• モバイルウォレットとは、スマホで利用するタイプのウォレット!
  • 持ち運びが簡単で、お店の決済に利用できる!
  • オススメのモバイルウォレットは純日本製モバイルウォレット『Ginco』

この記事のポイント

この記事では、モバイルウォレットについてどのようなメリット・デメリットがあるのか、ウォレットを選ぶ際の注意点、おすすめのモバイルウォレットについて解説します。この記事を読むと、おすすめのモバイルウォレットや利用する際の注意点が分かり、モバイルウォレットを利用する不安を解消できます。

モバイルウォレットとは?

モバイルウォレットとは

モバイルウォレットとは、スマホなどの携帯端末用のウォレットを指します。スマホのカメラと連動できるため、QRコードを読み込みお店で決済できることが特徴です。

【種類別】仮想通貨ウォレット

仮想通貨におけるウォレットとは、「仮想通貨資産にアクセスするために使うツール」を指します。

仮想通貨資産の本体は、世界中のコンピューターの中に保存された、仮想通貨が誕生してからこれまでの取引履歴が記録されたデータベースです。

ウォレットにはデータベースにアクセスするために必要な「秘密鍵」が保管されているため、ウォレットを使うことで仮想通貨資産を取り出したり別のアドレスへ送ったりできます。

ウォレットには、以下の種類があります。

Noウォレットの種類特徴
1デスクトップウォレットパソコンにアプリケーションをインストールして利用する
2モバイルウォレットスマートフォンにアプリケーションをインストールして利用する
3ウェブウォレットアプリを入れることなく、WEBブラウザからら利用する
4ハードウォレット専用の端末を利用する
5ペーパーウォレット仮想通貨資産を利用するのに必要な情報が紙に印刷されているもの

モバイルウォレットだけでなく、色々な種類のウォレットについて詳しく知りたい方は下記のページで詳しく解説しています。

モバイルウォレットのメリット

モバイルウォレットのメリット

他のウォレットと比べてモバイルウォレットにはどのようなメリットがあるのでしょうか。以下にまとめました。

最も使い勝手がいい

スマートフォンの中に入れておけるので、手軽にいつでもどこでも持ち運べます。

決済機能

スマートフォンのカメラを利用してQRコードを読み込むことができるため、お店での決済に利用できます。

モバイルウォレットのデメリット

モバイルウォレットのデメリット

以下に、モバイルウォレットのデメリットをまとめました。

対応するコイン銘柄が少ない

アプリにもよりますが、対応するコイン(仮想通貨)の数がまだまだ少ない点がデメリットです。

スマホの紛失や破損でコインを失う可能性あり

手軽に持ち運べるメリットがある反面、紛失したりスマホが故障したりし、コインを失ってしまうリスクが高いでしょう。

ただし、後述しますが、バックアップをしっかりとっておけば、スマホが故障したり紛失したりしても資産を取り出すことができます。

セキュリティ面ではコールドウォレットに劣る

インターネットと完全に切り離されたウォレットであるペーパーウォレットやハードウォレットと比べると、セキュリティ面がやや劣ります。

コールドウォレットについて詳しく知りたい方は下記のページで詳しく解説しています。

モバイルウォレットを選ぶ時のポイント

モバイルウォレットを選ぶときのポイント

モバイルウォレットを選ぶときのポイントをまとめました。

セキュリティ

モバイルウォレットを選ぶときには、セキュリティ面で以下の点をチェックしましょう。

2段階認証対応か
マルチシグネチャ機能に対応しているか
秘密鍵の管理は端末上かウェブ上か

2段階認証対応か

2段階認証に対応しているウォレットであれば、スマホが盗まれても自分以外の人はウォレットにアクセスできません。

ただし、スマホを2台用意する必要がある点にご注意ください。ウォレットを利用するスマホと2段階認証に利用するスマホが同じであれば、だれでも認証コードを入力できてしまいます。

editMEMO

2段階認証とは、アプリを利用する際に、SMSや認証アプリに配信されたコードを入力しないとそれ以上操作ができなくなってしまう、セキュリティ強化策です。

マルチシグネチャ機能対応か

マルチシグネチャ対応のウォレットであれば、送金の際に自分以外の人または他の端末での操作を必要とするため、不正送金されてしまうリスクを低減できます。

editMEMO

通貨を送金する際には送金者が署名(シグネチャ)を行う必要があります。通常は1つの署名で送金できますが、マルチシグネチャに対応したウォレットでは複数の署名が必要です。送金時に求める条件を増やすことで不正送金を防ごうとするセキュリティ強化策です。

秘密鍵管理は端末上かウェブ上か

秘密鍵を外部サイトに保管しているモバイルウォレットでは安全性が低いため、端末上に保管するものを選びましょう。

日本語対応か

多くのモバイルウォレットは海外製のため、日本語対応しているか確認しましょう。

対応するコイン(仮想通貨)の種類・数

自分の保有している通貨にウォレットが対応しているか、仕様を確認しましょう。今後コイン種類を増やすことも鑑みて、対応通貨数が多いウォレットを選ぶのがベターです。

おすすめモバイルウォレット

おすすめモバイルウォレット

おすすめのモバイルウォレットをまとめました。

Ginco(ギンコ)
Copay(コペイ)
BreadWallet(ブレッドウォレット)
Coinomi(コイノミ)

以上の順番に詳しく見ていきましょう。

【かそ部 イチオシ】 Ginco(ギンコ)

モバイルウォレット Ginco

Ginco(ギンコ) おすすめポイント
セキュリティ秘密鍵を端末上に保管するクライアント型
日本語対応日本語対応
運営会社株式会社Ginco (Ginco Inc.)

早速以下からインストールが可能です。すぐに使えるので、一度ダウンロードしていくことをおすすめします。


※ スマートフォンからのアクセスのみご対応しています。スマホからアクセスください。

▼ 「Ginco (ギンコ)」についてくわしく知りたい方はこちらのコンテンツを参照ください。

秘密鍵管理が端末上で行える

秘密鍵を端末上に保管するクライアント型の仕様を採用しており、仮想通貨資産を手元で管理することができます。そのため、外部からのハッキング等によって資産を失うリスクが比較的低いのが特徴です。

シンプルなUI設計で使いやすい

モバイルウォレット Ginco (ギンコ)

シンプルなデザイン設計で、だれでも直感的に操作ができるように作られています。ウォレットの開設もかんたんで、インストール後、すぐに使用を開始することが可能です。まずは入金をしてみましょう!!

日本語に完全対応している

現在日本において、純日本製でここまで日本語に対応してくれているモバイルウォレットは存在しません。もちろんユーザーサポートも日本語で受けることができますし、利用規約や各種サポート条項・メールもすべて日本語。非常に安心して使用することができます。

対応コイン(仮想通貨)の種類・数が豊富

約20種類のコインに対応してくれています。随時追加されていく予定です。対応通貨が増えることによりますますモバイルウォレットは便利になるでしょう。

Ginco(ギンコ) 対応仮想通貨一覧
ETH(イーサリアム)/BTC(ビットコイン)/BCH(ビットコインキャッシュ)/LTC(ライトコイン)/XRP(リップル)/ETC(イーサリアム・クラシック)/Augur(オーガー)/DigixDAO/Enigma/OmiseGO/0x/Kyber/Zilliqa/Zilla/Status/Decentraland/Swissborg

Copay(コペイ)

Copay(コペイ) おすすめポイント
セキュリティマルチシグネチャ対応
日本語対応日本語対応
対応仮想通貨BTC(ビットコイン)/BCH(ビットコインキャッシュ)
運営会社-

Copayは、ビットコイン決済サービスを提供するbitpay社が提供するモバイルウォレットで、BTC(ビットコイン)とBCH(ビットコインキャッシュ)に対応しています。デスクトップウォレットもあり、同期も可能です。

マルチシグネチャ対応

Copayは、マルチシグネチャに対応しています。通貨を送金するときに自分以外の人や別の端末の承認が必要となり、不正送金を防ぐことが可能です。

日本語対応

Copayは日本語に対応しています。

Copayについて詳しく知りたい方は下記のページで詳しく解説しています。

BreadWallet(ブレッドウォレット)

BreadWallet(ブレッドウォレット) おすすめポイント
セキュリティ秘密鍵を端末上に保管するクライアント型
日本語対応iOSのみ日本語対応
対応仮想通貨BTC(ビットコイン)/BCH(ビットコインキャッシュ)/ETH(イーサリアム)/ERC20規格のトークン
運営会社-

BreadWalletは、BTC(ビットコイン)・BCH(ビットコインキャッシュ)・ETH(イーサリアム)・ERC20規格のトークンに対応したモバイルウォレットです。日本においては、Gincoよりも先にリリースされ、非常に使いやすいUIだったことから話題となりました。

秘密鍵を端末上で管理できるため、ハッキングリスクが低い

BreadWalletは、スマートフォン端末に秘密鍵を保管する仕組みのため、ハッキングされるリスクが低いです。

iOSのみ日本語対応

日本語対応しているのはiOS版のみとなっています。

Coinomi(コイノミ)

Coinomi(コイノミ) おすすめポイント
セキュリティ-
日本語対応未対応
対応仮想通貨BTC(ビットコイン)/BCH(ビットコインキャッシュ)/ETH(イーサリアム)/ERC20規格のトークン
運営会社-

Coinomiは、ビットコインとさまざまなアルトコインに対応したモバイルウォレットです。

70種類以上のコインに対応

Coinomiは、ビットコインと70種類以上のアルトコインに対応しています。以下から対応通貨を確認できます。

日本語未対応

Coinomiは、残念ながら日本語には未対応です。

モバイルウォレットの使い方

モバイルウォレットの使い方

ここでは、モバイルウォレット Copay のインストールから使い方までを解説します。

アプリをダウンロード

イチオシモバイルウォレットであるGincoも、もちろん操作がかんたんです。今回は説明を省きますが、Gincoはこちらからダウンロードできます。



※ スマートフォンからのアクセスのみご対応しています。スマホからアクセスください。

Copayは以下からダウンロードできます。

情報入力

入力する情報は以下のとおりです。名前など個人情報は入力しません。

パスワード
メールアドレス
メモした復元フレーズを再入力

入金方法

入金するには、「個人用ウォレット」>「受取」と進みます。受け取り用のアドレスが表示されますので、そのアドレス宛に通貨を送金しましょう。

送金方法

送金するときは、「個人用ウォレット」>「送信」と進みます。送りたいアドレスと通貨の数量を入力し、送金します。

マルチシグネチャ登録方法

個人ウォレット横の「+」をタップし「共有ウォレットを作成」に進みます。そして、以下の情報を入力しましょう。

ウォレットの名前
自分の名前
通貨送金時に通知を送る人数(Toal number of copayers)
通貨送金時に求める署名の数(Required number of signature)

例えば、通貨送金時に通知を送る人数を3人、求める署名の数を2つとすると、自分を含めた3人に「送金の提案」が送られ、うち2名から署名をもらえれば、通貨を送金できます。

モバイルウォレット使用時の注意点

モバイルウォレット使用時の注意点

モバイルウォレットを使用する際の注意点をまとめました。

バックアップを必ずとる

復元パスフレーズを必ず控えておくようにしましょう。復元パスフレーズは、スマホを紛失したりアプリを再インストールしたりする時に必要なコードです。

復元パスフレーズがないと紛失した時に保管していたコインを二度と引き出せなくなってしまいますので、必ず控えましょう。

復元パスフレーズをスクショしない

復元パスフレーズを利用する際は、スクリーンショットを利用せず、パソコンや紙に記録しましょう。スマホの画像データは他のスマホアプリから簡単に参照できるため、セキュリティを担保できません。

人前でパスワードを打ち込まない

誰がどこで見ているかわかりませんので、モバイルウォレットを利用する際は、自分以外の人に画面を見られないように注意しましょう。

パスワードを盗み見た人が、あなたのスマホを奪って通貨を引き出してしまうかもしれません。

まとめ

改めておさらいしますと以下となります。

モバイルウォレットについて

モバイルウォレットは、スマートフォンで利用するタイプのウォレットで、持ち運びに適しており、お店での決済に利用できる
デメリットは、スマホごと無くしてしまう可能性があることや対応通貨数が少ないこと、セキュリティが格段に高いわけではないこと

おすすめのモバイルウォレットについて

セキュリティ・日本語対応・対応通貨数から選ぶ
かそ部イチオシはGincoがおすすめ
それ以外ならCopay・BreadWallet・Coinomiの3つがおすすめ

利用時の注意点

復元パスフレーズは必ず控え、その際にスクリーンショットは利用しない
他人に画面が見られない場所で操作する

モバイルウォレットを利用する際の注意点に気をつけて、最適なモバイルウォレットを使いましょう。