが可能です。より効率良くマイニングをするためにはGPUの導入が必要ですが、マイニングがどんなものか試してみたいという場合には、今回ご紹介したマイニングソフトを参考にしてみて下さい。ただし、マイニングには多くの電気代が掛かるため、ランニングコストの計算をしてから参加することが大切です。そして、マイニングは個人で利益を出すことも可能ですが、コイン選びが利益を出すポイントとなります。

▼ 「マイニング」についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。